FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 禍福は君に在り、天の時に在らず

禍福は君に在り、天の時に在らず
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「中国の外交姿勢象徴」共同開発提案に政府・与党反発

 東シナ海の天然ガス田開発問題を巡る日中両政府の7日の第4回局長級協議で、日本の固有の領土である尖閣諸島周辺海域の共同開発を中国側が提案したことに対し、政府・与党内で反発が強まっている。

 安倍官房長官は8日の記者会見で、中国側の提案について「もう少し現実的な案を提案してもらいたい。私たちの提案をよく吟味してもらいたい」と不快感を示した。さらに、「当然、我々の権利として試掘はできる」と語り、今後の中国の対応次第では、日本も試掘に踏み切らざるを得ないとの考えを示した。

 麻生外相も記者会見で、「尖閣諸島は歴史的にも国際法上も疑いようのない日本の領土だ。共同開発をするつもりはない」と明言。政府筋は8日、「挑戦的な内容だ。これが中国外交の象徴だ」と強く反発した。首相官邸筋も「論外だ。ケンカを売っているとしか思えない」と語った。

 ガス田開発や試掘の安全確保を目的とする「海洋構築物の安全水域に関する法案」を策定している自民党海洋権益特別委員会の事務局長の西村康稔衆院議員は、「日本の立場を明確に示す意味でも、法案はしっかり(国会を)通さなければならない」と強調した。

 一方で、中国側との協議は今後も、しっかり継続すべきだという声もある。

 二階経済産業相は8日の衆院経産委員会で、「領土・領海、歴史、あらゆる日中間の問題がこの協議のテーブルに凝縮されている。一朝一夕で解決するものではない。まだまだ山、坂あると思うが、粘り強く対応したい」と語った。小泉首相は記者団に、「日本と中国の立場は違う。話し合いで解決していこうということだ」と強調した。

(2006年3月8日22時48分 読売新聞)


 流石にここまで馬鹿にせれて、黙っていてはの国の人間の名が廃るというものでしょう。

 中国がここまでふざけた主張ができるのも、二階などという能無しのボンクラ売国奴経産相などという重職に就いているからに他なりません。

 資源開発という国家国民の死活に関わる問題で、傲慢に手足が生えたような存在である中国相手に、まともに対峙しようと思うのであらば、二階などという物の役にも立たない塵芥はさっさと切り捨てて、早々に少しは気概のある人間に差し替えるべきである思えます。

 そもそも何故、東シナ海尖閣諸島海底資源を巡って、邪悪で悪辣な中共と対峙しているこの時期に、二階などという売国奴経産相に任命などしたのでしょうか。

 これでは小泉首相自身も、売国奴の名を着せられて当然のものと言えます。

 しかし今回の中共の自己中満開の他者を思う心の一片もない提案を受けて、平和に呆けていたボンクラ政治家の諸兄も流石に目が覚めたことでしょう。

 かのような他者を一切省みず、自己の主張を好き勝手に喚き散らすだけの未開人と友好を結ぼうなどということは、根本的に無理なことなのです。

 友好とはどちらか一方が相手の主張を呑み続けることでは無く、お互いが相手を尊重し、譲るべきは譲り、反論すべきは反論し、時に手を結び、時に競い合いながら育んでいくものです。

 阿呆の社民党や馬鹿の共産党、間抜けの民主党左派や頓馬の自民党親中派のように、傲慢な未開人の言う事を一方的に聞いているのは、友好の手がかりどころか、中国の現代化の邪魔をしているだけであり、真の友好の阻害にしかなり得ないものです。

 本当に有効を望むのであるなら、例え恨まれようと呪われようと、相手に対して毅然とした態度で臨み、現代国際社会において通る主張と通らない主張というものを、きちんと教えていくべきであったと言えるでしょう。

 現代国際社会におけるルールやマナーも知らない未開人と、対話などが成り立つはずがないのです。

 如何に巨大な国土を誇ろうとも、如何に多くの人民を抱えようとも、如何に急速な経済発展を遂げようとも、所詮今の中国は近代に差し掛かった程度の文明しか持たず、思考も近代帝国時代のものであることを認識しなければなりません。

 犬に食料を与え続ければ、犬は腹を壊して体が食料を拒絶するようになるまで、ただ只管に食料を貪り続けるでしょう。

 今まで日本政府が行った対中外交は、それと同じ事をしていたのです。

 もしも今後もそのような事を続ければ、中共は欲望の赴くまま日本が与える権益を喰らい続け、自己の力では如何しようもなくなるまで欲望を肥大させ、最後には暴発して、世界に多大なる迷惑を掛けるであろうことは確実だと言えます。

 肥え太っていく中で勝手に自滅したり、自浄作用が働き革命でも起きてくれれば良いですが、軍事力だけは一流の中共ですので、革命は叩き潰されるでしょうし、自壊するくらいならば、僅かな可能性に懸けて暴発する可能性のほうが高いと思えます。

 中共がこのような世界の汚染物質的存在と成り果ててしまったのは、中国人の持つ民族性共産主義特有の利己的思想が大きいのは間違いありませんが、カスの社民党やクズの共産党、ゴミの民主党左派やウジ虫の自民党親中派が、この文明社会のイロハも知らぬ未開人を、あまやかしたことも大きいと言えるでしょう。

 知能が三流のまま、欲望と自我だけがここまで肥大してしまっては、もはや中共政府をまともにすることなどは、不可能であると思えます。

 親中派を名乗るボンクラ共は、少しでも責任を感じる心を有しているならば、決してこれ以上中共をあまやかすようなことをしてはなりません。

 一刻も早く欲望を喰らい肥え太る中共政府を崩壊させることのみが、自らの薄汚い欲望に塗れた偽善行為の責任を取る手段であることを、肝に銘じて行動していただきたい。

人気blogランキングへ←二階経産相は辞任すべきだと思ったらクリック願います
にほんブログ村 政治ブログへ←こちらも応援クリック宜しくお願いします



これだけは知っておきたい日本・中国・韓国の歴史と問題点80
竹内 睦泰
ブックマン社 (2005/10)
おすすめ度の平均: 5
5 日本の未来を考えさせられる本!
5 傑作。
5 日本人は日本のことをもっと知るべきだ


  

PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
大人気懸賞サイト★ふくびき.comで豪華賞品狙い撃ち!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
おかしいですよね。
冷戦期に「親ソ派」って言われたらダメージだったのに。
「親中派」が売りになるのは異常ですよ。
2006/03/09(木) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
恐らく日本人の多くは未だに、中国に対して同じアジア人、黄色人種、漢字文化などの事柄から、親近感を持っているということなのでしょうね。

本当は中国人に比べれば、まだ旧ソ連の人間の方が、まだ日本人と理解し合える部分は多いと思うんですけどね(ごく僅かですが)。
2006/03/09(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/154-70a6e15c
こんばんわ、super_xです。ったく、こんな国とは永久に首脳会談なんかしなくてもいい。中国に進出する企業も、いい加減に目を醒ませってことだ。6日の産経新聞朝刊から… 中国 首相の靖国参拝問題 米に対日圧力働きかけ複数の米国政府関係筋は5日までに、中国政府が日本
2006/03/09(木) | SUPER-X.COM
さて、小泉の替りが居ないから小泉支持とか言っているピエロ保守には悪いんですが、小泉氏は彼が日本を破壊してくれるのを待ち望むゾンビ達の大喜びする方針にやはり外交を切り替えた様です。
2006/03/11(土) | 三輪のレッドアラート