FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 敵は半島にあり

敵は半島にあり
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

北、ミサイル実験か 米批判「国際社会への脅威」

 【ワシントン=有元隆志】マクレラン米大統領報道官は八日、声明を発表し、「北朝鮮が二発の短距離ミサイルを発射したようだ」と指摘するとともに、「北朝鮮のミサイル計画は地域と国際社会への脅威だ」と批判した。地対空ミサイルとみられ、当初は訓練中に誤射した可能性があると伝えられたが、同報道官は「北朝鮮は過去にも似たような実験を行っている」として、今回もミサイル実験との見方を示した。ロイター通信によると、ミサイルは二発とも北朝鮮領内に着弾したという。

 同報道官は、「北朝鮮の脅威に対して強力な抑止力を維持するために、弾道ミサイル防衛について地域の同盟国と密接に協力していく」と述べ、日本などと弾道ミサイル防衛計画での連携を強めていく方針を表明した。

 さらに、中断している核問題をめぐる六カ国協議について「北朝鮮の核兵器の野望を断念させるとともに、ミサイル計画の脅威に対処するものだ」と指摘し、協議再開の重要性を強調した。

 またマコーマック国務省報道官も八日の記者会見で、北朝鮮に対し、ミサイル実験の一時停止措置を継続するように求めた。

 北朝鮮は一九九九年以降、中長距離ミサイルの発射実験の凍結は継続しているが、短距離の地対艦ミサイル「シルクワーム」(射程約百キロ)や地対空ミサイル「ガイドライン」(同二十-五十五キロ)の発射実験はたびたび行っている。

 六カ国協議やアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議など、北朝鮮問題を協議するときにあわせて発射実験を行ったことが何度かあり、今回も北朝鮮の偽ドル札製造・流通問題をめぐる七日のニューヨークでの米朝協議にあわせて実験を行った可能性もある。

(平成18年3月9日 産経新聞)


 虚勢を張るというのは、斯くの如きを言うのでしょう。

 日本では拉致問題の発覚から、対北朝鮮感情が極度に悪化し、流石の媚朝売国奴たちも、あからさまには北朝鮮擁護を叫べない状況にあり、米国北朝鮮悪の枢軸と定め、完全に敵視している状況、頼りの宗主国である中国は、北京オリンピックを控えている今の状況では、そうは積極的に北朝鮮擁護に回ってくれそうもなく、同族の韓国歴史的馬鹿大統領である盧武鉉のおかげで味方には付いているものの、米のハゲタカファンド軍団により、経済は徹底的にかき回され、さらに根本的に雑魚であるため、あまり頼りにはならない。

 彼の様な悲惨な状況の下で、絶望もせず妄言と馬鹿な行動を繰り返せる、クソ度胸と頭の悪さは、多少ほめてやってもよいものなのかもしれません。

 しかしこのような北朝鮮の悪足掻きは、我々日本にとっては「動き回る愚か者より、恐ろしいものはない」というゲーテの言葉の通り、正しく迷惑以外の何物でもないと言えるでしょう。

 如何に前時代の遺物と言っても過言ではない、旧式のポンコツミサイルとはいえ、我々が神の御使いで無い以上、こんなものをまともにくらえば、死に至らしめられることは確実ですし、また旧式のポンコツミサイルで在るが故に、北朝鮮が威嚇のつもりで日本近海に向け発射したものが、日本本土に直撃しないとも言い切れません。

 そもそも基地外に刃物という言葉があるように、完全に常軌を逸したカルト国家が、ミサイルなどという大量の人間を死に至らしめる兵器を有している事だけで、その近隣に居住している我々日本人には、途轍もなく迷惑な話です。

 さらにこのトンデモ国家モドキは有ろう事か、自らの財力・身分も弁えず、核兵器などという人類史上最悪の大量破壊兵器を持とうと目論んでいます。

 こんな理性や知性の欠片も無い、北京原人の毛を抜いたような蛮人が、核兵器などを手にしてしまえば、世界はどのようになってしまうのでしょうか。

 想像しただけで悪寒が止まりません。

 我々は如何なる手段を用いてでも、北朝鮮の凶行を制止しなければなりません。

 北朝鮮金正日核兵器を持たせるなど、米国の大統領にチンパンジーを当選させるよりも、危険であると言えるでしょう。

 自己の国家国民をも冷酷に粛清するような連中に、核兵器などを与えてしまえば、他者、それも恨み追随の我々日本に対して、どのような行動に出てくるかは想像に難くありません。

 日本政府は御託を並べている暇があるのならば、早々にこの基地外カルト国家に対して経済制裁を発動すべきです。

 「拉致核兵器ミサイル」、この3点は何れも日本にとって死活に関わる重要な問題であり、安易な妥協をせず、絶対に解決させておかなければならないものです。

 この3点の解決を済まさなければ、日朝国交正常化などしたところで、国家運営の才の欠片もない北朝鮮は、何時か必ず破綻に向かい暴発して、我が国に多大なる迷惑を懸けることは疑いようもありません。

 社民党共産党の薄ら馬鹿が、如何に大声で「ヘーワ、ヘーワ」と叫んだ所で、基地外金正日将軍は必ず、日本に積年の捏造された恨みを晴らす為に攻め寄せてくるでしょう。

 我々はそのような事態に陥る前に、何としても北朝鮮を封じ込め、叩き潰さねばならないと思われます。

 「鉄と血が命運を決定する」(ビスマルク)

 本当に平和とは、鉄の意思血を流す覚悟のみが創り上げるものであることを、日本民族は自覚せねばならない時期に差し掛かっていると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←北朝鮮に経済制裁を!と思われる方はクリックお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←こちらも応援クリック宜しくお願いします

マンガ金正日入門-拉致国家北朝鮮の真実
李 友情 李 英和
飛鳥新社 (2003/07/31)
売り上げランキング: 65,782
おすすめ度の平均: 4.19
5 狡猾な独裁者の人物像と、北朝鮮の現状・歴史を丹念に描いたマンガ
5 日本人への警告-金正日侮るなかれ
5 世界でもっとも恐ろしい独裁者の姿が目の当たりに


謎の独裁者・金正日―テポドン・諜報・テロ・拉致
佐々 淳行
文藝春秋 (1999/02)
売り上げランキング: 108,366
おすすめ度の平均: 4.5
5 戦後日本防諜史
4 影の人たちに光を
4 対スパイ機関の悲哀


    

PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
選挙に行かないキミたちのために、5人の映画監督がメガホンを取った
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/155-7982e984