FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → Blind Lead the Blind

Blind Lead the Blind
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

派遣労働、新たな法整備着手で与党が合意

 与党「新雇用対策プロジェクトチーム」座長の自民党の川崎二郎氏、公明党の坂口力氏が9日、国会内で会談し、15日にも同チームの会合を開き、派遣労働者の待遇改善のための新たな法整備に向け、具体的作業に着手することで合意した。

 法整備は、派遣労働者の保護や派遣業の規制強化が柱。派遣労働に関する厚労省の指針を法律に「格上げ」するもので、派遣先企業が契約を中途解除した場合、〈1〉派遣元企業へ一定期間の賃金相当額を賠償〈2〉派遣労働者に再就職をあっせん――を義務付けることなどを検討する。

 また、派遣元企業が受け取る手数料割合の上限を設定することを検討し、派遣労働者の賃金アップにつなげたい考えだ。

 手数料割合は、3割を軸に調整する方向だ。悪質な派遣元企業を排除するため、派遣業への参入制限を設けることも検討課題とする。

(2009年01月10日 読売新聞)

 何、このやる意味あるのか激しく不明な改正案。

 「派遣元企業へ一定期間の賃金相当額を賠償」とか凄いね、「派遣労働者」では無く「派遣元企業」に賠償する義務だけ負わせても、余りにも無意味だろ、と。

 奴隷商がほくそ笑むだけだわな。

 やるのなら、この賠償金の何割か、最低でも半分程度を、契約解除された先に派遣されていた労働者に支払わなくてはならない義務を付随させないといけない。

 派遣元企業への賠償金だけでも、派遣先企業が中途解除を思い止まる要因くらいにはなるだろうが、派遣労働者のセーフティネットが未整備だという事で議論が始まっているのに、派遣元企業、奴隷商だけがせせら笑う法律を整備して、一体何が楽しいんだか。

 確実に、ケケ中と仲良しのパソナの南部(創価学会員)あたりの意見・意志が、介入しとると見た。

 で、次に「派遣労働者に再就職をあっせん」についてなんだけど、別に、派遣を中途解除するような企業の味方をするつもりは無いんだが、これって、本来なら派遣会社、奴隷商の義務なんじゃないんか?

 「仕事を紹介しますよ」つって営業しとるんだから。

 まして、法改正で派遣先企業には、賠償金を支払う義務を負わせるなら、公平性の観点からも、労働者に次の仕事を紹介する義務は、派遣元企業にあると思うんだがね。

 何故ここまで、奴隷商の責任について一切考えない、言及しない案ばかりしか出て来ないんだろうね。

 パソナの南部(創価学会員)あたりに「どうしてだと思います?」ってメールして聞いてみようか。

 ケケ中元大臣の心友であり、公明党の支持母体である巨大カルト教団のお仲間である南部くんならば、さぞかし真実に近い答えを知っている事だろうw

 で、最後に、肝心要の「手数料割合」に関してなんだけど、3割って何の冗談なんだろうかね。

 国家政府としてぼったくりを公認してどうするんだ、と。

 今だって、悪質な奴隷商の中でも特別に悪質な、893紛いのチンピラが営業している所でも無い限り、手数料割合は平均して3割程度なのを、まさか知らない訳じゃあないよな?

 基本は1割、最大限譲歩しても2割がいいところだろう、JK。

 更に、例えピンハネを1割に規制しても、まだ問題は残る。

 一応、殆どのところでピンハネが3割であるにも関わらず、多くの派遣労働者の手取りが少なく、貧困に喘いでいるのかと言えば、奴隷商の連中は、このピンハネされた派遣労働者の給与から、経費だと強弁してテメエのところの取り分をさっ引いているから、な訳だ。

 この、インチキ・出鱈目な詐欺師的手法を何とかしない限り、派遣労働者の取り分というのはさして変わりはしないだろう事は確実だと言える。

 確か、この件は、グッドウィルが騒がれていた時も問題になった筈なんだが、自公の政治屋というのは、ほんの少し前の事もまともに覚えていられない、鳥頭の集団なんだろうかね。

 こちらに関しても、何らかの有効な規制を設けない限り、奴隷商どもによる搾取は永久に続く事になる。

 まあ、ここまでを総合して、これ程までに酷い御為倒しも珍しいね。

 一体、奴隷商の連中から、幾ら程の袖の下を頂戴したんだか。

 昔の自民党は、確かに献金を受けた業界に利益供与していたかも知れんけど、その中でも、出来得る限り「全体の利益」となるように考えて、その方向に向かうよう努力はしていたんだがな。

 ここまで、低知低能の集団になり果てたのかと思うと、流石に悲しくなってくるものがあるね。

 もう、これ以上恥を晒す前に、テメーからとっとと舞台を降りろ。

 その方が、オマエラを含めた皆の為というものだ。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

労働ダンピング―雇用の多様化の果てに (岩波新書)
中野 麻美
岩波書店
売り上げランキング: 5128
おすすめ度の平均: 4.5
3 労働者全般が共有すべき知識であるが、インパクトに欠ける。
4 労働者本意の働き方を求めたい
5 これは読まないとまずいでしょう
3 現状レポートとしては良い
5 規制緩和の成れの果て・・・実感のない好景気

反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
湯浅 誠
岩波書店
売り上げランキング: 17
おすすめ度の平均: 5.0
4 民主主義は少数弾圧主義だし、自由主義は格差主義
5 歴史の評価を待つ
5 今、誰もが読んでおかねばならないと思える1冊。
5 強い社会をつくるために
5 現代日本社会の負の象徴をあらわしている


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
日経225miniをやってみませんか?
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
古代のローマやイスラム圏では奴隷の所有者が奴隷の衣食住の面倒をみていましたよね?酷い待遇の場合罰せられる法律もあったはずです。それすらない派遣労働者は奴隷と言う地位ですら上等に見えます。
2009/01/10(土) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/10(土) | | #[ 編集]
今すぐに派遣労働を全廃することなどできない、というオバカな議論を細田官房長官だかがしてました。「段階的」というものを知らないのでしょうかね。数年間の目標を立てて段階的に派遣を減らしていく(正規へ移行させる)べきです。

そのつなぎ目の期間、ハローワークが派遣事業を一部引き継いでもよい。財政的・人員的に困難だというなら、その間だけ「手数料」1割くらい取っていいじゃないか。

同時に、ハローワークには、会社をふるいにかける機能を持たせる。労基署と連携しながら。
求人票を出す企業の労働基準法遵守状況を立ち入り、または従業員への書面アンケートなどで検査する。自分たちの権利を熟知していない労働者も多いので、アンケートの内容は労働関係の法律家などと緻密な協議をしてマークシート方式+自由記述式のものとする。

労基法違反事項があれば、その会社に求人票を出させないだけでなく、ハローワークのホームページで会社名および違反内容を公表する。会社名の公表は五十音順がよいでしょう。もちろん、即座に労基署からの指導を入れる。

労基法違反に対する罰則の強化も必要ですね。罰則の弱い法律は無力です。そして、労働分野での罰則強化は、犯罪抑制効果が極めて高いでしょう。
禁固刑・罰金増額など厳罰化する。また、サービス残業その他の不払い分が発覚した際には、経営陣の財産を差し押さえ、そこから割り増しした額で支払わせる。

こうして労働条件で悪質な企業がだんだん減っていけば、良質企業の市場シェアが増えて行く。健康で良質な市場経済となる。
2009/01/11(日) | URL | ホタル #OARS9n6I[ 編集]
確かに、奴隷の方がマシ、と言えるような部分も、少なくは無いですね。
2009/01/11(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
労基法違反の罰則強化は、派遣問題以外の事でも必須ですね。
2009/01/11(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
はじめまして。
こちらのブログ度々拝見させて頂きました。
派遣の件、全くその通りです。派遣を使いやすい下地が揃い過ぎてました。派遣の方が直接雇用より不便で損ならここまで普及していないと思います。損にならない法律を整えないとこうはなりえません。
外資族の方々、日本人に散々嫌われました。当然なのですが・・・。
これはアメリカにとって外資族の方々はお得な存在にこれからなるかもしれません。今までは外資族を利用する為に飴として金等与えていたかもしれませんが、今のアメリカは金がありません。むしろ貰いたいと思っているはず。今までは外資族を守る?ご主人様だったかもしれませんが時節が変わり、これからはご主人様止めて、借金取りになるのではと思います。
今まで金与えていた外資族に、「今まで守ってやったんだから働け、出なければ金返せ」ってなるのではと。
賢い方々は逃げるでしょうね。脅されない内にアメリカでも日本でもない遠い国に今まで貯めた?金持って逃げる。逃げ切れるか、捕まるかはその人間の運次第。このまま日本にいればアメリカに逆にしゃぶられます。いまさら日本人に助け求めても、彼らに散々な仕打ちを受けた一般の日本人は彼らの自業自得としか映りません。彼らを助ける人は日本に存在しません。だから、アメリカは彼らを心置きなくいじめられるのです。彼らをいじめて日本人に悪く思われないどころか感謝してくれるかもしれません。アメリカにとって非常に都合の良い外資族の皆さんは、アメリカに金与えるか逃げるかどっちかだと思うんですよね。
2009/01/13(火) | URL | 幸未来願 #-[ 編集]
マジで3割ってボり過ぎ。

お話になんないですよね。

最悪でも1割5分でしょ。

つーか、ハローワークの存在意義って・・・
2009/01/14(水) | URL | ビリー・ザ・マッド #-[ 編集]
外資族の連中の運命、仰るとおりになりそうですね。

まあ、一切同情する気はおきませんが。

寧ろ、地獄に堕ちればいいと思うくらいです。
2009/01/14(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ええ、本当にぼったくり過ぎです。

と言うか、それ以前に、現在でも平均3割くらいのものを、3割に規制する事に、何の意味があるのか、という話ですね。

まさに痴民党、愚者と痴民と基地外の為の政党、といった感じです。
2009/01/14(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1543-905a8ecb
城内実後援会の小畑くにおさんのブログから01月08日付け記事を、小畑さんの了承を得て、全文転載させていただきます。 小畑さん、ありがとうございます。今年もよろしくお願いします...
本日(1月11日)の毎日新聞の発言席という欄に渡辺喜美氏が「政界再編伴う危機管理内閣を」とのタイトルの文章を書いている。内容は、100年に1度の経済危機を乗り越えるためには、100年に1度の政治体制を作る必要があるとして、自民党と民主党の大連立を公約と...
2009/01/11(日) | バロメータ
  ||| イスラエルのガザ・ホロコースト ||| イスラエルにジュネーブ協定違反「戦争犯罪」の疑惑 虐殺の実態を赤十字が暴露! イスラエルのパレスチナ人虐殺はとどまることを知らない。あの細長く狭いガザ地区(東西5キロ・南北40キロ)に150万人がひしめく人口
2009/01/11(日) | 米流時評