FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → ケケ中センセイ、リーマン破綻を騙る

ケケ中センセイ、リーマン破綻を騙る
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

リーマン破綻への正当な評価/竹中平蔵(慶應義塾大学教授)

 政策当局のなかにいた当時、私は次のようなコメントをしたことがある。

「政策は本当に難しい。法律という強い枠組みがありつつも経済の福利厚生を最大化するという複雑な方程式を民主主義という政治プロセスの中で解かないといけないからだ。民間のシンクタンクやエコノミストが簡単に批判するようなお手軽なものではない」(『日本経済新聞』2006年1月5日)

 政策過程論の専門家である曽根泰教教授(慶應義塾大学)は、授業やセミナーでしばしばこの表現を引用してくださる。読んで字のごとく、政策問題はその中身が一般の想像以上に複雑であることを意味している。したがって日常的な政策報道にはどうしても不十分な点が見られるが、それはある程度はやむをえない性格をもっている。政策についての大まかな意味合いが伝われば、それで十分と考えねばならないのである。

 しかし、リーマン・ブラザーズの経営破綻が問題となった今回のケースを見ていると、やはり正確な政策論議を関係者が行なわないと、風評被害など大きなマイナス効果が現れることが懸念されるように思う。困難な金融問題の発生という1つの極限的状況のなかで、いまこそ政策リテラシーを高める工夫が求められるのである。
 今回のリーマンのケースを例に取り、具体的に2つの問題点を指摘したい。

 第一に、「公的資金」という言葉を使う際に明らかに混乱が見られていることだ。周知のようにリーマン・ブラザーズは、政府が同社に特別の措置をとらなかったことを受けて破綻した。その意味で、公的資金の投入はなかった。ポールソン財務長官は、「公的資金を考えたことは一度もない」と述べたのである。その直後、保険会社AIGのトラブルが問題になった際に、政府は資金を融資することを決め、結果的にAIGの混乱を抑える役割を果たした。これに対し、なぜその前のベアー・スターンズや直後のAIGと違う措置をリーマンにとったのか、整合性がないといった批判がメディアでは聞かれた。こうした点は、ほとんどのテレビコメントでも、また主要紙の社説においても見られた。しかし、そもそも公的資金という言葉には、いくつかの異なった意味合いが含まれていることを知らなければならない。少なくとも今回の件では、2つの意味を識別する必要がある。

 第一の意味は、中央銀行による流動性の供給だ。山一證券に対する1965年の日銀特融は、まさにこれに当たる。これに対し第二の意味は、資本注入である。2003年5月、金融庁は、りそな銀行に対して約2兆円の公的資本を注入したが、これはまさに第二のケースだ。要するに、第一は資金繰りを助けるためのものであるのに対し、第二はバランスシートが毀損したことに対して自己資本を充実するための措置である。

 金融機関といっても銀行の場合は、不特定多数の人から預金を受け入れて決済システムを構成する特殊な機能を有している。したがって多くの国で、中央銀行に対する流動性供給、政府による資本注入の仕組みが整備されている。アメリカも日本も同様である。しかし、証券会社や保険会社の場合、社会の決済システムを担っているわけではないので、公的な部門がこのような措置をとることの正当化が難しい。日本の場合、流動性に関しては、金融秩序を維持するための非常手段としての「特別融資」が日銀法に規定されてきた。だからこそ山一證券に対する救済が行なわれた。しかし資本注入は、あくまで銀行にのみ可能な措置である(預金保険法に規定)。

 じつはアメリカでは、今回の一連のサブプライム問題を受けてFRB(連邦準備制度理事会)は銀行以外の証券会社などにも直接融資を行なう措置を準備した。しかしリーマンの場合、おそらくバランスシート上に深刻な問題があり、こうした融資だけでは事態を改善できないと当局は判断したのではないか。少なくとも外部からは、資本注入なくしては解決しないと判断したと推察されるのである。しかし銀行以外の金融機関に資本注入すれば、文字どおり深刻なモラルハザードを起こす可能性がある。だからこそポールソン財務長官は「公的資金を考えたことはない」と発言した。ついでにいえば、だからこそリーマン経営破綻の発表に併せてメリルリンチに対する措置(バンク・オブ・アメリカの支援)を発表し、影響が広がるのを避ける措置をとったものと思われる。

 このように公的資金の異なった意味を解釈すれば、アメリカ金融当局への評価は一般のものとはかなり異なったものとなる。

 第二は、日本政府の対応に関して、である。日本国内ではほとんど問題にされなかったが、今回リーマンの日本法人は即座に業務停止の処分を受けた。おそらくトラブルの拡大を避けるための措置であったろうが、本当に業務停止の処分が適切であったかどうかについては議論があって然るべきだと思う。こういう事態になった以上、資産の保全を行なうことは当然に必要だ。リーマンの別の国の法人が、本体に資産を吸い上げられたという話も一部に伝えられている。しかし資産保全の問題と、業務を全面的に停止するべきかどうかは別問題である。資産保全をしながら業務の一部を続ける方法も、あったかもしれない。業務を停止することによって生じた社会的なコストもあるはずだ。問題は、こうした点がまったくといっていいほど議論されなかったことである。政策当局の立場としては、国会などで責任追及されることを想定してできるだけ堅い措置をとりたがる。この点は理解できる。しかし、役人の保身という点が前面に出すぎると経済全体にマイナスの影響を与える。いわゆるコンプライアンス不況は、こうして起きている。今回のケースがそれに当たるかどうかは軽々に判断できないが、少なくとも議論はあって然るべきだった。

 政策問題は本当に複雑である。これを評価するには、評価する側にそうとうの政策知識が求められる。通常の場合はそれほど問題にならなくとも、今回のように極限状況での政策判断となると、評価する側の責任も大きくなる。筆者はかねてから、民間の政策能力を高める必要があること、そのためにポリシー・ウオッチャーの育成が必要なことを述べてきた。今後とも、複雑な金融・財政問題が続くと予想される。そうしたなかで、真のポリシー・ウオッチャーを社会全体で育て民間の側から正確な政策評価を行なわないと、対応を大きく誤るリスクが高まっている。

(VOICE11月号)

 よくもまあ、と思える程、ちんたらぽんたらと御託を並べてらっしゃるケケ中平蔵大センセーですが、ごく簡単に要約すると、「米国様はホントにそんなに悪いのかなあ、そんなには悪くないとボクチンは思うなあ。寧ろ、イルボンの方が悪いんじゃあ無いかなあ。ウリはきっとそうだと思うなあ」とまあ、そんな中身も何も無い作文です。

 つか、よくこれだけ読み難い文章が書けるもんだな、と感心しますた。

 普通、斜め読みしても、キーワードなり何なりが脳味噌に残るものだけど、この教授様の文は、ゆっくり読んでも何も残らん。

 大体、正当な評価とか謳っている割には、結論らしきものすら無いし。

 つか、更に大体なんだけど、論点の選び方からして無茶苦茶だわな。

 公的資金を投入した事が批判されてるんじゃあ無くて、リーマンが破綻してAIGに公的資金を投入せにゃいかん状態にまで持って行った、見事なまでの経済政策手腕が批判されとるのよ。

 まあ、己の罪を誤魔化す為にワザとやってるのだろうけど、よくこんなモン発表する気になったな、と感心する。

 厚顔無恥も、ここまで来ればある意味立派だ。

 正にスーパーKitty・Guy。

 バ韓国に行ってから、更にパワーアップしとるね。

 つかさ、コイツ、今年の4月にこんな事言ってたんだけど、今、この発言をどう思ってるんだろうか。

サブプライム危機の真実
民営化した郵政はアメリカに出資せよ

日本郵政による出資なら
米国も政府系ファンドより安心


竹中 そこで今回、ニッポンの作り方として、「民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ」とぜひ申し上げたい。さきほどキャピタル・クランチの話をしましたが、アメリカではここ半年くらい、俄然一つの問題が浮かび上がっているんです。アメリカの金融機関が資本を受け入れるときに、誰が出するかということです。そこで、最近のキーワード、ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)があります。政府系ファンド、つまり国が持っている基金です。アメリカの金融機関がSWFからお金を受け入れるケースが増えていますが、一方で、他国政府から資金を受け入れてもよいのかという問題がある。ある国が政治的な意図をもってアメリカの金融機関を乗っ取ってしまったら、アメリカ経済が影響を受けるのではという懸念も出てきています。

 翻って考えると、日本にはかつてとんでもなく巨大なSWFがありました。それが今の日本郵政なんです。資金量でいうと300兆円。他のSWFとは比べ物にならないほどのSWFがあったんです。民営化したので、今はSWFではない。だからアメリカから見ると安心して受け入れられる、民間の資金なんです。アメリカに対しても貢献できるし、同時に日本郵政から見ても、アメリカの金融機関に出資することで、いろいろなノウハウを蓄積し、新たなビジネスへの基礎もできる。

上田 ちなみにSWFは活発に融資したりということを行っているんですか。

竹中 一番歴史が長いのは、シンガポール投資公社(GIC)ですが、ここは25年以上の歴史を持っていて、過去10年間、平均10%程度の高い利回りを上げていると言われています。しかし、あまりはっきりと看板は掲げていませんが、実は世界最大のSWFは日本にあるんです。何かといえば、「年金基金」です。これは別のテーマになりますが、日本もちゃんとしたSWFの仕組みを作るべきだと思います。

上田 新たな展開も開けると?

竹中 一つのきっかけとして考える価値はあると思います。何もしないでいる状況では、マーケットからも信用されないし、国民から見ても不安だと思います。

(DIAMOND Online「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」より)

 ダメリカ政府の公的資金投入がうんたらかんたらなんてどうでもいいから、この発言についてのケケ中センセの言い分を聞かせて欲しいね。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

サブプライム危機 終わりなき悪夢 アメリカがヤバい!
直江津 歩
扶桑社
売り上げランキング: 180812
おすすめ度の平均: 5.0
5 タイトルは悪いが良書

暴走する資本主義
暴走する資本主義
posted with amazlet at 08.10.21
ロバート ライシュ
東洋経済新報社
売り上げランキング: 528
おすすめ度の平均: 4.0
3 卓越な事象の説明
4 資本主義の暴走を許したのは、あなたであり、私である
1 著者こそが暴走している。
5 大きな問題提起
5 現代社会を理解するための必読書


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
初心者でも安心なレンタルサーバー。200MBで263円から。
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
きっと竹中のことだから、意図が透けて見える我田引水の話だろうと思って読んだのですが、何のことやらさっぱりでした。

清和会や外資や経団連に祭り上げられている漫画太郎と同じく、いろんなものに絡めとられると言語明瞭意味不明瞭になってしまうんですなぁ。
2008/10/21(火) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
先日、ふと、足を踏み入れまして…
あまりに痛快で、読まずにいられなくなりました

今まで、政経関連の報道については、「そりゃ違うんじゃない?」「何か変」等モヤッとするだけでした
浪人さんが、思いっきり「馬鹿っ」って、言っているのを見て、スッキリしました

国政等々、バカバカしすぎて、目を背けてきましたが、見て見ぬ振りは犯罪ですね
とりあえず、正視ぐらいはしようと思いました


ところで、今回の竹中さんの記事、ど素人の私ですら「だから何よ?」とツッコミ入れたくなりました

翻訳助かります
2008/10/22(水) | URL | ななし #-[ 編集]
ええ、そのようですね。

まあ、以前から若干アタマ溶解気味の御仁ではあったのですが、更に加速度的にイミフになってしまいました。

そろそろ、吊してあげるのが人情だと思います。
2008/10/23(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
はじめまして。

>「そりゃ違うんじゃない?」「何か変」等モヤッとするだけでした

単純ですが、重要な事です。

後は、それをモヤっとしたままにせず、少しずつでいいので調べてみて下さい。

インターネットは、その為の強力な武器になります。
2008/10/23(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
金武貴くん、久々に目にしますた。
2008/10/26(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1445-6fe7ee45
関岡英之先生(作家)と和田秀樹先生(精神科医・作家)の共著『「改革」にダマされるな!』PHP(2007)から、城内実さんに関する部分を引用させていただきます(同書200-201頁)。 ...