FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → ウヨクがサヨクと呼ぶ珍聞の斜説

ウヨクがサヨクと呼ぶ珍聞の斜説
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「給付金」攻防 小泉発言はもっともだ

 自民の現状を象徴するかのような現首相と元首相の“内輪もめ”である。ただ、小泉元首相が世間に不評を買う定額給付金関連法案の再可決に異を唱えたのはもっともだ。与野党協議で打開を図れ。

 小泉純一郎元首相は郵政民営化推進派議員の会合で、見直し発言を繰り返す麻生太郎首相に「首相失格」の烙印(らくいん)を押した。

 「奇人変人」呼ばわりされたことも、よほど腹に据えかねたのだろう。「自分では普通の人だと思っている」とぶぜんとした表情を見せた。

 「どっちもどっち」ともいえる感情的な言動はともかく、依然影響力を持つ小泉氏の一撃で、麻生降ろしの動きが陰に陽に活発化することになりそうだ。

 注目したいのは、衆院の与党「三分の二」勢力を背景にした「再可決」戦術の問題点を小泉氏が突いた点だ。定額給付金の財源を確保する二〇〇八年度第二次補正予算関連法案について「(参院否決後)三分の二を使ってでも成立させなければならない法案とは思っていない」と言ってのけた。

 衆院三分の二勢力は、小泉政権下の〇五年郵政選挙で得た議席だ。一方、〇七年の参院選で安倍自民は惨敗、参院で野党が多数を握るねじれ状態になっている。

 直近の民意を葬ることになる衆院再可決は異例の措置であるはずだ。なのに信任を得ていない福田、麻生両政権はインド洋での給油継続法などで六回も行使。そして次は定額給付金では度が過ぎる。まして郵政民営化に反対だったとも語った麻生氏が、郵政選挙でもたらされた三分の二を使うのは筋違いも甚だしい-。小泉氏の思いはこんなところだろう。

 再可決は与党から十六人の造反者が出ればできないとされる。自民、公明両党執行部は小泉発言に困惑しながらも参院で否決され次第、再可決に臨む方針。民主党は“言い出しっぺ”の小泉氏が二十日にロシア外遊から帰国するのを待って参院で否決するという。

 解せないのは、多くの若手議員らが麻生批判をした小泉発言に共感する一方、造反には慎重姿勢を示していることだ。ここは筋を通すべきではないか。予算関連法案の反対は不信任に等しいというなら、給付金撤回など与野党協議での事態打開を執行部に求めるべきだ。その努力はどうした。

 小泉氏の“正論”に耳をふさぎ再可決を決め込むようでは、有権者の反発は倍加して自民党総体に向かうのではないか。
(2009年02月14日 中日新聞)

 ほーら、言った通り、カスゴミ様の小泉カイカク擁護が始まった。

 件の郵政選挙の時も、確かに、時折批判的な人物に語らせていたりもしてはいたけれど、肝心要の部分においては、絶対に、小泉構造カイカクを後押しする発言しかしなった。

党のリーダーが最優先にしている公約にしている政策なら、反対派を排除してでも実現しようとするのは当然だろう

一つの法案に反対した前議員を容赦なく追いつめる。非情と写るやり方ではあっても、自民党を政策本位の政党に作り替える剛腕だと評価もできる。それが内閣支持率の上昇につながっているのだろう

 まるで惨景珍聞の正論(笑)のような文章だが、これを書いたのは、小泉信者が小泉に否定的だったと主張するアカピー、俗称「朝日新聞」と呼ばれるチラ裏雑文屋だ。

 一つ目が〇五年八月十二日、二つ目が〇五年八月二十三日に書かれたもの。

 アホなウヨクやホシュは勘違いしているが、アカピーを始めとするカスゴミが批判していたのはあくまで「首相の靖国参拝」「中韓の首脳との不和」という部分であり、小泉政権の政策の方向性、小泉個人の政治家としての資質に対しては、盲目的なまでに支持の方向性だったと言える。

 そんな事も読み取って理解できないドサンピンが「めでぃありてらしぃ」をエラソーに語っているなんて、一体何処の皮肉屋が書いた喜劇なのかという話な訳だが、取り敢えず、その部分は置いておくとして、そういう事な訳だ。

 そして今回も、見事なタイミングで、小泉に優位に事が進むように、小泉擁護の社説、記事を、普段からサヨク、反体制派として名が知れ渡っている珍聞が展開する。

 ちなみに、アカピーてんてーの今回の斜説はこんな感じ。

小泉発言―あきれる自民の右往左往

 「怒るというよりね、笑っちゃうくらい、ただただあきれている」。このところ表舞台から姿を消していた小泉元首相が、せきを切ったように麻生首相への激しい批判をぶつけた。

 小泉氏がやり玉にあげたのはまず、郵政民営化をめぐる首相の一連の発言である。反対だったと言ったかと思えば、賛成したと言い、分社化の見直しに触れた直後に、見直しの中身を言う立場にないと退き……。

 この発言にあきれているのは小泉氏だけではない。4年前の郵政総選挙で得た議席があるからこそ、衆院の再議決で野党をかろうじて抑え込んでいるのに、そのおおもとの大義を首相自らがぐらつかせるとは。国民もそこに厳しい目を向けていることは14%にまで落ち込んだ内閣支持率で明らかだ。

 小泉氏は衆院再議決にも疑問を投げかけた。「定額給付金は(衆院の)3分の2を使ってでも成立させねばならない法案だとは思わない」

 野党優位の参院は近く、定額給付金を含む第2次補正予算の関連法案を否決する。政府与党は衆院での再議決で成立させる構えだが、党内にいぜん大きな影響力のある小泉氏が再議決に背を向けるとすれば、動揺は必至だ。

 小泉氏は「政治に一番大切なのは信頼感だ。首相の発言を信じられなければ選挙は戦えない」とも述べた。倒閣宣言ともとられかねない言葉だ。

 自民党内は大揺れだ。首相はきのう「私に対しての叱咤(しった)激励だと感じました」と述べたが、この4カ月余の麻生政権の迷走に不満を募らせていた議員の間には、閉塞(へいそく)感を打ち破ってくれたという安堵(あんど)の空気も広がっている。

 深刻化する不況、下落し続ける内閣支持率。麻生首相のままではとても総選挙は戦えないという思いは強まるのに、「反麻生」の旗はだれもあげようとしない。そんな焦りの中に、小泉氏が絶妙の一石を投げ込んだ形だ。

 だが、そもそも麻生氏を重用し、首相の座をうかがえるところまで押し上げたのは小泉元首相その人である。定額給付金に疑問があるならもっと早く声をあげるべきではなかったか。

 今回の小泉発言で、結果として自民党に国民の耳目が集まったのは間違いない。得意の短い発言で流れをつくる「小泉劇場」の再現を狙っているとすれば、それは引退を表明した元首相がやるべきことではあるまい。

 いや、小泉氏が本気で首相に政策転換を促すというのなら、定額給付金をめぐる衆院再議決では言葉通り「反対」の行動をとるべきだ。

 情けないのは、麻生政権に批判や不満があるのに、正面から主張しようとしない自民党の議員たちだ。福田前首相にも、自ら公約した道路特定財源の一般財源化が骨抜きになったことを、どう思っているのか聞いてみたい。

(2009年02月14日 朝日新聞)

 まず、前半部分において、今回の小泉の発言を「小泉氏が絶妙の一石を投げ込んだ」と、見事な、民意に添ったものであるかのように賛意を表し、今回の小泉の発言そのものは正しかったと規定する。

 次に、真ん中部分あたりで「だが、そもそも麻生氏を重用し、首相の座をうかがえるところまで押し上げたのは小泉元首相その人である」と小さな異議を挟み、「別にマンセーしてる訳じゃ無いよ」という意思表示をする。

 そして最後に、「小泉氏が本気で首相に政策転換を促すというのなら、定額給付金をめぐる衆院再議決では言葉通り「反対」の行動をとるべきだ」「情けないのは、麻生政権に批判や不満があるのに、正面から主張しようとしない自民党の議員たちだ。福田前首相にも、自ら公約した道路特定財源の一般財源化が骨抜きになったことを、どう思っているのか聞いてみたい」と、小泉一派、そして信者への「煽り」を入れて締めとする。

 流石、「くおりちーぺーぱー」とでも言うべきか、チャン日珍聞よりかは遥かに、アホで無知で単細胞なネトウヨどもの特性を掴んでいるというか、上手い斜説だな、と感心しますたよ、いや、マジで。

 まあ、何にしても、余程のノータリンでなければ、このアカピーの斜説からでも、アカピーがカイカクに賛成なのか反対なのか、小泉路線に賛成なのか反対なのか、くらいは読み取れるわな。

 つーか、最低限、それくらいは読み取れてくれ、頼むから。

 日本人の知的レベルが押し並べて例の変態ス○トロセクハラ忍者レベルの、この程度の事も読み取れないレベルなんだとしたら、流石に悲し過ぎるから。

 ちなみに更なる笑い所は、もう一つの斜説で、例の「かんぽの宿」について語っているところ。

 前エントリーでも書いたように、郵政民営化問題とかんぽの宿事件問題は同一線上にある問題であり、語るのならば、交えて語っていく必要性がある問題だと言える。

 ところが、天下のアカピーてんてーは、わざわざ、二つに分けて、あくまで別々の問題として語り、かんぽの宿問題における小泉、ケケ中、武部、世耕らの責任問題にも一切言及せず、小さな不祥事の一つとして流そうとしておられる。

 この問題が、郵政民営化から郵政利権化に繋がる重大な問題である事を、頑なに認めようとしない。

 アカピーが、カスゴミが、誰の、何の味方なのか、何処かのバカ忍者のように脳味噌が深刻なエラーでシステムダウンしてなけりゃ、見えてきたんじゃあないかね。

 といったところで、今回はオワーリにします。

 来週もまた、見て下さいねー。

 んがぐぐ。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
小林 興起
光文社
売り上げランキング: 776
おすすめ度の平均: 4.5
5 彼こそ本物の政治家だ!!
5 物事の本質
5 小泉純一郎が売国奴であることを証明する書物
5 マスコミが黙殺した、郵政民営化の真の受益者は米国という声
5 郵政民営化と改革という甘い言葉に騙された貴方達へ。

奪われる日本 (講談社現代新書)
関岡 英之
講談社
売り上げランキング: 79115
おすすめ度の平均: 4.5
4 文献(レポート)を鋭く読み解く力がある著者
4 「品格」や建設的対案は望みがたいが部分的正論には耳を傾けるべき
5 『郵政民営化』の真の姿
4 現日本の政治への警鐘
3 問題点提示に5つ解決策提示に1つ平均して3つ星


PR情報
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び

すっごい私信

喜八さんへ

城内先生の応援ブログに記事を一つ書いて欲しいというご依頼だったのですが、すっごい無意味に忙しい日々が続いていて、ちょっと無理そうです。(´;ω;`)

勝手だとは思いますが、この辺で適当に書いている記事から、関係ありそうな、且つ、あちらに載せる意味がありそうな記事を選抜して頂き、転載して頂けないでしょうか?

別に、それならイラね、という事なら、ほっといて下さっても結構です。

というか、メールで返そうと思っていたのですが、メールボックスはメールボックスでエラい事になっているので、ここでのメッセージにさせて頂きます。

あと、返事が遅くなってごめんなさい。m(_ _ ")m

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
件のコイズミのアソー批判が出た時点で、朝日の様な反応が出てくる事は予想していましたが、それにしても、なんとまあアケスケなwww
郵政解散当時、いや、コイズミ首相誕生時より、陰に日向に彼を応援していた朝日。それにしても、そのコイズミカイカクが見るも無残に国民生活を破壊しつくした現在においてもまだ、ノーテンキにマンセーとは・・・。さすがは売国メディア。一体外資からどれだけタンマリご褒美貰ったんでしょうか?社会の木鐸が聞いて呆れます。それこそ、「怒るというよりね、笑っちゃうくらい。ただただあきれて」います。
系列局の報ステでは、「かんぽの宿」疑惑で古館が見苦しいカイカク擁護をしていたらしいですね。このところ同じ位見苦しいカイカク擁護をしている田原総一郎のブザマな言い訳が、今から楽しみです。
2009/02/14(土) | URL | bronks #-[ 編集]
  さすが浪人さん。

  そこらの「にんきブロガー」と目の付け所が全く違いますね。

  関連ありそうな記事を貼っておきます。

【小泉否定】 ついに反乱の狼煙が上がった 【自民崩壊】
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-234.html

  古いものですが、見立てはだいたい誤っていないと思うので貼らせていただきます。

独裁者・小泉純一郎が怖れるもの
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-47.html

【黒幕】小泉新党について【始動】
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-124.html

「小泉新党」はもはや秒読み段階に入った
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-220.html

  2匹目の鳩が「壊し屋」のところに飛んでいったり、十勝の子ヒグマが突然ライオンに噛みついたり、そういう展開もありそうですね。彼らが生き残るにはそれしかないでしょう。
2009/02/14(土) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
直接は見てないのですが、聞いた話ですと、フルタチは酷かったらしいですね、あらゆる意味で。

毎度毎度、無様としか言えないグダグダぶりを晒しながら、よくまあ恥ずかしげもなくキャスターやってられるものだと、変なところで感心してしまいますね、彼には。
2009/02/15(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
TBありがとうございます。

ぽっぽさん2号には、是非とも国民新党に入党して貰って、郵政利権問題の追及を続けて欲しいところですね。

中川昭一センセは、新党大地あたりにでも移籍して、地域に密着した政治家の在り方というものを、ムネオセンセに叩き込んで貰えば、それなりの政治家として返り咲けるかも・・・ですかね。

まあ、普通にミンスに移って・・・という展開だけは、出来れば止めて欲しいところではあります。

自民に残られるよりかはマシですが。
2009/02/15(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1581-a7e1db7a
あの今期限りで引退するという小泉氏が麻生首相の郵政民営化見直し発言で「怒るという より、笑っちゃうくらいあきれている」と述べたという報道はご覧になられたかと存じます。 【政治】小泉元首相「麻生首相の郵政見直し発言、笑っちゃうくらいあきれた」と批判★9 ...
2009/02/14(土) | 帝國ブログ