FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → ミッキービッグマウスは斯く語りき

ミッキービッグマウスは斯く語りき
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

ワタミ渡邉美樹社長が胸中を吐露「店長は管理職であった方がいい!」

日経レストランに人気コラム「喝」を連載するワタミ渡邉美樹社長が、「名ばかり管理職」の店長問題で揺れる外食業界について、「これまでの議論は全くナンセンス。僕は考え方が全く違う」と思いの丈を語った。

――今年1月、東京地裁が日本マクドナルドに店長への残業代支払いを命じました。その後、管理職としての権限や待遇がない「名ばかり管理職」なのに残業代がもらえないのはおかしいという流れが加速し、店長を管理職から外し、残業代を支払う動きが広がっています。どう思いますか。

「簡単に言えば、会社は実際には管理職としての権限がない人を管理職(店長)にして、何とか残業代を払いたくない。しかし、それでは店長がかわいそうだから、残業代は払わないといけない。この問題の本質はそういうことでしょう。

しかし、考え方がそもそもおかしい。なぜなら、こういう議論の根底には、仕事は時間とお金をやり取りすることであり、働いた時間に対してきちんとお金をもらうことが最大の仕事の成果であり幸せである、という考え方があるからです。

仕事というのは、何時間働いたからその分のお金をもらうというだけのものではありません。やりがい、達成感、自分の存在感……そういうものがあってこそ本当の仕事であり、そこにお金がついてくるというのが私の考えです。

こういう考えに至ったのは、『つぼ八』の店長だった時、自分で売り上げを作り、経費を削減し、利益を出し、社員やアルバイトを採用し、とてもやりがいを見いだしたからです。店を成功させるという大きな責任があったので、仕事の中に創意工夫を凝らすことができたし、生きがいを見つけ、幸せを感じることができました。これが本当の店長の仕事というものでしょう。

私はワタミの店長には、時間とお金のやり取りをするような仕事をせず、責任を持ってやりがいのある楽しい仕事をして、幸せになってほしい。そのためには店長は管理職であった方がいい、というのが私の考えです。管理職の店長が自分の店に愛着を持って働いている時に、時間を制限するのはどうかなと思います。そういう店長は、時間なんか気にしません。どうやったらお客さんに喜んでもらえるか、どうしたら売り上げがアップするか、どんな工夫をしたら店が良くなるか、ということを考えているだけです。

名ばかり管理職の問題は、仕事を時間とお金のやり取りという観点からしか考えていないことが原因の1つになっています。そういう考えだから、長く働く店長はかわいそうだということになる。それよりも、店長に裁量と権限を持たせて、頑張って働いた店長にどうやって報いてあげられるかを考えるのが経営者の仕事だと思いますね」

――ワタミでは店長の処遇をどう考えていますか。

「その前に、管理職とは何かについておさらいしておきます。世の中の基準と言える管理監督職の定義とは、①経営方針の決定に参画し、労務管理上の指揮権があること。②出退勤の厳格な制限を受けない地位にあること。③一般従業員を雇用主に代わって使用する職務内容、責任、権限があること。④残業代以上の役職手当などの優遇措置がとられていること、の4つです。

そこで、ワタミでは新店長制度への移行を検討しています。店長すべての力量を見直して、管理職としての権限を与えられる人については、堂々と『管理職店長』として処遇します。しかし、まだ力不足ですべてを任せるまでには至っていない店長に関しては、『非管理職店長』として位置づけます」

――残業代なども含めて、待遇は変わるのですか。

「当然変わってきます。『管理職店長』には裁量、権限の大幅委譲に加えて、業績連動給の導入を考えています。業績が予算よりも上がったら、ドーンと給料も増やします。逆に20%も売り上げを落としたら、当然給料は下がります。もちろん残業代はありません。

一方、『非管理職店長』はまだ力が足りないので、エリアマネジャーの指揮下に置き、『管理職店長』を目指すべくサポートを受けます。店長ではあっても、残業代をもらう一般社員になります」

――「管理職店長」と「非管理職店長」を分ける基準は?

「その店を任せられる、“オーナー”としての力量があるかどうかです。具体的に言えば、自分でいろいろな販売促進を考えて、売り上げをちゃんと作ることができるのか。経費をちゃんとコントロールできるのか。採用する目を持っているのか。採用後のトレーニングを任せられるのか、といった総合的な力があるかどうかですね」

――最後にもう一度聞きますが、店長は管理職であるべきですか。

「もちろんです。今問題になっている『名ばかり管理職』では、決して幸せになれません。残業代うんぬんではなくて、店長にとって、どういう処遇で働くのが幸せなのかを、外食産業の経営者はもう一度考えるべきだと思います。日本人の労働観、我々経営者の価値観が問われていると思います」

(2008年07月09日 日経レストラン)

 今更だけど、完全にホリエモンやグッドウィルの折口と同じ臭いがしますな、この人。

 まあ、ホリエモンよりは回りくどいというか、オブラートに包んだ言い方をしているものの、結局は、テメエの利益の事しか考えておらず、その事を勝手な屁理屈で正当化しているに過ぎないです。

 大体、現在問題となっているのは、「店長は管理職であるべきか否か」では無く、「店長は管理職なのかどうか」であった筈。

 その事の結論に意図的に触れず、話を「自分は店長は管理職であるべきだと思う」という方向に誘導し、今現在問題となっている点の結論をあやふやにする話術は、詐欺師さながら。

 まあ、基本的にアホな日経の記者は、その事に疑問の一つも抱かず、最終的には「最後にもう一度聞きますが、店長は管理職であるべきですか」とか完全に問題の論点とは違う質問をしとる訳ですが、インチキ経済新聞の記者程度の脳味噌では、こんなものが限界なのですかな。

 この記者、及び日経もグルで、敢えてそういう方向に話をもって行こうとした、という可能性も考えられますが、その場合、日経新聞という新聞は読者をミスリードし、世論を財界が望む方向に導くプロパガンダ紙、という結論に落ち着く訳で、どちらにしても、真っ当な日本国民が目にすべき代物では無いという結論に落ち着きます。

 どちらが正解なのかは、日本不経済新聞のみぞ知るところですが、個人的にオッズを付けるなら、前者が5倍で後者が2.2倍、といったところですかな。

 ま、何にしても、読んでもミジンコのクソ程もタメにならないという事だけは確実なところです。

 で、話を元に戻しますが、本来の問題の論点とは、「店長は管理職であるべきか否か」では無く、「店長は管理職なのかどうか」という点です。

 管理職の定義としては、「経営方針の決定に参画し、労務管理上の指揮権があること」「出退勤の厳格な制限を受けない地位にあること」「一般従業員を雇用主に代わって使用する職務内容、責任、権限があること」「残業代以上の役職手当などの優遇措置がとられていること」の四点が挙げられる事は、記事中でミッキーも語っている訳ですが、世の店長と呼ばれる人間が、この四点を満たした立場にあるのかどうか、という点が本来の問題の論点な訳です。

 ミキタンは、店長を「管理職店長」と「非管理職店長」に分け、「管理職店長」には「裁量、権限の大幅委譲」をする新制度を考えている、という事ですが、これらをきちんと満たすつもりはあるのですかね。

 「経営方針の決定に参画し、労務管理上の指揮権がある」という事は、出店、店舗の改装、商品の価格の決定などをある程度店長の裁量で出来る、という事になる訳ですが、飲食店のチェーン店でこんな事が可能だと思っているのですかね。

 「出退勤の厳格な制限を受けない地位にある」という事は、売り上げ目標なり何なりを達成さえしていれば、店長は一日も出勤しなくても無問題という事になるのですが、それでいいんですかね。

 「一般従業員を雇用主に代わって使用する職務内容、責任、権限がある」という事は、バイトを店長の一存で社員に昇格させたり、店舗の総人件費を決定するにあたって、店長の意志が大きく関与したりする事になる訳ですが、出来るのですかね。

 「残業代以上の役職手当などの優遇措置がとられている」という事は、相応の、それこそかなりの額の給与を出来高の部分とは別に店長に保証する事が求められる訳ですが、払うつもりはあるのかね。

 「業績連動給の導入を考えています。業績が予算よりも上がったら、ドーンと給料も増やします。逆に20%も売り上げを落としたら、当然給料は下がります。もちろん残業代はありません」なんて楽しそうに語ってますけど、その部分とは別に、基本的な部分でですよ。

 これらが出来ないならば、ミキタンが勝手に「管理職店長」と名付け、「非管理職店長」と待遇を区別したとしても、労働法違反という現実には何らの変化も無いんだけどね。

 アフォの安倍シンゾーに取り入って、この辺を上手く変えさせるつもりだったんだろうけど、上手くいかなくて残念だったねえ、ミッキー。

 ま、兎に角、あのアフォがぽんぽ痛い病で首相を辞職し、教育カイカクが頓挫した事で、この基地外が教育の分野から引き離された事は、偶然とは言えラッキーでしたな。

 あのまま教育カイカクを進ませ続けた暁には、観念論だけで暴走するヤヴァイ人達や、盲従的な奴隷が量産されるところだった訳ですから。

 二度とそういう喜劇的な悲劇の危機が訪れないよう、口先でやたらと綺麗事だけを強調する人間には騙されないようにしましょう、という事で、このエントリーは終わりにしようと思います。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

ブラック企業の闇―それでもあなたは働きますか? (晋遊舎ブラック新書 8) (晋遊舎ブラック新書 8)
ムネカタ スミト
晋遊舎
売り上げランキング: 7575
おすすめ度の平均: 3.0
3 意外と面白かった
3 文字がでかすぎ

無法経済の主役たち―「頭取・社長」という名の不良債権 (講談社プラスアルファ文庫)
有森 隆 グループK
講談社
売り上げランキング: 183224
おすすめ度の平均: 4.0
4 「民僚」、無責任経営者たち


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
  マスコミによく出てくる割に、全く悪い噂が聞こえてこないのも同じですね。

  まあ、逝口やドザエモンと同様、その筋から切られた途端にワ○ミの不祥事やらミッキー糞マウスの悪評やらが一気に出てくるのでしょう。で、ブログやら掲示板に書かれていた「誹謗中傷」がかなりの部分真実だと証明される。
  こんなことの繰り返しですね。一体、マスコミ報道とは何なのか、考えさせられます。
2008/07/13(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
まともな感じしますけどね。

何を操作するつもりなのか、と勘繰りたくはなりますが・・・。
2008/07/13(日) | URL | aQua #MMIYU.WA[ 編集]
ホリエモンや折口よりも長く保っているのは、創価との関係があるからでしょうね。

それを考えると、ホリエモンや折口よりも潰すのは難しいと思います。
2008/07/13(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
騙されちゃあいけません。

やり甲斐だの何だのは、まずは時間に対する正当な賃金を支払ってからの話です。

労働する側が、こういう論をいうのはアリですが、使役者が言うべき台詞ではありません。

使役者がきちんと労働者に対する対価を支払い、その労働の中で労働者がこういう考えに至るのが正しい流れな訳で、使役者がこういう事を言い出すのは、単に正しい対価を支払いたくないが為の逃げです。
2008/07/13(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1277-2b903549
   ||| 北の逆ギレ・韓国に謝罪要求 ||| 北朝鮮のひらき直り「事件の全責任は韓国側にある」と謝罪要求 夜明けの海岸で6人の韓国人観光客が300mの距離で射殺を目撃 やはり予期した通りの展開になった。南の一般市民を北の狙撃兵が射殺。そして一片の謝罪もなく...
2008/07/13(日) | 米流時評