FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 奇妙奇天烈摩訶不思議奇想天外四捨五入出前迅速落書無用

奇妙奇天烈摩訶不思議奇想天外四捨五入出前迅速落書無用
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国政府、被災地復興を各省に割り当て 四川大地震

 【北京=琴寄辰男】四川大地震の被災地復興を進めるため、中国政府は全国の省や自治区、直轄市に被災地を割り当て、復興に責任を持たせる仕組みを導入した。地方指導者に被災地支援を競わせる狙いで、各省は早速、仮設住宅の建設計画などを争うように発表している。

 仮設住宅への入居が始まった四川省都江堰(とこうえん)への支援を割り当てられたのは上海市。同市政府は26日、予算の経常的支出を10%カットして仮設住宅の建設に充てることを決めた。市内の区や県も予算の5%を救援に投じる。同日の会議で韓正市長は「中央政府が上海に与えた救援任務を100%成し遂げなければならない」と強調した。

 上海に本社を置く鉄鋼最大手、宝鋼集団も都江堰に従業員を派遣し、仮設住宅の建設に当たっている。都市計画策定は上海の同済大学が支援し、防災や住宅、橋の設計などの専門家が現地入りした。

 綿陽市平武県で仮設住宅1万棟を建設するのは吉林省。生産、輸送から組み立てまで責任を負う。5千棟は7月20日までに完成させる。

 震源のぶん川(ぶんはサンズイに文)県への支援は、経済規模で中国1位の広東省が、北川チャン族自治県は、2位の山東省がそれぞれ担う。北京市は四川省徳陽市什ほう(ほうは方にオオザト)に加え、甘粛省隴南市も担当する。

 中国民政省は22日付の緊急通知で、被災した23地区を割り振った。地方政府を動員する手法はチベットの開発支援などでも活用されている。

 24日に成都で開かれた被災地支援の会議で、馬凱・国務委員は「全国の力を挙げて、割り当てによる支援を実行する」と述べ、1カ月以内にテント90万張りを準備し、3カ月以内に仮設住宅100万棟を建設する目標を示した。

 地方指導者は政策運営実績で昇進が左右される。これまでは経済成長が最重要指標で、最近は環境保護への取り組みも重視されるが、四川大地震で「試験科目」が一つ増えた格好だ。

 地震による経済損失は2千億元(約3兆円)以上になる見通し。中央政府はすでに被災地復興のために700億元(約1兆円)の支出を決めた。ただ、中国では地方政府の財政上の独立性が高く、全国の財政支出の8割近くを握っている。中央としては、地方政府に支援実績を競わせながら相応の負担をさせる方針だ。ただ、復興費用が膨らめば各省に過大な負担がかかり、成長の重しになる恐れもある。

(2008年05月30日 朝日新聞)

 これは凄い事になるザマスよ。

 何しろ、チュウゴクの地方行政というのは、こういう連中。

【社説】「味方失う」統計の偽造に、もっと危機感を

【サーチナの視点】-(8)

  10月12日、国務院は新華社を通じて、邱暁華・国家統計局長の解任を発表した。就任後半年余りでの更迭という異例の人事だが、解任の理由は明らかにされていない。邱局長が就任する前から、中国では政府が関与する統計を巡って不祥事じみた出来事が頻発していた。その背景には、「情報」の扱いに関する基本的なスタンスが確立されていないという問題がある。

■「大躍進」から何が変わったのか

  2005年12月29日、国家統計局は「第三次産業に関する統計に漏れがあった」として04年のGDP(国内総生産)を13兆6875.9億元から15兆9878億元に修正し、06年1月9日にも、93年までさかのぼってGDP値を修正した。更に06年7月から8月ににかけて中央政府の2部門が発表したGDPが食い違うという「異常事態」が発生した。

  まず国家統計局が7月18日に06年上半期(1-6月)のGDPが9兆1443.0億元だったと発表した。一方、国家発展・改革委員会(発改委)は8月7日に省別の域内総生産を発表した。その数字を全国で合計すると9兆9491.1億元に達する。理屈からいえば、統計局の発表したGDPと一致するはずの数字に8000万元もの差が出てしまった。


  中国の各メディアは「GDPの謎」と批判し、そのいい加減さを追求した。最大の問題点として指摘されたのは、関係者が故意に数字に手を加えるいわゆる数字の水増しが多発していることだ。数字の改ざんが横行する理由は、中央政府が地方政府の業績を評価する際の指標として、当該地区のGDP成長率が重視されていることだとされる。中央が地方政府内部の実態を把握しにくいこともデータ改ざんの横行に拍車をかけているとみられる。

  中国には1950年代の大躍進時代や60年代から70年代にかけての文化大革命期にも、生産に関する数字の水増しが多発した。上級部門に迎合する数字を提出すれば「覚えがめでたい」ということで、常識的にも科学的にもありえない「革命的」な数字が次々に報告された。

  その後、中国は国家の運営方針を大きく転換したはずだ。90年代を境にイデオロギー先行の国づくりはやめ、客観的かつ「科学的」に現状を見据えた上で目標を定めることにしたはずだ。国際的に通用する方法論も尊重し、世界に通用する中国を目指すことにしたはずだ。

 しかし、国家運営の指針を決める要となる情報を扱う姿勢はどれだけ変わったのだろうか。統計データは正確を期さなければならないという基本中の基本をどれだけ深く認識するようになったのだろう。ちなみに、統計局と発改委が発表したGDPの相違についても、どちらの方がより真実に近く、誤差はどの程度と見積もられるかという発表は行われていない。

■法整備もまだ不十分

  もちろん、統計データの重要性をしっかりと認識しているテクノクラートは増えている。中央政府の責任者も、地方政府などによる数字の改ざんを許さない意向を再三にわたって表明している。

  06年2月1日には、調査の独立性を高める内容を盛り込んだ新しい「中華人民共和国統計法実施細則」が施行されたが、この「細則」は正確な統計を重視する党・政府の意思を法整備の面からも改めて示すという意味合いがあったはずだ。

  しかしこの「細則」を詳細に読むと、それだけでは極めて不完全なものだといわざるを得ないことが分かる。情報の偽造や改ざんに関して処罰の対象となるのは「大きな数字の変更を行った場合」「2年以内に繰り返した場合」「改善を要求されて従わなかった場合」などとなっており、罰則規定が明示されているのは個人や企業などが調査に協力しなかったり虚偽の情報を提出した場合、あるいは関係者が守秘義務に違反した場合などで、情報を「偽造」した地方政府あるいは地方政府の幹部に対する罰則は何ら明記されていない。こうした数字の「偽造」は、明らかに腐敗の一種だ。本来ならば厳しい処罰の対象として、「細則」にも盛り込むべきだった。

  自らが公表するデータの正確さや整合性に対する中国政府の姿勢はまだ甘い。国内の問題だけではない。中国と中国経済に可能性を見出し、積極的にかかわっていこうと考えている人ほど、不正確な統計データに困惑していることを、中国政府は危機感をもって認識するべきだ。データあるいは情報のでっち上げを許さぬメカニズムを早急に構築すことは、どうしても必要だ。数字や統計データに対して内外から不信を招いている現状は、中国政府にとって決して利益にならない。

(2006年10月17日 中国情報局)

 これはつまり、書類上の報告では目覚ましい勢いで復興が進んでいるにも関わらず、実際の被災地では建物は倒壊したまま、被災者は食うモノにも着るモノにも困窮する生活が果てしなく続いているという、如何にもチュウゴクな摩訶不思議アドベンチャーが繰り広げられるフラグが立ったという事に他ならん訳です。

 まあ、流石に全倒壊したままでは速攻でばれるので、目立つところの建物は再建される訳ではありますが、そこは抜け目のない間抜けのチュウゴク塵、少しでも安く済ませる為に、なるべく早く、そして分かり易い成果を出す為に、常識では考えられない程の手抜き工事が横行する事でしょう。

 そして、こういうオモロイニュースが世界を飛び交うの事になります。

<四川大地震>全国初の耐震校舎が落成、倒壊からスピード再建―綿竹市

2008年5月19日、新華網によれば、18日、中国青少年発展基金会を通じて、全国各地から集まった100名以上のボランティアと設計技師などにより、今回の四川大地震により倒壊した小学校が、四川省綿竹市遵道村で初めて再建された。全国初の耐震構造設計の小学校校舎となる。

遵道村小学校の校舎は地震により甚大な被害を受け、学校として使用できない状態だった。新たに落成した校舎は、新型の軽量パネルを使用して作られており、9つの教室のほか教職員室があり、総面積は約1100平方メートル。耐震性能のみならず、防水、防火性能にも優れている。同校ではすでに600人の児童が学校に戻っており、他の小中学校でも復興が進められている。

震災により多数の小中学生が命を失い、学校も破壊した。中国青少年発展基金会の事務局長によれば、子どもたちが授業を受けられるようにするとともに、心のケアを進めるため、中国青少年発展基金会は「希望工程緊救援募金」を開始。小中学校の耐震構造校舎建設の援助に充てることになっており、すでに多額の募金が集まっているという。(翻訳・編集/岡田)

(2008年05月19日 Record China)

 欠片程での常識がある人間ならば、嗤われて逆に恥をかくだけである事が分かっている為、こういうアホの見本みたいな真似は間違ってもしない訳ですが、そこは厚顔無恥でアタマも凄まじく悪いチュウゴク塵、こういうアホの見本みたいな真似を平気でします。

 正直、私ならチュウゴク塵に生まれた時点で自殺を考えます。

 チュウゴク塵に生まれるくらいなら、まだ、ミトコンドリアとかゴルジ体の方がいい。

 ま、そんな当然の事はどうでもいいとして、これで、被災地となった四川、特に少数民族を多く居住する地域などは、半永久的にまともには復興しないままであるという事が仮決定されました。

 一応、幾つか、申し訳程度は何かの建物が建てられるとは思いますが、上の記事の学校のような、超スピード工事の超絶手抜き物件である事は間違いないです。

 どんなに、世界が善意の手を差し伸べようとも、それを必ず捩じ曲げて悪意と憎悪と悲哀と爆笑に変えてしまう奇跡の国、それがチュウゴク。

 コイツらと理解し合い、友好を築き上げるなんて事は、人間には不可能です。

 コイツらと理解し合えるのは、人間をある意味で超越した不可思議な「何か」だけだと言えるでしょう。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

中国危うい超大国
中国危うい超大国
posted with amazlet at 08.05.30
スーザン L.シャーク
日本放送出版協会
売り上げランキング: 2568
おすすめ度の平均: 5.0
5 これは本当に驚き
5 読んでいて頭痛のする必読書

誰も報じない中国の真実 (OAK MOOK 180 撃論ムック)

オークラ出版
売り上げランキング: 20045
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本は滅びる
5 2010年までは大丈夫だと思いますが・・・
5 中国の闇部には目をつぶり、中国利権に群がる媚中政治家・マスコミ・企業人
5 China NAtional Socialism=チナス (CHINAS)
5 中国問題にかんする日本最大の「言論の見本市」


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。65種類以上の機能を標準搭載。
卒業するときは一流。ミスパリエステティックスクール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1230-ced57816