FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Fates Warning

Fates Warning
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

橋下知事のもと財政再建に取り組んでいた大阪府、2008年度は黒字になる見通し

5兆円もの累積赤字を抱え、危機的な状況に陥っていた大阪府が、橋下 徹知事のもと財政再建に取り組み、2008年度、黒字になる見通しであることが明らかになった。

大阪府民は「そんなん奇跡やん! 今までの人、何してはったん?」、「若いのにね、しっかりしてくれてはるから。きっと大阪府も立て直してくれはるん違いますか」と話した。

橋下知事のもと、財政再建に取り組んでいる大阪府が、10年ぶりに赤字を脱却し、2008年度、黒字になる見通しであることが明らかになった。

9日、橋下知事は「これだけの税収減の中でも何とか予算が組めて、赤字も脱却できて。それからさらに返済に回すことができるっていうのは、これは本当に、すべて府民の皆さんの、少しずつの負担のおかげだと思ってます」と話した。

橋下知事が当選した2008年1月、大阪の財政は、5兆円もの累積赤字を抱え、危機的な状況に陥っていた。

2008年1月、橋下知事は「破産者の会社の従業員であるという覚悟を持ってもらったうえで、大阪府政を立て直していきたいと思います」と述べていた。

その再建への取り組みは、大胆かつ過激なものだった。

職員に対しては、コピー1枚についても、コスト意識を持つように大号令をかけた。

「ハコモノ」といわれる公共施設の廃止や移転をはじめ、職員の人件費削減、さらには私学への助成金削減など、まさに聖域なき改革に取り組んでいた。

しかし、職員からは「どれだけサービス残業やっていると思ってるんですか」と、始業時間前に朝礼を行ったことに公然と抗議の声が出た。

また、職員の人件費カットをめぐっては、担当者から「大阪府の府民の生活を守るため、大阪の教育をよくするためにやっている。赤字であって当たり前なんです」との声が上がり、橋本知事が「それは府民を冒とくしています」と反論するなど、反対する労働組合側と激論が交わされた。

さらに2008年10月、大阪府内の高校生が「大阪の財政をよくするというのは、わたしたちが苦しむことなんですか」と、私学への助成金に反対する直談判を行った。

橋下知事が「今の日本は、自己責任がまず原則ですよ。誰も救ってくれない」と述べると、高校生からは「それはおかしいです」との声が上がった。

これに対し、橋下知事は「それは、国を変えるか、この自己責任を求められる日本から出るか、国を変えるしかない」と述べていた。

こうして橋下知事は、2008年度、1,100億円の経費削減を断行した。

それでも当初は、50億円の赤字が出るとみられていた。

9日、橋下知事は「行政の無駄な部分は、だいぶそぎ落としました。相当ありましたからね」と述べた。

無駄を減らすことで、さらに350億~400億円の経費削減に成功し、税収の減少を見込んでも、2008年度は黒字となる見通しとなった。

大阪府民は「立派なもんやと思いますよ」、「自分の足元から削っていったのは、あれはえらいと思います」、「大阪(の歴代知事)でやったら、No.1でしょ」などと評価した。

就任わずか1年で、赤字からの脱却を果たした橋下知事に、東京都の石原知事も「そりゃ大したことだね。(並大抵のことではない?)そりゃそうですよ。東京だってそれをやってきたんだからね。国はやらないじゃないの」と、舌を巻いた。

また、宮崎県の東国原知事は「(橋下知事は)いやあ、頑張ってらっしゃると思いますよ。すごく面白い。歳出カットだけじゃなくて、全体的な景気浮揚を考えなければいけない。これからまた、難しいかじ取りっていうのが必要になってくるんじゃないですかね」と述べた。

2009年度も、景気の低迷で厳しい財政状況が続くとみられる大阪府政。

橋下知事は「ちょっと気を抜いたら、わっと財政のたがが外れますよ。それは倒産することがないから。職員の覚悟が見えない国がね、府に『金出せ、金出せ』っていうことには、これはまったく応じられないですね」と述べた。

(2009年02月10日 FNN)

 終わったな、大阪民国。

 絶対に開けてはいけないパンドラの箱のフタを開けてしまった以上、これから、ありとあらゆる災厄が府を、府民を襲う事だけは、最低限覚悟しておいた方がいい。

 我々としては、もう、この狂気が他府県に感染しない事に注力する事しか出来ない。

 府民がそんな調子な以上、最後の希望以外の全てが大阪民国を陵辱し尽くすまで、ただ見守る事が精一杯だ。

 FNNのインタビューに対して「今までの人、何してはったん?」と問うている府民がいるけれど、この疑問を、逆の意味で考えるという発想が、何故に出来ないのだろうか。

 真面目な話、日産のゴーンなんかにしてもそうなのだが、経費という経費、特に人件費というものを無制限に削るだけならば、赤字を黒字にするなんて、素人にもそんなに難しい事では無い。

 実際、こういう発想をするのは、基本的に経済の、素人中に素人ばかりだしな。

 そして、一般家庭においてならば、これで正しいとも言える。

 マクロの事を考えれば100%正解であるとは言えないが、一般家庭にそこまでの事を考えるように要求するのは明らかに間違いである以上、まあ、正解の範疇だと言えるだろう。

 だが、規模が大きくなればなる程、この考え方は通用しなくなる。

 前任のフェミ婆、その前任のエロダコは、確かに単なる無能者であったのかも知れないが、更に前の府知事、他府県の知事らが、その簡単な事を出来ない、或いはしようとしないのは何故なのか、少しは考えた方がいい。

 「公務員の抵抗が強いからだ」などと脳味噌が沸いているエログロヘタレ忍者系バカウヨクは言うのだろうけど、そういうステレオタイプのプロパガンダに何時の何時までも騙されて踊らされるのは、バカにされるべき低能、無能の証左なのだといい加減に気付け。

 殆どの都道府県知事は、橋下とは違って多少なりともの責任感があるから、ただ自分への賞賛の、支持の為だけに、多くの人間を奈落に叩き落とす、この狂った所業に手を付けるという事が出来ないのだ。

 やれば、今回の橋下のように、脳味噌に蛆が湧いているメディア、それに騙されてしまっている市民は、賞賛の声を、一時的にではあるが送るだろう。

 小泉構造カイカク宜しく、奈落は日々拡大していく事になるのだが、その闇が自分の実生活に影を落すその日まで、憐れな子羊たちは橋下の、メディアの狂気に、闇に気付かず、無邪気に賞賛して支持するだろう。

 そして、気狂いが知事職から降りる頃、漆黒の闇は大阪の殆どを覆い尽くし、少しの事では最早どうしようも無い程の状態になっている。

 最初に犠牲になる弱者層の喘ぎを「自己責任」で切り捨て、自分達の生活基盤を破壊し続けている気狂いを賞賛し続ける悲喜劇の結末がどのようなものとなるのか、聢とその目で確認するがいいだろう。

 さて、そうやって大阪を切り捨てるのは簡単なのだけど、それでは、「自己責任」と他人を切り捨てる事がカッコイイと勘違いしている銀河系のバカと同レベルだし、それより何よりも、このままではいけないと思っている大阪府民もいるだろうから、この狂気を終わらせる為のヒントくらいは示したいと思う。

 以下、経済コラムマガジンより。

プライマリーバランスの話

プライマリーバランスの回復


今日の日本の財政運営の基本方針は、2010年初頭(2011年と見なして良い)にプライマリーバランスを黒字化(回復)することである。まずプライマリーバランスを説明する。プライマリーバランスとは「国債などの借金を除いた歳入と、過去の借金の元利払いを除く歳出との比較」のことである。これが黒字化するということは、前者が後者を上回ることを意味する。

プライマリーバランスが均衡、あるいは黒字化すれば過去の借金は残るが、借金はこれ以上増えないことになる。つまり国の借金はなくならないが、どんどん借金が増える状況からは抜け出せる。このプライマリーバランスの回復によって、財政の破綻を免れ、持続可能な財政運営が可能になると財政再建論者達は主張する。

たしかにこのプライマリーバランスの回復という大方針は一般受けする。特にここ1,2年の増税と、法人税の増収があった。法人税の増収は大企業のリストラ効果に加え、驚異的な新興国の経済成長によって外需が好調に推移し、主に輸出企業の業績が良くなった(円安も寄与)からである。これらによって日本の財政は、たしかにプライマリーバランスの回復に一歩近づいた。そして政府・与党だけでなく、国民もこの財政再建路線がうまく行くと思い込んでいる。

小泉政権下で作られたこの方針は、今日、政府・与党の財政運営の基本方針となっているだけでなく、野党の民主党も特にこれに反対していない。逆に今日この大方針に反対するには、「国賊扱い」を受けることを覚悟する必要がある。唯一これに異議を唱えているのが国民新党である。「橋本政権以来、財政再建政策を採る度に国の借金は逆に増えている」という事実を国民新党は指摘する。しかし今のところマスコミは全くこれを相手にしない(そのうちこの話が本当のことと知って愕然とするであろうが)。

国の借金も家計の借金も同じと思っている国民にとって、プライマリーバランスの回復という方針は解りやすい。大きな借金を抱えていても、これ以上借金を増やさないというのがプライマリーバランスの回復である。誰もがこれは財政再建の一歩と考え、反対する者はいない。

しかし家計の借金と国の財政赤字とは全く違う。個人や家計がこれ以上借金を増やさないことは決して悪いことではない。ところが国が借金を増やさないということは、政府消費や公共投資を削減したり、増税を行うことを意味する。当然、これらはマクロ経済に悪い影響を与える。

一人の個人や一つの家計が借金を増やさないため、緊縮財政を採っても日本経済に影響はない(全ての個人や家計が借金返済に走れば話は別だが)。しかし国が借金返済に向かって走れば、日本のように慢性的な需要不足の経済を抱える国にとって悪影響は避けられない。この悪影響がここまで大きく表面化しなかったのは、たまたま新興国の経済発展による特需があったことと円安(政府・日銀の円安政策も影響)のためである。もちろん外需の恩恵を受けられなかった業種や地域経済は、既に緊縮財政によって大きな打撃を被っている。

国のバランスシートを静態的に見るか、動態的に見るかで、プライマリーバランスを黒字化(回復)政策の評価は正反対になる。バランスシートを静態的に見れば、増税と財政支出の削減を続けることは正しい。しかしそんなにプライマリーバランスの黒字化(回復)を良い政策と主張するなら、中途半端な緊縮財政を止め、もっと大胆な超緊縮財政を来年にでもやれば良いのである。それで経済の方が破綻すれば、今度は国民も政治家も目を醒すと筆者は考える。


悪魔の囁き

財政の状態を示す指標には、プライマリーバランスだけでなく他に色々ある。しかし財政再建論者達はこのことに口をつぐんでいる。例えば橋本政権の財政健全化目標は、単年度の財政赤字額をGDPの3%以内に収めることであった。EUへの参加条件もこれに近い。またOECDは、財政の健全性を見る指標に、名目GDPに対する債務残高の比率を使っている(債務比率)。さらにOECDは債務残高から金融資産を差引いた純債務のGDPに対する比率というものも使っている(純債務比率)。

日本の場合、政府の債務残高は大きいが、一方に政府は莫大な金融資産を保有している。したがって筆者は単純な債務比率でなく、純債務比率の方が日本の財政の健全性を見るにはより適切と考える。この辺りは04/12/13(第371号)「第一回財政研交流会」で詳しく取上げた通りである。

プライマリーバランス回復論者は、国のバランスシートだけを静態的に見ている。つまり財政のマクロ経済への影響を無視する。しかし財政が経済や経済成長率に影響を与えることは確実である。ところが彼等は、例えば「公共投資を増やしても、経済成長率は上がらなくなった」と言った明らかな嘘を平気でつき、これを否定する。

また外需依存経済によって円高になれば、常軌を逸したような為替介入を行う。小泉政権下では短期間のうちに35兆円もの為替介入を行って、経済を支えた。たしかに為替介入は財政支出にならないが、これは明らかな誤魔化しである。このような金こそ国内の投資に回すべきであり、もしこれを財政支出の拡大に使っておれば、今日の日本経済はもっと成長していたはずである。


緊縮財政が経済に与える悪影響は徐々にやってくる。財政はプライマリーバランス回復に一歩近づいたが、国民経済は一段と疲弊した。小泉政権流の財政運営が続くことによって、日本経済はさらに落込むと筆者は見ている。

先週号で「家計の可処分所得は2000年度の298兆円から2005年度の283兆円へ15兆円も減っている」ことを指摘した。本来、経済が成長して、逆に家計の可処分所得が増えていなければならないのに、逆に減っているのである。その差額が大企業の収益になっていたり、プライマリーバランスの回復に使われていると考えれば良い。

長期金利がわずか1.6%なのに、なんで「財政危機」なのか。政治家もマスコミも、そして国民も全て騙されているのである。ところが肝腎の政治家の大半が騙されていることにいまだに気が付いていない。

国民は「日本経済は戦後最長の景気拡大を続けている」という官僚が作った嘘話にずっと騙されてきた。しかし先の参議院選挙で与党は大敗した。有権者は経済状態が確実に悪くなっていることを実感しているのである。ようやく政治家の中にも、この「プライマリーバランスを黒字化(回復)」政策が間違っているのではないかと気付く者が出て来た。筆者に言わせれば「ようやく気が付いたか」ということになる。


ふっと気が付くと経済コラムマガジンも今週号が500号ということである。しかし筆者の言わんとしていることは、今週号に集約されているような気がする。「プライマリーバランスを黒字化(回復)」方針こそが「悪魔の囁き」なのである。

(経済コラムマガジン第500号より)

 偉大なる気狂いの所業により、大阪府は本当の破滅にまた一歩近付いた。

 終末を防ぐ事が出来るのは、大阪府に住まう、大阪府で生活している市民のみであり、所詮我々は、警告を発する事しか出来ない。

 出来るだけ多くの大阪府民が、そして日本国民が、この警鐘を受け取ってくれる事を切に願う。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 9420
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

構造改革の時代をどう生きるか 成果主義・拝金主義を疑え!
森永 卓郎
日経BP社
売り上げランキング: 81056
おすすめ度の平均: 3.5
2 コラムを本にするのは?
5 今輝きを増す森永理論


PR情報
GetAmped2:ゲットアンプド2
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>>小泉政権下では短期間のうちに35兆円もの為替介入を行って、経済を支えた
改革真理教の信者が政府発行紙幣を言い出したのは、またこれをやる気だろうと危惧しています。米国債や米株を買ってアメリカ経済を買い支える気だろうと。
富の国外流出を塞がないとどうにもなりません。
2009/02/11(水) | URL | open #-[ 編集]
小泉の尻尾たる橋本知事が支持を集めるあたり、いまだにカイカク真理狂の勢力は根深いのでしょうね。
しかしこいつは元弁護士の癖に法律を無視するようなことを平気でくりかえすのはなんなのでしょう?
2009/02/11(水) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
 皆さん、今日は。国道134号鎌倉です。浪人さん、いつもお世話様です。

>真面目な話、日産のゴーンなんかにしてもそうなのだが、経費という経費、特に人件費というものを無制限に削るだけならば、赤字を黒字にするなんて、素人にもそんなに難しい事では無い。

 左様でございます。単なる経費削減だけなら、結果に責任を問われない絶対的権力と厚顔無恥があれば、だれでもできることです。
 ゴーンもここへ来て、ついに化けの皮が剥がれてきたようですね。私は、今のGMやクライスラーは、3年後の日産の姿と思っています。政府が日産支援を行う際は、ルノーとの提携解消及びルノーに連帯保証させることを絶対条件とするべきです。

>殆どの都道府県知事は、橋下とは違って多少なりともの責任感があるから、ただ自分への賞賛の、支持の為だけに、多くの人間を奈落に叩き落とす、この狂った所業に手を付けるという事が出来ないのだ。

 これも浪人さんのおっしゃる通りです。
 他に、労働組合(自治労)が知事の暴走に対する抑止力になっていることも無視できません。しがらみには批判もありますが、権力者に対するしがらみは暴走に対する歯止めになっていることは否定できません。
 わが県の松沢成文知事も本質的には橋下と同類ですが、橋下と同じことをやったら知事の座を維持できないので、橋下の真似はできません。
 そういう意味では、官公労批判はやりすぎだと思います。官公労、特に自治労は、民間の御用組合(自動車総連や電機連合)よりはよっぽどまともです。
 マスコミやネットも、官公労を批判する暇があるなら、民間の御用労組を俎上に上げるべきです。
2009/02/11(水) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
公務員のなけなしの給料削って、公共事業を手当たり次第に削減しまくって、学校への助成金まで減らせば、そりゃあ黒字化くらいはしますよ。
その代わり、大阪府民の生活はどんどん酷くなるでしょうね。橋下本人は芸人時代、年収1億とも2億とも言われてましたから、何ともないんでしょうが。まあ、少し前まで芸人やってたような人を知事に選んだんですからいわゆる自己責任(笑)ってやつですよね。

これに関連して面白い記事を見つけました。

「橋下氏の強い地域、学力低い」と判明(kei999の日記)
ttp://d.hatena.ne.jp/kei999/20081228

やっぱりテレビは毒以外の何者でもないです。一億総白痴なんて一昔前は言われたみたいですけど、ほんとにそうなっちゃいましたね。
2009/02/11(水) | URL | ぴかちゆう #gg36Nr4I[ 編集]
はじめまして
この経済コラムってのは誰が書いたものなんでしょうか?
もうちょっといろいろ読んでみたいと思いまして。
2009/02/11(水) | URL | えっと #-[ 編集]
リンク置いておきますね。

http://www.adpweb.com/eco/

2009/02/12(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
恐らく、狙いはそれでしょう。

全く、売国の為ならよ本当にく働くアタマだと、本気で感心しますね。
2009/02/12(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
職業云々よりも、根本的な人間性が腐ってるんでしょう、多分。

弁護士だろうと医者だろうと教師だろうと政治家だろうと、クズは所詮クズでしかない、という事ですね。
2009/02/12(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
カスゴミの自治労叩きは、彼らがダメリカ様と罪魁様の為のカイカクにとって、とても邪魔な存在だからですね。

スポンサー様の利益が第一ですから。

ネットの方は、とても「めでぃありてらしぃ」に溢れる方々ですので、そんなカスゴミの情報操作に見事に踊らされているだけです。

まあ、小泉・ケケ中程度の白痴にB層扱いされる程度の知能しか持たないイキモノ達ですので、詮無き事といったところですね。
2009/02/12(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、エロダコにフェミ婆に橋下くんと、三代も続けて芸人知事を誕生させている訳ですから、流石に、「大阪民国人は民度が低い、自己責任だ」と言いたくもなってきますね。

東朝鮮の異名は伊達じゃ無い、とも。

>やっぱりテレビは毒以外の何者でもないです

まあ、そうですね。

考える力、考える習慣というものがあれば、それ程の害悪でも無いのですが、そういうのがある層というのは、得てしてテレビなんか見なかったりしますしね。

ただ、例えばテレビが完全に廃れて、情報収集の手段がネットに移行したとしても、考える力、習慣が無ければ結局同じ事だったりします。

どんなものも、所詮は使う人間次第、て事ですかね。
2009/02/12(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
荒井さん。

アクアデータ企画(株)代表。

URLはろろさんの米参照ヨロシク。
2009/02/12(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
こんにちは。
大手メディアが称賛する「橋下知事の府財政黒字化」ですが、やはりタネがあったようです。
詳しくはリンク先の日経記事にありますが、この「黒字化」は、
1.公共施設の廃止、職員給与減額による大幅な支出の削減
2.減債基金の一般会計への繰り入れ禁止により生じた剰余金
3.将来の支出軽減の範囲内で発行が認められる「行政改革推進債」の起債
によるものだという事です。
http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news004958.html
さらにこの記事は締めくくりに「(この後)税収の落ち込みが予想以上に進む可能性もあり、今後の財政運営は予断を許さない。」と書いていて、今後には不安がある事も指摘しています。今、手放しで橋下知事を賞賛している人々が、一年後、二年後にも同じ評価をするかどうか、注目したいと思います。
ところで、この記事は「ニッケイ関西版」に載った物です。最近特に、「全国紙より地方紙」「本社より支局」の方が「まともな記事」を載せる傾向が多くなっているような気がします。
2009/02/12(木) | URL | JAXVN #c0YoYibA[ 編集]
先の日曜日から帰省しておりまして、ネットとは無縁の生活をしておりました。
で、たまたま普段は観ない昼のTV(日テレ・ミヤネ屋)を観ていたところ、橋下の件のハナシをやってました。当然、「就任初年度収支黒字、ハシモトマンセー」・・・。
まぁ、これだけ福祉教育や職員給与を容赦なくカットすりゃあ当然だろうが、あんまり持ち上げると府民が黙っちゃいないだろうと思っていたのですが、こんな反応なんですか、府民の方・・・。思うに、郵政解散でコイズミタケナカに騙されて現在の惨状を招いたB層そのまんまですね・・・。切り詰めた予算のツケは「ハシモトマンセー」という府民(言ってない人にも)に返るという現実を、ハシモト支持の府民の方々には学習してもらいたいものですね。
2009/02/12(木) | URL | bronks #-[ 編集]
今回のニュースは
2chなどのネットでも
橋下さんを絶賛する書き込みが殆どのようですね。

http://aruite5.blog.shinobi.jp/Entry/1106/#ps1106
http://newtou.info/entry/707/

しかし、中には
>資産売却などの要因だと今年だけで終わる。

>歳出削減するということはどこかで府民にしわ寄せがいっているということ

といった冷めた意見も少しだけありました。
売れるものも売っちまったし、来年度の赤字は確定のようです。
なんだかジリ貧を免れ得ないような気が・・・
あの人は法曹界の出身だから、本格的な経済政策って出来るのかしら?
ブレーンにはそういう人いないのかなあ?


「小泉劇場」をそのまんまパクった手法は見事です。
小泉 VS 抵抗勢力
橋下 VS 抵抗勢力
まんま一緒でしたねw
特に単純でわかりやすく見せるところがw

個人的には、「自己責任」という言葉を乱用する人は
なんだか信用しないようにしてます。
「自己責任」って、その言葉自体が発した人の「責任逃避」を前提にしてしまうというか、先々の出来事に対しての姑息な保険、てなイメージがあるんです。

乱文、失礼しました。
2009/02/12(木) | URL | ビリー・ザ・マッド #-[ 編集]
>「全国紙より地方紙」「本社より支局」の方が「まともな記事」を載せる傾向

地方の方が、中央よりも荒廃を目の当たりにしている分だけ、危機意識というのが多少なりともあるのでしょうね。

まあ、これまでのパターンでは、そういう良貨は何時の間にか悪貨に駆逐されているのですけど。
2009/02/13(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
実生活に深刻なダメージを受けるまで、自分が為出かした事の重大さには気付けないでしょうね、橋下信者らは。

せめて、手遅れになる前には気付いて欲しいものです。
2009/02/13(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
「自己責任」という言葉は、上の人間が下の人間に押し付ける言葉では無い事だけは確かですね。

大体、「ケツはオレが持つ」くらい言えないようなちんけな人間が、人の上に立つ器な訳が無いです。

そんな蛆虫のクソをマンセーしているバカウヨクの脳と器の大きさというのも、知れたものだという事ですね。
2009/02/13(金) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1578-63c9a4f7