或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ経済 → 市場破壊型大量破壊兵器

市場破壊型大量破壊兵器
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「CDS」--ウォール街を破滅させた怪物

金融危機の元凶はJPモルガンが生み出したモンスター、クレジット・デフォルト・スワップの無節操な濫用だ
マシュー・フィリップス(本誌記者)


 それは、米金融業界の大物たちの週末の儀式だった。太陽のあふれるリゾートで日ごろのストレスを吹き飛ばし、世界の支配者としての成功を盛大に祝う。ヨットパーティーにビキニ姿のモデルたち、1本1000ドルのシャンパンなどをイメージすればいい。

 なかでも、94年にJPモルガン(当時)のバンカーたちがフロリダのボカラトン・リゾート&クラブで過ごした週末は、ウォール街の伝説になっている。騒々しいパーティーもあったが、それだけではない。彼らはピンク色の壁のスペイン風リゾートで週末の大半を会議室に引きこもり、銀行業の歴史と同じだけ古い問題の解決に取り組んだ。誰かにお金を貸したとき、それが返ってこないリスクをいかに軽減するか、というものだ。

 当時、JPモルガンの資産は企業向けや外国政府向けの数百億ドルの貸し出しで膨張していた。問題は、連邦法の定めで、それらの融資の貸し倒れリスクに備える準備金として、巨額の自己資本を積まなければならないことだ。利益を生まない金である。

 バンカーたちが思いついたのは、ある種の保険商品だ。貸し倒れた場合の元利金の支払いを第三者に保証してもらい、代わりに銀行は保険料を払う。そうすれば、JPモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、準備金を取り崩して商売に回すことができる。

 この仕組みが「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」で、デリバティブ(金融派生商品)の一種だ。CDSのアイデア自体はその2、3年前からあったが、大きな取引をしたのはJPモルガンが最初だった。同社は90年代半ばに「スワップデスク」を設置、CDSの市場を作るためにマサチューセッツ工科大学(MIT)やケンブリッジ大学から若い数学者や科学者を雇い入れた。


 数年後には、安定的な収益を確保しながらリスクを回避する手段として、CDSは最もホットな金融商品になった。「(原子爆弾開発のための)マンハッタン計画にかかわった人たちの話も聞いたことがあるが」と、当時JPモルガンの専務取締役をしていたマーク・ブリッケルは言う。「あのときボカラトンに集まったわれわれにも、何か大変なものの創造に立ち会っているという実感があった」

 だが、40年代当時のロバート・オッペンハイマーや部下の核物理学者たちがそうだったように、ブリッケルと同僚たちも、自分たちが開発しているのがモンスターだとは気づかなかった。今日、経済がよろめきウォール街が廃墟と化したのは、彼らが14年前に解き放った怪物に大きな責任がある。

■金融業界が作った「大量破壊兵器」

 アメリカ最大の保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、投資銀行や保険会社などに対して保証していた140億ドルにのぼるCDSの支払いに行き詰まり、納税者のお金で救済された。この1年間の金融システム危機の原因の多くは、元をたどればCDSに行き着く。その市場は62兆ドルに達していた。ニューヨーク証券取引所に上場する全株式の時価総額の4倍近い額だ。

 著名投資家のウォーレン・バフェットがCDSを「金融版の大量破壊兵器」と呼んだのには理由がある。CDSは企業対企業の相対取引で契約されるため、政府の規制は及ばないし、取引報告を集約する場所もないので本当の市場価値を知ることができない。

 その結果、数十億ドルもの不透明な「暗黒物質」が金融市場の頭上に垂れ込めることになった。CDSはならず者国家の核兵器のように世界中に拡散し、今は注意深く秘匿されている。多くの金融機関のバランスシートを吹き飛ばすのも時間の問題だ。


 CDSのいちばん初期の取引の一つは、97年12月にJPモルガンが行った。同社はフォードやウォルマートなど大企業向けに実行した300件、計97億ドルにのぼる融資を調べ、最も貸し倒れリスクの高い上位10%を特定。それを投資家に売却した。

 それを可能にしたのは、MITを出てJPモルガンのスワップデスクで働いていた当時25歳のテリ・デュホンだ。この部門は、のちに世界的な大銀行の幹部を多く輩出し、「モルガン・マフィア」として知られるようになる。「銀行が信用リスクを資産から切り離し、保険会社や年金に肩代わりさせることに成功した」と、今はロンドンでデリバティブのコンサルティング業を営むデュホンは言う。

 その後まもなくCDSは、リスクの高い中南米やロシアなど新興市場への投資も怖くなくなる保険として使われはじめた。01~02年にエンロンやワールドコムが粉飾決算の挙げ句に巨額債務をかかえて倒産すると、企業の内部崩壊に対する自己防衛の必要性も再認識され、CDSは打ってつけのツールになった。00年に1000億ドルだった市場規模は、04年には6.4兆ドルになった。

 そして住宅ブームがやって来る。FRB(米連邦準備理事会)が利下げを繰り返し、アメリカ人が歴史的なペースで住宅を買いはじめると、住宅ローン債権を担保にした証券化商品は新たな有望投資先になった。銀行やヘッジファンド、年金などあらゆる金融機関がこれを購入し、彼らの多くがその債務不履行に備えてやはりCDSを購入した。
「一連の仕組みはきわめて魅力的で、猫もしゃくしも利用した。その結果、CDSの市場は巨大化した」と、かつてシティグループのクレジット・スワップ部門を率いたロアン・ダグラスは言う。

 AIGのような会社の取り扱い商品はすぐに、火災保険だけではなくなった。彼らはCDSを売ることで、住宅ローンの保証もはじめた。AIGが政府に救済されたときまでに、同社のCDS保証残高は4400億ドルに達していた。

 AIGの決定的な過ちは、伝統的な保険の手法をCDSにそのままあてはめたことのように思える。従来の保険では、一つの事故と他の事故の間に相関関係はない。隣人が車を衝突させたからといって、自分もそうなるリスクが高まるわけではない。

 だが、債券の場合はまったく話が違う。一つが債務不履行になると、連鎖反応で他の債券も債務不履行に陥る確率が高まる。投資家は臆病になって資金を引き揚げ、市場はパニックに陥り、銀行は貸し渋りに走る。

 そして住宅ローンの証券化商品が債務不履行に陥りはじめると、AIGは何十億ドルもの元利金を補償しなければならなくなった。AIGにそんな資金はないことは、たちまち明らかになった。

 政府が介入してAIGを救済したのは、AIGがCDS市場のいわば最後のとりでだったからだ。銀行やヘッジファンドはCDSの売り買い両方を行い、どちらか一方で損をしてももう一方で得をするポジションだったのに対し、AIGは保証を提供する一方だった。もしAIGが債務不履行に陥れば、AIGからCDSを買っていたすべての金融機関が損失を被り、信用危機に陥っていただろう。


■銃を規制するならCDS規制もあり

 CDSがこの危機で果たした役割を考えれば、政府が規制に乗り出すのも想像に難くない。「悲しいことに、CDSは汚名を着せられた」と、デュホンは言う。「誰かが撃たれたときに、それを銃のせいだと言うのに似ている」

 だが、AK47自動小銃の販売を規制すべきだと考える人がいるのと同じように、CDSも使い方を誤れば危険だという議論は成り立つ。「CDSがあることで、人々はトラブルに巻き込まれやすくなった」と、スタンフォード大学ビジネススクールのダレル・ダッフィ教授(金融論)は言う。

 CDSは乱用されたが、それでも有効なツールであることには変わりなく、葬り去ってはならないとダッフィは言う。「仮にCSDを法律で禁じたとしても、金融技術者がすぐに新手法を編み出して規制をかいくぐるだろう」

 将来の危機をいかにして食い止めるか頭を悩ませているウォール街と米政府が、せめて小説『フランケンシュタイン』を再読してくれることを祈ろう。

(Newsweek日本版 2008年10月08日号)

 大量破壊兵器とは、これは上手い事言ったもんだなあ、バフェットのオッサン。

 イメージとしては、人体に潜伏して、ある日突然発病し、一気に死に至らせる細菌・ウイルス兵器のような感じだね。

 まったく、ロクなもんを作りゃしねーな、金融ヤクザどもは。

 「だが、債券の場合はまったく話が違う。一つが債務不履行になると、連鎖反応で他の債券も債務不履行に陥る確率が高まる。投資家は臆病になって資金を引き揚げ、市場はパニックに陥り、銀行は貸し渋りに走る」

 こんな事、十分に予見可能だったにも関わらず、その危険性を承知で拡散させた金融ヤクザどもは、万死に値する。

 勿論、金融ヤクザどもから「袖の下」を受け取り、恣意的な格付けをしてリスクを明示しなかった、勝手格付会社のクソ野郎どもも。

 しかし最悪なのは、小説「フランケンシュタイン」は、科学者が自ら生み出した怪物に殺されてしまう話な訳だけど、この怪物は、生み出した科学者のみならず、その他諸々有象無象、関わり合った全てを殺して回る「フランケンシュタイン」以上の化け物だという事だね。

 まさしく大量破壊兵器。

 ダメリカマンセーの怪異罪学者どもは、この狂気のシステムに、その中枢に、日本も組み込もうとしていたんですな。

 コワっ。

 しかし、制御出来ないものを制御出来ると過信し、我欲の暴走を正当化しようとした餓鬼どもの没落は嗤えるけれども、その所為で、世界中が巻き添えを食らうのは、ホントにいい迷惑。

 ダメリカってのは、大東亜の頃から一寸も進歩しとらんな。

 ま、何にしても、新自由主義(笑)も金融工学(笑)なるものも、全ては詐欺的虚構を土台にした壮大な出鱈目だという事が、そろそろ皆さん分かり始めたのではないか、と。

 まあ、何だね、別に今すぐ資本主義のシステムを放棄しろとまでは言わないけれど、金融通貨システムそれ自体に内在する根源的な虚構性、その欺瞞性について、人類はそろそろ考え始めるべきかも知れない。

 ダメリカやエゲレスを「最先端」などといってマンセーしているだけのアホが持て囃される時代は、既に終焉を迎えたのだ。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

新自由主義の嘘 (双書哲学塾)
竹内 章郎
岩波書店
売り上げランキング: 16707
おすすめ度の平均: 5.0
5 非常にわかりすい。
5 共生を考えるための第一歩
5 納得

グローバリゼーション・新自由主義批判事典
イグナシオ ラモネ ヤセク ヴォズニアク ラモン チャオ
作品社
売り上げランキング: 161702
おすすめ度の平均: 4.0
4 何気に読んでも面白い一冊
4 便利な一冊


PR情報
GetAmped2:ゲットアンプド2
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から。
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
そういえば、このごろは竹中平蔵センセーのお姿をあまり見かけないような気がしますね。

世界的金融危機に瀕した今こそ竹中センセーのご高説をタップリと伺いたいものですが(笑)。

竹中センセー! ご登場お願いします!(爆)
2008/10/02(木) | URL | 喜八 #WE/hy34.[ 編集]
そのまさに同じ号に「世界が呆れる麻生バラマキ内閣の今さら度」という記事が載っています。小泉一派(民主党構造カイカク派を含む)への援護射撃が早速来ましたね。

ニューズウィーク…というより、英語メディアの飼い主たちは、日本を徹底的に心理的奴隷にするつもりだということです。「世界」「国際」というキーワードを使えば真に受けて慌て出す日本国民の特性を知り抜いていますね。

指導者層は、徹底的に無視してやるべきです。話を聞いてるふりをして…。「韓信の股くぐり」です。

2008/10/02(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
そろそろ、グッドウィル折口みたいに高飛びする頃合いでしょうかね、ケケ中センセーも。

小泉というマッドピエロがいてこそのケケ中センセーなのに、小泉は先にトンズラの用意をし始めましたし。
2008/10/03(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
もう、その辺の事は、分かり切っていた出来事ですね。

仰るように、徹底無視で進めるのが一番だと思いますが、問題は、麻生太郎にそれが出来るのか、という事ですね。

私は、無理だと思います。

個人の資質以前に、それが出来るだけの地盤、土台が彼にはありませんから。
2008/10/03(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
  こちらの記事にインスパイアされて(笑)、書いてみました。

「世界の声」にご用心
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-193.html

>問題は、麻生太郎にそれが出来るのか、という事ですね。
>私は、無理だと思います。

  私もそう思っています。理由としては、彼は英語がぺらぺらで米英に留学したという「国際派」が売りの政治家であり、その自らのイメージに縛られてしまうだろうと思うからです。
  国際人タローちゃんをかなぐり捨ててまで信念を貫けるような人間なら、前回の総裁選で小泉や飯島の謀略に簡単にひっかかったりしません。要するに彼は喧嘩に弱いんです。オツムも弱い安倍チャン(笑)よりは幾分マシですが。
  古くは角栄、最近では小沢、亀井ファミリー、平沼といった政治家には、昨日までの支持母体を蹴ってでもやるべきことをやれる強さがあります。敵ながら、小泉もそういう人間だったと思います(まあ、彼の場合は後ろ暗い過去を暴露されたくない一心だったのかもしれないが)。
  麻生にそういうものがあったなら、清和会の機嫌取りのために中山大臣なんて入れていません。
2008/10/03(金) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
TBありがとうございます。

ま、麻生氏にどこまで出来るかは分かりませんが、精々頑張って貰いましょう。

何かをやり遂げれば儲け物ですし、失敗すれば、そのまま自エンドですから。
2008/10/04(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
何年か前に二人の経済学者がノーベル賞を受賞(金融工学)した。与える方も、貰う方も どうかしていると思ったが当にそのとうりに、なった。数学理論は前提が あって成り立つもの とゆう、当たり前のことが分かっていない。
某大銀行頭取が これからは金融工学の時代等と馬鹿な事をいっていた。猛省せよ。客や国民に迷惑をかけるな。
2008/10/05(日) | URL | KONG #HRfSG3gQ[ 編集]
ま、なんちゃら賞なんて、所詮、何処ぞの誰か様の独断と偏見ですから。

正しくない時があっても、それが当然。

そんな名前に騙されないように賢くならにゃいかん、という事かと。
2008/10/05(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1410-38aa31da
 ||| 80兆円の経済救済案、上院を通過 ||| 80兆円金融界救済案、すったもんだの末ついに米国上院を通過!  世界を第二の大恐慌へ巻き込むか?と恐れられた米国の金融危機。各国が回避案として固唾を飲んで待ち受けていた、米国財務省ポールソン長官提案の総額8000億...
2008/10/03(金) | 米流時評

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。