FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ食と農 → 必死だな、侮日新聞w2

必死だな、侮日新聞w2
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

記者の目:安い割には美味 中国・台湾産ウナギ=小島正美

 夏バテ気味の子にウナギのかば焼きでも食べさせようとスーパーに行き、あまりの値段の高さに驚くお母さんの姿が目に浮かぶ。産地偽装で、国産かば焼きの値段が高騰している。

 日本の消費者は食品の国産志向が強い。だが、言われているほど中国、台湾産ウナギの品質は劣るのだろうか。8月5日は土用の(丑うし)の日でウナギがよく売れるだろうが、冷静に比較してみてほしい。

 7月18日、台湾産ウナギのPR会見が東京都内であり、郭瓊英(かくけいえい)・台湾鰻魚(まんぎょ)発展基金会長は「これからは台湾ブランドとして売っていきます」と自信をみせた。同席した涌井恭行・全国鰻蒲焼(うなぎかばやき)商組合連合会理事長も「消費者は違うと思っているかもしれないが品質に差はない」と述べた。会場の水槽には台湾産ウナギが泳いでいたが、国産ウナギと見分けがつくだろうか--。

 海外のウナギ養殖に詳しい舞田(まいた)正志・東京海洋大学大学院教授(水族生理薬理学)はきっぱりと言う。

 「私でも分からない」

 では、何がどう違うのか--。日本のウナギはハウス養殖されている。ボイラーで温めた水温の高い人工池に体長6センチ前後の天然ウナギの稚魚を入れ、約半年~1年育てた後出荷される。えさはアジやイワシなどの魚粉が主体だ。

 一方、中国、台湾のウナギは大半が露地の池で育てられる。加温しないため、育つ期間は約1~2年と日本より長く、えさはスケソウダラなどの魚粉だ。土地代などが安いため、飼育密度は日本のハウス養殖の10分の1~20分の1とゆったりと育てられる。

 意外なことに稚魚は日本、中国、台湾もフィリピン東方の北太平洋生まれで、遺伝子のDNAはいずれも同じだ。「あえて違いを言えばウナギの成長の速さと生産者の養殖知識のレベルくらいでは」(舞田さん)

 味や品質については、個々のかば焼き店に話を聞くと「素人には分からないだろうが、中国、台湾産の方がやや泥臭い」といった見方がある。しかし、東京都内で複数の国産ウナギのかば焼き店を経営し、品質に精通している三田(さんだ)俊介・東京鰻蒲焼商組合理事長は「味の好みは消費者によって異なるだろうが、特に国産の品質が優れているとは言えない」と話す。

 だが、価格差は大きい。

 中国、台湾産の生きたウナギの輸入価格は1キロ当たり(4匹)約2000円なのに、国産は約2400~2500円と2割程度高い。末端のかば焼きだと、国産は1キロ約5000円なのに対し、中国・台湾産は約2000円と2倍以上の開きがある。

 日本で生産・流通業者がぼろもうけしているからではない。加温設備や人件費など日本の生産コストが高く、価格に転嫁されているにすぎない。だから、安い台湾産を仕入れ、国産かば焼きとして高く売ればもうけは大きい。産地偽装はそこを逆手に取る。中国、台湾からウナギを輸入するセイワフードの原野茂樹・営業2部副部長は「とにかく中国、台湾産ウナギの評価が低すぎる」と嘆く。

 「食品の迷信」の著書もある食品アドバイザーの芳川充さん(45)は「日本の業者が消費者をだませたのはむしろ中国、台湾産は質がいいから。イメージで国産にこだわるのではなく、冷静に価格と価値をはかりにかけることが大切だ」と話す。まったく同感だ。

 一方、中国産ウナギの一部から合成抗菌剤のマラカイトグリーンの代謝物が検出された問題もあった。日本でも以前から使われ、法律改正で使用禁止となったのは03年7月のことだ。中国でも3年前から禁止されたが、検出されたのはごく微量で健康に影響するレベルではなく、以前に使われたものが池の底に残っていたか、水域汚染が考えられるという。ただ、中国、台湾ではウナギは重要な輸出品目だ。出荷時や加工段階、港の検疫と複数回にわたって動物医薬品の検査をし、その体制は日本より厳しい。日本では出荷時の自発的なサンプル検査が中心で、さらに充実させる余地は大きい。

 中国、台湾産のウナギの肩を持つつもりはないが、国産に比べ不当なまでに低い評価は、やはり冷静さに欠けると思う。

 愛知県犬山市の木曽川沿いで育った私は小学生のころ、竹を筒状に編んだ漁具を川底に沈め、よくウナギを捕った。いま最も心配しているのは、産卵する天然親ウナギが護岸工事やダムなどで海に帰る量が減り、日本、中国などの河口域で取れる稚魚が激減することだ。そうなれば、日本、中国、台湾の養殖自体が成り立たない。

 産地うんぬんよりも、食卓に上るウナギも身近な環境問題と密接にかかわっており、それがより重要だということにもっと目を向けてほしい。

(2008年08月01日 毎日新聞)

 オマイはアホかとバカかと小一時間(r

 誰も、誰一人として「味」について問題にして取り上げてなんかイネーだろが、と。

 一番の問題点は「安全性」で、それ以外の事を問題として取り上げている人間なんて殆どいないだろが、と。

 まあ、実際は、日本の水産業全体が安い外国産の魚介類の所為で衰退するとか、そういう問題があって、本当ならそういう部分についても議論されて欲しいのだけど、取り敢えず、今、論点となっているのは「安全性」な訳ですよ。

 「おいしい」というのは食品にとって確かに重要なファクターではある訳だけど、それは、まず「安全」という部分をきちんとクリアしてからの話なのだよ。

 「食事をする」をするという行為が、人間が生きていく上で最重要、且つ避けて通る事が出来ない行為である以上、「安全」という項目は最重要且つ絶対的に満たされていないといけない項目な訳で、そこに疑問が残る、というか絶対的に不安な支那畜産の食品を避ける事は、人間として、いや、生物として当然の自衛本能というものでしょう。

 支那畜産と台湾産を一絡げにして、その辺をあやふやにしようという極めて浅はかな魂胆なのだろうけど、そんなのに騙されるアタマが可哀想な人間なんて、数える程も居ないよ、少なくとも日本には。

 侮日新聞の心の故郷である朝鮮半島あたりには、沢山いるのかも知れないけどな。

 まあ、だ、真面目な話、メディアだの社会の公器だのと偉そうに名乗るくらいなら、こんな下らない5歳児でも5秒で見破れるようなアホな詭弁を飛ばしてないで、少しは水産業の未来とか、ネトウヨくんやネトサヨくんの一歩先を行った視点から物事を語ってみて欲しいね。

 期待するのは100%無駄なのを承知の上で、敢えて提言してみるよ。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら


食品のカラクリ8 知らずに食べるな!「中国産」 (別冊宝島 1484)

宝島社
売り上げランキング: 74140
おすすめ度の平均: 4.5
5 やはりそうか
4 ギャグじゃないかと思えるようなネタもあるが、あの中国だし。
4 健康には「美味しい料理」よりも「安全な食材」が大切
5 特恵関税
4 知らずに紛れ込んでくる中国産の恐怖


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
1万円からのFX。エキサイトFX『外為ルネッサンス』
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
その通りです。
おいしいかどうかなんてのは、日本で味付けしていれば
いい味にはなるだろうけど、
問題は「安全」かどうか、で、皆そこを一番心配している訳ですからね。
問題のすり替えをしないでほしいですね。
2008/08/03(日) | URL | 翡翠(ひすい) #flPMGraQ[ 編集]
あの変態新聞にネトウヨやブサヨの一歩先をいく記事を期待するなんて言ってはいけません。
きっとこの記事を書いた変態記者はうなぎの旬が冬だということも知らないのでしょう。
もう国民は支那産うなぎがなくても生活していけるのです。

おしゃか日記、とりあえず復元完了しました。
2008/08/03(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
こ、この取って付けたような「台湾」の二文字…

2ちゃんねるや政治ブログランキング上位をリサーチしたとしか思えません。「うちを叩いているネットなんちゃらは中国は嫌いだけど台湾は大好きなんだな。よし、台湾も入れて作文しよう」とか思ったのではないでしょうか。

台湾産だろうがなんだろうが、ダメなものはダメです。

自給率が低い国の言い分ではない、と言われたら、自給率を高めればいいだけの話です。スイスやイギリスのような、カイカク派が大好きな国も、農家への所得補償をバンバンやってますしね。

2008/08/03(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
7月24日の日テレ「スッキリ!」でも中国産うなぎの大宣伝をやっていました。
私のブログにもエントリーしましたが、北京五輪の取材便宜との取引でも有るんですかね?
「スッキリ!の場合は、番組HPの「ラインアップ」=番組内容紹介欄から、24日放送分まるまる飛ばして23日分から25日分になると云う「証拠隠滅」もやっていました。私も抗議しましたが、他の視聴者からも抗議有ったんじゃ無いかなと想像しました。
2008/08/04(月) | URL | そんそん #-[ 編集]
 中国産ウナギから検出されたことで一時期有名になった「マラカイトグリーン」(アメリカ食品衛生局では「発ガン性あり」とされている)。
 2002年に使用禁止になったにも関わらず…それ以後も中国産ウナギから検出されているというこの現実を消費者、マスコミ、行政は重く受け止めるべきではないでしょうか?
 「食の安全」が国益に直結しているというシビアな観点をもってすれば、毒ギョーザ事件(真実は未だ不明のまま)も未然に防げたのではないかと考える今日この頃。
 
2008/08/04(月) | URL | くまがわ直貴 #2vYjnE/6[ 編集]
中国産、台湾産を一緒くたにしてますが、台湾産は数十年来輸入していまして、問題はなかったのです。問題は中国産です。養殖池にいろんな抗生物質(人体に悪影響のあるまた発ガン性もある)を投入し、えさだってウナギが,死なないために池に投入した薬品とおなじような物を含ませ、それを食べたら毒餃子みたいな中毒を起こします。
台湾産は中国産の安いウナギに負けて、日本への輸出が激減し、行き場所のなくなった台湾ウナギは台湾でもよく蒲焼などにして食べてます。ですから 台湾産は食べても問題なし!

値段は中国産から比べるとやや高いです。

ウナギ業界人はその辺のところは知っているはずです。
台湾産のシラスはアンギラ ジャポニカ種と言って日本のと同じDNAです。
中国産はアンギラ ジャポニカ種も少数いますが、多くはアンギラ・アンギラ種と言ってヨーロッパ産のシラスです。
これは体も大きく、脂っこいので、何回も油を抜くために蒸すそうです。
2008/08/04(月) | URL | 一国民 #-[ 編集]
しかしまぁ、
中身のない記事を無理やり引き伸ばした感が
毎日の必死さを物語ってますね。
2008/08/04(月) | URL | ヘタレ #-[ 編集]
問題の摩り替えは特定アジア、サヨク、マスゴミの常套手段ですね。

乗せられる事無く、議題を元に戻すようにしなければなりませんね。
2008/08/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ええ、無理でしょうね。

何しろ、変態ですし。

侮日が「記者の目」とか言うと、凄く変態ちっくな目が浮かんでしまいますし。

なんか、「はぁはぁ」とか聞こえてきそうです。
2008/08/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>「うちを叩いているネットなんちゃらは中国は嫌いだけど台湾は大好きなんだな。よし、台湾も入れて作文しよう」とか思ったのではないでしょうか。

きっと、そんなノリで仕事してるんでしょうね。

新聞記者、中でもコラムとか社説担当というのは、ホントに楽そうな商売でうらやましい限りですな。
2008/08/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>北京五輪の取材便宜との取引でも有るんですかね?

そういうのがあっての不思議では無いですね。

「日中記者交換協定」なんていうイカれたモノがあるくらいですから。

( `ハ´) 「我の事をよく書いたポチにはご褒美アル」
2008/08/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
亡国のマスゴミですから、気付いていてもそんな指摘は絶対にしないでしょう。

狂牛病の時にしたって、騒いで煽りこそしたものの、そういう問題の本質的な部分には一切触れようとはしなかった、ステキな連中ですから。
2008/08/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
侮日の記者は、そんな事は承知の上で、敢えて一緒くたにしているのですよ。

変態で卑怯者の侮日新聞ですから。
2008/08/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、でも、侮日の記者が「中身」を遺憾なく発揮したら、風俗レポートかエロ小説にしかなりませんからねえ。

これでもまあ、頑張った方なんじゃないでしょうか。
2008/08/05(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1301-ba64ee81
新三君も人のために、『頑張れば』いずれ自分のためになるから必ず返ってくるからと言われます。それ自身は非常にありがたいお言葉ですし、その通りなのかなとも思います。 城内さ...
土用の丑の日と云う事で、24日の日テレ「スッキリ!」で中国製うなぎの大宣伝をやっていました。 まず、字幕で「中国製を選ぶか国産を選ぶかは感性の問題」なのだそうだ。 その上で名前を忘れたが、怪しげな「食品コメンテーター?」とか云う人物に、電話インタビューで...
2008/08/04(月) | m@sonson_2