FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 通信情報漏らします by.ソフトバンク

通信情報漏らします by.ソフトバンク
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

孫社長を窮地に追い込むソフトバンクのセキュリティ対策リスク

 ソフトバンクモバイルを傘下に持つ孫正義ソフトバンク社長が電気通信事業の経営者としての矜持を問われている。

 きっかけは筆者が、19日発売の『週刊現代』に寄稿した「ソフトバンク第2世代携帯400万台のセキュリティが破られていた」という記事だ。これにより、同社のPDC(第2世代携帯電話)ユーザー400万人の財産やプライバシーが侵されかねないリスクの存在が露呈し、進行中の総務省による調査でも、その可能性がほぼ確認されつつあるからだ。

 それにもかかわらず、当のソフトバンクモバイルは「暗号技術が破られたという具体的な事実は一切認識しておりません」と、リスクを矮小化する強弁を続けている。


 こうしたソフトバンクモバイルの態度には、業界内で「やはり、新参者で常識がない。何よりも通信の秘密の維持に全力を傾けなければならない電気通信事業経営の鉄則を踏み外している」と強い批判の声があがっている。

NTTドコモや総務省に
問題の責任を転嫁


 同社が、こうした態度を続ければ、電気通信事業法に基づく「業務改善命令」や「技術基準適合命令」などの発出が避けられないとの見方もある。

 簡単に記すと、筆者が『週刊現代』で報じたポイントは、音声通信であれ、データ通信であれ、PDCは技術的に暗号技術が破られており、対策を講じなければ、会話の中身はもちろん、データ通信も丸裸にされるリスクが出てきたということだ。

 この技術を開発したのは、携帯コンテンツの開発・供給などを本業としてきたアクアキャスト(本社東京港区、清水真社長)という情報ベンチャーだ。

 ラフに言うと、携帯電話の通信は通信中の高速移動を可能にするために、基地局間で個人を特定する信号がやり取りされているが、この信号には通信内容の本体部分より脆弱な部分があり、アクアキャストは、この部分から暗号を解読することに成功したという。

 同社は、この脆弱性を強化する技術について、NTTドコモと共同で特許を出願しており、今年2月には広く異論がないかどうかをチェックする特許の公開も始まっている。

 NTTドコモは、1994年にPDCサービスを最初に開始した事業者だ。PDCの国内標準化に最も寄与した経緯もある。現在、約800万のPDCユーザーを抱えているが、サービスの開始後もアクアキャストとの間で開発したセキュリティの向上策だけでなく、他の多くの対策も講じてきた経緯がある。

 一方、過去2、3ヵ月の取材を通じて、浮かび上がってきたのは、ソフトバンクモバイルが問題の発覚までとってきた姿勢だ。ソフトバンクモバイルは、自社が負うべき通信事業者としての責任を、総務省やライバル企業に転嫁し、自社は何もする必要がないと強弁する姿勢に終始してきた。「PDCはドコモが開発した規格。暗号が破られたのならば、責任はNTTドコモやそれを認めた総務省にある」と言い、Jフォン、ボーダフォン時代も含め自社サービスとして10数年以上も提供してきた事実を無視して、他者に責任を押し付ける姿勢をとってきた。

 孫正義社長は出版前日に、『週刊現代』が拙稿を掲載することを察知し、総務省幹部にコンタクト。その際に、総務省にも責任があると懲りない主張をしたため、部下たちが冷や汗をかきながら「いつもの我がまま。どうか無視して下さい」と懇願する始末だったとの話も聞こえてきた。

 このほかにも、ソフトバンクモバイルが責任を転嫁する姿勢は、取材の過程で多数確認された。例えば、NTTドコモのセキュリティ強化はあくまでも研究開発段階での脆弱性の発見・対策とみられ、電気通信事業法第28条が電気通信事業者に報告義務を課している「重大事故」に相当するとは考えにくい。それにもかかわらず、「ドコモがリコールをせず、総務省に報告しなかったから、当社は問題の存在を把握できなかった。当社より、ドコモに落ち度がある」と強弁するような場面もあった。

 ちなみに、この種の重大事故について言うと、ソフトバンクモバイルは今年4月9日以降のわずか1ヵ月間に「重大な事故」に該当するサービスの中断を3回も起こした。その内訳はPDCが1回、第3世代携帯電話(3G)が2回で、総務省は再発防止の行政指導をしたばかりか、それが実施されているかを確認する立ち入り検査まで行ったと公表している。


早急な対策を講じる
姿勢は見られず


 そして、もうひとつ深刻なのが、拙稿を掲載した『週刊現代』が出版され、問題が白日の下にさらされた後も、400万ユーザーのために早急に万全の対策をとる姿勢に転換できない経営の体質だ。

 ソフトバンクモバイルは、問題が発覚した後も、冒頭で記したように、「本日、一部メディアにおいて、弊社の第2世代携帯電話のセキュリティに関する報道がありましたが、当社といたしましては、暗号技術が破られたという具体的な事実は一切認識しておりません。また、これまでにお客様からの被害の申告は全くございません」と問題の存在そのものに疑問を投げかけることで、事の重大さを矮小化し、対策の先送りを正当化しようとする態度を修正していない。

 実は、この姿勢は、総務省において、NTTドコモとソフトバンクモバイルが同席するヒアリングが行われ、その席で、PDCの暗号を解読する技術の存在をNTTドコモが証言した後も一向に変わらなかった。こうした態度が、「ユーザー軽視だ」と関係者の間で大変なヒンシュクを買っているという。

 こうしたソフトバンクモバイルの懲りない姿勢を見て、通信業界で、電気通信事業法が規定する「業務改善命令」と「技術基準適合命令」の二つの発出を求める声が高まっている。


 前者は、事業法の第29条が規定するもので、「通信の秘密の確保に支障があるとき」にも発することができるものだ。

 また、後者は同法第43条に規定されている。そもそも同法の第41条は、「通信の秘密が侵されないようにすること」を「技術基準」として、その基準の維持を通信事業者に義務付けている。これに適合しないと認めるときは、第43条の技術基準適合命令を出して是正するよう求めることができるのだ。

ライバル他社からは
厳しい処分を求める声も


 総務省では、いきなり業務改善命令や技術基準適合命令を出すのは過激過ぎるので、手始めに、もう少し穏便な指導文書を発出してはどうか、との意見も根強いという。しかし、一向にソフトバンクモバイルが反省する様子もなく、400万のPDCユーザーのセキュリティの穴を迅速に埋めようという姿勢を見せていないので、2つの命令を「当然、必要な措置だ」とみる向きもある。

 さらに、こうした措置でも不十分との見方もある。これまでセキュリティの強化を怠ってきた行為は、「むしろ経営としての怠慢であり、すでに単なる業務改善命令や技術基準適合命令といった是正策だけでなく、もっと厳しいペナルティを科すのが業界の信頼を維持するうえで必要だ」(ライバル事業者)といった声がそれである。4月からの3件のトラブルに加えて、同社が今回このような問題を抱えていたことが判明しただけに、悪質との見方を完全に否定するのは難しいという。

 いずれにせよ、ソフトバンクモバイルがこうした行為を繰り返すならば、同法第14条の「登録取り消し」、つまり事実上の市場からの退出命令や、同法第126条の「認定の取り消し」(公益事業特権の剥奪)、同法186条の「罰金」を求める声が説得力を増しかねないことを、孫正義社長は早急に肝に銘じる必要がありそうだ。

(2008年07月25日 DIAMOND Online)

 ちょっとばかし古いと言えるネタですが、誰もまともに取り上げてないので、敢えて今更うp。

 まあ、iPhoneで何か盛り上がりを見せているソフトバンクな訳ですが、どんな端末だろうとも、肝心の通信の中身がこんなのでは、全くの無意味でしか無いと思うのは、私くらいなんでしょうかね。

 大体、この企業は、携帯の分野に進出する以前から、インターネットプロバイダの業務でそれなりに名を知られ始めた時分から、それはまあ出鱈目な事をやって来た企業な訳でして、そもそも、何でこんなDQN企業に携帯キャリアとしての事業を許可したのか、そこからしてアタマを悩ませる訳ですよ。

 キムチだ何だの以前に、普通に企業として問題大ありな超DQN企業なこの会社に。

 まあ、キムチでもなきゃここまで無茶苦茶な、儲け以外の一切を考慮から外した人外魔境な経営はしないだろうけど。

 まあ、何ですよ、iPhoneだ何だと馬鹿騒ぎ(あの馬鹿騒ぎ自体、カスゴミの捏造という説もあるけど)するのは別に私の知ったこっちゃ無いですが、さんざ馬鹿騒ぎして電話としての機能がスカスカな本末転倒製品を手に入れた挙句、テメーの通話した内容やメールの内容を覗き見られていたら、世話ないっつー話ですわな。

 iPhone以外にしても、何かバカ安いプランとか打ち出してカスゴミの話題になっていたりする訳ですが、幾ら料金が安くたって、通話やメールの内容が第三者に筒抜けな携帯なんて、そもそも金払ってまで使う価値なんか無いと思うんですけどね、私なんかは。

 別に、ドコモにしたってauにしたって、何の文句も無い素晴らしい企業だとは1ミリも思わんけど、ここを使うよりかは遙かにマシだと思うね。

 ま、何だ、早いところ処分を下して下さいよ、総務省の中の人は。

 常識的に考えれば、こんなクソ企業の携帯なんざ使わなきゃいいだけですが、カスゴミどもが呆れる程のキムチラブな下等生物な為、こういう重要な情報にアクセス出来ない人も一杯いるんだから。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

脱法企業 闇の連鎖 (講談社+アルファ文庫 G 60-7)
有森 隆 グループK
講談社
売り上げランキング: 14996
おすすめ度の平均: 3.5
5 日本経済の真実
2 もう少しかな

新版・企業舎弟 闇の抗争――黒い銀行家からヒルズ族まで (講談社+α文庫)
有森隆+グループK
講談社
売り上げランキング: 13341
おすすめ度の平均: 4.0
4 ヤクザからの逃げ方は
4 闇世界と大企業の切っても切れない縁に興味有る方にお勧め


PR情報
卒業するときは一流。ミスパリエステティックスクール
キレイになりたい女性のためのSNS!キレイナビ
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
孫氏ほどマスコミに率先して登場する社長は珍しい。IPHONE発売の時はワザと先着順とし、行列に愛想を振りまいていたが、列には業界人(サクラ)が大勢居たという笑えない話がある。

このようにソフトバンク商法は絶えずマスコミの注目を集めるようなアドバルーンを揚げ、一般投資家の期待値を上げて時価総額を釣り上げていく方式である。

しかし一歩間違えれば、エビ養殖投資詐欺と何ら変わらぬスリル満天の商法である。
2008/08/08(金) | URL | 貫井 南 #2jqmHG1U[ 編集]
インチキ韓流ブームとかと一緒で、中身では無くガワで勝負する典型的な朝鮮商法ですね。

まあ、資本主義社会の中では、どうしても湧いて出て来る類ではありますが、流石に調子に乗り過ぎですので、何処かで必ず転ぶでしょう。
2008/08/09(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
私は、ネットの最初はヤフーでした・・・
アドレス流出のお詫びが、500円分のヤフー券というふざけた対応でした。
そこで解約しました(手続きが面倒!)。
携帯デビューもソフトバンクでした(恥ずかし)。
これも解約料をがっぽり取られました(1万円!)が解約しました。
理由は、社長が中国風偽名の朝鮮人と知ったからです。
孔子も朝鮮人だから、孫文も朝鮮人かも知れませんね。
2008/08/09(土) | URL | 太郎の嫁 #czwcMj9s[ 編集]
その事件は結構有名ですね。

まあ、でも、早めに気付いて解約して正解だと思います。

>孔子も朝鮮人だから、孫文も朝鮮人かも知れませんね。

孫という性は、確かに朝鮮にもあるようですが、孔という性は恐らく無い筈です。

何時もの法螺だと思います。

で、孫文ですが、ある程度ですが出自がはっきりしているので、朝鮮人という事は無いでしょう。

朝鮮人は、重度の精神障害者ばかりで、適当な願望を然も真実であるかのように吹聴する癖がありますので、相手にはしないで下さい。
2008/08/10(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1308-389e0dbe
【後編】 今回の秋葉原殺傷事件の加藤容疑者においては、幼い時の強烈なトラウマ、大人になってからの無思考状態の自分というものが強烈な要因となって、最悪の状況まで追いつめていった、と容易に分析できるが、もし、彼に「考える力」がもう少しあれば、ギリギリのとこ...
麻生太郎さんが元気だ。持論の積極財政論を自民党で根付かせようと自民党のNo.2である幹事長になって息巻いている。非常に結構なことだと思う...
2008/08/08(金) | 新三ログ
 これは酷い話である。6月中旬にシナで起きた毒餃子中毒事件は、既に7月上旬、外務省へ伝達されていた。それを国民に公表しないで、中共政府の言いなりになっていた。これでは、「福田内閣は中共政府の一部」と受け取られても仕方あるまい。  日テレニュース24によ...
2008/08/08(金) | 陸奥月旦抄
若手憂国ブロガーが集う「清廉会」結成1周年を記念する座談会を紹介します。  「座談会・清廉会結成1周年」 「清廉会」からは「トラクターの上から」の農民さん、「歴史と日本人...