FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 黒い雨と白い灰

黒い雨と白い灰
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

四川大地震:震源地で大量のコンクリート噴出、地下核施設爆発か

 【大紀元日本6月3日】四川大地震の震源地付近の山で、地下からコンクリートの塊が大量に噴出した。専門家は、地下で核施設の爆発の可能性を示唆した。

 中国メディアの中国新聞社の5月31日報道によると、震源地付近の映秀鎮と旋口鎮の境目にある山の上り坂で、幅約1キロ、長さ約2キロの巨大な溝が地震後にできた。溝の底には直径20cmから50cmコンクリートの破片で埋め尽くされていた。現場には大きな建物がないため、これほど多くのコンクリートの破片の出所が問題になった。

 現地の村民によると、5月12日地震発生当時、多くの村民は農作業をやっていた。突然地面と山が激しく揺れ始め、同時に凄まじい爆発音に伴い、付近の山頂に穴が開き、そこから歯磨き粉を絞り出すかのようにコンクリートの破片が噴出した。この様子は、約3分間続いたという。

 中国新聞社が報道した噴出の時間と現象に基づいて、地下の火山爆発の可能性を排除できる。「核施設の爆発によって発生した強烈なエネルギーが地下建築物を砕き、その破片を地上に押し上げてきた可能性が高い」と専門家は分析している。

 国外の中国情報サイト「博訊ネット」も専門家の見解を引用し、核爆発が発生したと伝え、コンクリートの破片は中国軍の地下軍事施設のものと報じた。

 被災地の目撃者の証言によれば、地震発生直後、ブン(三水偏に文)川県の震源地から南西方面の山中に通じる主要道路は特殊部隊に封鎖され、半径数百キロ圏内が立ち入り禁止となった。また、山に入る大量の軍車両に、白い防護服を着た人の姿を目撃したとの証言もある。

また、震源地付近の救援隊は、中国の軍部隊だけで、国外と民間の救助隊は現地に近づくのを禁止されていたという。

(2008年06月03日 大紀元時報)

諸葛亮いわく

 とまあ、冗談はさておき、大紀元ソースだけに何処までが真実かは分かりかねるところではありますが、無いとは言い切れないのがチャイナクオリティ、な出来事のお知らせです。

 うぇるかむ とぅ でぃす くれいじーたいむ このいかれたじだいへようこそ きみはたふぼーい たふぼーい たふぼーい たふぼーい♪

 て、歌ってる場合でも無いですな。

 まあ、流石に嘘か誤報かのどちらかとは思う、いや思いたいのですけど、タイミング合わせたみいたいに、こんな事になっとるのですよね…

●九州電力の環境放射線リアルタイムモニター(6月4日午前1時)
九州電力 環境放射線モニター 6月4日

 ブラックジョークにも程がある。

 いや、これ支那畜どもだけの問題じゃ無く、地理的に日本にも普通に影響するだろうしね、本当なら。

 ガセか悪い冗談であって欲しい訳なのですが、こんなニュースもあったりするのよねん。

<DVF>概況/東証14時

TOPIXは1,399.02ポイントの26.08ポイント安、日経平均は14,127円の312円安。中国四川の震源地で大量のコンクリート噴出し地下核施設爆発かと警戒されているので原発関連は騰勢鈍化。ゴールドマンサックスが省エネバスケットに選定した堀場製作所は小じっかり。

(2008年06月03日 日本証券新聞)

 ありえない事はありえない国、それがチュウゴク。

 ま、頼むからガセであってくれと願いつつ、今日のところは筆を置く事にしましょうか…

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl
中筋 純
二見書房
売り上げランキング: 45151
おすすめ度の平均: 5.0
5 亡霊の様な廃墟の街
5 貴重な一冊

中国危うい超大国
中国危うい超大国
posted with amazlet at 08.06.04
スーザン L.シャーク
日本放送出版協会
売り上げランキング: 2102
おすすめ度の平均: 5.0
5 これは本当に驚き
5 読んでいて頭痛のする必読書


PR情報
日経225miniをやってみませんか?
期間限定!大学・短大・専門学校 資料請求でプレゼントGET!!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1236-c017415b
「一度くらい機会をやろう」  それがどんな結果を招くのかを見せたのが、前回の参議院選挙だったと思う。  参議院選挙に至るまで、マスゴミと官僚は執拗に安部政権つぶしに奔走した、といわれる。  事実がどこにあるのかはわからないが、あながち嘘でもなさそうに思え
 現在最新のエントリー「「敵を欺くにはまず味方を欺く」手法に警戒すべし」をぜひ読んで欲しい。  以下、注目した箇所を抜粋し転載。(ぜひ全文を上記リンク先で読んでください。)「敵を欺くにはまず味方を欺く」手法に警戒すべし(略)すべては、総選挙での政権交代
連日、日本のメディアでは美談報道が席巻している中国四川大地震だが、 これに対する無関心ぶりには、驚くばかりである。 大紀元時報 『四川大地震:震源地で大量のコンクリート噴出、地下核施設爆発か』 私自身、この報道の真偽のほどは分からない。 しかし、現地に大
2008/06/05(木) | 加賀もんのブログ