FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → フジサンケイ、またクソを吐く

フジサンケイ、またクソを吐く
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【経済深層】中小企業が年越しピンチ…貸し渋りで疲弊

 世界的な金融危機による銀行の“貸し渋り”などで、年末の年越し資金を調達できない中小企業の倒産急増が懸念されている。政府は信用保証協会を活用した緊急保証制度を大幅に拡充し、中小企業の資金繰り支援を始めた。ただ、緊急保証は一時しのぎに終わる可能性が高いうえ、さらなる支援を盛り込んだ追加経済対策の裏付けとなる2次補正予算の提出が来年の通常国会に先送りされるなど政府の対応も後手に回っている。

 「夏以降、売り上げが激減している。トヨタでさえ営業利益を1兆円も下方修正する時代に中小企業はとてももたない。協会が認める保証枠はあまりにも少ない。これでは景気対策にならない」

 東京都信用保証協会の本店を訪れた自動車部品製造業者は、悲痛な叫びをもらした。

 二階俊博経済産業相も今月18日の閣議後に麻生太郎首相と国会内で会談し、「緊急保証制度の利用を求め、中小企業者が全国の信用保証協会に殺到している。保証額は1日300億円以上になっている」と中小企業の窮状を訴えた。

 10月31日から始まった制度の拡充以降、相談者が急増。二階経産相が首相と会談した前日には1日の保証額は376億円だったが、26日には4094件の融資に対して1029億円にも膨らんだ。同日までの保証総額は5514億円にまで達している。

 今年度の1次補正予算には拡充のため4000億円を計上しており、保証枠は6兆円ある。来年の通常国会に提出予定の2次補正でも同額程度を計上し、保証枠を20兆円にまで拡大する予定だ。

 仮に毎営業日ごとに1000億円の保証が実施されたとしても、200営業日ある1年間は保つ。経産省は「これだけ用意すれば、余裕をもって対応できる」(幹部)と胸を張る。

 東京商工リーチによると、10月の全国の倒産件数は1429件で、10月としては6年ぶりに1400件を上回った。倒産理由で最も増加率が高いのは「運転資金の不足」だ。

 通常の保証制度の場合、融資先の中小企業が倒産すると、融資した金融機関が信用保証協会から代位弁済してもらえる金額は債権の8割。つまり、2割は返ってこない。これに対し、緊急保証の場合は、信用保証協会が100%肩代わりしてくれるため、金融機関にとってはノーリスクで融資でき、貸し渋りの解消につながる。

 実際、東京都大田区の信用保証協会で緊急保証制度の利用を求めたゴム製品製造業者は「取引先の金融機関に融資を求めたら、緊急保証制度の利用を求められた」と明かした。

 もっとも、保証協会としても、まったく返済のあてのない中小企業にまでめったやたらと保証を付けるわけにはいかない。しかも、保証を受けられたとしても、自転車操業で何とか食いつなぐのが精いっぱいだ。

 ある中小企業経営者は「年末ぐらいまではなんとかいけるが、すでに10%減っている売り上げがさらに落ち込めば、再び手当が必要だ」とため息を漏らす。

 経産省幹部が胸を張るように、保証制度の充実だけで、倒産の急増を回避できるわけではない。

 その前例はある。山一証券や北海道拓殖銀行が相次いで破(は)綻(たん)した平成9年の金融危機で貸し渋りや貸しはがしが深刻化。政府はその翌年、今回と同様の保証制度の拡充を実施した。

 その結果、平成10年に1万8988件を記録した全国の倒産件数は11年には1万5352件にまで減った。ところが、12年には10年とほぼ同数の1万8769件にまで逆戻りした。保証制度は、倒産を先送りする程度の効果しかないのが実情だ。

 東京商工リサーチ情報部の友田信男統括部長は「前回の金融危機のころはまだ外需がよかったが、今回は内需も外需も共倒れ」と指摘し、倒産件数が一時的に減少しても、いずれ急増することは避けられないとみる。

 政府が10月にまとめた追加経済対策には、保証枠のさらなる拡充に加え、抜本的な体質強化につながる中小企業の法人税引き下げや研究開発支援、販路開拓支援なども盛り込まれたが、即効性には乏しい。しかも、一刻も早く、経営基盤の強化に取り組もうとしても、2次補正予算の国会提出が先送りされ、いつ成立するかもわからないのが実情だ。

 代わりに、与党内で高まっているのが“ばらまき”型の財政出動圧力だ。政府が8月に打ち出した緊急総合対策は「有効需要創出を主目的とした財政出動は行わない」と、財政出動を強く否定。10月の追加経済対策でも「一過性の需要創出を行うことではなく、経済の体質を転換し、日本経済の底力を発揮させる」とし、単なる“ばらまき”はやらないと表明している。

 しかし、自民党の古賀誠選対委員長が23日の岐阜市の会合で講演し、「公共事業費3%削減の枠を突破すべきではないか」と述べるなど、解散・総選挙対策への思惑から財政出動に歯止めがかからなくなる懸念が高まっている。

 財政出動には、需要創造による一定の効果は期待できるが、その恩恵は、自民党の票田である建設業者などごく一部の中小企業に限定される。

 中小企業対策を出しに自民党の既得権益を死守するため、税金が使われ、さらなる財政悪化を招いたのでは、たまったものではない。政府・与党の“迷走”が、中小企業の苦境に拍車をかけている。

(2008年11月29日 FujiSankei Business i.)

 まあ、このままの状況が続けば、潰れる中小企業は沢山出て来るだろうね。

 アホの自公政権も、ようやくにして幾つかの雇用対策に乗り出したみたいではあるけれど、雇用もとが潰れてしまっては何の意味も成さない。

 早急に対策に回らないと、手遅れになってしまうだろう。

 しかし、それにしても性格が性根から歪んでいるというか、腐り果てているのがフジサンケイ。

 この状況になっても「中小企業対策を出しに自民党の既得権益を死守するため、税金が使われ、さらなる財政悪化を招いたのでは、たまったものではない」などと言い放つ根性は、流石としか言い様が無い。

 「政府・与党の“迷走”が、中小企業の苦境に拍車をかけている」という認識はあながち間違ってはいないが、問題なのは、「ザイゲン」とやらを気にする余り迅速に市場に資金投入をする事が出来ず、中途半端な出来損ない対策ばかりを講じている事であり、カネを捻出する事そのものでは無い。

 それを、前段に「その恩恵は、自民党の票田である建設業者などごく一部の中小企業に限定される」と置く事で、景気対策そのものが人気取りの為の税金の無駄遣いだと誤認させようとする。

 流石、清和会=統一協会の御用新聞だと感心するわ。

 更に、「ばらまき」を主張する人間の代表格として、古賀や二階の名前を出す事により、自民信者、小泉信者、安倍信者、呼び方は色々あるけど要するにB層の人間、彼らを煽る事も忘れていない。

 ま、いい加減虚しくなってくるけれど、フジサンケイの狙い通り、脳味噌が瞬間湯沸かし器なあの連中は、「ばらまき」を主張しているのが古賀や二階とその一派「だけ」なのだと誤認して、「ばらまき反対」と一斉連呼し始める事になるのだろうな。

 いい加減、「誰々が言っているから」では無く、発言そのものだけで正しいか間違っているかを判断するくらいの知能は獲得して欲しいものだ。

 小泉が言おうと安倍が言おうと、麻生が言おうと小沢が言おうと、古賀が言おうと二階が言おうと、正しい事は正しいし間違っている事は間違っている。

 勿論、古賀や二階に邪な狙いがあるだろう事は間違いないのだろうけど、それとこれとは別問題だろうに。

 そんな事も分からないような連中が、う○こソムリエを教祖、タモタモ神を唯一神、中山タリラリラン元国交相をメシアと崇めて、稚拙を通り越してギャグとしか思えないような案を掲げてクーデターを叫んでいるなんて、喜劇どころかギャグ漫画の世界だな、もう。

 瀬戸ファーザー弘幸と西村オンナスキー修平によるウヨクのウヨクによるウヨクの為のユートピアでも作るんかねwwwwww

神聖モテウヨ王国w

●参考:神聖モテモテ王国(Wikipedia)

 ま、ジョークはこの辺にしておいて、この辺りの連中の知能程度を考えると、このフジサンケイあたりの記事が拡大解釈され、「ばらまき」は古賀や二階らの既得権益を守る為の主張という事になり、何時の間にか、古賀や二階が創価と組んで進めている陰謀、とかになっちまうんだろうな。

 ベンジャミンもビックリの超展開。

 ま、兎に角、脳味噌がゼリーやう○こでは無い一般のまともな国民は、こんな分かり易いアホなプロパガンダには騙されないようにしないとなりませんよ、と。

 そういう事です。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

新公共事業必要論―港湾・空港の整備が日本を救う
森田 実
日本評論社
売り上げランキング: 22990
おすすめ度の平均: 5.0
5 公共事業を通じた貿易・海洋国再建に向けた政府・マスコミへの挑戦状
5 日本再生の鍵になる主張がある

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 59451
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!


PR情報
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
前半で述べてることと、最後の4行の主張が矛盾してますね。有名な朝日新聞の、最後の一文で「だがしかし,xxxであっていいものだろうか」パターンと同じですね。こんなのに騙される人がいないことを祈ります。
某ウヨサイトに集う人たちは残念ながらダメでしょうね。もう洗脳されてしまったに近い状態に思えます。洗脳の基本は極端に偏った情報のみを与えることだそうですが、自ら多様な情報に接するのを拒否してますから。
2008/11/29(土) | URL | open #-[ 編集]
惨景とアカピーは、ネトウヨとネトサヨと一緒で所詮は同類ですから、自然と手口も同じようなものになってくるのでしょうね。

そして、それに騙されて踊らされ続ける「りてらしぃ」の高い人達。

三流の悲喜劇ですな。
2008/11/29(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ネトウヨは煎餅が好きなんだけど、素直になれない連中ばかりですからねw
2008/11/29(土) | URL | む~ #-[ 編集]
お久し振りにございます、浪人様。
記事のカスゴミの如く
こんな事言っている連中がいるから、日本経済がパッとしないのでしょう。
金融ごっこもいいけど、いい加減景気対策して欲しいです。
外交で勝利ポイント稼いでも、国内がガタガタでは意味ないでしょうと、小一時間問い詰めたいです。
とくに保守派ブロガーを。
2008/11/29(土) | URL | リトル愚礼 #-[ 編集]
>瀬戸ファーザー弘幸と西村オンナスキー修平

  ちょwwwwwwww
  誰ですか、これを作ったのは。

  ファーザーの方は、やはり流し目にしてほしかったですね。

>、「ばらまき」を主張する人間の代表格として、
>古賀や二階の名前を出す事により、自民信者、
>小泉信者、安倍信者、呼び方は色々あるけど要するに
>B層の人間、彼らを煽る事も忘れていない。

  山崎拓がいつまでも自民党にいて、こともあろうに一派閥を形成していられる理由と同じでしょうね。要するに、完全にキャストの決まった出来レース。
  多分、公明党が果たしている役割も同じなんでしょう。

  それにしても、何で公明党と連立している政党を「保守」が支持するのかなぁ、と思い続けてもうかれこれ2年くらい立ちます。
2008/11/30(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
今現在自民を擁護してる層なんざ
よっぽどのマゾか2chを鵜呑みにするバカと草加信者くらいなんだが…
2008/11/30(日) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
ツンデレですな。

とても性質の悪いヤツですがw
2008/11/30(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
お久しぶりです。

まあ、あれらは殆どが保守じゃなくてホシュ、右翼じゃなくてウヨク、ようするに単なるパチモンですから、問い詰めたところで詭弁を弄して逃げるだけで、時間の無駄でしょう。
2008/11/30(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
作ったのは不肖私めですw

つっても、名前の部分を書き換えただけなんですけどね。

>完全にキャストの決まった出来レース

ですね。

何時まで騙され続けて、踊らされ続けるんでしょうね、バカウヨくんたちは。

まあ、よく出来た仕組みではありますが、だからと言って、そんなに何年も通用するような代物でも無いのですけどね。
2008/11/30(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
後は、罪怪塵くらいですか。
2008/11/30(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1492-3c3f1dfe
国籍法改正案を許してはいけません。 廃案にしなければいけません。 今回少しでも譲ったら、また押してきます。 毎回毎回少しずつ我々が譲ってきた結果が、「現状」なんです!!! もうこれ以上譲ったらいけない!!! 今回から、もう二度とほんの少しでも譲ったらいけな
2008/11/29(土) | !うにまろ!日記