FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ教育 → 教育基本法見直しについての私的提言

教育基本法見直しについての私的提言
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 私ごときに言われなくとも、十分ご承知でありましょうが、教育国家の根幹を成す重要な問題です。

 現在の教育基本法が、すでに過去の遺物であることは明白で、この法案を見直そうという動きには、とても賛成出来るものです。

 自民党が言っている通り、教育の中に「愛国心」というものを取り入れないという愚を犯している国家は、日本くらいのものであり、池田大作のパシリの言う様な「国を大切にする心」などと中途半端な表現をすることは、危うい日本の現状を、あまりにも見ていない愚かな発言と思われます。

 池田大作のパシリが、この国を愛していないことなど先刻承知ですが、それならば早々に連立を解消して下野してもらいたいものです。

 日本国民が「日本」を愛し、「日の丸」を愛し、「君が代」を愛し、「天皇陛下」に尊崇の念を持つことは、至極当然のことであり、腐れ売国奴集団「日教組」の妨害により、この当たり前のことが出来ていない今が異常なのです。

 上記の事柄が嫌な人間は、この国を出て行けばいいだけなのです。

 思想・信条の自由は、もちろん誰もが有しているものですので、全員に私の考えを押し付けようとは思いませんが、少なくとも教育の場に自己の腐れ左翼思想を持ち込んで、日本国民反日思想を植え付けるなどという、フザケた行為が許されるはずがありません。

 自由とは自己の責任において、他者に迷惑をかけない範囲においてのみ成立するものであり、大多数の日本国民に迷惑をかけるであろう、「日本を愛せない、日本を愛さない」という思想を持つ人間がこの国で生活することは、自由などではありません。

 日本を批判したいのであれば、中国でも韓国でも北朝鮮でも、どこでも好きな未開国家に行って、思う存分なさればよろしいでしょう。

 そうすることが、自由というものです。

 これ以上、腐れ売国奴に文句をつけていてもキリがないので、本題に入ることにします。

 「愛国心」はもちろん最も大切なものですので、たとえ池田大作のパシリを全て駆逐してでも、今回の教育基本法の改正案に盛り込むべきですが、私としましては、それに加えて「道徳心」「倫理観」と「読み・書き・計算」の徹底を盛り込まれることを、是非とも政府にお願いしたい。

 現在の日本における、凶悪犯罪の増加や拝金主義者の横行は、あきらかに戦後日本教育において、「倫理道徳」を御座なりにし過ぎた結果であり、「倫理道徳」を鍛え上げることは、日本再生において非常に重要なものであると、私は思うのです。

 「倫理」や「道徳」の欠如が、親への尊敬の念を奪い去り、延いては公に奉仕する心が失われ、「愛国心」というものすらも見失わしてしまうのだと思うのです。

 「倫理」や「道徳」が無ければ、いかに能力があろうとも、決して一流には成りえないものです。

 ライブドア堀江氏は、一代で会社をあそこまで大きくしたのですから、能力に関しては人並み以上にはあったのでしょう。

 しかし、根幹たるべき「倫理道徳」の欠如が、彼をあのような倫理なき企業買収に走らせ、ついには法を犯すという愚かな行為にまで到らしたのだと私は思っています。

 故松下幸之助氏が一代であのような大企業を築き、今なお松下が世界の松下として存在しているのは、運や能力もあったではしょうが、彼の公に奉仕するという精神があったからこそでは無いかと思います。

 もちろん氏も、闇の部分はあったかも知れませんが、人として最低限の「倫理道徳」というものを守られたからこそ、今なお氏を尊敬する人が絶えないのではないかと考えます。

 そして「読み・書き・計算」の徹底ですが、世間ではほぼ全ての方々が「ゆとり教育」というものに否定的な考えを持たれていると思いますが、私としましては「ゆとり教育」という考え方自体は良いものであると思っています。

 ただし現在のように、ただ学習範囲を狭めたり、要約したりするのではなく、学習する範囲自体は小さくして、その代わりに基礎、つまり「読み・書き・計算」を徹底してやらせるべきというのが私の考えです。

 難しい定理や公式、専門的な知識などは、高等教育以上に任せておいて、義務教育においては、徹底的に基礎を叩き込むべきであるという考えです(これを「ゆとり教育」というかどうかは知りませんが)。

 私は人間というものは、基礎さえしっかりとしていれば、後は自分の努力次第でどうとでもなるものだと思っています。

 「読み・書き・計算」さえきっちりと出来ていれば、後は教育施設になど頼らなくとも、自分の努力で如何なるものにでもなれるはずなのです。

 如何に難しい書物も「読む」能力があれば、時間こそかかれど読破することは可能です。

 如何に難しい論文でも、「読む」能力で情報を検索し、「書く」があれば作り得るものでしょう。

 以下に難しい定理や公式も文字を「読む」ことが出来て、「計算」する能力があれば解き得るものだと思います。

 「読み・書き・計算」さえできていれば、後は必要に応じてそれぞれの能力を駆使すれば、如何なる学問も自己の努力によって物にすることが可能だと思えます。

 もちろん、それだけしか教えるなと言っている訳ではなく、今現在の教育課程に入っている程度のことは、義務教育の中で教えていくべきだと思いますが、必要以上に学習範囲を広げるくらいならば、「読み・書き・計算」を徹底した方が良いのではないかと思う所存です。

 以上雑文で思うところの半分も書けてはいないのですが、本日のところは之までとし、また時間があれば続きでも書いてみようかなと思います。

 異論・反論・文句・叱責の声など、お待ちしております。

人気blogランキングへ←励みになりますので出来ればクリック願います
にほんブログ村 政治ブログへ←こちらも応援クリックよろしくお願いします

理想の国語教科書 赤版
齋藤 孝
文藝春秋 (2003/04)
売り上げランキング: 5,283
おすすめ度の平均: 4.5
4 朗読の場所を提供して!
5 朗読で生きる最高のテキスト。


理想の国語教科書
理想の国語教科書
posted with amazlet on 06.02.23
齋藤 孝
文藝春秋 (2002/04/25)
売り上げランキング: 23,268
おすすめ度の平均: 3.81
4 理想の国語教科書
5 国語とはこういう教科だったか。
5 硬派な文章だが・・・


スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
彼は昔、一つのソフトを複数のコンピュータにインストールしようとした知人に「それは違法だし、モラルに反する」とたしなめたそうです。
それが宮内被告と共同で仕事をするようになってから虚業に熱中するようになったとか。
「朱に交われば赤くなる」ということでしょうね。

幾ら道徳教育しても堕落は起きてしまうのです。
道徳教育が不要とは言いませんが。
2006/02/23(木) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
>煬帝さん

なるほど、仰られることはよく分かります。

「朱に交われば赤くなる」というのは、確かに一面の真理と思えますが、「朱」の中にあっても、自己を強く持ち続けられる人間がいることも確かです。

そして、その「朱」の中にあっても自己の正義を保てる人間を育むためには、「道徳」や「倫理」の教育以外には無いのではないかというのが、私の考えです。
2006/02/24(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/135-187f953e