FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 格差から貧困へ

格差から貧困へ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

6年連続、「生活苦しい」57% 過去最多、国民生活基礎調査

 「生活が苦しい」と感じている世帯の割合は57・2%で、6年連続して過去最多となったことが9日、厚生労働省の「2007年国民生活基礎調査(概況)」で分かった。

 06年の1世帯当たりの年間平均所得額は566万8000円と前年より3万円増だったが、所得が平均を下回った世帯の割合は1999年と01年に並んで過去最多の61・2%だった。

 平均所得が前年を上回ったのは2年ぶり。生活が苦しいと感じる世帯は10年連続で過半数を占めた。

 一方、07年の高齢者世帯(65歳以上のみか、65歳以上と18歳未満の未婚者)数は推計900万7000で、86年に統計を取り始めてから21年続けて最多を更新した。

 調査は昨年6-7月に実施。所得や暮らし向きついては約3万6000世帯に調査票を配り、約2万4000世帯から回答を得た。

 それによると、「生活が苦しい」とした57・2%の内訳は「大変苦しい」が24・0%、「やや苦しい」が33・2%。

(2008年09月09日 共同通信)

 ま、この手の調査なんか、絶対的にアテになるものでも無い訳ですが、カスゴミによる恣意的なモノでは無く、厚労省による調査という事で、まだ多少は信憑性もあるとは言えるでしょうな。

 役人というのは、こういう事は意外とまめに真面目にやるから。

 それにまあ、本来なら、厚労省的にはこの結果は余り好ましくない結果な訳で、仮に操作していたとしても、「苦しい」と感じている人達の数字を減らすという方向に操作してるだろうし。

 ま、何にしても、「生活が苦しい」と感じる人が約半分以上も居るというのは、明らかに異常。

 貧困国なら兎も角、貧困国にODAで支援している国なのに、だ。

 更に、その約4割程が、「大変苦しい」と言っている。

 この状況を「当然の事」などと言い放ちながら、「自分は国を憂えている」などと言い放っている人間は、分裂症の患者、若しくは完全なる白痴だろう。

 政治ブログなんか書いていないで、とっとと病院に行く事をお勧めする。

 それが正常だと言い張るなら、既に気狂いの領域なので、白い小部屋に自らを隔離する事をお勧めする。

 ま、そんな某忍者に代表される脳味噌ヨーグルトウヨクの事はどうでもいいとして、こんな状況を放置するような事が、社会全体にとっていい事であろう筈が無い。

 貧困の拡大は治安の悪化を招き、治安の悪化は秩序の崩壊を招き、秩序の崩壊は暴力革命を誘う。

 最悪の連鎖だ。

 「経済や格差など小さな問題」などと言っている真性のアホは、そういう浅はかで身勝手で自分本位の考え方こそが、革命の種子であり栄養素である事に何時になったら気付くんかね。

 アホだから氏ぬまで気付かないに100ペリカだけど。

 で、そんなアホもまあもうどうでもいいとして、こんな状況であるにも関わらず、この状況を作った張本人である刑壇連のクソどもが、御用記者にこんな記事を書かせています。

新卒者の初任給、2年連続で1000円超上昇

 日本経団連が9日発表した今春の新卒者の初任給調査(事務系、全産業)によると、大学卒は20万6969円と前年より1191円増え、上昇額は2年連続で1000円を超えた。

 伸び率は0・58%と、10年ぶりに1000円を超えた前年(1354円増、0・66%上昇)より鈍化したが、初任給を上げて人材を確保しようとする企業側の傾向が続いている。

 短大卒は1119円増(0・65%)の17万2621円、高校卒も1146円増(0・72%)の16万1403円といずれも高い伸びを示した。

 一方、初任給を前年のまま据え置いた企業は52・0%と10年連続で5割を上回った。ただ、2003年に91・4%を記録して以来、5年連続で減少している。

 会員企業など2050社を対象に調査し、747社から回答を得た。

(2008年09月09日 読売新聞)

 分かり易いプロパガンダだけれど、所詮は脳味噌1ヨクトグラムの腐れ刑壇連、詰めが甘いです。

 2050社を対象に調査をして、回答したのが747社という事は、残りの1303社は「そうでは無い」という事の証左だわな。

 つーか、半分以上も回答を得られなかった調査に、何か意味があんのか?

 こんなモンに騙されて、「カイカクによって景気が上向いて来た証拠だ」なんて思うのは、何処かの忍者のように脳味噌がドロドロに溶解したキティちゃんだけだろ。

 大体、初任給だけを語ったって、何の意味も無い。

 勤務体系、昇給、その他諸々の要素を雑えて語ってこそ、企業が従業員に報いているかどうかが分かるというものだろう。

 結局、金持ってるだけのドサンピンのチンピラ風情が策を弄したところで、所詮はこんなもんだ。

 如何に足掻いたところで、狂人の狂人による狂人の為の舞踏会の時間は終わりだ。

 断罪の瞬間まで、精々束の間の栄華を味わっておけばいい。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

暴走する資本主義
暴走する資本主義
posted with amazlet at 08.09.10
ロバート ライシュ
東洋経済新報社
売り上げランキング: 234
おすすめ度の平均: 4.5
5 現代社会を理解するための必読書
5 地球規模で進む大きな流れをベースに考えたうえで、われわれに潜む消費者と勤労者という二面性をよく考えて行動しなければ、とんでもない時代に突入してしまうと深く考えさせられた。
5 企業の横暴から民衆を救う指南書
4 「超資本主義」時代における新たな政治=経済学の提起
5 もやもやとしていた現実感覚が、急速に研ぎ澄まされ、そして構築されていく世界観

超・格差社会アメリカの真実
小林 由美
日経BP社
売り上げランキング: 7754
おすすめ度の平均: 4.5
4 アメリカの全体像が見えてくる
4 他に無かった内容だけど、文章が読みにくい
5 アメリカ赴任に当たって、上司に薦められたのがこの本
5 格差の正体とはなにか
5 “お金儲け、いけませんか?”思想の源泉はここにー!?


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1369-3d764a9e