FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → Nothing To Say

Nothing To Say
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

製造業への派遣禁止に反対 自工会など

 自民党の雇用・生活調査会(長勢甚遠会長)などの合同会議は3日、党本部で開いた会合で、労働者派遣制度について労使双方の団体から意見を聞いた。野党が主張している製造業への派遣禁止に関し、日本自動車工業会など製造業団体の代表は「派遣が禁止されればさらに海外移転を進めざるを得なくなる」「一律に禁止すると競争力を弱める」などと反対の意向を表明した。

(2009年02月04日 日経新聞)

 ハーイ、またまた懲りずに始まりますた、銭ゲバ売国企業の出る出る詐欺。

 そんなに言うのなら、さっさと出て行けばよかろうに。

 ハッキリ言って、どれ程の巨大企業であろうが、ある程度以上に安定雇用を生み出さないのならば、別に国内に居て貰う必要性なんてクソ程もありゃせんのだ。

 寧ろ、トヨタの汚苦駄のように、カネを持って政治に過度に介入したりする事を考えると、居る事自体が害悪だとさえ言える。

 体内に、宿主を食い殺す巨大な寄生虫を飼っているようなものだ。

 日本政府の国策的社会主義的保護政策と、日本国民のそれに対する容認のお陰で肥え太ったピザの分際で、その恩を仇で返し続ける不逞忘恩の腐れ企業など、日本にいてもらう必要性は皆無。

 しかし、まさかとは思うんだけど、自動車業界の連中は、本当に実力だけで世界一の座に上り詰めたとか、勘違いしてるんじゃあ無いだろうな。

 一応、少し前に世界一になったらしいトヨタだが、その実態はこんな感じなんだぜ?

リコール王・トヨタ 欠陥車率3年連続100%超も、回収率さえ非公表

 トヨタのリコール台数を販売台数で割ると、欠陥車率が出てくる。これが、なんと3年連続で100%を超える勢いなのだ。つまり、売っている台数よりも、リコール届出で回収・修理しなければならない欠陥台数のほうが多いという状態が、2004年からずっと続いている。

 そのようなメーカーはトヨタだけで、「トヨタ=欠陥車」は定着しつつある。にもかかわらず、どれだけ修理が進んだかさえ、公表できないという。こうしたコンプライアンス意識の低さは、重大な事故を招きかねない。

 トヨタが開示した年別リコール台数(※下記資料1参照)と、日本自動車販売協会連合会が公表している国内販売台数を突き合わせると、2004年(1~12月)は、販売台数173万台に対して、リコールが188万台。リコール率は108.5%だ。リコールのほうが多いのは、もちろん過去に販売した車が5年、10年経ってからリコールされることもあるので、単年で見れば不思議ではない。

 だが、2005年も、販売170万台に対してリコール188万台と110.7%。2006年(1~7月)も105万台に対してリコール109万台と103.9%。このペースを維持すると、3年連続で欠陥車率100%超という、とんでもない不良メーカーということになる。

 こうなると、売ったそばからリコールして、また欠陥車を売って、という繰り返しで、買う側からすれば、そんな危険な車には、とても乗る訳にはいかないことがよく分かるが、マスコミは広告主・トヨタに屈し、こうした単純なデータの提示さえできない。

 リコール制度の目的は「欠陥車による事故を未然に防止し、自動車ユーザー等を保護すること」(国土交通省のWEBサイトより)。現状では、ほとんどの人が欠陥車を買っているようなものであり、私自身がリコール対象のトヨタ車に乗っていたのも、確率的に、十分あり得る話だったのだ。

(2006年08月09日 MyNewsJapan)

 こんな企業が、本当に実力だけで世界一になんかなれると思うか?

 何か、巨大な力添えがあったに決まっているわな、JK。

 それと、汚苦駄よりも前の世代が築き上げた「日本車」「日本製品」というブランド・イメージに助けられて、たまたま、つい少し前までが最隆盛期だった、というだけの事。

 日本という後ろ盾を失い、日本企業という看板を失った、豊田喜一郎のいないトヨタ、本田宗一郎のいないホンダ、鮎川義介のいない日産、その他自動車業界など、ただの1.5流の自動車メーカーでしか無い。

 それこそ、南鮮のヒュンダイや支那の第一汽車、インドのタタ・モーターズ相手に三流品をひたすらに薄利多売な破滅的な競争に身を乗り出していくくらいしか道は残されてやいないだろう。

 それでいいなら、とっととさっさと出て行ってくれ。

 こっちとしては、願ったり叶ったりというものだ。

 「そんな事言って、本当に日本から巨大製造業メーカーが無くなったらどうするんだ」という声も聞かれるが、そうなれば、今はトヨタやホンダなどに抑え付けられて成長出来ないでいる中小や零細が頭角を現し、出て行ったでかい図体だけが取り柄のピザデブメーカーよりも高品質な製品で市場を席巻するだけの話。

 キティウヨどもの大好きな「競争原理」とかいうものを、正しく働かせる例だ。

 本当なら、競争大好き、何でも競争マンセーなアホキティウヨクは、率先して、不当に競争を阻害している利権にガチガチに守られた巨大メーカーを叩かなきゃならない筈なんだけど、しないよね。

 どうも、あの手のキティちゃんたちは、下には競争させたいのだけど、上には競争させたくないらしい。

 正しい社会の在り方というのは、そうじゃなくて、下にはそれなりの安寧と平穏を、上には切磋琢磨の競争を求めるものだと思うんだけどねえ。

 まあ、そんな理屈が理解出来るくらいの脳味噌があれば、未だに小泉チョン一郎みたいな売国、亡国の徒を熱狂的に支持してたりはせんわな。

 ま、そんな事は兎も角として、日本から出て行きたい製造業メーカーは、自動車に限らずとも、さっさと出て行って下さいませな。

 そして、二度と祖国の土を踏むな。

 米でも欧でも鮮でも支でも、好きなところで勝手に力尽きて滅亡し、風に晒されて塵となれ。

 祖国を裏切った罪人には、それが相応しい最後というものだ。

人気ブログランキングへ←真実を広め、祖国を国難から救う為、清き1票を
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらへも愛の一票を
FC2ランキングへ←更なるアジア的優しさの注入はこちら
woshitecityへ←ヲシテ町へ行ってみる

自動車絶望工場―ある季節工の手記 (講談社文庫)
鎌田 慧
講談社
売り上げランキング: 7063
おすすめ度の平均: 4.5
5 名著
5 2008年秋葉原通り魔事件について
4 ホンモノのノンフィクション!
5 超名著。手に入る限りは読むべき。
5 栄光の裏にあるもの・・・

トヨタの闇
トヨタの闇
posted with amazlet at 09.02.04
渡邉 正裕 林 克明
ビジネス社
売り上げランキング: 22443
おすすめ度の平均: 4.0
4 マスコミすら操作できる恐ろしさ
5 よくぞ出た☆
2 トヨタの闇は本書で伝わりきるのか!?
4 警鐘をならすという意味では評価できるが
3 闇があるのはトヨタだけなのか?


PR情報
話題のFX!1万円から取引可能!■伊藤忠グループ・FXプライム■
日経225miniをやってみませんか?
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
スレ違いで申し訳ありません。
一緒に日本の将来について考えて頂けませんでしょうか?
もし宜しければこのブログを見て頂きたいです。
http://ameblo.jp/dol-souraku/
DOL冒険発見のメモリー
http://specialnotes.blog77.fc2.com/
博士の独り言
http://kkmyo.blog70.fc2.com/
中韓を知りすぎた男
私はこれらのブログを書いていませんが、このブログを見て
日本の将来について一緒に考えて頂きたいのです。
URLが信用できないと考えられたなら、下の名前をグーグルで
検索して下さい。人気ブログランキングで上位にあるブログです。
2009/02/04(水) | URL | 憂国の士 #-[ 編集]
ミンスはこういう問題への対応は期待出来ませんから、共産・国民新には頑張ってほしいです。特に共産の取り柄は企業に対抗するところですし。

それといきなり話が変わりますが、浪人さんは衆議院選挙はいつ頃あると思われますか?やはり煎餅給付金を配った後なんですかね…?
2009/02/04(水) | URL | マシュマロ #-[ 編集]
ここは2ちゃんねるじゃねえんだっつーの(笑)。

で、誰かさんは浪人さんが日本の将来を考えていないという風に読めるわけだね。これだけの記事を連日挙げていても、中国韓国民主党叩きがないから。

まさに、タイトル通りのNothing to sayだな。

ということで、浪人さん、TB置いておきます。

「バイ・アメリカン条項」が持つ意味(1)~なぜバイ・アメリカンで大騒ぎするのか
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-233.html

2009/02/05(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
昔の車には夢がありました。デザインも独特だったし、レースの世界でも幅広く活躍していました。
バブルが過ぎて車のデザインも大きく変わりました。皆どれもかしこも流線型で空力デザインを重視しています……が、画一的で夢も何もあったものじゃありません。そして奥田が一言「クラウンのユーザーは5年で買い換える。だから5年の耐久力でいいのだ。」奥田がトップに立ってからトヨタのリコールは激増しました。
夢のない車はただ「作って売る」それだけの商品でしかありません。先刻、三菱がダカールラリーから撤退というニュースを見ました。景気の悪化は真っ先に人々の夢(モータースポーツでの活躍)を奪います。
段々と夢のない国が出来上がりつつありそうで怖いです。
誰が意図しているのでしょうね、これは……?

駄文をたらたらと失礼しました(苦笑)
2009/02/05(木) | URL | PNW10 #-[ 編集]
>どれ程の巨大企業であろうが、ある程度以上に安定雇用を生み出さないのならば、別に国内に居て貰う必要性なんてクソ程もありゃせんのだ。

同感です。従業員の三分の一を非正規で奴隷状態の労働させて(プラス下請け企業をさんざんに絞り上げて)やっと国際競争力を保てているというなら、事実上既に国際競争力は「無い」と言ってよいでしょう。
今のうちにガッポリ法人税を取っておくのがいいんじゃないかな。日本は大企業に頼らない雇用創出の道を真剣に考える時期に来ているかも。優れた技術を持つ中小企業も沢山あるそうですし。
2009/02/05(木) | URL | ホタル #OARS9n6I[ 編集]
日本の中小企業の数は約430万社、日本の企業数の99.7%、雇用の約7割を占めるのですね。
http://www.meti.go.jp/information/recruit/keizai/chuushoukigyou/01.htm
ホタルさんが述べていますように、「大企業」が日本から出ていっても、中小企業が雇用を生み出せるような環境を作れば、大きな問題は無いと思います。
それに、日本中の中小企業の活動が活発になれば、地域活性にも繋がりますし。

>憂国の士さん
浪人さんは「大企業は日本人の雇用を守れ」と繰り返し訴えているのですが。
貴方は「中国韓国民主党を叩くことだけが愛国、これだけやっていれば日本人の生活など破壊しても構わない」と扇動されていたりしませんか?
2009/02/06(金) | URL | LEM #JalddpaA[ 編集]
選挙は、最低でも給付金を配った後でしょうね。

大きな動きがなければ、任期一杯まで粘りたいというのが、執行部の本音かと思います。
2009/02/07(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
TBありがとうございます。

というか、最近、殆どTB返しも出来て無くて、申し訳無いです。

ちょっぴり忙しいもので、記事上げるだけで精一杯、ちょこっと空いた時間は、スパム削除に潰されると散々なものでして、貰ったトラバも中々読めてない状況です。

遅れ遅れで読んでは返していっていますが、追いつくのは一体何時になるのか、誰も知らない知られちゃいけない デビルマンが誰なのか、という状態です。
2009/02/07(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
クルマに限らず、魂の籠もっていない「ただの商品」ばかりになってしまいましたね、本当に。

資本主義の大量生産社会にそんなものを求めるのが間違いという人もいますけど、少なくとも、昔の日本のメーカーが出していた物は、クルマにしても家電にしても、果ては部品に至るまで、下らないとさえ言える程のこだわりが注入された作品のオーラを醸し出してました。

その方が「合理的」なのでしょうけど、つまらない下らない、そんな世の中を作り上げる事しか出来ないなら、企業など崩壊してしまえばいいとすら思います。
2009/02/07(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
大企業から絞り上げた法人税を散蒔いて、中小の資金難の解決に結びつける事が出来れば、雇用は大分マシになると思います。

中小の場合は、本当に資金が足りなくて人手不足にも関わらず正社員を増やせないでいる場合が多いですから。

勿論、それだけで全部が解決する訳では無く、国家政府による労働者保護の為の規制強化も必要だと思いますが。
2009/02/07(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ええ、やはり、中小が元気にならない事には、本当の景気回復なんてものは無いでしょうね。

そして、その為には、今の姿勢の大企業というのは、阻害要因の一つであるとすら言えるかも知れません。
2009/02/07(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1571-04f9812e