FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → ケケ中平蔵はかく語りき

ケケ中平蔵はかく語りき
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 日本経済をぶち壊した張本人であるケケ中平蔵という基地外が、同士である惨景珍聞にて断末魔の叫びとも取れる珍論を展開しておられます。

 目を通すだけで、近くにサブマシンガンが無いか探してしまう程に血が沸騰するケケ中くんの珍論ですが、「彼を知り己を知れば百戦危うからず」という事で、我慢して目を通して下さい><

【竹中平蔵 ポリシー・ウオッチ】国民の「おねだり」復活

 ■日本は再び悪くなる

 政治と国民の間には、おもしろい関係がある。政治は国民の意思によって影響を受ける。影響を受けるというよりは、民意が政治を決める点にこそ民主主義の意義がある。しかし同時に、民意は政治、とりわけ政治リーダーの姿勢を見て大いに態度を変える。リーダーが自分たちに財政のカネを振り向けてくれそうもないと感じると、それを前提に行動する。小泉純一郎元首相が「痛みを超えて改革を」と訴えたときは、国民もそれを覚悟して行動した。逆に、政治が財政資金を振り向けてくれる可能性があると見ると、民間はそれを見抜いて、したたかに行動する。今の経済界が典型だ。経済界はことあるごとに改革の必要性を唱えながら、一方で迅速、大規模な経済対策を主張し、自分の業界の予算獲得に奔走した。取れるところからは取る…。民間は実にしっかりしている。

 しかし、そんな悠長なことは言っていられない状況になった。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の最近の世論調査によると、構造改革を続けるべきだと答えた国民は37・2%。これに対し、思わないと答えた人は48・4%と半数近くに上った。実質的に6年ぶりの経済対策がとりまとめられ、定額減税まで行われようとしている。国民全体が、もらえるものはもらおうと考え、改革マインドを放棄しているかのようだ。

 実は8月初旬のフィナンシャル・タイムズに「日本の不況は不況じゃない」という興味深い記事が掲載されている。日本経済が悪化しているのは、改革の勢いが低下したからであり、それを元に戻せばいいだけだ-。経済対策など必要なわけじゃない-。こうした主張は、おそらく世界の日本経済に対する平均的な認識を代弁している。

 そうしたなか、自民党の総裁選挙が始まった。今回の選挙は、いくつかの点でこれまでと違う特色を持っている。皆が勝ち馬に乗るのではなく5人の候補が立候補したこと、それぞれに政策を掲げて論争していること、である。民主党から見れば、これぞ自民党の底力と映る面もあろう。しかし候補者の一部は、言葉を巧みに選びながらも、改革に否定的な主張をしているように見受けられる。厳しいグローバル競争が進展する中で、これに正面から向き合うことなく、当面の痛み止めの措置を理由に改革を緩めれば、日本全体が世界の中の負け組になる。このような危機感は、残念ながらなかなか見てとれないのである。

 国民が政府にさまざまな保護的措置を求め、政治が選挙を意識してそれに応じる-。政治が応じそうな気配を読み取って、国民がさらに措置を求める-。結局は「おねだり」と「ポピュリズム」の悪循環である。この悪循環が1990年代の「失われた10年」を生み出したという事実を、いま謙虚に反省する必要がある。

 ■政権交代と資本逃避

 こうしたなか、自民党総裁選で期待通り政策論争は深まっているだろうか。残念ながら答えは「ノー」である。そもそも今回の総裁選は、自民党にとって起死回生のチャンスだったはずだ。

 多くの国民は自民党の政治に失望し、この際一度「政権交代」を実現してもいいのではないかとまで思い始めている。また、改革が進まないことを見越して、自らは外貨建て資産へのシフトを進めている。いわば、「静かな資本逃避」が始まっているのだ。これを阻止する最後のチャンスが与党にあるとすれば、それは今回の総裁選挙をドラマチックなものにすることだ。しかし、そうなっていない2つの理由を指摘したい。

 第1は、候補者同士が必ずしも激しくぶつかり合っていないことだ。選挙である以上、違いをあえて強調する姿勢があってしかるべきだ。しかし現実に、「私の考えとA候補の考えに大きな差があるわけではない」とか「私も同様に…」といった発言が聞かれている。うがった見方をすれば、特定候補の優勢が伝えられる中で、総裁決定後のことを見越してポジション取りの発言をしているとも受け取られかねない。

 第2に、テレビ討論などで質問する側の問題もある。例えば、当面の経済対策一つとっても、そもそも各候補は日本経済の潜在成長率をどのように考えているのか、それとの関連でマクロの総需要追加が必要なのか否か、がまず問われなければならない。さらに消費税については、引き上げを実現するための前提条件は何か、それはいつまでにどのような形で実現させるのか、といったコンセプトを明確にした質問を投げかける必要がある。それだけで、政策の輪郭は明確になるはずなのに、これまでの討論では実現していない。マニフェスト選挙は定着したが、それを評価する側の力不足が明確になっている。

 もっとも、各候補の公約で興味を引く点もある。そもそも通常の政策決定の場合は、省庁審議会などで議論し、党の部会で討論し、政調会、総務会で決定する、といった複雑な手続きを経なければならない。しかし今回のように総裁候補者がある政策を公約に掲げた場合、当該候補が総裁・首相になればそれを実現せざるを得なくなってしまう。

 例えば郵政民営化は、通常のプロセスでは絶対に実現不可能だが、総裁候補が総裁選で公約した項目だからこそ実現可能になった。そうした観点から、小池百合子候補が国立大学民営化や国会一院制(議員削減)を掲げ、石破茂候補が国会議員歳費2割削減を公約に掲げている点は注目される。このような突破型のアジェンダに焦点が当たれば、政策の争点が明確になり、総裁選挙への注目も高まるだろう。

 残された総裁選挙の期間、激しくドラマチックな政策バトルが繰り広げられなければならない。さもなければ、国民はしたたかに政治に「おねだり」しつつ、裏で政権交代の実現や資本逃避といった形で、次への準備を本格化させることになろう。

(2008年09月15日 産経新聞)

 バール持ってこい、バール!

 今から、コイツのアタマァ、潰れたトマトみてぇにしてやんからよぉ!?

 て思った人、あなたは正常です。

 でも、バールでイキモノのアタマを潰れたトマトみたいにするのは犯罪なので、取り敢えず堪えて、合法的にコイツを吊す方法を考えましょう、建設的に。

 まあ、それにしても、この超絶的ゴミクズ野郎は、何処まで国民をナメ腐ってやがるのでしょうかね。

 賃金デフレの物価インフレ、要するにスタグフレーションに喘ぎ苦しみ、「国としてこの対策をしろ」と求める、この当然の要求を、「国民のおねだり」呼ばわりですよ、このクズは。

 おねだりばっかりしてるのは、テメーのお友達の刑壇連のクズどもじゃろがい。

 それが何だぁ、この期に及んで未だに「法人税の減税を。代わりに消費税を増税で♪」とか言ってる自己中のクズをスルーして、「国民全体が、もらえるものはもらおうと考え、改革マインドを放棄しているかのよう」だぁ?

 大体、現状で日本の経済がこれだけボロボロになっているのは、そのテメーらクズどもの掲げた「カイカク」の所為だろうが、虫螻。

 デフレ時に緊縮財政を実行して経済の規模を縮小させ、公共事業を縮小する事によって地域格差を増大させ、ハケンの規制緩和によって国民の可処分所得を減少させたのは、何処の誰だ?

 何がグローバル競争だ、何が世界全体の負け組だ。

 んなクソ下らねぇ事より、国民の衣食住の安定こそが、国家政府の最大の役割だろうが、ボケが。

 んで何かい、その「カイカク」ってのを進める為の、カシコイケケ中センセーからの腐れ自民へのアドバイスが「今回の総裁選挙をドラマチックなものにすることだ」ですか。

 カシコイケケ中センセーに、一国民が教えてやろう。

 それを「ポピュリズム政治」っつーんだよ。

 国家政府が、景気対策や格差の是正に乗り出す事は、ポピュリズムでも何でもねー。

 ただの当たり前の仕事だ。

 その仕事を放棄して、テメーらとその不愉快な仲間達だけで甘い汁を吸う為に、「ドラマティックな政策論争」とやらでお茶を濁して誤魔化そうとする事を、「ポピュリズム」つーんだ。

 覚えとけ、白痴。

 んな事よりも、ケケ中の基地外は、「郵貯の金をリーマンに投資しろ」と言っていた事を今どう思っているのか、どうせメディアに出て来るならその辺を話せや。

 企業献金金を貰って法人税減税を実行し、その穴埋めに消費増を増税しようとしているテメーらカイカク派の連中こそが、おねだり利権屋のクズ野郎じゃ。

 朝鮮銀行に国民の巨額の税金をプレゼントした小泉。

 小泉と便所蟲と奥谷、そして折口と結託して、派遣ピンハネをしてハゲタカの株主様に巨大な冨をプレゼント。

 低金利、円安誘導、アメ公にも巨額の日本の冨をプレゼント。

 ETFは儲かると一般投資家を煽り、ハゲタカの浴びせ売りで日本人に大損失、ハゲタカ大儲け。

 こんな奴らが国政に口出しするような狂った時代は、いい加減に終わらせるべきだ。

 「カイカクマインドの後退」とやらでは未だ生温い。

 カイカクなんて糞喰らえ。

 カイカクの全否定、小泉・ケケ中政治の全否定こそ、今の日本に求められているものなのです。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 42305
おすすめ度の平均: 4.5
5 これからの選挙のいやな予感
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
小林 興起
光文社
売り上げランキング: 85960
おすすめ度の平均: 4.5
5 彼こそ本物の政治家だ!!
5 物事の本質
5 小泉純一郎が売国奴であることを証明する書物
5 マスコミが黙殺した、郵政民営化の真の受益者は米国という声
5 郵政民営化と改革という甘い言葉に騙された貴方達へ。


PR情報
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
ついでに、そんなものを熱烈支持する狂牛も処分ということで。
2008/09/17(水) | URL | 愚民太郎 #-[ 編集]
ケケ中さんは、おそらく日本人と日本社会に深い恨みがあるのでしょう。

だから、ハゲタカファンドや売国勢力の経団連に加担して日本人に不利益を齎す提言を未だにしているのだと思いますよ。

そんなに日本が厭なら外国に移住してください。最も海外では、ケケ中さんなんて相手にされないから生活の糧を得られないかもね。

2008/09/17(水) | URL | Ve #mQop/nM.[ 編集]
まあ、アイツは放っておいても勝手に寂しく一人で野垂れ死ぬでしょうから、何か犯罪でもしない限り、無視、放置、たまにからかってまた無視という感じでよいかと。

生きてる事自体がある意味罰ですし。
2008/09/17(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、インチキ乞食学者が世界でどれだけ通用するのか、見てみたい気もしますけどねw

私も、相手にもされないに1000ペリカですが。
2008/09/17(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
しかしまぁ…「フィナンシャルタイムズ」といい、「国際世論」といい、どうしてこういう糞な輩は、持論の箔付けに外国人の意見をつかうんでしょうね。

権威を外から借りてくる辺り、左翼と行動様式がそっくりだ。やはり、国家破壊を指向する連中は、同じ穴のムジナというわけですね。
2008/09/19(金) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
つかまあ、ケケ中って左翼ですからね。

用語の使い方とかがモロですし。
2008/09/20(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1384-a6b01d12
北朝鮮の金正日総書記が日本人同胞の拉致を認め、カタチだけの謝罪したのは、平成14(2002)年9月17日から今日で6年。 カタチ...