FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 政治家ならたとえ溝の中でも前のめりで死ね

政治家ならたとえ溝の中でも前のめりで死ね
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

民主メール問題「謝罪収拾」に批判拡大、行方は不透明

 民主党執行部が25日、「送金指示メール」問題について、永田寿康衆院議員の謝罪による収拾を目指す方向で検討に入ったのは、永田氏が議員辞職すれば、前原代表や野田佳彦国会対策委員長らの進退問題に発展しかねないためだ。

 しかし、一連の執行部の対応に対する批判は、党外ばかりか、党の地方組織にも広がっている。前原氏らの思惑通り、事態が収束できるかどうかは不透明だ。

 前原氏は25日、静岡県連大会や京都市内の集会で、「メールの信憑(しんぴょう)性を実証できていないことは率直に認めて、おわびする」と謝罪した。一方で、堀江被告と武部氏周辺をめぐる疑惑について「闇の部分を徹底的に追及していく」と語り、強気の姿勢を崩さなかった。

 さらに、「野田氏には引き続き先頭に立って頑張ってもらいたい」と野田氏の責任論を否定し、現執行部の体制を維持する考えを強調した。

 だが、党内には、「誰も首を差し出さないままでは、責任をあいまいにした印象を残す。最低でも永田氏の議員辞職は避けられない」(ベテラン議員)といった意見が根強い。

 25日も、全国各地で執行部批判が上がり、前原氏らを取り巻く環境は厳しさを増している。

 静岡県連大会では、来賓の平野哲司・連合静岡会長が「責任が取れなかったら、国民から『やっぱり駄目だ』と思われるだけだ」と苦言。岡本護県議も「攻めているつもりが、オウンゴールになっていた。地方議員にも大変な風当たりだ。改めるべきは改めてほしい」と公然と注文した。

 岐阜県連も同日の大会で、メール問題の事実関係を早期に明確にするよう求める要請文を採択し、党本部に送った。県連代表の園田康博衆院議員は「党本部は説明責任を果たしていない」と執行部を非難した。

 前原体制に批判的な党内勢力の発言も相次いだ。

 小沢一郎・前副代表は兵庫県尼崎市の集会で、メール問題への言及は避けながら、「政府・与党の敵失の中、大いにアピールしようと始まった国会だが、最近、立場が逆転したかのような状況になっている」と執行部に不満を唱えた。

 小沢氏に近い達増拓也衆院議員は盛岡市内で記者会見し、「(メールの確証が得られなければ)体制の立て直しをしないと政党として立ちゆかなくなる。前原氏は自分に責任があると言っている」とし、前原氏の責任を問う考えを示した。

 赤松広隆副代表も高知県連総会で、「爆弾を投げる時は、戻ってきて自爆しないようにしないといけなかった。態勢が整わない間に突っ込んでしまった」と述べ、永田氏と、質問を許可した執行部を批判した。さらに、「メールの真相ははっきりさせ、責任を取らなければならないなら、そうなる」と執行部の責任問題に言及した。

(2006年2月26日0時55分 読売新聞)


大半の方はこの事件を、馬鹿で軽率な民主党の阿呆議員が起こした些事と思われているようなのですが、私にはどうもそのように思えないのです。

 確かに永田議員の行動は、あまりにも軽率であり間抜けなものでしたし、このメール自体は恐らく怪文書の類であろうと思われます。

 違法性のある金銭のやり取りを、国内の口座で行うような頭の悪い行動を取る政治家など、さすがに存在しないと思いますし、自民党幹事長の子息とはいえ、国会において一般人を名指しで発表した永田議員の行動は、配慮の欠片もない糾弾されて然りのものであると思います。

 しかし私には、今回の事件に対する自民党の反応のおかしさが、どこか心に引っ掛るものがあるのです。

 幹事長の金銭スキャンダルという、一歩間違えば政権崩壊にも繋がる事件にも関わらず、小泉首相をはじめとする自民党幹部のあまりにも余裕綽綽とした態度など、通常であれば考えられないものです。

 これは始めからこのような怪文書が出回ることを予測、または知っていたのではないかとも思わせる節があります。

中川政調会長「民主はゲームセット」 メール問題で批判

 自民党の中川秀直政調会長は25日午前、福岡市で開かれた党福岡県連大会であいさつし、ライブドアの送金指示メール問題に関連し「うその材料で問題を作り上げ、やり込めようとする政党はゲームセットになる」と述べ、民主党の姿勢を厳しく批判した。

 中川氏は民主党の国会対応について「対案を出すのではなく、先祖返りして抵抗、追及路線に戻ってしまった」と指摘。「小泉改革に影や闇はないのに、闇を突こうと無理をした。それが今度の偽メール事件になった」と非難した。

 古賀誠元幹事長もあいさつで「民主党は政党として危機管理がまったくなっていない。弱々しいというより痛々しい。一緒に政治をやっていて本当に情けない」と述べた。

(02/25 12:11 産経新聞)



 そして上記の記事のように、闇や影の部分をあまりにも否定しようとしている言動などは、おかしいと思わざるを得ません。

 如何なる政策であれ、必ず闇や影は存在するものです。

 私にはこの中川政調会長や古賀元幹事長の発言は、存在する本当の闇の部分を、今回の堀江メール事件とともに、無かったことにしてしまおうとしているとしか思えません。

 つまり私の考えでは、今回の事件は自民党、もしくは自民党に近い誰かが意図的にこの怪文書を流したところ、迂闊で間抜けな永田議員が引っ掛った。

 もちろんこのメールは、意図的に偽造されたものであるので、何の確証も出てこない。

 そしてこのメール事件とともに、本当に存在する闇の部分を葬り去ろうとしているのではないかと思うのです。

 民主党の老害共は、自分達の権益に害が及ぶ事を恐れ、この事件の早期幕引きを画策しているようですが、それでは何の解決にもなりません。

 責任を取る事と職を辞する事とは直結しないはずです。

 恐らくこのメールが、単なる怪文書であることは間違いないと思われます。

 しかしそれでも前原党首及び現民主党執行部は、政治生命を賭けてこの事件を徹底追及するべきです。

 「堀江武部」か「堀江竹中」、或いは「堀江世耕」なのかは分かりませんが、自民党ライブドアを繋ぐ闇のラインは存在し得ると思えます。

 永田議員の功を焦った軽率な行動によって、真実が闇に葬られるようなことはあってはいけないのです。

 前原党首野田国対委員長は、本当に責任を取る気があるのならば、徹底的にこの事件を追及すべきです。

 その結果何も見つけることが出来なければ、その時に辞職すればいいのです。

 どうせ永田議員を辞職させて執行部の入れ替えを行っても、謝罪だけしてお茶を濁しても、民主党が死に体になることは、ほぼ確実であると言えます。

 ならば前原党首及び現民主党執行部は、この爆弾を抱えたまま自民党の闇に対して特攻を試みるべきです。

 「男ならたとえ溝の中でも前のめりで死ね」(坂本龍馬)

 その覚悟さえ出来ないのであれば永田議員はもちろん、前原党首を始め現民主党執行部は全員今すぐに議員職を辞するべきです。

人気blogランキングへ←ランキングに協力クリックお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←こちらもクリックよろしくお願いします

民主党は今こそ存在感を示す時
杉原 誠四郎
文化書房博文社 (2005/11)




PR情報
メール,ブログでディズニーキャラのアイコンが使える!Ask.jpツールバー
あなたの書いた記事が複数のポータルサイトへ一斉掲載されるようになります。登録無料
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
 今日、民主党の原田さんも自民党は質問を把握していたという内容を、関西の某トークバラエティーで話しておられましたね。
 盗聴もありえれば、実際にファイルが事前に盗まれたと、とんでもない話を関西ローカルだからなのか、話しておられました。
 問題の本質は、場合によっては政府もグルかもしれない、組織的なマネーロンダリング組織との関連で、このメールも永田さんが予期していた人物とは出所が違っているかも知れないという趣旨で、発言は続きました。一ヶ月くらいで皆の知るところとなるだろうという事でしたが、どうなるんでしょうね。

 武部さん、竹中さんの、目の泳いだ異常な対応を見ると、何かはそこにあるんでしょうね。
 今後の民主党に注目。
2006/02/26(日) | URL | おかだ #-[ 編集]
>おかださん

原口氏の話がどこまで本当かは眉唾物ですが、少なくとも永田議員が事件を提起した後の自民党議員の態度や、執拗に闇や影という言葉を否定したりする言動などは、怪しいと思わざるを得ません。

ただ1ヶ月もかかっては、前原党首の首が挿げ替えられたり、自民党が完全な証拠隠滅に成功したりする可能性がかなり大きくなります。

勝負に出るならば、1~2週間中にある程度の証拠を示せるかどうかが、前原民主党の勝負所だと思えます。
2006/02/27(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
検察が政権と癒着していなければその内そちらの筋から出て来る筈で、国会議員といえども具体的な材料なしに暴くのは難しいのでは(不正があったとして、の話ですが)。

堀江被告が本当に抹殺される危険を感じていない限り、この件で否定の態度を貫いているのも白の心証を与えます。刑事被告人にまでなっているのだから全てぶちまけてもいいように思うからです。

個人的にはそういう危ない橋は自民党は渡っていないのでは、当選したら便宜を図ると仄めかした程度では、と感じています。
2006/02/27(月) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
>煬帝さん

確かに裁くのは難しいでしょうね。

ただ、阿呆で間抜けなチンピラ議員が、功を焦って見切り発車してしまった以上、ここで安易に幕引きをしてしまったら、民主党は本当に有名無実の税金泥棒政党に成り下がってしまいます。

それに煬帝さんは自民党はシロと見ておられるようですが、私には今回の首相あまりにも早い「ガセネタ」との断定や、武部幹事長・竹中大臣・中川政調会長の異常なまでの影や闇の部分の否定がどうしても引っ掛ります。

ほんの僅かでも怪しい要素がある以上、ここで座して死を待つよりは、戦って死のうというくらいの気構えがあれば、今回は無残に砕け散っても、将来において民主党が、自民党とまともに戦える政党に成長し得る可能性が出てくるのではないかと思えるのです。
2006/02/27(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/140-ff7ac74d
永田議員は、このメール問題を取り上げたときには、おそらく、武部自民党幹事長の辞任にまで持っていくべく、追求をしていたはずである。「国会での発言を間違っただけで、議員...
2006/02/26(日) | N's Room
結局、今回のメール騒動で永田議員は、大きな失敗をしてしまった。兄やんも含めて、世間は大きく批判の目を永田議員だけでなく、民主党に向けている状況である。ただ、兄やんは大失敗したからこそ、これから頑張って欲しいと思う。日本では、ことの大小に関わらず、失敗....
ライブドアに地検の捜索が入ってすぐくらいに、ライブドアは今後どうなる?と、フジテレビ+α の逆襲(ニッポン放送株問題の続き)という記事で、この事件はフジサンケイグループの逆襲ではないか?ということを書いた。現在では武部幹事長との闇のつながりが指摘されたり.