FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 自己責任という詭弁

自己責任という詭弁
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

米ゴールドマンとモルガン・スタンレー、FRBの規制下に

 [ワシントン/フィラデルフィア 21日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)は21日、証券大手ゴールドマン・サックス(GS.N: 株価, 企業情報, レポート)とモルガン・スタンレー(MS.N: 株価, 企業情報, レポート)が銀行持ち株会社に移行することを認めた。

 これに伴い両社はFRBの規制監督下に入る。

 金融市場の混乱緩和に向けた対策の一環。

 FRBは、両社への資金供給を増やすため、両社のブローカーディーラー子会社に対し、連銀貸し出しやプライマリーディーラー向け連銀貸し出し(PDCF)と同じ条件で、資金を貸し出すことにも合意した。

 証券大手メリルリンチ(MER.N: 株価, 企業情報, レポート)のブローカーディーラー子会社に対する貸し出しにも、同じ担保条件を適用する。

 ゴールドマンは同日、同社が4位の銀行持ち株会社になるとの声明を発表。FRBの規制下に入ると表明した。

 貸出業務など、複数の戦略的業務の資産を「GSバンクUSA」に移す方針も示した。

 GSバンクUSAの資産は1500億ドル以上となる見通しで、米銀上位10位の一角を占めることになる。

 ゴールドマンは、買収や既存事業の拡大を通じて、預金ベースを拡大する方針も示した。

(2008年09月22日 ロイター通信)

 ハイ、そういう訳で、新自由主義の権化にして小泉・ケケ中一派の理想像である米投資銀行、その雄であるゴールドマンとモルガンは、これまで散々好き勝手やって他国の金融市場をボロボロにしておきながら、それらの所業が回り回って金融市場が不安定化するとともに、いざとなったら公的資金での救済が望めるFRBの下に逃げ込みましたとさ。

 カイカクなんかをして、金融市場を解放しても、万民が益するところなんて何も無いという事が、改めて浮き彫りになりましたね。

 結局ね、新自由主義者の口癖である「自己責任」なんか、コイツらは取る気毛頭無いの。

 今現在出回っている自己責任論なんてのは、富の一極集中を徹底する為に、自分達以外の「他者」を無碍もなく切り捨てる為の詭弁でしかありゃしない。

 小泉・ケケ中一派、珍米ポチホシュが理想郷として掲げたダメリカという国の正体、そろそろ見えて来たでしょ?

 まず、富者の富者による富者の為の共産主義国家が上辺にあり、その下に、自己責任という詭弁の下に放置された奴隷人民の為の荒れ果てた世界が広がる国。

 それがダメリカ合衆国という国なの。

 我が日本国のすぐ近くにも、コレとよく似た構造を持った国があるね。

 そう、ダメリカ合衆国と中華塵民共和国は、イコールで結んでも違和感が無いくらいに、よく似た性質、構造を持つ国同士だったんだっ!!!

 な、なんだってー(AA略

 ま、キバヤシるのはこれくらいにしておくとして、ダメリカとチュウゴクが非常に酷似した存在同士であるというのは、冗談でも何でもなく本当の話。

 同じ穴の貉ってヤツなのよ。

 当ブログが、反米媚中も、反中媚米も同様にバカでマヌケのクソ野郎扱いしてきた理由が、今回の出来事でマルっと理解して頂けたのではないかと思います。

 こんな連中の真似をして、「カイカク」だの「金融ビッグバン」だのを進める事が如何に狂っているか、それをマンセーする連中が如何にアタマがオカシイか、理解出来たでしょう?

 結局、日本が一番まともだった。

 それを、カイカクだの国際競争力だのと屁理屈を捏ねて壊そうとしている連中を、我々は国賊と呼んでいる。

 何にもおかしな点は無かった、という事を、偉大なるダメリカ合衆国様が証明してくれました。



 ということです。(←マイブーム)

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

新自由主義の嘘 (双書哲学塾)
竹内 章郎
岩波書店
売り上げランキング: 148021
おすすめ度の平均: 5.0
5 非常にわかりすい。
5 共生を考えるための第一歩
5 納得

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 74043
おすすめ度の平均: 4.5
5 これからの選挙のいやな予感
5 恐怖の改革。破滅へのファイナルカウントダウン?
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
>ダメリカ合衆国と中華塵民共和国は、イコールで結んでも違和感が無いくらいに、よく似た性質、構造を持つ国同士だったんだっ!!!

思いつく共通点は、
・まともな医療サービスを受けたければ、「金」もってこい。
・自国に脅威を与える国には、軍事力で以って掣肘を加えてやる。
・金が全て、金儲けの為なら他人・他国の迷惑なぞ知った事か。騙される方が悪い。
・ルールをある時突然に変更し、それに従う事を強要する。
・他国に傀儡を作り(政治家、官僚、マスコミ、学者)、工作活動をさせる。
・自国内に優雅に暮らす支配階層と彼らを支える奴隷階層が明確に判る形で存在している。
・国又は支配階層に逆らうと抹殺される可能性が高い。

以上。

で、征倭会は日本を上記のような国に忠誠を誓っており、当該国のようにしたいと考えています。

2008/09/23(火) | URL | Ve #mQop/nM.[ 編集]
さっき、浪人殿の触れられていた、柳生昴とかいうやつのブログを見てきましたが、酷過ぎて涙が出てきました。
こんな馬鹿に騙される日本国民がいるのかと思うと、残念でなりません。
2008/09/23(火) | URL | 愛国民者 #-[ 編集]
 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。浪人さん、いつも拝読しております。勉強になります。

>結局ね、新自由主義者の口癖である「自己責任」なんか、コイツらは取る気毛頭無いの。
>今現在出回っている自己責任論なんてのは、富の一極集中を徹底する為に、自分達以外の「他者」を無碍もなく切り捨てる為の詭弁でしかありゃしない。

 要するに、新自由主義とは、いわゆる強者が政府と癒着して自分の権限を拡大し、私腹を肥やすための体制でしょう。つまり、究極の縁故主義です。
 政府と縁故があれば、思い切り私腹を肥やすことができますし、失敗しても政府に救ってもらえます。ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーの経営陣も、公的資金の導入に従い退陣するでしょうが、それでも一生遊んで暮らせる退職慰労金をもらうのでしょう。政府より上位の立場で政府と癒着している連中は、新自由主義という企業権力優遇路線の下では、決して痛みを引き受けることはありません。
 私達は、指導的立場にいる人たちが「自己責任」「自立」「自助」を口にしたら、一切信用してはなりません。要するに、自分が政治力を行使して得た儲けを、所得再分配のためにとりあげられるのが嫌だから「自己責任」「自立」「自助」と言っているだけです。「自己責任」「自立」「自助」は、私益を正当化し、責任を転嫁できる楽な言葉です。彼らの卑劣さは、農林水産業者や公務員の比ではありません。
 次期総選挙では、「自己責任」「自立」「自助」「官僚批判」を錦の御旗に特権的大企業を甘やかしてきた「改革」と決別できる人に投票したいものです。
2008/09/23(火) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
本当に、碌でもない国、碌でもない目標です。

こんなのにマンセーしているバカってのは、そうなったら自分達は奴隷人民の立場になるという自覚はあるのでしょうかね?

まあ、多分無いから、アホみたいにマンセーしていられるのでしょうけど。
2008/09/24(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、彼は、「これはひどい・トンデモ・バカウヨ2007王者」ですから。

http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=count&url=http%3A%2F%2Fempire.cocolog-nifty.com%2F

2008年も鉄板です。
2008/09/24(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、自己責任論を打ち上げた小泉自体、一つも自己責任を取っていないですしね。

やたら自己責任を謳う連中ほど、責任感が全くと言っていいほどに無い、という事ですね。
2008/09/24(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1395-24705a03
 リーマンショックやAIGの救済など、サブプライムローン問題に起因したアメリカの金融不安はFRBや米政府の努力にも拘わらず一向に収束を見せていない。  そんな中、サブプライムローン問題の影響が比較的少ないとされている我が國の金融界が海外攻勢に動き出し、 ...
2008/09/23(火) | ステイメンの雑記帖