FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ防衛 → 危急存亡の秋 中共の侵略を許すな

危急存亡の秋 中共の侵略を許すな
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国、日本の防空識別圏へ侵入急増 偵察活動を既成化

 東シナ海の「情報戦」が激化している。中国は自衛隊の活動監視などで東シナ海に航空機と監視船を頻繁に出動させたことを公表したが、防衛庁によると、日本の防空識別圏に侵入した中国機による電波収集活動はこの一年間、急増。中国側による公表は「偵察活動を既成事実化する戦略」(防衛庁幹部)とみられる。「情報戦」に有効な対抗措置が取れない日本の領空に近づく布石ともいえそうだ。(半沢尚久)

 中国国家海洋局は昨年の「中国海洋行政執法公報」を公表。その中で一昨年七月から昨年六月にかけ、海洋監視航空機を百四十六回、監視船も十八回、日本が排他的経済水域(EEZ)の境界線と主張する東シナ海の日中中間線周辺に出動させたと明らかにした。

 国家海洋局と中国空軍などの所属区分は明確ではないが、公報で挙げた海洋監視航空機には、本土防衛のため領空より広く設けられた日本の防空識別圏に侵入したとして、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)で対処したものが多数含まれるとみられる。

 防衛庁によると、中国機に対する空自のスクランブルは、平成十四年度はゼロ、十五年度は二回、十六年度には十三回だった。だが、今年度は上半期だけで三十回と急増し、下半期も増加傾向は続いている。

 中国の偵察機は東シナ海のガス田周辺を飛行し、自衛隊の航空機や基地が出すレーダーの周波数などの電子情報を収集している。この情報を分析し、戦闘機で攻撃する際、日本の防空レーダーを妨害電波で無力化する狙いがある。

 中国の偵察活動について、「自衛隊の対処を見極めながら、徐々に行動範囲を広げてくる」(制服組幹部)との分析がある。最も中国寄りに設定された日本の防空識別圏に入り、次に日中中間線を越えるという既成事実を積み重ねた上で、最後に日本領空に近づくというものだ。そのときには、自衛隊の電波はすっかり収集されている可能性も高く、「スクランブルだけでは偵察活動への抑止にならない」(政府筋)との危機感も強い。

 今回の中国国家海洋局の公表も、日中両国が対立しているガス田での中国側の権益のために、航空機や船舶を出動させたという“正当性”を強調する意味合いが強い。日本側が黙認すれば、中国側はこの主張を盾に、偵察活動をさらに活発化させてくるとみられる。

 また、日本政府が試掘権を与えた帝国石油がガス田で実際に試掘を始めれば、中国が航空機や艦艇で妨害に出てくる恐れもある。「日本政府として経済権益をどう守るか対処方針を示すべきで、自衛隊がEEZで活動するための法整備も不可欠」(同)だ。

 米政府は「四年ごとの国防計画見直し」(QDR)の中で、中国の軍事力の近代化について、電波・電子情報を収集する電子戦を例示し、「大規模な投資を継続する可能性が高い」との警戒感を示している。
(平成18年2月21日 産経新聞)

 あまりの無礼・不遜極まりない行為に、怒りを禁じざるを得ないものです。

 我が国の宰相が先の大戦により亡くなられた英霊に祈りを捧げるだけで、軍国主義の復活だの何だのと、文句をつけてくる輩のすることがこれです。

 朝日新聞社民党共産党よ、あなた方は本当に、総理が靖国参拝を自粛するだけで、このような悪逆の徒と、友好など結べると思っておられるのか。

 断言させてもらいますが、この国は確実に日本への侵攻を目論んでいます。

 一度や二度であるならば、パイロットの不注意で、領空侵犯を侵してしまうことも考えられるでしょう。

 しかし、これだけの回数の領空侵犯を侵しておいて、まさか不注意だなどという、ふざけた言い訳が通用するはずがありません。

 日本の電子情報を集積する必要など、侵略するつもりがないのであるならば、一切必要のない行為だと思われます。

 これはもはや、経済権益などといった程度の問題ではなく、日本に対する宣戦布告行為と捉えても良いほどの挑発行為と思われるものです。

 エセ平和主義者たちの戯言の果ては、やはりこんなものなのです。

 共産主義平和勢力だの、日本非武装中立になるべきだの、夢と現実の区別もつかない、脳が腐食した外道の言い分に聞く耳を持った我々も愚かだったのかも知れません。

 しかし、これ以上腐れサヨクの戯言に付き合うことは、この国を滅ぼすことに他ならないのです。

 民主主義においては、何人にも平等に意見を述べる権利が存在することは、理解してはいます。

 しかし、この国を愛する者の一人として、これ以上この国に害を為す売国奴共の、イカレた主張を容認するわけにはいかないのです。

 社民党共産党よ、本当に中国平和的勢力だと思うのならば、本当に何でも話し合いで解決するなどと思うのならば、今すぐ北京に赴き、この狂気の政権に日本から手を引くように説得してきてもらいたい。

 朝日新聞よ、ご自慢のジャーナリスト精神とやらで、中国共産党の暴走を止めてみていただきたい。

 我々は誰も戦争など望んでいなかった。

 故に軍備を整えて抑止力として、戦争が起こらぬようにしようと言っていたのです。

 この事態の原因の大半は、出来もしないくせに奇麗事ですべたを飾り、自己満足な虚栄心の為に、悪辣な侵略者に力と大義名分を与えた、あなた方エセ平和主義者にあるのです。

 僅かでも責任を取ろうという心があるならば、今すぐ北京に行って、説得工作でも特攻でもして中国共産党を止めてくるべきです。

 それが出来ぬと言うのであらば、今すぐに腹を切って国民に詫びていただきたい。

 あなた方エセ平和主義者たちのせいで、我々は今、望まぬ戦争に駆り出されようとしているのです。

 しかし、我々は最後までやるつもりである。我々は海で戦う、我々は日々大きくなっていく自信と力でもって空中で戦う。我々はどんな犠牲を払おうとこの国を守る。我々は海岸でも戦うだろう。我々は水際でも戦うだろう。我々は野で、街頭で、丘で戦うだろう。我々は決して降参しない。例えこの国のその大部分が征服され飢えに苦しもうとも、私は降参を信じない。我々の陛下が海の向こうで自衛艦隊に守られ、陛下の全ての力と権力によって、神のよき時代の中へ、彼らを古きより救い新世界へ解放する歩みを進めるまで、努力を続けるだろう。

 我々は決して邪悪なる中国共産党になど屈服しない。

 そして永久にあなた方売国左翼勢力を許しはしないであろう。

人気blogランキング←応援クリックお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←こちらもクリックよろしくお願いします

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
スイス政府 原書房編集部
原書房 (2003/07)
売り上げランキング: 2,364


  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/131-60bbd142