FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ年次改革要望書 → 2008年度版年次改革要望書超適当訳+α その3

2008年度版年次改革要望書超適当訳+α その3
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

●原文

日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく
日本国政府への米国政府要望書
2008年10月15日


●その1(通信、情報技術、医療機器・医薬品)
●その2(金融サービス、競争政策、商法および司法制度改革)

透明性

 透明性のある規制および政策策定慣行は、すべての良きビジネス環境の基盤である。近年、日本ではさらに有意義なパブリックコメント手続きの導入等、数多くの改善が行われたが、実際の経験を見ると、かかる改善が日本政府全体で一様に履行されていないことは明らかである。新たなる措置を講じ、透明性の高い基準を確立する事は、日本がそのビジネス環境をさらに改善する為に無くてはならない。政策および規制問題等ついて意見を述べたり提言を行うすべての審議会および他の政府委任による委員会の開放性および透明性の日本政府による保証は、それらの審議に利害関係者の意見が反映されることを保証する上で必要である。透明性の強化は、消費者保護と福祉を効果的にする事の一助となるだろう。

提言の要点

審議会等へのアクセスの改善:
政府任命を受けた審議会等に対して利害関係者が意見を提出するための透明性および手段を保証する新たな規則を実施する。かかる審議会等のための透明性ベストプラクティスを全省庁を対象に策定し、促進する。

パブリックコメント手続き:
パブリックコメントの募集期間を延長するための方策を講じる。省庁が、パブリックコメントを十分に考慮することを保証する。パブリックコメントシステムの効果について国民からの意見を求め、改善を提案する機会を作る。

規制の透明性:
規制およびすべての政策の説明、あるいはそれらの規制に関する一般的に適用される解釈を書面で公表するよう省庁に義務付ける。

政府機能の再編成の透明性:
効果的な消費者保護を確実にする為、予測性と明瞭性を強化し、政府機能の如何なる再編成においても、透明性が確保される事を保証する。

※訳者注釈
 これまた、昨年までとほぼ同様だけど、今年は、政府機能の再編成についても言及している部分があるね。

 進出したダメリカ企業が、政府機能の再編成によって損害を被る事が無いよう、きっちりと情報を出せや、という事でしょう。

その他の政府慣行

 米国は日本に対し、新しい機会を創造し、かつ対等な競争条件を整備することによって効率的な競争を確保するために、その他の数々の分野において規制改革に着手することを要望する。農業では、安全な農業と食品を日本の消費者に届ける為、WTOSPS合意による科学的知見に基づいた国際基準の日本の遵守を確保し、輸入体制の透明性と予測性を増す事によって、農産品のスムーズな取引を促進する事が推奨される。アメリカ合衆国は更に、日本の消費者の保護と選択を増やす為、保険市場の改善を行う事を推奨する。タイムコストを削減し、風力発電プロジェクトによってコストを管理する必要がある。そして、領事に係わる要件を簡素化することにより、外国人のビジネス環境を改善する。

提言の要点

農業に関連する慣行:
有機農産物に使用される農業資材、安全な食品添加物の審査体制に、CODEX基準を導入する。最大残留農薬基準を執行する措置ができるだけ貿易を制限しないものとなるようにする。

風力エネルギー:
風力発電プロジェクトの構造と作動の為の調整方法を纏める。

共済:
保険を提供する組合(共済)と民間企業との間に平等な競争条件を担保し、民間の保険会社と同様の義務を適用するための新たな措置を講じる。

保険問題:
独立保険代理店の新しい機会を促進する為に取り計らう。銀行の窓口チャネルにおける保険商品の販売の有効性を確保する。

領事関連の問題:
日本国内の査証保持者の負担を最小限とするため再入国許可の要件を見直す。

※訳者注釈
 昨年までと同様、共済の破壊によるダメリカ保険会社の斡旋と、農産物の輸入規制の緩和が主な要求。

 一応、大きな変化と言えるのは、「風力エネルギー」という項目が入っている事か。

 ダメリカでは現在、風車メーカーの淘汰が起こっているらしいので、その救済の為かと思われる。

 カスゴミがエコを騒ぎ出し、風力発電の見直しとかを言い出したら要注意。

民営化

 アメリカ合衆国は、日本郵政公社の民営化と改革に引き続き重大な関心を払っており、この取り組みが完全に市場志向型で実施されるならば、日本経済にとって潜在的利益があると認識している。さらに、米国は、このような改革が透明性を持って進められ、銀行、保険、エクスプレス便市場で、日本郵政株式会社およびその子会社と民間の競争相手との間に対等な競争条件が整備されることが不可欠であると考える。米国は日本に対し、このような市場で対等な競争条件を担保するために必要な措置を講ずることを引き続き求める。

提言の要点

対等な競争条件-貯金と保険:
新しい郵政金融機関が納税、規制、法的義務を満たし、民間企業と同じ監督基準が適用されることを確保する。郵政金融機関が政府とのつながりを積極的に活用することにより、新たな優位性を確立しないように担保する。

公平な競争条件―エクスプレス便:
EMSに対しての「申告納税」方式の適用など、同様の業務に関して民間エクスプレス貨物輸送会社に適用されているものと同じ通関手続きを、日本郵便が取り扱う品目にも適用する。競争力のあるサービスとそうでないサービスの関係を十分に開示して、相互補助がなされないようにする。

競争条件と新商品:
郵政金融機関に対して新たな貸付業務、新規または変更された郵便保険商品の引き受け、元金無保証型投資商品の元売りを認可する前に、日本の銀行および保険分野において対等な競争条件を確立する。

透明性:
改革の実施過程において、利害関係者に意見表明や意見交換の有意義な機会を与えるなど、高い透明性を確保する。日本郵政公社民営化の3年間の点検を公開し、銀行業務、保険、配達セクターで、対等な競争条件を確保する。

※訳者注釈
 昨年までと全く同じ。

 要するに、日本郵政の優位性の一切を破壊しろ、という事。

 余所の国の郵便にウダウダ言う前に、己の所の郵政を民営化しろや白豚どもが。

流通

 流通システムにおける生産性を向上させ、効率を上げ、新たな機会を開拓することは、日本の経済成長を継続するために極めて重要である。よって、アメリカ合衆国は、通関手続きを合理化するための日本の努力を歓迎する。アメリカ合衆国は、日本が配布経費を下げる更なる措置を講じ、透明度を改善し、全ての業界のためにさらに通関手続きを合理化する事を要求する。

空港着陸と利用料金:
着陸と利用料金を減らし、これらの料金の発展の透明性を進め続ける。

免税輸入限度額:関税法における免税輸入限度額を引き上げ、税関手続きを簡素化する。

通関手続き:
全ての小包に関する通関手続きを標準化し、あらゆる物流業者に公平な競争条件を確保する。

※訳者注釈
 通関手続きの標準化と免税輸入限度額の引き上げがメイン。

 要するに、「もっとジャパンマネーを世界に散蒔け」という事。

 空港の着陸料の利用料の引下げも、その一環。



 はい、という訳で、「提言の要点」部分は一通り終わりです。

 ま、これで、大体は分かるでしょ。

 気になる部分があったら、後は自分で訳せばいいさ。

 では、あでゅー。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 102213
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction #006)

イーストプレス
売り上げランキング: 7048
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人覚醒の書
5 コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
5 日々起こっていることの裏を観る。
5 現状を知ることが大切。
5 衝撃


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
GetAmped2:ゲットアンプド2
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/26(日) | | #[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1456-d816e161
フジテレビサキヨミで年次改革要望書について報道があった。きっとYouTubu等でもアップデートされるであろう。フジテレビの関係各位の方々にお...
2008/10/26(日) | 新三ログ
 今日は、宣伝カーの正面で麻生の登場を待ちました。何か失言をするのではないかの期待もあり、ICレコーダーの準備は万全。周りを見ると同じくICレコーダーを手にする人が同じくチラホラ。(笑) (すべて、クリックすると拡大します)  演説終了直後の表情。得意満...
昨日、10月26日のフジテレビの番組「サキヨミLIVE」にて、年次改革要望書に関する報道がありました。マスコミによる大々的な報道は、恐らく初めてではないか、と思われることから、当ブログの年次改革要望書関連の過去エントリーをリンクという形で再掲してみよう...