FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → ドイツポストの陥落

ドイツポストの陥落
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【経済妄説事典】東谷暁 ドイツ郵政民営化の破綻

 郵政民営化の成功例として語られてきたドイツポストが、子会社の銀行ポストバンクを売却する算段をしているというので注目を集めている。買収する側として、ヨーロッパの巨大金融機関の名前が登場しては消える。いずれにせよ売却の方針は決まったようで、いまやどこが買うかが問題の焦点なのだ。

 民営化のさいに、いったんは分離したドイツポストを買い戻したのは、郵便局のサービスが低下するのを避ける狙いがあった。それがまた、売却を企てているという理由はただひとつ。ドイツポストが経営的に危機に陥っているからなのだ。日本の郵政民営化のさい、ドイツポストの「成功」が派手に報道され、物流会社DHLを買収して傘下に収めたことが、その成功の象徴のように語られた。

 しかし、そうした成功物語には多くの神話があり、日本での報道にもかなりのバイアスがあったことがいまでは明らかだ。そもそも、私が2005年の郵政選挙の前に調べてみると、営業利益の65%は郵便事業から得ており、ポストバンクなど金融が21%、DHLなどのロジスティクスおよび宅配便は、それぞれ7%程度にすぎなかった(『民営化という虚妄』)。物流部門は、すでにこのときから苦戦していたのである。

 いまのドイツポストの苦境も、巨大な資金で買収した物流のDHLが足を引っぱった。04年にはDHL米国支社が赤字に転落。去年からは米国の経済の落ち込みで回復がますます困難になった。こうしたなか、今年の2月には、郵政民営化の輝ける星だったドイツポスト前会長のツムヴィンケル氏が、巨額の脱税容疑で逮捕されるという事件が起こる。ただでさえサービス低下に不満を持っていたドイツ国民は怒るというより呆れた。利益至上主義のドイツポストが、馬脚をあらわした事件と指摘する人も多い。

 いまやドイツポストはポストバンクの売却益によって、経営を何とか立て直そうとしているが、このポストバンクについても「サブプライム問題で内情は火の車」などという噂が絶えない。日本でも全国郵便局長会が民営化の見直しを求めているが、こうしたドイツポストの惨状を見れば、けっして覆水を盆に戻そうとする試みだとはいえないだろう。


(2008年09月02日 FujiSankei Business i.)

 ひどいなあ、フジサンケイ。

 いよいよカイカク派が追い込まれてきたと見て、本格的にガイキチグループからの離脱ですか。

 つか、東谷さんにコラムを書いて貰ってた事を考えると、最終的にこうなる事が分かっていて、きっちりとガイキチカルト集団からの離脱を想定していたんですなあ。

 で、今、このタイミングで、ドイツの郵政民営化の破綻を暴露して、ガイキチの王が「カイカクの本丸」と語った郵政民営化を否定する方向にシフトしていき、何時の間にか、ガイキチグループとは距離を置いた立ち位置に移動している予定なのですね。

 まあ、このコラムを書いてる東谷さんは、もう随分と前から「民営化は国を滅ぼす」と主張しておられた訳で、彼には何の罪も落ち度も無い訳だけど、さんざか小泉・ケケ中・安倍の三馬鹿トリオをマンセーして、「民営化こそが正義」みたいなプロパガンダを飛ばしてきたサンケイにこういう記事が載るのは、いささか複雑だねえ。

 ま、所詮、カスゴミなんかその程度の存在なんだから、仕方ないっちゃ仕方ない事ですか。

 2ちゃんねるの名無しよりも無責任な投げっぱなしジャーマン、それがカスゴミだもんね。

 終戦直後のアカピーや侮日、ゴミ売りなんかもこんな感じだったんだろうなあ。

 ま、今回は惨景にちくちくと嫌味を言うのが本旨じゃないから、この話題はこんなところにしとくとして、その惨景を始めとするカスゴミ諸氏が民営化のモデルケースとして持ち上げていたドイツポストですが、いよいよフィナーレを迎えそうな気配という事です。

 こうして基地外カイカク真理教の愚劣で馬鹿げた所業により、ドイツは国富を外国に売り飛ばす事になりましたとさ。

 ま、何ですよね、ここまで来て、未だに「小泉カイカクは必要だったのだ」とか言っている奴って、完全にアタマイっちゃってますよね。

 マジで、招集を掛けて竹島にでも隔離した方がいいんじゃないかね。

 連中にしても、竹島をバ韓国から取り戻す為に役立てるのなら、本望でしょ。

 普段から、「御国の為に死ね」的な事を口走っているのだから、この際、見本を見せて貰うという意味でも、ヒッジョーに良い案ではないかと思うね。

 「馬鹿と鋏は使いよう」と言うけれど、基地外も使いようによっては役立つんだなぁ。

 ま、ジョークはこの辺にしとくとして、結局、カスゴミや自称有識者、自民マンセー基地外ウヨクの言ってた事なんてのは、全てが全て嘘で塗り固められていた事が、またも改めて浮き彫りになりましたね。

 アイツら、また、涙目で火病って「ミンスよりマシ、ミンスよりマシ、ミンスよりマシ」ってお題目を唱えながら、2ちゃんや政治ブログを徘徊するのかなぁ。

 段々と学会員に行動パターンが似ていくなあ、アイツら。

 どんだけ事実を提示されても、「それでも小泉さんは正しいのだ」とか「安倍さんのやった事は後生で評価されるのだ」とか言ってる姿なんか、何言われても「イケダセンセイは(以下略)」と言い張ってる学会員そのままだもんなwww

 また話が逸れてしまった・・・

 兎に角、郵政民営化のモデルケースであったドイツの実態が明らかになった以上、このまま民営化を進める理由なんざ、またしても無くなった、という訳ですよ。

 さっさと民営化を凍結させて、再国有化に向けての議論を始めるべきでしょう。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

民営化という虚妄―「国営=悪」の感情論が国を滅ぼす
東谷 暁
祥伝社
売り上げランキング: 212634
おすすめ度の平均: 4.0
5 格好の名著
5 巨大メディアの言説と比較して★1つUP
3 タイトルに工夫が必要では?
4 郵政民営化論の危うさ
3 破壊への情熱の源泉は?

金より大事なものがある―金融モラル崩壊 (文春新書)
東谷 暁
文藝春秋
売り上げランキング: 219981
おすすめ度の平均: 3.5
3 金融規制緩和の負の側面
4 安定か、それ以外の道か
4 常態化するバブル経済


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
1万円からのFX。エキサイトFX『外為ルネッサンス』
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1354-d5d81a85