FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 黄砂!悪魔の砂塵

黄砂!悪魔の砂塵
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

黄砂に乗ってカビや細菌、日本に飛来か 金沢大調査

 大気汚染の原因となる化学物質を中国大陸からもたらすと疑われている黄砂が、カビや細菌を運ぶ「微生物の箱船」にもなっている可能性が出てきた。金沢大の小林史尚准教授(環境生物工学)らが、黄砂に付着した微生物を確認、中国・ウルムチであった国際会議で発表した。人の健康や生態系への影響が心配されるという。

 研究グループは、中国・敦煌や金沢市などで気球をあげ、上空の黄砂を採取。培養やDNA分析で含まれる微生物の種類を調べた。

 その結果、昨年8月に敦煌上空700メートルで黒カビやこうじ菌の一種を検出。06年には50~100メートルの上空で、セレウス菌という食中毒菌の仲間なども見つけている。一方、金沢大学(金沢市)の上空約500メートルで07年4月、放線菌の仲間を検出した。黄砂が観測された日に採取されたことから、中国大陸から渡ってきたとみられるという。

 台湾や韓国では、黄砂が多い時に心臓や肺の病気などで入院患者や死者が増加するという報告がある。国内でも鳥取大学などが、黄砂がぜんそく患者の症状を悪化させるという研究を発表。黄砂の粒が細胞を刺激するほか、含まれる化学物質や微生物がアレルギー反応を誘発するのではないかと考えられている。


 研究グループの岩坂泰信・金沢大特任教授(大気物理学)は「微生物は紫外線や乾燥に弱いが、黄砂にくっついて守られ、大陸からたくさん運ばれて来ると考え直さなければならない。健康被害の調査も必要になるだろう」と話している。(添田孝史)

(2008年06月20日 朝日新聞)

 ま、以前から言われていた事ではありますが、今回、それが研究の結果として国際的な会議の場で発表された、と。

 少し遅過ぎな感もありますが、そんな事より何よりも、この、享受曰く「微生物の箱船」、もう少し実態に即して言うと「病原体の箱船」を何とかしないと、あの魔大陸で強化培養された病原体が黄砂に乗って世界に拡散するという悪夢の連鎖コンボに突入する可能性があります。

 と言うか、日本よりも更にあの大陸に近い国、南朝鮮や台湾では既に「死のコンボ」に突入しています。

Effects of the Asian dust events on daily mortality in Seoul, Korea.

The Korean peninsula has a long history of dust clouds blown by winds from the arid deserts of Mongolia and China in springtime; these are called Asian dust events. Public concern about the possible adverse effects of this dust has increased, because the dust arrives in Korea after having passed over heavily industrialized eastern China. The present study explored the effect of Asian dust events on daily mortality in Seoul, South Korea, during the period 1995-1998. We evaluated the association between daily death counts and the dust events using Poisson regression analysis, adjusted for time trends, weather variables, and the day of the week. Between 1995 and 1998, we identified 28 Asian dust days in Seoul. The estimated percentage increase in the rate of deaths from 3-day moving averages of exposure was 1.7% (95/ confidence interval: -1.6 to 5.3) for all causes, 2.2% (95% confidence interval: -3.5 to 8.3) for deaths of persons aged 65 years and older, and 4.1% (95% confidence interval: -3.8 to 12.6) for cardiovascular and respiratory causes. Our results provide weak evidence that the Asian dust events are associated with risk of death from all causes. However, the association between the dust events and deaths from cardiovascular and respiratory causes was stronger and it suggests that persons with advanced cardiovascular and respiratory disease may be susceptible to the Asian dust events.

(2002年09月 NCBI)

Effects of Asian dust storm events on daily mortality in Taipei, Taiwan.

In spring, windblown dust storms originating in the deserts of Mongolia and China make their way to Taipei City. These occurrences are known as Asian dust storm events. The objective of this study was to assess the possible effects of Asian dust storms on the mortality of residents in Taipei, Taiwan, during the period from 1995 to 2000. We identified 39 dust storm episodes, which were classified as index days. Daily deaths on the index days were compared with deaths on the comparison days. We selected two comparison days for each index day, 7 days before the index day and 7 days after the index day. The strongest estimated effects of dust storms were increases of 7.66% in risk for respiratory disease 1 day after the event, 4.92% for total deaths 2 days following the dust storms and 2.59% for circulatory diseases 2 days following the dust storms. However, none of these effects were statistically significant. This study found greater specificity for associations with respiratory deaths, and this increases the likelihood that the association between dust events and daily mortality represents a causal relationship.

(2004年06月 NCBI)

 全訳は面倒だし、する必要性も感じられないので要点だけ。

 南朝鮮のソウル、かつて京城と呼ばれた今は半ばスラム化している地域では、黄砂の発生3日目から死亡率が増加し、全体で1.7%増、65歳以上で2.2%増、心血管・呼吸疾患が原因とされるものが4.1%増、という調査結果が報告されている、と。

 そして、最近馬の魔の手に堕ちて少しおかしな事になっている台湾の台北では、黄砂後1日で呼吸器疾患7.66%増加、2日後、総死亡数4.92%増加、循環器疾患2.59%増加という事になっているらしい。

 どうやら、レベル5デスの起源は支那大陸らしい事が伺えます。

 さて、これだけだと不安を煽るだけになるっぽいので、この支那畜流奥義・レベル5デスに罹って笑えない体にならない為の対策も、幾つか書いておきましょう。

●ウイルス用マスクの着用

 黄砂は、杉花粉(30μm)、赤血球(6~8μm)よりも更に小さな粒子を含む殺人ガスである為、花粉症用のマスクなどでは防ぎきれない。

 その大きさは0.5~5μmで、微小粒子状物質PM2.5と呼ばれる肺の奥にまで到達する超微粒子。

 大量に吸い込むと、肺を傷つけ、壊してしまう恐れがあります。

●布団やシーツを外に干すのは止める

 黄砂の季節に布団やシーツを干すと、布団やシーツに大量の黄砂が入り込みます。

 そうすると、寝ている間に大量の黄砂を吸い込む事となります。

 寝ている間というのは、喉から肺が乾燥して異物を排出し難くなっているので、大変に危険です。

●二輪車から車にシフト

 理由は、二輪だとモロに、そして大量に吸い込む羽目になるからです。

●排気のクリーンな掃除機を使う

 マスクの項でも書いたように、黄砂の粒子は極めて微少な為、出来の悪い掃除機だとただ単に黄砂を部屋中に撒き散らしているだけ、という事になります。

 多少高くとも、いい掃除機を使いましょう。

 カネが無い場合は、掃除機は諦めて雑巾中心で掃除して下さい。

(民明書房刊「黄砂!悪魔の砂塵」より)

 さて、取り敢えず、支那産悪魔の砂塵対策も書いたところで気になるのが、チュウゴク大好きっ子であるアカピーが、何故にこんなチュウゴクにとってマイナスになりそうな記事を書いているのか、という点ですが、勘のいい方は既にお気付きでしょうね。

 ええ、そうです、環境技術の支那畜への移転をスムーズに運ばせる為、ですね。

 まあ、この辺はまだ調べている途中なので、余り詳しい事も述べられないのだけど、取り敢えず、「日本の企業が現地企業に環境技術を移転したばあい、その場合のCO2削減量を、日本の企業の削減量にできる」という規定がある。

●NTTデータ 社会・環境レポート2005「環境分野での技術開発」(PDF)

 それと、これのコンボ技。

環境省、CO2削減に1キロ50円の補助金

環境省は、店舗や家庭など民生部門の温暖化対策を抜本強化するため、「気候ポイント制試行事業」と呼ばれる、二酸化炭素(CO2)の削減量に応じ、CO21キログラム当たり50円を交付する補助金制度を2003年度に導入する。

この制度は、CO2削減量1キログラムを「一気候ポイント」とし、ポイント量に応じて補助金を交付、削減対策を促す。削減量が増えるほど補助額も増える“成果主義”を取り入れる。確実、定量的に継続して削減が見込まれる対策に、CO21キログラム当たり50円、1件当たり2000万円を上限に補助金を交付する。

交付対象は、地球温暖化対策地域協議会を組織するNPO、NGO(非政府組織)、公益法人。企業は対象外だが、協議会には地域商工会が参加するため、地域商店街などの温暖化対策事業も交付対象に加える。

同省によると、2000年度のCO2排出量は、90年度比10.5%増。部門ごとの内訳は、総排出量の25%を占める民生部門のうち、家庭部門が20%増、店舗・オフィス部門が22%増で、運輸部門の21%増と肩を並べている。

(2002年08月12日 ジーウエスト)

 支那はタダで技術を貰えてウハウハ、スポンサー企業は補助金を貰えてウハウハ。

 アカピーの本領発揮、といったところですかね、今回の記事は。

 取り敢えず、今回はこれで終わります。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
武田 邦彦
洋泉社
売り上げランキング: 1295
おすすめ度の平均: 4.0
1 ウソをまかりとおらせる武田教授
5 環境問題を論じるなら必読
5 環境問題の嘘はどこから始まったのでしょうか。
4 プロパガンダに惑わされないために読むべき本
3 面白いけど飛躍が多いのが残念

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029))
武田邦彦
洋泉社
売り上げランキング: 1842
おすすめ度の平均: 4.5
4 リサイクルから縮小文明へ
5 前作とあわせて読みたい
4 こっちのほうが面白いですね
5 大勢の人に読んでもらいたい本
4 ペットボトルのお茶は買わない。


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1254-144ce18d
「眞鍋かをりさんとの対談動画をアップします!!」 (城内実の「とことん信念」ブログ) 先日、城内実さんと対談された真鍋かをりさん。 普段ほとんどテレビを観ない私(喜八)です...
   ||| イスラエル・イラン戦争の助走 ||| 中東核戦争の危機 イスラエル対イランの戦闘意識、急速に高まる イスラエル空軍、戦闘爆撃機百機編隊飛行でイランを本格的に威嚇 「If smells like it and sounds like it, then this is it. ? もしそういう匂いがし
2008/06/22(日) | 米流時評