FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 張りぼての超大国2

張りぼての超大国2
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

少女の歌も“口パク” 五輪開会式、花火に続き

 【北京12日共同】8日の北京五輪開会式で、中国国旗が五輪メーン会場の国家体育場(愛称・鳥の巣)に入る際、9歳の少女が革命歌曲を歌う場面が、実際は別の7歳の少女が歌った“口パク”だったことが12日分かった。

 中国の通信社、中国新聞社が同日伝えた。開会式の音楽を担当した中国の著名作曲家、陳其鋼氏は「対外的な印象を考えた。国家利益のためだ」と説明しているが、国内からも批判の声が出ている。

 2006年トリノ冬季五輪開会式ではイタリアのテノール歌手、故パバロッティ氏の熱唱が後で口パクと判明したことがあるが、声が全く別人なのは極めて異例。開会式では花火の映像が合成だったと判明したばかり。

 開会式の際に革命歌曲「歌唱祖国」を歌った画面が放映されたのは林妙可さん(9)。大舞台の緊張をはねのけ、お下げ髪で笑顔を絶やさずに歌う様子がメディアで反響を呼び「微笑の天使」と大きく取り上げられた。

 ところが、実際に歌っていたのは北京大付属小学校1年の楊沛宜さん(7)だった。これについて中国のウェブサイトの掲示板では議論が沸騰。「すべての人々の感情をもてあそんだ」などと批判が多いが「国家利益のためならいいだろう」との容認論もある。

(2008年08月12日 共同通信)

 アホだ。

 それも、正真正銘の。

 「対外的な印象を考えた」って、要するに、裏で歌っていた子は簡単に言うと見目がそんなに良くなかった、て事なんだろうけど、アタマ悪いとか何とか言うより、もう気持ち悪い。

 フェミも虫酸が走るけど、こういう、女子供を道具が何かと勘違いしている蛆虫の糞以下の最下等生命体は、それ以上に反吐が出る。

 まあ、晴れの大舞台だから、奇麗どころを並べて悦には入るくらいの事は、アホ臭い見栄だとは思うものの、理解出来ないでも無いけど、ガキでそれをやるか、普通。

 でだ、それを「国家利益のためならいいだろう」とかほざく塵民がいる、と。

 批判の声にしたって、「すべての人々の感情をもてあそんだ」などと、あくまで自分視点の腐って爛れた思考そのもの。

 もう何か、聞いているだけで悪寒が止まらないね。

 好きだとか嫌いだとかそんなの以前に、生理的に気持ち悪い。

 肉体や精神では無く、その根源にある魂が汚れ果てている。

 史書や、国内外で支那畜どもが巻き起こしている事件などから、連中の残忍で冷酷な性質は、既に多くの日本人が知るところだと思いますが、事件の毛色こそ違うものの、その根源的なものを見た気分です。

 何度も、何度も何度も何度も、いい加減に言い飽きそうなくらいに繰り返している事ですが、やはり、関わり合うべきじゃあないです、この連中とは。

 こんな、直ぐにばれるようなクソ下らない小細工を弄して、見事に暴かれる支那畜の知的レベルの低さを嗤う事件なのかも知れないですが、それよりも先に、言い様の無い嫌悪感を改めて覚えました。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

日本人が知らない中国人の本性 (徳間文庫)
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 156923
おすすめ度の平均: 5.0
5 卑しき隣人の正体

中国大虐殺史ーなぜ中国人は人殺しが好きなのか
石 平
ビジネス社
売り上げランキング: 28820
おすすめ度の平均: 5.0
4 絶対権力が原因なのか?
5 中国を知る
5 権力による権力のための虐殺の歴史
5 脈々と続く虐殺の血脈
5 「中国」の歴史とは、侵略・大虐殺史であり、今後も続く!


PR情報
高速なのに安い!【1,980円?】イー・モバイル
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1316-8a267d16
 正直に言って現在開催中である北京虐殺五輪の開会式の模様は殆ど視聴していない。せいぜい五星紅旗の小旗を持たされ 入場した日本選手団をムッフン福田が起立もせず眺めていたシーン をYouTubeで確認した程度である。  だが、巨大な五星紅旗が鳥の巣に入る際、9歳の少...
2008/08/15(金) | ステイメンの雑記帖 
 開始直前から身体検査トラブルや抵抗運動が著しい<北京五輪>、開会式の長さは待機時間も含めて特筆すべきだそうで、加えて華々しい政治プロパガンダがそこで行われたらしい。私は、全く実況中継を見ていないので、論評する種も無いのだが、開会式では以下のやらせがあ...
2008/08/15(金) | 陸奥月旦抄