FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 南オセチア、血に染めて

南オセチア、血に染めて
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

ロシアがグルジア空爆 南オセチア攻撃の報復 交戦状態に

 【モスクワ=遠藤良介】世界各国の首脳が集い北京五輪が開幕した8日、旧ソ連を構成したロシアとグルジアが、同国から独立しロシアへの編入を目指す南オセチア自治州をめぐり交戦状態に突入した。旧ソ連の崩壊後、両国が本格的な戦争状態に陥ったのは初めて。

 グルジアは8日未明、独立状態にある南オセチアの再統合を目指し侵攻、激しい戦闘となり、双方に多数の死傷者が出た。これに対し、同自治州の後ろ盾となってきたロシアが報復攻撃を敢行。ロシア軍が、グルジアの首都トビリシ近郊の軍基地を空爆したほか、戦車などからなる地上増援部隊を同自治州に派遣し、双方の間で戦闘が行われた。両国による全面戦争への拡大が懸念される。

(2008年08月08日 産経新聞)




大きな地図で見る

 大分前から、始まるのは時間の問題と言われていたロシア・グルジア間の戦争だけど、まさか、このタイミングとは、鬼だねプーチンは。

 バラ革命でグルジアに親米政権を樹立したアメ公どもが「オーマイガッ!」てなるのは勿論、五輪開催中である支那畜どもも「アイヤー!」てなる、と。

 欧州の連中は、米支とは違ってそれ程の嫌がらせを受ける訳では無いけど、石油・ガスなどを露助に依存している現状を考えると、何時ものように綺麗事を並べ立てて大っぴらに非難する訳にもいかず、多少なりとも面子は潰されるしなあ。

 まさに、全方位嫌がらせ外交の極致。

 NATOが即時停戦を求めた声明を出しているみたいだけど、多分、これが限界でしょうな。

NATO、即時停戦求める

 南オセチアをめぐるロシアとグルジアの紛争について、北大西洋条約機構(NATO)のデホープスヘッフェル事務総長は8日、「すべての当事者に武力行使の即時停止と、当事者間の対話を求める」との声明を発表した。

 欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表も「深刻な懸念」を表明し、即時停戦を求める談話を発表した。(共同)

(2008年08月08日 産経新聞)

 ついでに、言うまでも無い事だけど国連は見事なまでに役立たず。

グルジア:国連安保理の協議は物別れ 露と米英仏対立

 【ニューヨーク小倉孝保】国連安全保障理事会は8日夕(日本時間9日朝)、グルジア・南オセチア自治州を巡る紛争について協議した。ロシアと米英仏の対立は解けず、7日深夜から8日未明の会合に引き続き、協議は物別れに終わった。

 安保理各国は状況への懸念と停戦の必要性では合意しているが、紛争当事者に武力行使の放棄を求めるロシアに対し、米英仏は「紛争当事者の武力行使放棄」がグルジアの自衛行動をも規制する可能性があると主張し、対立している。

(2008年08月09日 毎日新聞)

 アメ公としては、グルジアの親米政権を守る為にも、多少なりとも残っている面子を守る為にも、どんな強権を使ってでも停戦に持ち込みたいところだろうけど、露助が常任理事国の一つである国連を動かすのは事実上不可能だし、NATOにしても、上記引用記事中のソラナ共通外交・安全保障上級代の反応を見れば分かるように、EUは「談話」を出すのが精一杯な超弱腰。

 本来なら、例え一国ででも無理矢理に介入したいところなのかも知れんけど、中東情勢、サブプライム問題など、両手からこぼれ落ちそうな程の問題を抱えている現状では、とても露助をまともに相手出来る余裕は無い、と。

 お得意の、ネガティブプロパガンダキャンペーンを展開して、「周辺国を侵略する悪の露助」というイメージを散蒔く事くらいはするだろうけど、そんな事くらいで止まるプーチンじゃあ無い事は分かり切っている事実。

 で、ここで止められなかったとすると、当然、次も、その次も止められなくなる可能性が高い。

 次は、ガス紛争のあるオレンジのウクライナ、てのが妥当な線かね。


大きな地図で見る

ロシア・ウクライナガス紛争

ロシア・ウクライナガス紛争(ろしあうくらいながすふんそう)とは、ソ連崩壊後、ロシアとウクライナ両国間で継続して生じている一連の天然ガスの供給・料金設定をめぐる争いのことである。ソースによって、紛争、戦争、対立、係争と様々な表記がされる。両国とも当事者は政府ではなく、ガス供給事業者であるガスプロム社とナフトハス・ウクライナ社であるが、両社とも国営企業であり、二国間での争いと見ることもできる。

紛争に至る経緯

  • ロシアは、ソ連時代に東欧から西欧にかけて一大パイプライン輸送網を構築、大量に産出される天然ガスを各国に輸出している。特に、ウクライナを含む独立国家共同体諸国に対しては、歴史的な経緯から欧州諸国に比して割安な価格で供給していた。ただし、ウクライナ向けガス価格は、パイプライン輸送料とのバーター決済の価格指標として機能していたに過ぎず、この価格で販売されていたわけではない点に留意が必要である。

  • この紛争に関しては被害者と見られることが多いウクライナだが、そもそもウクライナ側はソ連時代から再三ロシアに無断でのガスの抜き取りを行っていた。特に、ソ連崩壊後の1990年代初頭は料金不払い・無断抜き取りが多発していたため、幾度にもわたるガス供給停止が発生しており、今回の紛争においても、ロシア側はそれまでの供給停止と同じ感覚で事に臨んでいたと考えられる。しかし、今年はウクライナ側が記録的な大寒波のため、大々的にガスの抜き取りを行った。そのため、パイプラインの下流に位置する欧州の混乱を招く結果となった。

  • 今回の紛争には直接関係ないものの、ソ連崩壊後の混乱期に、ロシア側がウクライナとの貿易において代金の不払いを行った過去がある。そのため、ロシア側が天然ガスの供給を実際にストップさせた事に対する不満が溜まる余地は、ウクライナ側に十分にあったことも推測できる。


2005年から2006年の紛争

紛争の背景

2004年にウクライナで、オレンジ革命が発生。新政権が、親欧米の立場を鮮明にした。ロシアはウクライナの野党勢力(与党と拮抗状態)を後押ししていることもあり、影響力の低下を危惧したロシア側がウクライナ現政権に対する制裁として行った措置である、との見解が当初報道された。

しかし、ロシア側は市場原理に基づく経済的行動であるとして政治的意味合いを否定している。実際に、今回の改訂ではウクライナの他に、ロシアと良好な関係を維持し続けるアルメニア等に対しても同様にガス料金改定を行っている。また、ガス料金自体は低価格のまま据え置かれているベラルーシに対しても、ガス料金を低価格のまま据え置く代償として保有するパイプラインの権益の一部をロシアに譲渡することが決められている。

2008年の紛争

紛争の背景

ガスプロム側は2006年までの紛争を受けて、対ウクライナ向けのガス輸出を、子会社であるロスウクレエネルゴ社を通じて供給するシステムを採った。これは料金を低減させるために、ロシア産のガスに割安な中央アジア産のガスを混合させるシステムで、混合比率によっては料金が乱高下する複雑なものであった。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

 ま、何にしても、状況から考えるに、チェックメイトだね、露助の。

 経済に関しても、支那畜やインドとは違って張りぼてでは無いから、内部から揺さぶる、という英米お得意の戦術も通用せんだろうし。

 大した切り札がある訳でも無いのに、露助を無駄に挑発し続けたCIAの戦略ミスだ。

 せめて、ここから大規模な戦争に発展したりする事だけは無いよう、精々きりきり働けよな、アングロ・サクソンどもは。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

プーチニズム 報道されないロシアの現実
アンナ・ポリトコフスカヤ
NHK出版
売り上げランキング: 683
おすすめ度の平均: 5.0
3 プーチン政権の裏事情
5 ロシアはおそロシア
5 知る必要がある本
5 論より事例情報。ロシアの現状がリアリティをもって伝わってくる。
5 命と引き換えに世界に発せられたメッセージ。

「今のロシア」がわかる本―日本人が知っておきたいロシア経済とその世界戦略 (知的生きかた文庫 あ 30-1)
畔蒜 泰助
三笠書房
売り上げランキング: 25685
おすすめ度の平均: 4.5
3 投資先情報と期待する人には...。
5 佐藤優・インテリジェンスファンへ


PR情報
日経225miniをやってみませんか?
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1310-acce780c
   ||| ロシア侵攻でグルジア戦争勃発 ||| グルジア戦争勃発!ロシア、南オセチアを空爆、戦車で越境侵略! ロシア、オセチア独立支援で爆撃侵攻、グルジア人1,400名死亡! 米国時間2008年8月8日午前4時20分 | MSNBC・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee...
2008/08/09(土) | 米流時評
  ||| 南オセチア侵攻で住民1,600名死亡 ||| グルジア-ロシア間で、南オセチア自治区の覇権抗争がエスカレート [緊急連絡]今回のエントリーは、AP通信モスクワ支局の記者がロシア側から南オセチアの紛争地帯まで出かけて、現場からレポートした9日土曜付けの記...
2008/08/12(火) | 米流時評
   ||| ユーラシア大連邦と世界大戦の兆候 ||| ロシア・イラン・中国のユーラシアユニオン 対 NATO拡大軍の グローバルな第三次世界大戦は すでに始まっている 【2007年10月の記事再掲出】 イスラエル、アルメニア、トルコ、クルド、イラン、リビア、ソマリア...
2008/08/12(火) | 米流時評
  ||| ユーラシアの回廊・帝政ロシアの首飾り |||プーチンのG8ショック・欧州MD代替案と資源外交の新しい焦点旧ソ連圏小国家 ツアーとして君臨するロシアの懐柔策を逃れ親米政権に転向するユーラシアの国々 昨年6/10の『米流時評』エントリー「ユーラシアの回
2008/08/12(火) | 米流時評