FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → Lassi

Lassi
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【正論】社会学者・加藤秀俊 「給付」を「寄付」にできないか

 ≪明快な米国の「刺激金」≫


 昨年の春から夏にかけて、アメリカ国民はひとりの例外もなく政府発行の「刺激金」という名の小切手を受け取った。金額はひとりあたり300ドル。事情によっては倍額の600ドルということもあるが、とにかく全員に小切手がとどいたのである。所得にも年齢にも関係はない。とにかくこれを使ってすこしでも景気を刺激しましょう、というのがその趣旨だから単純明快である。

 小切手は社会保障番号のケタ数の順序で整然と郵便でとどいた。ひとり300ドル。いまの為替レートでいえば3万円たらずだが、それでもちょっとした買い物ができる。小旅行もできる。それがどの程度、アメリカ経済に影響したかは知らない。しかし、政府発行の小切手が郵送されてくれば、それだけでかなりの心理的衝撃になったことはたしかだ。

 基礎になっているのが社会保障番号だから、年収数億円の富豪にも、裏町に暮らす失業者にも平等に配られた。ブッシュ前大統領だって、ビル・ゲイツ氏だって受け取ったはずである。

 このことを日本の報道機関はほとんどとりあげなかったが、いま論議沸騰の「定額給付金」というのも、もともとはアメリカの「刺激金」とおなじ性質のものであったのではないか。さいしょからその趣旨をはっきりさせて、おカネの流れを「刺激」するためのものであることを周知徹底しておけばよかった。ほんのちょっとだが、これをみんなが使えば社会的な血行不良がよくなるだろう、という金融政策の一部なのである。

 ≪辞退論議のばかばかしさ≫

 はっきりいって、これはもともと「バラまき」が趣旨なのである。バラまけば、ひとはよろこんで使う。「バラまき」おおいに結構。ひとり1万2000円。バラまきにはそれなりの経済効果がある。どう使おうと自由である。べつだん非難するにはあたるまい。貯金にまわるだけだ、という意見もあるが貯金すればそれだけ銀行の資金がふえるのだから、これまたまわりまわって、わずかながら経済貢献になる。

 おもしろいことに、アメリカでは高額所得者は「辞退」すべきだ、といったようなバカげた議論はなかった。閣僚や要職にあるひとが、オレはもらわないよ、などとはおっしゃらなかった。なぜなら、余裕のあるひとは受け取った300ドルにしかるべき上積みをしてそのまま慈善団体などに寄付したからである。

 「寄付」というのはじぶんの手もとにあるいささかのおカネを自発的に提供して社会的な再配分をする、ということである。そうすることによっておカネはちゃんと良識にしたがってうごくのである。そういう伝統がアメリカにはある。だからだれもおどろかなかった。

 日本にだって互助の精神はある。じっさい、他のおおくのひとびとと同様に、わたしのような人間だって赤十字、ユニセフ、点字図書館などいくつもの団体や基金にわが身相応の寄付を何十年もつづけてきている。貧者の一灯。たいしたことではないが、いくらかは世の中の役に立っていると信じているからである。

 ≪社会貢献に思い至らず≫

 その点で「定額給付金」は、まず名前がよくない。「給付」などというからおカミがくださるおカネという権威主義的なイメージになってしまう。その結果「もらう」「もらわない」といった乞食のような下品なことばが国会でもやりとりされて、だれもそれを不思議におもわない。あの応酬をきいていて、わたしは情けなくなった。

 ひとりでもいい、もしも「寄付」ということばを口にしてくれていたら、どれだけ世の中が明るくなったことであろうか。

 せっかく既存の団体や基金のほか、全国いたるところにNPO法人という団体ができて、世のため、人のため、さまざまな事業をすすめておられるが、ほとんど例外なしに資金不足で困っている。たとえ5000円、3000円であっても「寄付」をもとめている。

 「要らない」とか「辞退する」などとおっしゃらずに、しかるべき医療福祉、学術文化振興、その他もろもろの財団や団体に「寄付」なさることこそ為政者、指導者の姿勢というべきなのではなかったのか。

 それだけ単純なことが、ゴタゴタになってしまった。日本版の「刺激金」の説明と広報はまことに稚拙だったのである。すくなくとも、それによってうまれるはずのわずかな景気対策の効果は半減したとみるべきではないか、とわたしはおもっている。政治献金の「寄付」を「うける」だけでなく、タマには「寄付する」心をみせていただきたかった。(かとう ひでとし)

(2009年01月26日 産経新聞)

 まあ、自他共に認める痴民党御用新聞の惨景だから、これまでの経緯を無視してサラッと政権擁護に走るのは結構なんだけど、何故に定額給付金が無意味に終わると予想されているのか、そこを無視したらダメだろう、と。

 別に、アホの惨景如きに言われるまでも無く、バラマキ、ヘリコプターマネーに景気刺激の効果があるのか無いのかで言えば、確実にある。

 最大の問題点は、景気刺激の為に金を散蒔くにも関わらず、それで景気が上向いた暁には、消費税を増税するだとか言い出す、バカボンのパパもビックリのバカっぷりだろう。

 何処の誰が、「今から金を配りますが、そして、3年後に倍返しして貰います」と言われて、喜び勇んで「定額給付金マンセー」とか言うんだ、という話な訳だ。

 これって、バラマキというよりも、国民に無理矢理高利貸しから金を借りさせているようなもんだろ。

 痴民党的にはバラマキをやっているつもりなのかも知れんけれど、実際の所は、全くバラマキになっていない、というところが問題なのだ。

 更に、一連の所得制限なんかに関するグダグダっぷりも、最低だとしか言えない。

 この記事を書いている加藤秀俊くんは、「余裕のあるひとは受け取った300ドルにしかるべき上積みをしてそのまま慈善団体などに寄付したからである」とそういう行為を推奨しておられるが、アホの痴民狡冥政権は、それ以前の段階で、配るという行為をするところまでしか考えてなかったんだよ。

 だから、ああいうスバラシイほどのグダグダっぷりが披露出来る。

 高額所得者に配るかどうか、高額所得者が受け取った金をどうするか云々よりも、こういう政策は、兎に角スピードが命なんだ。

 この手のバラマキ政策には、どうしても誤謬というか、不公平さというか、そういうものが潜んでしまうのは当然の事なんだから、そういう事をハイエナに突っ込まれる前に、スパッと決めてスパッとやっちまう、それが肝。

 要するに、ウダウダウダウダと下らない議論を始めたところで、既に敗北は決定していたんだよ。

 ま、結局、自己の政治哲学や信念では無く、創価の都合や思い付きで政策を決定しているような脆弱な総理、閣僚、政党なんかでは、何やったって失敗するに決まってるという事ね。

 蛆惨景も、そろそろ、御主人様を乗り換える準備を始めた方がいいんじゃないかねw

 無能極まりない御主人様と、それを必死に庇おうとして失敗ばかりしている駄犬。

 喜劇としても悲劇としても、三流以下にしかならないから。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

自民党政治の終わり (ちくま新書)
野中 尚人
筑摩書房
売り上げランキング: 15007
おすすめ度の平均: 5.0
5 「小泉純一郎」とは何だったのか、良く分かります。
5 総選挙前に是非真面目に読んでほしい1冊
5 なんともタイミングのいい書名が自民党総裁選挙のさなかに出たもんだなぁ
5 自民党政治の機能不全の病状診断
4 冷静な分析

自民党の終焉―民主党が政権をとる日 (角川SSC新書)
森田 実
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 191353
おすすめ度の平均: 4.0
5 政治の本質を端的に説明した良書
4 自民党の終焉が近いかどうか。もう誰も予想できない。
4 過激だけど、読み方を間違えなければ良書。
2 小沢騒動が起こるとはねぇ?早すぎた出版


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
日経225miniをやってみませんか?
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
ブックオフで100円で買った「とてつもない国日本」に
可処分所得の増大が景気対策になるって書いたのを自分で忘れたのでしょうか。やってることがま逆なんだけど。
忘れてるんだろうなぁ。
そのうち税金と保険料と家賃払ったら有り金ゼロとかになりそうなんですけど。
2009/01/26(月) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
忘れているというか、痴民党総裁というのは、そういうまともな事を絶対に出来ない、させて貰えない立ち位置なんでしょうね。

カイカクという狂気を突き進む以外には、あの狂人の集団をまとめ上げる事は出来ない、という事なんだと思います。
2009/01/28(水) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1561-536d516d
 低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの、戸倉多香子氏「ネット上の情報は2年くらい早い」 経由で知った、戸倉さんが、「無形金融資産」ってなんだろう?の疑問から3年の記事中で、注:丹羽春喜さんの論文のリンクがきれているのですが、と書いていた元の文の全文で
 正直、Like a rolling bean (new) 出来事録さんが倦まず弛まず粘り強く広報してくれていなければ、築地の集会に行くこともなかっただろうし、問題意識を持つこともなかったのではないかと思っています。  率直に言って、一介の普通のおじさんの僕にとって今の世の中色