FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 志定まれば、気盛んなり

志定まれば、気盛んなり
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

陳総統、中台統一委と綱領を事実上廃止

 台湾の陳水扁総統は27日、国家安全会議を招集、中台統一を前提とした対中関係の諮問機関、国家統一委員会と、同委が採択した国家統一綱領について「運用を終える」と述べ、事実上の廃止を決定した。陳総統は2000年5月の就任演説で「五つのノー」として統一委などを廃止しないと公約しており、約5年9カ月ぶりの対中基本方針の変更。中国は「独立への動き」と非難しており、中台関係の一段の悪化は必至だ。

 廃止決定は、陳政権との対話を拒否したまま台湾の最大野党、国民党との連携を強めてきた中国側に揺さぶりをかけるのが狙い。内政面では、昨年12月の統一地方選で与党、民主進歩党(民進党)が大敗したのを受け、政権死守に向けて対中強硬姿勢を鮮明にし、「統一志向」の国民党との路線対決に出た形だ。

 陳総統は一方で、「台湾海峡(中台関係)の現状を変える考えはない」と強調し、独立宣言などは考えていないことを示唆。中国に対し「関係改善に向けた政府間対話」を呼び掛けた。

 統一委などの廃止の理由について、陳総統は「民主主義の原則に基づき、台湾人民が自らの将来を自由に選択する権利を守る」「中国が反国家分裂法など非平和的な手段で台湾海峡の現状を変えようとしている」ためだなどと説明した。

 また、台湾の実情に合わせた憲法改正を推進するが「主権問題は扱わない」と述べ、「中華民国」の名称変更などは行わない考えも示唆した。

 統一委は国民党政権時代の1990年に設置、91年、統一に向けた3段階の道筋を示した綱領を採択したが、独立志向の陳政権誕生後は形骸(けいがい)化していた。(共同)

(02/27 22:21 産経新聞)


 我等が友人台湾が、悲願の独立に向け第一歩を踏み出したようです。

 かの悪逆の徒「中国共産党」は無論この動きに対して、ありとあらゆる謀略と暴力を用いて、妨害に出てくるでしょう。

 我々日本は官民を問わず、全力を挙げて台湾を支援すべきです。

 如何ほどに善意を差し向けようとも、反日教育を繰り返し、我が国の名誉を汚し、我が国の富を貪り続ける中韓などに、施しを差し向ける必要など何一つ無く、我が国を友として認め、我が国の支援を求めている台湾に対して支援する事こそ、今日本がとるべき唯一の道であると私は思います。

 中華思想なる前時代的な、狂った思想の亡霊に取り憑かれた中共との友好などは、根本的に無理なものであり、また友好などを持つべきではないと言い切れます。

 「多くの愚者を友とするより、一人の知者を友とするべきである」(デモクリトス)

 思い起こしていただきたい。

 日本維新以降、日清日露、そして二度の世界大戦と常に戦い続けてきた理由の一つに、友としようとしていた国が、あまりにも愚かであったという事があったと言うことを。

 もちろん日本自身にも非があったということを、否定する気はありません。

 しかし仮に彼の半島に居住する民が賢明だったならば、日清日露戦争など、日本はする必要は無かったはずです。

 そしてまた、蒋介石が賢明であったならば、日本日中戦争に踏み込む理由など、存在しなかったとも言えるのではないでしょうか。

 友は独立に向けて歩きだしたのです。

 我々は悪友との腐れ縁を断ち切り、親の友人と共にアジアの独立に向けての第一歩を歩み出す時が来たと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←台湾独立支持の方はクリックお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←こちらもクリックお願いします

中国と台湾―対立と共存の両岸関係
岡田 充
講談社 (2003/02)
売り上げランキング: 51,490
おすすめ度の平均: 5
5 重宝な好著
5 バランスのいい解説書
5 台湾問題の入門書としてお勧めの一冊




PR情報
☆1ヶ月、完全無料でDVDが借り放題!!☆ 【TSUTAYA DISCAS】
☆RealArcadeで330本のゲームを無料で楽しもう!☆
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
政治家や商売人には大陸が魅力的に見えるのでしょうかね。
「日本はアジアの東端」ではなく「太平洋の西岸」だと思えば戦略的な位置関係も理解し易いと思うんですが。
2006/02/28(火) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
>煬帝さん

日本は所謂「地政学」を軽んる傾向がありますからね。

まあ、それを別にしても、大陸にあまり深入りするのは危険だということくらい、分かりそうなものなんですが。
2006/03/01(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>「日本はアジアの東端」ではなく「太平洋の西岸」

そうです。日本はシーパワーとして生きて行くべき。
間違っても、ランドパワーである支那と腐れ縁を持ってはいけません。
今の日本の経済進出は、まさに排日運動の前夜です。
第二の日中戦争を避けるには、支那に進出した企業を
引き上げさせる方策が必要です。
2006/03/02(木) | URL | ろろ #-[ 編集]
>ろろさん

仰られる通りですが、政治家が地政学を理解できず、企業は中長期的な視点を持てず、短絡的な儲けに走っている現状では、難しいと言わざるを得ないと思われます。

今のような状態があまり長く続けば、第二次日中戦争は現実のものとなりかねないですね。
2006/03/02(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/142-a63402e4
 一つの中国か、それとも一つの中国一つの台湾か。本日、台湾の陳水扁総統は、今後の台湾の進む道を決するべく、重大な発表を行うようです。まずこちらのニュースをご覧ください。(
昨日の昼に大阪梅田の阪急ナビオ前のスポット三角広場で豪雨の中開催された「関西地区2・28事件メモリアル集会」とも関係していますが、とうとう、以前のたかじんのそこまで言って委員会で金美齢様が指摘しておら...
2006/02/28(火) | 三輪のレッドアラート