FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 氏ね刑壇連

氏ね刑壇連
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

11年度から消費税10%、経団連要望へ

 日本経団連は8日、中期的な税制の抜本改革案として、消費税率を2011年度から5%引き上げて10%とするよう政府に要望する方向で最終調整に入った。

 正副会長による正式な組織決定を経て9月末にも公表する。

 経団連はこれまで、07年1月に御手洗冨士夫会長のビジョンという形で、15年までに2段階で消費税率を事実上10%まで引き上げるよう求めていた。しかし最近の試算によって、医療、年金などの社会保障制度を安定的に持続させるためには、消費税率を一気に引き上げ、引き上げ時期も前倒しせざるを得ないと判断した。

 試算にあたっては、日本経済が安定的に発展する条件として、政府が目標とする11年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化を前提とした。さらに、消費税率引き上げによる負担増が個人消費に打撃を与えないよう、中所得者層以下への負担軽減策も組み合わせる必要があるとみている。

 具体的には、子育て世代への減税策や、中所得者層以下への所得税の戻し減税など数兆円規模の大規模減税策を要望に盛り込む方針だ。

(2008年09月09日 読売新聞)

 氏ね、いや死ね、今すぐ朽ち果てろ、人間の成れの果てども。

 そして、永遠に地獄の業火に焼かれ続けろ、虫螻にも劣る最下等生物ども。

 コイツらの手の平の上で不細工な愚民ヲドリを披露して、カイカクをマンセーしている基地外ウヨクどもも氏ね。

 「消費税率引き上げによる負担増が個人消費に打撃を与えない」なんて芸当が不可能な事くらい、サイコロ大の脳味噌があれば理解出来るだろが、白痴が。

 消費税の増税は、その税率分だけ可処分所得の減少とイコールなんだから当然だろ。

 クダラネー詭弁でテメエらの罪を誤魔化せると思うなよ、基地外が。

 結局、テメーら銭狂いの餓鬼どもは、「輸出戻し税」でウハウハな現状を手放したくない、それだけだろ。

「輸出戻し税」参考エントリー:
●どうしても「消費税」を増税したい自民党
●嘘吐き経団連

 その為にも、日本の内需を決して回復させる事無く、GDPに対する貿易の割合を更に拡大したい。

 その為なら、庶民の生活も国家の税収も全てどうでもいい、と。

 一片、いや、百片くらい氏ね、蟯虫。

 で、いい加減小手先の詭弁が通用し難くなってきた事を分かってきたのか、批判を出来る限り抑える為に、「中所得者層以下への負担軽減策も組み合わせる必要がある」か。

 あのなあ、脳味噌1ヨクトグラムの虫螻ども。

 幾ら詭弁に詭弁を重ねようがなあ、その制度自体に強い逆進性を持つ消費税の増税を謳っている時点で、テメエらに庶民を気遣うつもりがナッシングな事は分かってんだよ。

 御用学者を使って一生懸命消費税の逆進性を否定して回ってやがるみたいだけどなあ、家計調査の世帯別の収入・支出データを用いた分析からは、年間可処分所得が低くなればなるほど、世帯における消費税の課税対象項目に対する消費性向が高くなるという関係が見られるというのは動かない事実であり、そうである限り、低所得者層で負担が相対的に重くなっていくのは理の必然てヤツだ。

 幾ら詭弁を弄そうとも、事実は動かない。

 一応、アホな刑壇連の御用学者に反論しておこうか。

 アホの言い分はこう。

 「私が調べたところでは消費税にはほとんど逆進性がありません。確かに、1年間の所得だけを見て高所得者と低所得者の消費税負担率を比べれば逆進性はあります。しかし、一生のうちに得る『生涯所得』で比較すると、『生涯消費税支払額』は『生涯所得』にほぼ比例しているのです。…この考え方は、今年5月に開かれた政府税制調査会でも報告しました」(大竹文雄阪大教授と名乗る白痴の御用学者)

 このアホの理屈の根拠となっているのは、貯蓄された所得も将来は消費に回るという仮説、そしてその根拠となっているのは、近代経済学の「ライフサイクル仮説」というもの。

 「ライフサイクル仮説」ってのは、「現在保有する資産+生涯所得=生涯消費」となるように毎年の消費額が決まるという仮説の事ね。

 けど、この仮説は、生計費として消費される勤労所得の場合には、ある程度当て嵌まっても、利潤や利子、配当などの資本所得には当て嵌まらない。

 何故なら、高額所得者の資本所得は、その大部分は消費に回らずに金融資産として投資されて新たな資本所得を生み、しだいに累積して遺産として相続されていくから。

 次に、このアホは、「全国消費実態調査」の未公表の基礎データを「特別集計」して消費階級別データを求め、それをもとに生涯所得階級別データを算定したとほざいている。

 でもなあ、アホバカマヌケの大竹よ。

 「全国消費実態調査」は、もともと「生涯所得」を調査するための統計じゃあ無いんだよ。

 年間収入の調査は、全世帯を対象にしているけれど、家計支出は9~11月の3ヶ月間という限られた期間の調査なんだよ。

 消費階級別データで序列化した所得階級別データを「生涯所得」と見做すことは、「生涯所得=生涯消費」の仮説を前提としており、統計的に無理があるだろ、JK。

 知ってて言ってるんだろうけど。

 最後に、「生涯消費税支払額」が「生涯所得」に比例的になるためには、税率も「生涯税率」として固定されていなければならない。

 もし税率を引き上げると、年齢別の「生涯消費税支払額」が変化し、世代間の比例性が崩れてしまうから。

 同じ年齢、同じ「生涯所得」の場合でも、所得の獲得時期は同じとはかぎらないので、税率が変化すると「生涯所得」にたいする消費税の比例性は崩れる。

 以上。

 で、話を戻すけれども、そんな状況下で戻し減税なんかをしたところで、大した効果も出せずに終わるだけだ。

 本当の、正真正銘の無駄遣いというヤツだ。

 本気で言ってるんなら、幼稚園くらいからやり直して来い。

 ま、どうせ分かった上で言っているんだろうけどな。

 庶民は負担が増えるにも関わらず、国家の税収は減っていく。

 もう、ここまで来ると、巨大企業なんてのは、国家・国民にとって寄生虫そのものだと言っていいだろう。

 少なくとも、刑壇連という連中がそうだというのは、覆らない事実だ。

 おい、カリスマウヨクの西村修平。

 オマエがホントに民族派の右翼だっつーんなら、この寄生虫どもに対して抗議の、怒りの声を上げてみろよ。

 まあ、オマエみたいなヘタレ基地外ウヨクに出来るのは、最高裁によって創価とは無関係だとされたブティックを、勝手に脳内で創価認定して襲撃するくらいだろうけどな。

 テメーより弱い者にしか手を上げられない義も侠も無いクズが、民族派だの右翼だの名乗るんじゃねえ。

 刑壇連と、そして、最近仲良しの極左基地外プロ市民の「草の根」ともども、とっとと地獄に堕ちろ。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

増税が日本を破壊する
菊池 英博
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 88262
おすすめ度の平均: 4.0
2 タイトルの割には…
2 1回納得、でもやっぱり・・・
5 「日本沈没」を回避するために
4 増税が日本を破壊する
5 目からウロコ

誰がウソをついているのか―増税も改革も必要ない!
森永 卓郎
ビジネス社
売り上げランキング: 313192
おすすめ度の平均: 4.0
4 ハゲタカファンドの親分は政府・日本国家か?
4 構造改革に潜むハゲタカファンドの罠を解説


PR情報
日経225miniをやってみませんか?
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1367-22ae88e6