FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 大危険突入

大危険突入
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

庶民には無縁だった北京五輪景気 恩恵に浴したのは誰か?

 北京五輪もちょうどターニングポイントを迎えた8月15日、筆者は中国人民の熱狂の渦中にいた……。と書き出すはずが、宿泊先の周辺では“五輪的盛り上がり”というのをどうも肌で感じ取ることはできなかった。宿の立地はド外れた郊外と言うわけではなく、二環路内の、マラソンコースでもあった「平安里(天安門から直線距離にして4キロ圏内)」なのだが。正直、五輪の経済効果は庶民に近いところにはない。むしろ、立ち退き(補償問題)や工事のための道路封鎖、舞い上がる粉塵、移動の制限、物価高のせいで、損失を被ったといえるだろう。

 北京五輪のマスコット「福娃(フーワー)」。五輪の記念に、と伸ばした手を引っ込める中国人も少なくない。人形のセット(小)価格は208元(1元=約15円)、巨大な抱き人形は298元もする。庶民の小遣い程度で買えるものはほとんどない。記念コインとなれば、高価なもので5万9500元もする。

 1回の食事は5元、6元単位。野菜、果物は1キロ5毛(1毛=約7・5円)。10元のTシャツを着て、10元の理髪店に通う……、そんな庶民とは無縁の世界に、五輪キャラクターグッズの消費があった。

 北京市内に五輪ムードの高まりを感じさせないのは、Tシャツにしろ、帽子にしろ、それを身に着ける人口が少ないためでもある。皮肉にもニセモノの排除が成功(競技会場周辺を除く)したために、庶民の五輪消費を遠ざけた形になっている。

「外に人が出てこないんだよ。観光客はみんな貸し切りバスで移動するし」

「商売、上がったり」というのはタクシー運転手だけではない。胡同と背中合わせにある新街口南大街というストリート、軒を連ねる小売業や飲食などサービス業は「五輪効果」とは無縁の様子。テレビでの競技観戦に商売を奪われた形となった。

五輪需要で潤ったのはごく一部の産業のみ

 だが、五輪特需を取り込んだ業界は存在する。北京の名物かつ観光ポイントでもある北京ダックの「全聚徳」。通常の3倍の価格に設定、普段なら100元もあれば3人でおなか一杯になるところを、筆者は2人で276元(約4200円、鴨半分+水かきのコールドディッシュ+ビール2本+10%のサービス税←従来はなかった)を払った。

「北京晩報」によれば、観光客向け老舗12店舗は開幕後1週間で70万元(約1060万円)を稼ぎ、うち43万元(約650万円)が全聚徳の貢献だというが、決して自慢できた数字ではない。同店の売り上げに貢献するのは、実は外地からの中国人客(政府要人も含む)やこれら要人による宴会が大きいとも。期間中、外地からの移動は制限され、宴会も開けないことを関係者は複雑に受け止めている。

 特筆すべきが、かつてニセモノ街と呼ばれた「秀水街」だ。ここはニセモノ撲滅をうたい文句に撤去されたと思っていたのだが、数年前に地下3階(駐車場)、地上6階建ての巨大ショッピングセンターに改装された。8月8~15日の1週間で30万人(うち外国からの旅行客は20万人)を呑み込んだ。

 問題は「何を買ったか」。ここの1、2階で販売されているものは、紳士服、婦人服が中心。しかし、正式な販路を通してメーカーが販売する正規品ではない。

 ラルフローレンのロゴの入ったポロシャツを「100元にするから」と擦り寄ってきた販売員。すかさず「ニセモノにこんな値段は払えないよ」と言ったら、「これはニセモノじゃない。工場で作った正規品の余りモノだ」と食って掛かってきた。

 11日、ここの3階にブッシュ大統領が訪れているが、1階のこのラルフローレンのポロシャツは目に止まることはなかったのだろうか。

 ちなみに筆者は1階のフロアのワンブロックの縦の列を勘定してみた。すると11軒中10軒が、他社ブランドの横流れ品を安く販売していることが判明。これから起算すると1階フロア600の店舗のうち9割近い540が正規品の扱いではないことになる。もちろん、上階にはシルクの工芸品や真珠などの売り場もあるから、すべての買い物客が非正規品に手を出しているとは限らない。だが、これら商品の消費者は主として外国人であるということは間違いない。

 13日、秀水街の瞬間顧客通過数は13日16時30分に5万1890人、過去3年の記録を更新した。(「北京晩報」)

 また同日、ルフトハンザが出資したショッピングセンター「燕沙友誼商城」での、外国人による売り上げは126万元(約1900万円)。同紙によると南アフリカの大統領夫人が8000元(約12万円)を超える買い物をしたとも。ここではキヤノンやコニカのデジカメが売れたという。

 8月8日から16日までに外国人が北京市にもたらした消費は1億元(約15億円)を超えた。国家旅游局によると、五輪期間中の外貨収入は4億米ドル(約400億円)を期待しているというが、目標達成の勝算はあるのかどうか。

 現地駐在のある日本人はこう語る。

「五輪市場は競技場か5ツ星ホテル。ここを見れば人は多いが、実は期待以上に盛り上がってはいない。日本人も思ったほど来ていないのではないか」

庶民生活には直結しないが内需は拡大

 一方、北京庶民の生活には直結はしないものの、内需は拡大した。東方航空の機内誌におもしろい記事が出ていた。開幕式の演出で使用された衣装は1万5000着、小道具に至っては9935個、照明器具や電光掲示板は2390、スタッフが使うヘッドホンは1万4000個、打ち上げた人工降雨ロケットは1104発、万一雨天を想定して1万着の雨合羽が準備されたという。そのほか、案内人を買って出た一般市民がボランティアで着用したポロシャツやTシャツの類を含めるとその裾野は格段に広がる。

 株価指数の低迷が続くなかでも、五輪をテコに飛躍的に成長を遂げた民族系企業もある。中国では最大手のスポーツブランド「李寧」がそれだ。ロス五輪の金メダリスト・李寧氏は今回の開幕式で「最後の聖火ランナー」の大役を果たし、20億人がこれを観たわけだから、将来的にももたらされる効果は大きい。株専門サイト「証券之星」によれば、07年の売上高は前年比33.7%で42.5 億元、08年は36.7%増で58.1億元。が、これをして、北京五輪がますます商売っ気たっぷりになったと悲観する市民も存在する。

 乳業メーカーの「伊利」はそのブランド価値を上げたことが話題になっている。五輪マークが印刷された新製品のうち「伊利金典有机?(有機牛乳)」は07年1年で従来の127倍の売り上げを記録した。また、「青島海?は冷蔵庫、エアコン、洗濯機など31種類の家電6万台を提供、37の競技場に設置された(「上海證券報」)。

 中国では連日、五輪後の経済について議論が繰り返されている。「五輪は中国経済の分水嶺にならない」という見出しが躍るように、強気の論調が続く。中国のサイトでは中国の経済学者(中央銀行貨幣政策委員会委員)樊綱(ファン・ガン)氏の主張を散見するが、彼は「(五輪効果をもとに)経済周期を形成するには10~12年かかる」とし、一時的な失速を認めながらも、十分な自信をほのめかしている。

 北京五輪のために、政府は3200億元(約7兆6350円、05~08年)の投資をして860の項目にわたるインフラ整備で市内を変えた。しかし、本質は相変わらず以前と変わらない。

 二環路の内側には1日10元(約150円)程度で生活する庶民もいる一方で、平米当たり3万元(約45万円)超のマンションを購入できる層が存在する。かつてから、高額消費を動かすのは政府高官と外国人というのが北京経済の相場だった。北京五輪もそういう意味では、従来同様、限定された一部が恩恵に浴したものだったといえるだろう。

(2008年08月21日 DIAMOND online「China Report 中国は今」)

 下層塵民に恩恵が何一つ行かない事など、最初の最初から分かり切っていた事ではある訳ですが、流石の徹底ぶりと言える程の凄まじさみたいですな。

 これ程までに凄まじい新自由主義国家、ダメリカでも達成不可能です。

 日本不経済新聞が絶賛する筈だわ。

 しっかし、既に始まっている中華バブルの崩壊な訳ですが、この様子だと、本当に万博まで保たないでしょうな。

 別々に書かれているから分かり難いですが、3200億元(約7兆6350億円)の投資をして、外貨収入はたったの1億元(15億円)。

 「内需は拡大」なんて書いているものの、それこそ、ただ単純に一定の場所を周回するだけの金が一時的に膨れ上がっただけのもので、経済全体の拡大には何の役にも立っていない。

 需要の拡大によって雇用を増大させ、消費を活発化させてさらに需要を拡大する、という基本の基本が出来てない。

 全部が全部張りぼて、張子の虎だ。

 支那畜どもの官僚には、きちんと経済を勉強した奴がいないのかね。

 これじゃあ、本当に無駄遣いしただけだろ、JK。

 海外での売り上げを期待してるのかも知らんけど、例え、元金メダリストとやらが20億人の目に触れたところで、根本的な信用の無い支那畜製品なんか、アタマがオカシイ奴以外は殆ど買わないし。

 寧ろ、日本よりも遙かにフリーチベット運動が盛んな欧州の民草は、聖火リレーの最終ランナーのブランド、という事になれば、余計に意図的に避けるでしょう。

 結局、今までと同じように、ディスカウントショップに居並ぶ激安のドサンピン以外は、チュウゴク製の商品なんか誰も買いやしない、という構図に何の変化も無い。

 ここまで、開催した事に意味のない、寧ろマイナスな五輪も初めてでしょうな。

 マジで、五輪終わってら暫くしてからが怖いね。

 えげつない程の崩壊の加速、塵民どもの暴動の激化、塵民どもの目を逸らす為の反日、異民族の一斉決起、或いは、これらの同時併発。

 三国時代どころか、春秋戦国時代の再来を見る事が出来るかも知れん。

 いや、もっと酷いかも。

 取り敢えず、私から、この恐ろしい程に愚か極まりない国に関係している人に言える事はたった一つだけ。

 さっさと逃げろ。

 それだけです。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら

選手も観客も命がけの北京五輪 オリンピックどころじゃない中国の真実! (別冊宝島 1508 ノンフィクション)

宝島社
売り上げランキング: 40803
おすすめ度の平均: 4.5
5 中国見たままありのまま
5 楽しみだなぁ
5 笑えます
5 タイトルが全てを語っています
5 ひとまず、知識として

北京五輪後、中国はどうなる?
宮崎正弘
並木書房
売り上げランキング: 55507


PR情報
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
確か 「 秦 」は僅か 20数年の治世の間にあの広大な始皇帝稜を 築いた。現在、発掘され公開されている部分は 稜のほんの一部に過ぎないと云う。稜の他の3面にも同様の兵馬俑が埋められている可能性があり、稜そのものの地下には 水銀の池に囲まれて 広大な始皇帝の墓が在るらしいと云う。中国四千年の歴史は全く素晴らしい・・・・

開会式での数千人の整然としたパフォーマンスは 始皇帝稜の兵馬俑の兵士の姿にダブって見えた。貧乏な北朝鮮のパフォーマンスでは 人海戦術で色紙に拠って描かれるところが西側の資本・技術流入で超ハイテク化したマスゲームとなったのだ。素晴らしい・・・を通り過ぎて 畏怖を感じた視聴者は 自分だけではなかっただろう。

始皇帝稜と長城建設に明け暮れた「 秦 CHINN 」は疲弊し20数年で倒れた。
2008/08/22(金) | URL | ミナミ北朝鮮 #-[ 編集]
永遠に歴史を繰り返すバカ、それが彼らチャイニーズです。

我々は他山の石としましょう。
2008/08/23(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1331-7b2e8cce