FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → FAKE STAR

FAKE STAR
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【竹中平蔵 ポリシー・ウオッチ】かんぽの宿は“不良債権”

■無視される機会費用

鳩山邦夫総務相の「かんぽ」(簡保)に関する発言が注目を集めている。郵政民営化に当たって、いわゆる「かんぽの宿」は期限を決めて廃止または売却されることが決まっている。その売却先としてオリックスの名があがっていることをとらえて、反対の意向を表明したのである。その真意をめぐって衆議院の予算委員会でも民主党から質問が出されたが、総務相は改めて反対の意向を明らかにした。しかしこの発言は、民営化に当たっての基本精神に反するものであり、かつ政策決定のプロセスそのものに大きな弊害をもたらすものだ。かんぽの宿は、郵政にとっていわば「不良債権」であり、この処理が遅れればそれだけ国民負担が増大することになる。

 かんぽの宿は、今でも年間約50億円の赤字を計上している。民営化に当たって、これを廃止・売却するのは当然のことである。まず、完全民営化されたかんぽ生命保険には、他の民間企業と同様、保険業法が適用される。当たり前の話だが、民間の保険会社がホテル業を営むことはあり得ないことだ。ホテル業のリスクが、金融の本業に影響を及ぼすことがあってはならない(いわゆるリスク遮断)からである。だからこそ法律は、10年以内の完全民営化を目指すかんぽ生命には、5年以内(2012年9月まで)の廃止または売却を義務付けた。

 国会答弁を聞く限り、総務相が今回の70カ所一括売却に反対する理由は次の2点である。第1に、資産価格が落ち込んでいる今の時期に、急いで売却するのは適切ではない。第2に、オリックスの宮内義彦会長は規制改革会議の議長を務めており、郵政民営化による資産処分にかかわるのは「できレース」的である。

 第1の点から見ていこう。こうした発言は、少し前に株式売却に関して首相からも発言されたことがある。しかしこの議論は、経済学の初歩的な概念である「機会費用」というものを無視した、誤った認識と言わねばならない。今のような不況期に資産を売却する価格は、確かに好況期に比べて低くなる。しかし民営化された郵政は、売却した資金を新たな事業資産に投資することになる。その際、そうした投資資産の購入価格も不況期には安くなっている。従ってこれは相対価格の問題であり重要な経営判断なのである。いつが適切かは、市場や経営を知らない政治家や官僚に判断できる問題ではない。経営者が判断するべき問題である。そもそも民営化とは、民間の判断に任せることであり、経営判断の問題に政治が口出しすること、しかも機会費用の概念を理解しない政治家が介入することは、根本的に誤っている。

■民間人排除の論理

 第2の点についても、根本的な錯誤がある。まず、郵政民営化のプロセスに規制改革会議が関係したことはない。基本方針を決めたのは経済財政諮問会議であり、制度設計は内閣官房の準備室が行った。その際にいくつかの委員会も作られたが、宮内氏がそのメンバーになったことはなかった。同氏が郵政民営化にかかわったというのは、ほとんど言いがかりのようなものである。

 より重要なのは、民間人が政策過程にかかわったからその資産売却などにかかわれない、という論理そのものに重大な問題があることだ。今や政策決定における民間人の役割は極めて大きなものになっている。経済財政諮問会議や各省の審議会・委員会にも民間人が関与する。しかし、いったん政策が決められたとして、それに関係する経済活動がその後できないとなると、民間人はだれも政府の委員会メンバーになどならなくなる。郵政民営化の枠組みを決めた諮問会議の民間議員は、郵政の株が売却される際、それを購入してはいけないのか…。これは、政策決定における民間人排除の論理に等しい。

 気がつけば、こうした政策論議に参加する民間人の活躍が、以前ほど目立たなくなっている。宮内氏が活躍した時期には、経済財政諮問会議でも奥田碩氏や牛尾治朗氏が活躍していた。しかし、こうした民間議員が、以前ほど活躍できない雰囲気が広がっており、特定省庁によって書かれたペーパーが民間議員の名で提出されるケースも目立っている。鳩山総務相発言は、政策にかかわる民間人の自由な発言をますます抑制し、結果的に族議員と官僚を奮い立たせるものである。

 筆者が失望したのは、この問題を国会で質問した野党が、大臣発言をむしろ擁護する立場にあったということである。そもそも、特定の利害に偏った族議員と官僚のゆがんだ政策をただすために、民間の有識者を政策決定の中に入れている。にもかかわらず、誤った事実認識と経済常識の欠如によって、結果的に民間人を政策過程から排除するようなことを与野党一体となっておこなっている。これが日本の政治の実態である。

 売却に当たって、総務相の認可が必要になっているが、これは入札手続きが公正に行われているか、民営化の趣旨全体に則しているか、国民負担を大きくしないか、といった点をチェックするためのものだ。報道によれば、入札によってこうした手続きは正当に行われている。かんぽの宿という不良債権の処理が遅れれば、資産はますます劣化し、国民負担を一層大きくする。早期に一括売却をすることこそが、資産価値を最大化する道である。その意味で、担当する総務相発言は国民負担を増やすというとんでもない方向を目指しており、野党もこれに賛同しているのである。

 かんぽの宿をめぐる今回の発言は、郵政の価値を棄損し、政策決定を族議員と官僚に有利にする効果しかもたない。民営化の当初の法律の定めに沿って、早期に一括売却を進めることこそが内閣の使命である。

(2009年01月19日 産経新聞)

 この問題が浮上してきた時から、何時かは出て来るだろう事が予測されてはいた訳だけれど、本当に見事に、テンプレでもあるのかというくらいの勢いで予想通り出て来るコイツって、余程、郵政民営化の完遂で利益を得るようになっているんだろうね。

 自分のやるべき事は無くなったとか、有権者ガン無視の勝手な屁理屈を捏ねて議員辞職しておきながら、何か、郵政民営化に関わる出来事がある度に、チョロチョロとツラ出して来てはワケワカメな屁理屈を展開するくらいだから、まず間違いないでしょ。

 それにしても、相変わらず、長い割に中身が無く、回りくどい事この上無い文章の連続で、読む人間の錯乱を狙っているとしか思えない文章は、ある意味一級品だ。

 普通の人間は、途中でウザくなって読む事を止めてしまいかねない。

 読まないと反論ってのは普通出来ないから、結果、ケケ中の言う事に反論する人間というのが、言っている事の出鱈目さ、無茶苦茶さの割に少ないという現実を創出される。

 わざとやってるのなら、大したもんだ。

 ただ、まあ、昔なら兎も角、今となっては、こんな長ったらしい上に中身の無い文章を無理して読まなくとも、ケケ中のクソボケを論破する事は簡単なので、皆様は是非とも覚えておいて下さい。

 「んな事はどうでもいいんだけど、郵政民営化で景気がよくなるって話は、何処に行ったんですかぁ?民営化したら景気が良くなるって言ってましたよねえ?」

 ケケ中のクソボケが口を開いて何を言ってやがりましても、この返しだけで十分なのれす。

 どんな言い訳をケケ中が展開しやがろうとも、郵政民営化で景気など何一つ良くなってなど無いし、それどころか、ありとあらゆる面で郵便局が使い難くなり、国民は不便ばかりしている、というのが現実ですから。

 何か、麻生政権が反小泉路線的な政策施行原案を発表したらしいけど、本気でやるつもりなら、その証として、まずはコイツを検察にハッパかけてでもタイーホしてくれないだろうかね。

●2011年の消費税上げ強調、小泉路線に決別…施政方針原案(読売新聞)

 この日本経済の破壊を目論んで実行した経済テロリストをのうのうと泳がしたまま、「今までちょっと間違ってました。やり直しますんでヨロシク」とか言われても、信用出来ないね。

 反省と更生の証として、小泉とケケ中の首級をあげて貰おうか。

 消費税の話だとか、言いたい事は他にも色々あるけれど、まずは、自分達が対話に値するか、信用に値するかを証明して貰うのが先だな。

 それをしない限り、自エンドの流れは止まりはしないよ、何しようが、何言おうがね。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 82959
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
小林 興起
光文社
売り上げランキング: 68776
おすすめ度の平均: 4.5
5 彼こそ本物の政治家だ!!
5 物事の本質
5 小泉純一郎が売国奴であることを証明する書物
5 マスコミが黙殺した、郵政民営化の真の受益者は米国という声
5 郵政民営化と改革という甘い言葉に騙された貴方達へ。


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
先日、テロアサのサンプロでケケ中VS今田氏の討論を視聴しました。私の苛つき具合は半端では有りませんでした。活字の比では無く、メガトン級の映像核兵器!
浪人様、メディアも調子こくから無視しましょう。
2009/01/19(月) | URL | はやぶさ #-[ 編集]
馬鹿教授もそうだけど「口舌の徒」は信用できないな。もう少し現実を科学的に説明できないのかねえ。でもまあ理系の人間なんて所詮虫螻以下の扱いだから関係無いか。
2009/01/19(月) | URL | 勤務医 #-[ 編集]
コイツラが提唱した競争社会って、DQNばかりが勝ち残り生き残る世界のことですね。そんな世界は死んでもごめんです。
DQNはすべからく世界から退場すべきです。人間ばかりでなく地球に住むあらゆる生き物のために。
2009/01/19(月) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
こんにちは。
読売新聞の記事についてですが、この程度で「小泉路線に決別」とは誇大広告もはなはだしい、という気がします。本当に「小泉路線に決別」というなら。国民新党の綿貫代表、自見副代表、W亀井氏、さらに現在無所属の平沼氏、城内氏等に「『小泉チルドレン』云々という連中は私が党からたたき出します。皆様、どうか自民党にお戻り下さい。」と頭を下げるくらいでなくてならないはずです。
2009/01/19(月) | URL | JAXVN #c0YoYibA[ 編集]
テロ朝は、相変わらずカイカクマンセーの基地外電波を垂れ流しているみたいですね。

早いところ、潰れて欲しいものです。
2009/01/20(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、そもそも、彼らの主張に科学的根拠なんて一切ありませんから。

何しろ、「経済というのは市場に任せておけば全て勝手に上手くいくようになっている」とか、本気で言っているような連中です。

まともな人間を相手にしていると思っては駄目です。

サイコさんを相手にしている、という認識が正しいかと思います。
2009/01/20(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
弱肉強食の論理が罷り通る社会では、他人を想えない、気遣えない、ルールもなければモラルもぶっ壊れているDQNの方が、圧倒的に有利な立場に立てますからね。

新自由主義=DQN至上主義と言っても過言では無いでしょう。
2009/01/20(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、ポーズ、というか様子見といったところでしょうね。
2009/01/20(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
このKING of DQNは「壊蚊苦が足りないから民営化しても景気が良くならないんだ」と責任転嫁するに10ペリカ。
痔罠の中の壊蚊苦連中も口を揃えて寝言を言いそうですが。

それはともかくとして、市場原理主義者は「神の見えざる手」を具体的に説明してもらいたいです。
以前にどこかで、この「神の見えざる手」は自分が説明できないが故の詭弁だ、と読んだ記憶がありますが、こうしてみると実際に詭弁だな、と思います。
2009/01/20(火) | URL | LEM #JalddpaA[ 編集]
>壊蚊苦が足りないから民営化しても景気が良くならないんだ

確かに、ケケ中のアホが言いそうな台詞ですね。

口論ではらちが明かないので、やはり、タイーホして吊すのが一番でしょう。
2009/01/21(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
お久しぶりです。竹中さんも空気を読めない(読まない)人ですね。宮内さんは
「かんぽの宿が欲しいから、郵政民営化を強く主張したのではないか?」と思われているのを理解できないのでしょうか?ついこの間(去年の初夏の頃でしょうか?)竹中さんは「日本郵政はアメリカに投資しろーー」みたいなことを言ってましたが簡保や貯金がアメリカ市場に投資をしていたら今頃大騒ぎになっていたかもしれません。
2009/01/22(木) | URL | 通行人A #mQop/nM.[ 編集]
>日本郵政はアメリカに投資しろーー

まだ言ってたりします。

http://restororation.blog37.fc2.com/blog-entry-1526.html

上田 しかし、もしあのとき日本郵政がアメリカに出資していたとしたら、その後の株価の暴落で大きなダメージを被っていたのでは?

竹中 現在は民間や外国のおカネだけではにっちもさっちもいかないほどのキャピタルクランチが起きています。もはや政府が公的資金を注入する以外に救済の方法はなくなった。日本郵政があの時もし出資していれば、資本を大きく毀損された可能性は確かにあります。
 
 しかし、資本注入はあくまでも「一時しのぎ」の対策。長期的に見れば、やはり今後も日本郵政による出資は継続して考えて行くべきでしょう。

上田 なるほど。でも国民は「大丈夫なのか」と心配しませんか?

竹中 そこはもう、経営者の判断次第でしょう。逆に言えば、金融危機の前に郵政は出資をしなかったので、経営判断は正しかったことになる。だから市場の「底値」をちゃんと見極めて、よいタイミングで、相手にも感謝される方向で出資をすればよいでしょう。

 欧米への金融機関への出資は、郵政ばかりでなく、日本の証券会社、保険会社、銀行など全ての金融機関についても言えることです。
___________________

純度200%のマジキチです。
2009/01/23(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1553-f726494e