FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → Free Tibet

Free Tibet
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

北京で日本人拘束 チベット支援活動中

 【北京=尾崎実】北京五輪の選手村に近いテーマパーク「中華民族園」で13日午後、「チベットに自由を」と訴え、中国政府への抗議活動を行っていた日本人女性を含む外国人8人が中国当局に身柄拘束された。北京市公安局から「日本人1人を拘束した」との連絡を受けた日本大使館は、本人の身元など事実関係の確認を急いでいる。

 拘束されたのは、いずれもチベット独立を支援する団体「自由チベット学生運動」(本部・米ニューヨーク)のメンバー。同団体などによると、日本人は英国在住のペマ・ヨーコさん(25)で、父がチベット人、母は日本人。他の7人は全員米国人で、同日、米国へ送還された。

 8人は同日午後零時半(日本時間同1時半)ごろ、中華民族園の入り口前を自転車に乗ってふさいだ。いずれも「チベットに自由を」と書かれたTシャツを着て、「チベット人は自由のために死んでいる」との横断幕を掲示。ペマさんは抗議活動の内容やチベットの現状について説明していた。

(2008年08月14日 日経新聞)

 勇気のある人もいるものだな、と思ったら、英国在住で父がチベット人て、もう殆ど日本人と分類する要素が限りなくゼロに近いじゃないか、と。

 一応、母が日本人で、多分、国籍が日本籍という事で日本人、という報道なのだろうけど、どうしても違和感をバリバリに覚えてしまいますですな。

 ま、そんな事は別にどうでもいいとして、チャイナ・ラブな日本のカスゴミ連中はきちんと報じないものの、今回の事件以外にも、世界中の色んな所で、中共のチベット弾圧への批判の声が、デモが起こり続けています。

 首都の知事が、あの出鱈目三昧の開会式を見て、「夢がある」なんて馬鹿な事をほざいている国は、悲しい事ながら日本くらいのものでしょうね。

 五輪自体、明らかな準備不足の露呈や嘘・出鱈目の噴出で、国威掲揚どころか国辱にしかなっていない訳ではありますが、それでも、「チベットやウイグルへあれだけの弾圧をしている国が五輪開催などふざけている」という声が、開催して尚、少しも収まりを見せてはいない、という事です。

 何か事がある度、アホで単純脳の中共当局は、今回のように逮捕・拘束して事を終わらせようとしてくるでしょうが、五輪が終わるまで、いや、終わったとしても、チベットやウイグルが中共の圧政・弾圧から解き放たれるその日まで、このような事は起こり続けるでしょう。

 五輪を強行開催した事により、寧ろ、この事が世界中に広く、今まで知らなかった人達にも知られるようになった、と言えます。

 難しい問題ではありますが、今回の五輪強行開催が契機となり、チベットやウイグルの解放に繋がればいい。

 そうすれば、血と狂気の祭典でしかない北京五輪にも、開催した意味という意味が出て来るのではないかと思います。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

チベット大虐殺と朝日新聞
岩田温
オークラ出版
売り上げランキング: 4375
おすすめ度の平均: 5.0
5 極めて実証的な朝日新聞批判!

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 8127
おすすめ度の平均: 4.5
5 ダライ・ラマ自伝とあわせて読まれたい
5 驚愕の真実
5 知らなくてはならない真実
5 次は我が身かもしれない。
5 私たちが同じ目に遭う日が近づいているのか?


PR情報
下り最大7.2Mbpsの高速モバイル通信【イー・モバイル】
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
おっしゃるとおり
世界が知った(おおげさですが)このことに尽きるかもしれませんね。
かの国の暴虐なさまを 広めてしまった。
これは、かの国にとって プラスか マイナスか?

私は、ちまちま 広めます。
2008/08/14(木) | URL | あきつ #GCA3nAmE[ 編集]
ええ、私もちまちまと、広げて行こうと思います。
2008/08/15(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1319-92cb2402