FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 罪深き者ども! その名は支那一族!!

罪深き者ども! その名は支那一族!!
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

四川大地震の展示館開館 日本の緊急援助隊の写真も

 【成都(中国四川省)14日共同】中国・四川大地震で壊れた家具や犠牲者の写真などを陳列した臨時の展示館がこのほど四川省成都市郊外にオープンした。

 2005年に開館し、抗日戦争関連資料などを展示している「建川博物館」が地震の悲惨さを心に刻んでもらおうと敷地内に設置。日本の国際緊急援助隊の写真も陳列され、日本の援助を評価する姿勢を示した。

 地震発生から1カ月となった今月12日に開館。地震で壊れた机や洗濯機、自転車のほか、地震の衝撃で電池が飛び出したため発生時刻の午後2時28分を指したまま針が止まった時計など約4000点を展示。温家宝首相が被災地で陣頭指揮を執った際に使用した拡声器や軍用地図もある。

 楊建朝副館長は「大災害となった地震を歴史に刻み、人々の記憶にとどめてもらうために展示館を開設した」と説明。約3カ月間展示を行う予定という。

(2008年06月14日 共同通信)

 コイツら、絶対にアタマおかしい。

 まず最初に、そもそもまだ被害の後始末さえ碌に出来てない癖に、仮にだろうが臨時だろうが展示館を造ろうという発想が異常極まりない。

 被災地には、未だ救助物資や人的支援を求めている被災者が多数残っている訳で、こんな下らないモノにカネを掛けるくらいならば、そのカネを物資に変えて被災地に送ろうとするのが普通の発想というものです。

 こういうのは、ある程度以上復興が終わって、人々の記憶から災害が風化しそうになった時にやるのが普通。

 復興はおろか、地震湖や放射性物質などによって、まだまだ被害が拡大する恐れが残る中でこういう事をやるなんて、狂っているにも程があるというもの。

 要するに、被災地の民以外の支那ブリどものアタマの中では、既にこの話、四川の地震の話は「めでたし、めでたし」となっており、これ以上支援活動をするつもりも殆ど無い、つー事ですわな。

 「流石、土人以下の最下等生命体だなw」と嗤い飛ばしたいところですが、余りにも下劣過ぎてそういう気分にすらならない。

 ついでにですが、この展示館を開設するのに、絶対に各国からの支援金使われてますよね。

 まあ、貰ったカネをどう使おうが貰った側の自由っちゃあ自由ですが、こういうゴミに対して募金する事の虚しさというものが、実に胸に染みますね。

 小さな善意は巨大な悪意の前では餌にしかならん、てか。

 実に不条理で理不尽で、胸くそ悪い。

 で、ついでのついでなのですが、この展示館が開設された「建川博物館」という博物館、記事中にも少し触れられていますが、こういう場所です。

中国最大の民間抗日戦争博物館、8月15日にオープン

 関係部門が30日明らかにしたところによると、世界反ファシスト戦争勝利と中国抗日戦争勝利60周年を祝うため、中国最大の民間抗日戦争博物館である建川博物館が8月15日、正式にオープンする。

 この建川博物館は、西南部の四川省大邑県に位置し、建築面積が1万5000平方メートルで、民営企業家が1億元余りを出して作ったものである。

 この博物館は、共産党抗日軍隊館、国民党抗日軍隊館、中国を援助するアメリカ軍抗日戦争館など8つの分館及び『中国烈士』彫刻広場からなっている。


(2005年06月30日 CRI)

 詳しい説明を入れなくても、この支那ブリどもが如何に下品で下劣な脳をしているのか、ご理解頂けるでしょう。

 これが、中華という連中。

 中華とは、「まともな奴ほどFeel So Bad」な、某世紀末覇者漫画の2のオープニングの世界そのもの。

 人間が人間でありたいならば、絶対に関わり合うべきでは無い存在、それがチュウゴク。

 早急に、あの支那ブリの巣を「国際社会」から切り離す事。

 それが、世界の安寧秩序の第一歩だと言えます。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 116609
おすすめ度の平均: 5.0
5 卑しき隣人の正体

ごきぶり撲滅大作戦―役立つ!笑える!ゴキブリ退治マニュアル
国際ゴキブリ駆逐協議会
オクムラ書店
売り上げランキング: 227432
おすすめ度の平均: 4.5
4 おもしろい(笑)!!!
5 とってもすばらしい本です
5 すばらしい本です
4 ゴキブリを見えないふりをしている私


PR情報
ホテル+格安航空券のグローバルトラベルオンライン
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1248-b60a8322
いろんなブログ様を拝見させて頂くと着上陸戦の可能性のようなものを 論点としてよく論争なさっておいでですので言及しておきます。 どうもクラスター爆弾の「非人道性」を名目的に論じつつ着上陸の可能性から 軍事上も必要ないと誘引する意見も結構散見されますので自...
2008/06/16(月) | 帝国ブログ
(サブタイトル、「このYouTube映像をみてこの図解表示を見れば請負偽装派遣(俗に言う偽装請負)」がどんなものか分かるかもね」) フリーター漂流 ~モノ作りの現場で~(2005年2月5日(土)午後9時~9時52分)http://www.nhk.or.jp/special/libraly/05/l0002/l0205.htm...