FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → Holy Wars...The Punishment Due

Holy Wars...The Punishment Due
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

働かない中高年リッチ解雇せよ 「正社員」保護しすぎ論が台頭

非正規社員のクビ切りが社会問題化している中、正社員の過剰な保護はやめるべきだという意見が出てきた。非正規社員を切るよりも、たいして働かずに年俸1000万円以上の中高年をリストラするほうが費用対効果は大きい、という主張がその一つだ。一方、正社員と非正社員の垣根をなくしてフラットにするべきだ、つまり、正社員にも賃下げや解雇を認めたらどうか、という意見もある。正社員だから安心、とはいえない時代に突入したらしい。

部長クラスを切るほうが、費用対効果が高い

ソニー、トヨタ自動車、キヤノンといった世界企業は米国発の金融危機の影響で輸出が減り、相次いで数千人規模の解雇を進めている。真っ先に切られるのは派遣社員や期間工といった非正規社員だ。

「非正規社員を切ったって、コストカットの効果はたかが知れています。それよりも、大した働きもせずに年1000万円以上をもらっている部長クラスを切るほうが、よっぽど費用対効果がありますよ」と話すのは、人事コンサルティング「Joe's Labo」代表の城繁幸氏だ。

さらに、正社員と非正規社員の垣根をなくしてフラットにし、正社員にも賃下げ、クビ切りを実施するのがいい、というのが持論だ。

「年齢に応じて支給される『年齢給』を止めて、仕事量・内容で判断される『職務給』に切り代えるべきです。年齢給は日本独特の給与制度で、欧米ではむしろ職務給が当たり前なんです。また年齢給のせいで、非正規社員が増えているという現状も無視できません」

労働者全体に占める非正規の割合が4割を超えたが、このままだとすぐに5~6割になる、と同氏は推測する。

例えば、35歳の元フリーターを正社員として雇用する場合、能力や経験が年齢に見合うだけない場合でも、年齢給制度があるとそれなりの給料を支給しなければならないが、非正規社員なら仕事量に応じた賃金で雇うことができる。その結果、安く雇えるという理由で非正規社員の雇用が増えていった。ところが景気が悪くなると簡単に切り、景気が回復して人材が必要となれば非正規で雇う。正社員は雇わず、非正社員が増える一方だ。こうした「負のスパイラル」に陥り、従来の雇用システムは破綻した、と城氏は見ている。

主な仕事はゴルフコンペ、でも年収は2000万円近い

経済学者で上武大学教授の池田信夫氏も、ブログで「中高年のノンワーキング・リッチ」が問題だ、と述べている。

そして、こんな例を明かしている。最近、NHK地方局の局長になった人物は「死ぬほど退屈」している。「末端の地方局」に編成権はなく、主な仕事と言えば「ライオンズクラブの会合に出たり、地元企業とのゴルフコンペに参加したりする」こと。にもかかわらず、彼の年収は2000万円近い。

池田氏は「日本経済の生産性を引き下げて労働需要を減退させ、若年労働者をcrowd out(弾き出す)しているのは、こういう年代だ」と強烈に批判する。

もっとも、賃下げや解雇はそう簡単ではない。大学生に売れている「就活のバカヤロー 企業・大学・学生が演じる茶番劇」(光文社新書)の著者、石渡嶺司氏は、「実際に正社員の賃下げは難しく、ましてや解雇は逮捕されたとか、よほどの理由がない限りできない」という。

「労働基準法」で、合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして解雇は無効とする、と定められているからだ。

「結局、非正規社員や20歳代から30歳代の正社員にしわ寄せが及んでいます。学生の無知につけこんだ『内定取り消し』も同じことです」

過剰なまでの「正社員保護」をどうにかしなければいけない時期にきているのかもしれない。

(2008年12月20日 J-CAST)

 ようやく、アホで無責任な自己責任厨、努力厨の数も減ってきたかと思えば、また、新種のアホの登場かい・・・

 で、そのアホを牽引しているのが、脳味噌ヨーグルト2008王者のI田N夫センセイと・・・

 非正社員の解雇問題は確かに切実な問題だけど、代わりの贄を差し出して解決しようて、オマイラはアホかとバカかと小一時間・・・問い詰めるまでも無くアホだしバカか。

 んな事やったって、弱者層とか貧困層に入れ替わりが生じるだけで、何も根本的な解決に繋がってねーだろ、と。

 大体、NHKの局長くんを庇うつもりは無いけれど、ゴルフコンペや会合への出席だって、オマエらアホで無知で世間知らずのインチキ学者風情は知らんかも知れんけど、立派な仕事なんだよ、リーマンにとっちゃ。

 そして、そういうものの多くは、どうしても一定以上の地位にある人間が出なければいけない事が多い。

 必然、局長だの部長だのの役職の人間は、そういう仕事が多くなる。

 ただそれだけの事だ。

 派遣を始めとする非正規雇用を擁護するような、或いは彼らが有利になるような言説を展開さえすれば、世の中の支持が得られるとか勘違いしてるんだろうな、このポンコツ罪魁御用学者どもは。

 ルサンチマンに脳髄まで支配されている日刊ヒュンダイ読者層みたなのは知らんけど、基本的にだ、我々は非正規雇用層の低賃金や不安定さに対して批判の声を上げている訳であって、正社員の賃金の高さや安定性に異を唱えている訳じゃあ無いし、況して、それを破壊しろなんて言っていない。

 と言うか、この城とかいうボケや池田のボンクラが狙っているのって、明らかに正規雇用層と非正規雇用層の対立、反目だわな。

 んな事して誰がほくそ笑むのか、分からないとでも思ってんのかね、このポンコツどもは。

 対立を支配の道具とするなんて古典的な手法が、何時の何時までも通用すると思うなよ。

 派遣もパートもバイトも、それ以外の人達も、こんなインチキ御用学者の出鱈目で煽動的な、ルサンチマンの刺激だけを目的としたプロパガンダに騙されちゃいけない。

 戦うべきは、目の前に用意された、罪怪塵やその御用学者、カスゴミが用意した「敵役」の人間じゃあ無い。

 戦うべきは、その向う側で邪悪な笑みを浮かべている、その「敵役」を用意した餓鬼や修羅、畜生どもだ。

 そこを理解しなければ、この、今の阿修羅地獄は無限に、螺旋のように続いていく。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 59469
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

グローバリズムは世界を破壊する―プロパガンダと民意
ノーム チョムスキー デイヴィッド バーサミアン
明石書店
売り上げランキング: 60420
おすすめ度の平均: 4.5
5 今こそ読むべき本?さまざまな疑問への答えが見つかります
4 アメリカってひどい国・・
4 民主主義の政府がめざすことは・・・?
5 マスコミにまどわされるな!!
4 やさしい英文でチョムスキーの全体像がわかる


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
浪人さんに拍手です。

目標はあくまでも国民みんなが平穏に幸福に暮らせること。
互いの足の引っ張り合いではない。
人々を「分断」することは、どの時代にも権力側の常套手段でした。
オバマ氏の言う「社会的公正と連帯」こそが正しい道だと思います。
2008/12/21(日) | URL | ホタル #OARS9n6I[ 編集]
こんにちは。
> と言うか、この城とかいうボケや池田のボンクラが狙っているのって、明らかに正規雇用層と非正規雇用層の対立、反目だわな。

> んな事して誰がほくそ笑むのか、分からないとでも思ってんのかね、このポンコツどもは。

そういえば、「正規社員の待遇を非正規社員と同等に」と主張していた人もいましたね。
「「格差是正のため正社員待遇を非正規社員水準へ」…経済財政諮問会議メンバー・八代尚宏氏

経済財政諮問会議の民間メンバーの八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の労働市場改革などに関するシンポジウムで、正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる方向での検討も必要との認識を示した。

八代氏は、低成長のうえ、国際競争にさらされた企業が総人件費を抑制している中、非正規社員の待遇を正社員に合わせるだけでは、「同一労働・同一賃金」の達成は困難と指摘。正規、非正規の待遇を双方からすり寄せることが必要との考えを示した。

また、八代氏は現在の格差問題が規制緩和の結果生じた、との見方を否定し「既得権を持っている大企業の労働者が、(下請け企業の労働者や非正規社員など)弱者をだしにしている面がかなりある」と述べた。

八代氏は、労働市場流動化のための制度改革「労働ビッグバン」を提唱しており、近く諮問会議の労働市場改革の専門調査会の会長に就任する予定。

http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/seisaku/news/20061219k0000m020089000c.html
(ただし元リンクはリンク切れ)
http://www.heiwaboke.net/html/2006/12/19-01.dat.html
こうも同じ手ばかり使うという事を考えるなら、「彼ら」こそ「世の中」をなめているのでは、という気さえしてきます。
2008/12/21(日) | URL | JAXVN #/MjeNQgc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/22(月) | | #[ 編集]
 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。浪人さんの精力的な活動に敬服します。

 八代も池田も城も、庶民の批判の矛先を財界の連中に向けさせないためだけに正規従業員の待遇切り下げを主張しています。彼らは、はっきりいって屑です。

 国際競争? 多国籍企業が為替レートを通じた対外格差を悪用して、生産拠点を外国に移し、浮いた人件費を株式配当や役員報酬に回すために行っているだけの詭弁です。

 話は変わりまして、城繁幸は「年齢給」を止めて「職務給」にしろと言っていますが、これには厳しい批判があります。
 「日経ビジネスオンライン」という日経ビジネスのネット版というべきものがありますが、この中に「毎日1冊! 新書レビュー」という企画があります。
 この「新書レビュー」の2008年4月22日号は、城繁幸の『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』(ちくま新書)をとりあげていました。評者は、フリーライターの荻野進介氏です。

 荻野氏は、城の職務給について、こう論評しています。

>年功序列を止めるために、職務給の導入を著者は主張するのだが、あまり現実的とは思えない。職務給とは仕事の中身によって決まる賃金である。例えばファーストフードやコンビニの店員といった非正規社員がそうだ。接客という仕事に時給単位で値段がついている。マニュアルがあるような、こういう定型的な仕事には職務給がうまく機能する。
>ところがこれを一般のホワイトカラーにあてはめて考えると、ことはそう簡単に行かない。部長や課長といっても、こなしている仕事は千差万別である。仕事の中身を細かく見て行き、それに応じた値段をつけるには膨大な作業が必要だ。異動の多い企業では、頻繁に改定しなければならず、そのための手間も計り知れない。
>また歴史的に見ても、1950年代に、当時の先進的な大手企業数社が競って職務給の導入を試みたが、どれも失敗している。著者は「官僚にこそ導入すべき」と説くが、実は戦争直後、アメリカの影響下で、実質上の職務給に近い職階制度を入れている。が、運用は形骸化。まず仕事ありきで、そこに人がつく欧米と違って、人がいて、その人次第で、仕事の中身が柔軟に変わるのが日本なのだ。

 要するに、荻野氏は、人に職をつける我が国では仕事の中身を厳格に定めなければならない職務給の導入は困難で、実際に我が国では官民ともに職務給は失敗していることを指摘しています。人事や労務の専門家であるはずの城が我が国における職務給の失敗を知らないのなら、城は本当に不勉強です。

 我が国で本気で職務給を導入するのなら、労働基本法で職務内容を厳格に定め、それ以外の職務に従事させてはならないことを定める必要があります(これは、実は成果主義にも言えます。)。
 ここでいう「厳格に」とは、労働契約書面の職務内容に「等」「他」「関連する」「関係する」という記載を禁じる(雇用主に罰則を設ける」という意味です。

 職務内容の厳格化ができないのなら、恣意的な労務管理を排除するためにも、年功給や年齢給を続けるべきだと思います。
2008/12/22(月) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
>と言うか、この城とかいうボケや池田のボンクラが狙っているのって、
>明らかに正規雇用層と非正規雇用層の対立、反目だわな。

そして、それは自民・公明政権の狙いでもあるわけですね。

憲法9条を巡る対立や、ヤスクニ問題のような、思想信条によって水掛け論が始まるようなネタを大量に投下し、ボンボン燃えている間にクニウリを完了する。

小泉は勘が鋭い人間なので、なかなか尻尾を出しませんでしたが、その後継者のボンクラが燃料投下を常套手段にしてしまって大コケしました。あれは本当に助かりました。
安倍チャン(笑)って、我々にとっては本当に貴重な人材だったんですね。

>敵役

おそらく、キヤノンの便所やトヨタの汚苦堕も、わかりやすいマネキンなんでしょうね。奴らをつるし上げることは必要だとしても、それで全てが解決する訳じゃない。

彼らに高額の配当を要求しているのが「日本トラスティ信託」や「日本マスター信託」といった投資信託会社ですが、それを操る我が国の金融業界も、「相打ち」用に用意された敵役。

そういう敵役への憎悪を異常なまでに煽っているネットの世界にも、きっと仕込みが入っているんでしょう。

明治維新の頃から、「あの連中」のやり方は変わっていないのですね。
2008/12/22(月) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>目標はあくまでも国民みんなが平穏に幸福に暮らせること

同意です。
2008/12/22(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
多分ですが、世の中を舐めているのだと思います。
2008/12/22(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
不勉強では無く、知った上で、分かった上で主張しているのだと思います。

目的は、国道134号鎌倉さんが仰るところの「恣意的な労務管理」の実現でしょうね。

城とかいう輩は、「人事や労務の専門家」でも、あくまで「経営者にとって都合の良い人事や労務の専門家」ですから。
2008/12/22(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>キヤノンの便所やトヨタの汚苦堕

あれは、ナイトですね。

カスゴミを始めとする世界中の巨大メディアが、さしずめビショップといったところでしょうか。

池田や城あたりがポーン。

金融マフィアどもがクイーンですかな。

キングを討ち取らないといけません。

問題は、このチェス、相手の持ち駒がこちら側の10倍以上という、出鱈目なルールのチェスだという事ですかね。
2008/12/22(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1518-be21fd8a
日本は資源のない国である。この国が社会を維持していくには、何が必要なのか? 新たな価値を生み出せる人間を育てることで、産業を維持していくしか日本の生きていく道はないはずである。科学技術創造立国と言う言葉があるが、先を見通した科学技術を作り出すことは重要
2008/12/21(日) | バロメータ
 ||| クライスラー全30工場を一時操業停止 ||| クライスラーショック!ついに襲った不況の津波で全米30の全工場を一時操業停止 不況による消費者買控え直撃!サーベラスの「クライスラーGM合併交渉」も危機に 米国時間 2008年12月17日午後8時45分 | ワシントン...
2008/12/23(火) | 米流時評