FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → Tabloid Tokyo kills Mainichi Newspaper

Tabloid Tokyo kills Mainichi Newspaper
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

毎日「変態ニュース」記者の英文新書 「低俗すぎ」で出版中止になっていた

毎日新聞英語版サイト「Mainichi Daily News」で、「変態ニュース」を執筆し、長年にわたり配信していた外国人記者が執筆する英語版新書が出版中止になっていたことが分かった。毎日新聞英語サイトに掲載された記事も一部収容する予定だったと見られる。出版元は、内容に問題があるとして今回の「騒動」前に決めたと説明している。

2冊の英語の書籍がすでに出版される

一連の騒動は、毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」内にあった「WaiWai」というコーナーで、「ファストフードで女子高生が性的狂乱状態」と題された記事や、「弁護士が六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」「息子の成績を上げるために息子の性処理を勉強前に行う母親がいる」といった内容の記事を5年以上にわたって配信していたというものだ。毎日新聞社・朝比奈豊社長が役員報酬10%(1か月)を返上する処分にまで発展、記事を執筆していた外国人記者は3か月の懲戒休職処分を受けている。

この外国人記者や「Mainichi Daily News」の日本人スタッフと思われる担当者らの共著として、2冊の英語の書籍がすでに出版されている。「タブロイド トーキョー(Tabloid Tokyo)」(05年、07年出版)と題されたもので、毎日新聞の英語版ニュースサイトの記事も一部掲載されている。「新しいダイエットが教え込むマスターベーション」といったタイトルが示すように「低俗」な内容だが、毎日新聞とは違い、「あぶない記事」を標榜している。同書が自ら「日本の乱れた週刊誌からのセックス、犯罪、奇妙な101のお話」という通り、週刊誌の記事を紹介する内容になっている。
「日本の乱れた週刊誌のなかの下品なお遊び」

続編の出版も計画されていた。ショッピングサイト「amazon」では「Tabloid Tokyo XXX: Sex, Sex and More Sex: a Decade of Ribald Romps from Japan's Wild Weeklies(タブロイド トーキョーXXX セックス、セックス、もっとセックス 日本の乱れた週刊誌のなかの下品なお遊び10年間)」と題された書籍が「Tabloid Tokyo」シリーズの一冊として08年9月に出版される、と紹介されているのである。詳しい内容は明らかにされていないが、同じシリーズだけに毎日英語版ニュースサイトの記事も使われる予定だったと思われる。

「Tabloid Tokyo」の出版元の講談社インターナショナルの担当者はJ-CASTニュースに対し、「出版する予定はありません。企画の段階で内容に問題があるということで中止になりました」としている。中止が決まったのは、3か月ほど前のこと。今回の騒動とは無関係ということらしいが、出版されたとすれば、これまで「Tabloid Tokyo」で紹介された内容を上回る「低俗な」書籍になるのは確実だった。

(2008年07月11日 J-CAST)

 「騒動」以前から出版中止が決定していた、という部分に関しては非常に嘘くさい感じではありますが、何にしてもまあ、良識的な判断、GJかと思います。

 内容の下劣さに関しては兎も角、話題性だけは十分だった訳ですから、メディアお得意の自由を履き違えたアホな持論を展開して出版を強行するという選択肢も講談社にとってはアリと言えばアリだったにも関わらず、その後どういう展開が待ち受けているかを冷静に予測したその先見は、アホの侮日新聞経営陣よりかは遙かにマシだったと言えるでしょう。

 それに、出版中止の理由が「低俗すぎるから」というのも、小さくながら中々GJです。

 風俗関連や都市伝説的なモノまで、低俗の極みと言える一般書籍なんか山のように出版されている御時世に、「低俗すぎる」という理由で出版中止にされたという事は、ライアン・コネルの書いていた記事はそれ以下の、人間が目にすべきモノでは無いレベルの低俗記事であったと出版社として御墨付を付けたようなものです。

 そんなモノを掲載して発信していた侮日の低俗さ、低レベルさ、胡散臭さが、より一層強く際立つ事に上手く繋げていると言えます。

 苦し紛れにバットを振り回していたら、運良くポテンヒットになった、とでもいったところでしょうか。

 何にしても、まあ、某巨大掲示板では侮日工作員が必死に青筋立てながら「こんな事に何の意味もねー」と喚き散らしているのも虚しく、今回の事件は徐々に侮日の首を絞めていっているようで、大変愉快。

 WEBのスポンサーの殆どは逃げて行っているし、ライアン・コネルの記事はエロ本レベルと認定されたし、iチャネルはどんどんと解約されていくし、踏んだり蹴ったりですな。

 この調子で、一刻も早く廃刊、そして倒産される日を、ワクテカしながらお待ちしてます。

関連記事
●嗚呼、素晴らしき侮日新聞哉
●灼熱の侮日新聞
●激闘は憎しみ深く
●犯罪指南だ侮日新聞
●世界の中心で反日を叫ぶ
●死闘!侮日新聞
●カルトとマスゴミ
●侮日没落日記
●侮日没落日記2

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

反日マスコミの真実2 (OAK MOOK 193 撃論ムック)

オークラ出版
売り上げランキング: 45961
おすすめ度の平均: 5.0
5 反日マスコミの驚きの実態
5 まったく知らない世界でした
5 このような本が10年前に出ていれば・・・
5 日本の弱体化で連携する反日勢力と海外の反日国家

「反日マスコミ」の真実 (OAK MOOK―撃論ムック (126))

オークラ出版
売り上げランキング: 43944
おすすめ度の平均: 5.0
5 新聞やTVを見るなら読みましょう
5 反日の末にあるのは国家崩壊のみ。
5 反日メディアを検討する本
5 朝日は戦前は軍部の御用新聞
5 日本人が知らねばならない慰安婦問題


PR情報
卒業するときは一流。ミスパリエステティックスクール
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
甘いです。。。
現在、毎日新聞は記事の訂正はしていません。
なぜなら、記事の中身は問題がないとしているからです。
講談社も、前文に書いてあるから中身に問題がないとして
タブロイドトーキョー1・2を販売中です。

でも、よく思い出してください。

そもそも中身があまりに侮辱的であったため、ここまで人の怒りを買ったのではないですか?
毎日新聞は人事のことも火に油でしたが。
その中身の検証をせず、どうどうと下劣な本を売って言い逃れている出版社に、私などは嫌悪感すら覚えます。
2008/07/14(月) | URL | misako #tKNuFVws[ 編集]
お怒りは御尤もです。

私も、これで納得している訳でも、講談社が素晴らしいまともな出版社だと思った訳でもありません。

「ま、まともな判断したじゃないか、意図はバレバレだけどな」とそれだけの事を書いただけです。
2008/07/15(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1279-56fb2b15
基本的にニコニコ動画的MADの手法を取り上げながら分かりやすい表現を用いて 事の重大さを広めるのに一役買いました。この問題の初心者から上級者まで幅広い 層に訴える力を持っているかと存じます。またパロディとしても楽しめてしまうので問題を 理解させるのに入...
2008/07/15(火) | 帝国ブログ