FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → メイド・イン・チャイナは死の刻印

メイド・イン・チャイナは死の刻印
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国のニセ製品が軍を崩壊へ?!ヘリ墜落の原因に―米国

2008年10月2日、米国誌・ビジネスウィークはイラクやアフガニスタンで相次ぐ米軍ヘリ墜落事故は中国製ニセモノ部品が関係しているとの記事を発表した。6日、環球時報が伝えた。

今年1月、米空軍はF-15戦闘機に搭載されているチップセットにニセモノが含まれていることを発見した。中国の片田舎で作られたもので、旧式のチップセットの表示をはぎ取り、最新型の表記を書き込んだだけの簡単な偽造手法だったという。調査により同様のニセチップセットは4個発見された。またチップセット以外にも過去4年間の間に中国製偽造ルーターが400台納入されたことも明らかとなっている。指揮系統に混乱をもたらす可能性があるほか、中国のスパイ活動に利用されることも考えられるとして注目が高まっている。

ニセモノ製品の増加は米軍が民生品使用率を高めていることに由来するという。冷戦終結前はほとんどの軍用品は専門企業が製造していたが、民生品の品質向上が大きく研究開発費など軍事費削減のため、一般企業からの調達が増加しているという。米軍が入札企業の来歴を調べることは少なく、4年前には米国の専業主婦が部品入札に参加、インターネットで購入した格安部品を転売するだけで多額の金を手にした事件も起きている。

同誌によると、ペンタゴンが保持しているチップセットのスペアのうち15%がニセモノとの調査結果もあり、「中国製ニセモノ製品は米軍の崩壊につながるのでは」との声まで上がっている。(翻訳・編集/KT)

(2008年10月07日 Record China)

 wwwwwwwwww

 なんというオモシロ馬鹿コントwwwww

 何作っても必ず不良品を量産するチャイナクオリティも素晴らしいけれど、それよりも、軍事用機器のパーツにチュウゴク製を使う米軍、テラクオリティ低いwwwww

 もう、アホ過ぎて笑う事しか出来ねえwww

 つか、んな事したら、こんな結果が待っている事なんか、チュウゴク人でも分かる事だろ。

 本当に、米軍の司令部は、どういうアタマの構造をしとるんだと小一時間(r

 しかし、コレはアレですな、経済は実質上破綻寸前のダメリカだけれど、軍事の方も、スペックだけは優秀でも、ありとあらゆるところにチュウゴク製のダメパーツが使われていて、中身は実はボロボロという可能性も否定し切れないところですな。

 まあ、流石に、本当に精密なパーツに関しては、自国製か日本製を使っているとは思うけれど、それでも、そこだけ良ければ全てが良いというものでもないしなあ。

 まあ、チュウゴクの兵器の部品も勿論チュウゴク製だろうから、これで大きく軍事バランスが変動する事は無いだろうけど、それでも、何だかなあ、という気分になる。

 双方の損壊の大部分が自爆、なんてギャグマンガ以外ではあり得ないと思っていたけれど、この様子だと、本当の事になりそうでコワいわ。

 後、自衛隊の装備の殆どは、米国からの輸入だと思うのだけれど、確実に、同じようなチュウゴク製のパーツてんこ盛りのオンボロが数多く紛れ込んでるんだろうなあ。

 詐欺で提訴出来ないものかね。

 ま、何にしても、今回の件で改めて、チュウゴク製品は存在自体がテロリズムに彩られた危険極まりない代物だという事が確認された訳です。

 メイド・イン・チャイナは死の刻印なのですよ。

 一気に殲滅するのは難しいにしても、少しずつでも、日本国からメイド・イン・チャイナを駆逐していきませう。

 勿論、ゼリー印のチュウゴク香醋もです。

 それが、明日の安心を作る第一歩となるのです。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

中国禁止! 完全ガイド保存版―買うな、食べるな、使うな、危険な中国 (OAK MOOK 169 撃論ムック)

オークラ出版
売り上げランキング: 142177
おすすめ度の平均: 4.5
4 中国食品・製品に対する自衛の薦め
5 中国ほど危ない国は有りません
4 獣心人面

中国危険産物取り扱い読本
椎名 玲
ベストセラーズ
売り上げランキング: 370222
おすすめ度の平均: 4.5
4 もしもの時に備えた除毒テクニック
4 蓄積がこわい
5 怖いですね!
5 もっと早く買っていればよかった!!
5 中国は懲り懲り


PR情報
カタログギフト・冠婚葬祭・出産内祝いなど、大切な贈り物ならシャディ
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>米軍が入札企業の来歴を調べることは少なく、
>4年前には米国の専業主婦が部品入札に参加、
>インターネットで購入した格安部品を転売するだけで
>多額の金を手にした事件も起きている。

  「民間任せて」「自由競争」にした結果がこれです。

  ミンエーカすれば、市場原理が働いてうまく行く、などというのが、机上の空論、ホラもいいところだということが明白になった事件ですね。


2008/10/07(火) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
ですね。

まあ、カルト信者さん達は、そんな事スルーされると思いますが。
2008/10/07(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。浪人さん、ろろさん、お世話になっております。

>2008年10月2日、米国誌・ビジネスウィークはイラクやアフガニスタンで相次ぐ米軍ヘリ墜落事故は中国製ニセモノ部品が関係しているとの記事を発表した。
>ニセモノ製品の増加は米軍が民生品使用率を高めていることに由来するという。冷戦終結前はほとんどの軍用品は専門企業が製造していたが、民生品の品質向上が大きく研究開発費など軍事費削減のため、一般企業からの調達が増加しているという。

 正直言って驚いています。アメリカの強さは、世界最高水準にある軍事技術を有する兵器を、細かい部品に至るまで全て自国で賄ってきたところにありました。現在でもアメリカの兵器に日本製の部品は入っていないはずです。
 アメリカは兵器の自給率を100%以上とすることで高度な技術を有し、たとえ民生部門が衰えても軍事技術の民生部門への転用で後れをすぐに取り返せる力を持っていました。インターネットはその見本といえると思います。それ故、私はアメリカの製造業の衰退は真っ赤な嘘、戦略的技術があるから製造業の底力は我が国よりも上と認識していました。
 そんなアメリカが、目先の費用削減のために中国のインチキ商品を仕入れ、見抜けなかったとは、正直呆れています。タリバンやイラクの反米勢力を討伐できず、泥沼状態になっているのも納得できます。財務絶対主義が軍事にも及んでいることは、アメリカ衰退の兆候かもしれません。
 そしてこの問題は我が国にとっても対岸の火事ではありません。我が国は、目先の費用削減にとらわれず、兵器の開発体制を強化して自給率を上げる必要があります。
2008/10/08(水) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
いや、ダメリカの製造業は、本当に死滅寸前ですよ。

その辺は、ろろさんのブログの方が詳しく書かれておられるので、読まれてみては如何かと思います。
2008/10/08(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1420-ad8ccb67