FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → ケケ中センセーの不肖の朋友(ポンヨウ)大暴れの巻

ケケ中センセーの不肖の朋友(ポンヨウ)大暴れの巻
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「かんぽの宿」騒動で分かった!
賛否両論なき日本のネットはゴミの山
~今こそトーマス・ジェファーソンの名言に学べ~


 私は“かんぽの宿”騒ぎで色々なことを考えさせられましたが、その中で、インターネットについても宗旨替えせざるを得なくなりました。少なくとも日本では、インターネットは民主主義やジャーナリズムといった社会の基盤の強化には全く役立っていません。マスメディアが苦境に陥ってもインターネットがあれば大丈夫なんて理想論は忘れましょう。日本における民主主義やジャーナリズムの将来のためには、マスメディアの再生が不可欠なのです。

トーマス・ジェファーソンの名言

 トーマス・ジェファーソンのことを知らない人はいないでしょう。米国が欧州の植民地支配から独立するときにアメリカ独立宣言を起草した人物であり、民主主義の歴史を語る上で欠かせない人物です。では、読者の皆様は、そのジェファーソンが1787年に記した以下の名言をご存知でしょうか。「“新聞のない政府(a government without newspaper)”と“政府のない新聞(newspaper without a government)”のどちらかを選べと言われたら、私は迷わず後者を選択するであろう。」

 そうです。民主主義の旗手であったトーマス・ジェファーソンは、民主主義の維持のためには政府よりもジャーナリズムの役割が重要であることを、18世紀末の時点で喝破していたのです。

 時代は移って21世紀に入り、デジタルとインターネット(以下“ネットと略します)の普及によって、世界中の新聞が広告収入の激減で瀕死の危機に喘いでいます。新聞ほどひどくないにしても、テレビ、特にローカル放送も同様の苦境に直面しています。トーマス・ジェファーソンが重視した新聞のみならず、ジャーナリズムの担い手であるマスメディア全体が崩壊の危機にあるのです。マスメディアのビジネスモデルが時代遅れになったことが最大の要因であり、経済危機はそれを早めただけに過ぎません。

インターネットに期待された役割

 その一方で、マスメディアから逃げ出した広告費が流入してネットは隆盛を極めています。その中で、マスメディアはネットを積極的に取り込み、草の根のシチズン・ジャーナリズムが勃興し、今やネットがジャーナリズムの担い手になるかのような勢いです。では、それは良いことなのでしょうか。

 言い方を変えると、ネットの黎明期に“ネット上ではすべての個人が自らの意見を発信できるようになるから、ネットの普及とともに民主主義が強化されるであろう”と言われていましたが、ネットが十分に普及した今、それは正しい洞察だったと評価できるでしょうか。

 私は個人的に、“かんぽの宿”騒ぎを通じてその答えが明確になったと思っています。日本のネットはゴミの山であり、ジャーナリズムの担い手になり得ないことはもちろん、民主主義の強化に何の貢献もしていないと確信しています。

“かんぽの宿”騒ぎの
本当のインプリケーション


“かんぽの宿”はいよいよ大騒ぎになっています。もちろん、真実はまだ明らかにされていません。ただ、今回の騒ぎは別の点で教訓を提示していることに留意すべきです。

 皆さんもグーグルやヤフーで“かんぽの宿”を検索してみてください。検索結果の最初の数ページを開いてみると、驚くまでに同じような内容、具体的にはオリックス政商論、小泉?竹中?宮内陰謀論、日本郵政不正論のオンパレードです。それも、評論家と称する一部の人たちの意見の引用と礼賛ばかりが目につきます。もちろん、丹念に探せばそれと反対の意見もネット上に出ているのでしょう。しかし、検索の上位に来なければ埋もれるだけです。

 民主主義が貫徹されるためには、どんな事象についても賛否両論が健全に展開されるべきです。そのためには、トーマス・ジェファーソンの言葉からも明らかなようにジャーナリズムが重要な役割を果たすのです。ところが、“かんぽの宿”から明らかになったのは、日本のネット上は同じような一面的な評論とその安直な引用ばかり、情報のゴミ溜めとなっており、今のままではマスメディアに代わってジャーナリズムを支え、民主主義を強化する器にはなり得ないということです。スキャンダルやゴシップの集積場でしかないのです。

 それに比べると米国では、ネット上で様々な問題について検索すると、大抵の場合は検索上位で賛否両論が見つかりますので、ネット上でも民主主義とジャーナリズムがある程度根付いていると言えるのでしょう。もちろん、ネットは基本的にゴミ溜めになっているという点では日本と同じですが。

 では、なぜ日米でこのような差が生じるのでしょうか。ネット自体が悪いわけではないと思います。私見になりますが、日本社会にはまだ民主主義が十分に根付いておらず、かつ本当の意味でのジャーナリズムが存在しない、というのが最大の理由だと思います。日本に本当の意味での民主主義が持ち込まれたのは敗戦後であり、その歴史はまだ浅いと言わざるを得ません。また、日本の記者の大半は、本当の意味でのジャーナリストではなく、数年で異動して担当も代わるサラリーマンです。

 そのように考えると、日本のネット上が民主主義やジャーナリズムとはかけ離れた世界になるのは、やむを得ないと言わざるを得ません。

ジャーナリズムを支える
マスメディアの再生が不可欠


 だからこそ、瀕死の事態に直面している新聞やローカル放送をはじめとして苦境に喘ぐマスメディアの再生は、日本の将来のために不可欠です。マスメディアが衰退してネットが主流になっては、まだ日本に完全には根付いていない民主主義やジャーナリズムがいよいよ今まで以上に廃れるだけです。

 私は、マスメディアの再生のためには、古くなったマスメディアのビジネスモデルの進化が不可欠だと主張してきました。しかし、今やそれだけでは不十分と言わざるを得ません。同時に、民主主義を支える公器としてマスメディア自身が今一度ジャーナリズムを強化することも必要ではないでしょうか。ある意味、ネットの世論の堕落は、ワイドショーを中心としたマスメディアの報道の堕落を反映しているかもしれないからです。マスメディアが一層しっかりとして、ネットにも良い影響をもたらさなければならないのです。

 これまでネットの様々な可能性が語られてきましたが、ビジネスやエンターテイメント、技術といった側面に偏っていたのではないでしょうか。私自身、自分のこれまでの主張について“かんぽの宿”問題を契機に深く反省しました。ネットの将来を考えるに際して民主主義やジャーナリズムの観点を欠いては、ネットは単なる流通経路、ゴミ溜めでしかなく、決して成熟したメディアにはなれないでしょう。

 いずれにしても、経済危機が深まるにつれ、世界的にマスメディアの苦境は更に厳しいものとなっています。そうした中、世界的にマスメディア、特にローカルメディアの再生に向けた新たな取り組みが徐々に出始めています。次週は、そうした点について説明しつつ、民主主義やジャーナリズムという観点を加味した場合、マスメディアの再生はいかに行うべきかを考えたいと思います。

(Diamond Online「岸博幸のクリエイティブ国富論」より)

 さて、中身を論じる前に、知っておくべき前提知識を一つ。

執筆者プロフィール

岸 博幸
(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス非常勤取締役を兼任。

 凄まじい程の分かり易いプロフィールだな、オイwwwwww

 ケケ中平蔵の元秘書官で、郵政民営化を含む小泉構造カイカクに深く関わった人間が、「かんぽの宿問題で賛否両論が無いから日本のネットはゴミ」って、笑わせようとしてるとしか思えないwww

 つーかだな、ジェファーソンくんの「“新聞のない政府(a government without newspaper)”と“政府のない新聞(newspaper without a government)”のどちらかを選べと言われたら、私は迷わず後者を選択するであろう」という言葉と、「賛否両論の無いジャーナリズムはゴミ」という論旨、「故にネットはジャーナリズムの代替にはならない」という結論との繋がりが、イミフもいいところでつよ。

 流石、ミスター詭弁士・ケケ中平蔵のお仲間だけの事はある。

 そもそもなんだが、一部の本気で勘違いしたお馬鹿なネトウヨを除いて、殆どの人間は、ネットがカスゴミの代替になるとは思っていないし、代替を目指している訳でも無い。

 インターネットは、いや、そもそもは新聞もテレビもそうだが、全てのものは、所詮はツールに過ぎんのだ。

 その事を忘れ、情報操作、情報隠蔽、事件捏造などの暴走を繰り返すイカれたカスゴミへの不信感を、インターネットが加速させたというのは事実だが、だからと言って、別に代替を目指している訳じゃあ無い。

 カスゴミの没落は、インターネットの登場が原因というよりも、その異常な性質が、ネットというツールを使う人間によって暴かれた事が原因、つまり、根本的な、最も大きな原因は、カスゴミが元々抱いていた体質にある。

 そこに気付いていた人間が、ネットというツールを使ってそれを告発し、広めただけ。

 ただそれだけの事に過ぎない。

 本来的には、新聞は新聞の、テレビはテレビの、そしてネットはネットの、それぞれの役割があり、互いが互いを補完し合う関係を目指せるし、目指すべきなのだ。

 それが出来ないのは、これまで情報を一括管理し、民衆をコントロールしてきた地位を手放したく無い、狂ったカスゴミの根性と体質の所為。

 そして、その体質こそが、カスゴミの没落の最も大きな要因。

 ネット自体は、別に完璧なモノでも何でも無い。

 誤謬も無数にあれば、安易に暴走する、し易い性質を持っている事も確か、人間の集団であるが故、一方に偏り易い性質を持っているのもその通りだ。

 ダメリカのインターネットと比べ、日本のインターネットにそいう傾向、一方に偏り易い性質が強いのは、元々、ダメリカ塵と比べ、日本人がそういう性質の強い民族性だからだろう。

 だがしかし、それを以て「日本社会にはまだ民主主義が十分に根付いておらず」というのは、流石、ダメリカマンセー、ダメリカ真理教のケケ中大センセーのお仲間らしく、見事な自虐、侮日っぷり。

 アホにも分かるように解説してやるが、賛否両論というのは、民主主義の絶対条件でも何でも無い。

 賛否両論があった時に、片方をもう片方が、暴力や権力、恫喝などの手段を使って潰そうとせず、相手の意見を言う権利を尊重し、あくまで議論の中で決着を付けようとする姿勢こそが、民主主義の絶対条件なのだ。

 例えば、一つの法案に反対する同党の議員を除名した挙句、更には刺客まで送り込んで抹殺しようとしたり、自分の意見に賛成しない者、自分の主義主張に対して反対する者の職を奪い、生活の基盤を叩き壊そうとしたり、そういう野蛮な愚行を行う者、つまりはカイカク真理教の旗振り役こそ、民主主義の冒涜者であり破壊者なのだと言える。

 結論に移ろう。

 ネットは別に、一部ネトウヨが持ち上げるような万能の存在では無く、カスゴミに取って代わるような性質を持つモノでは無いが、使い方次第では十分に有用なツールであり、民主主義を、ジャーナリズムを補完し得ないというのは、ジャーナリズムを大衆操作の為の道具として使っている既存カスゴミ、そして権力者の詭弁。

 寧ろ、民主主義にとって有害なのは、自分達に従わない、自分達の主義主張に反対する者に対して、フェアな議論では無く恫喝や権力の行使などという野蛮な方法を使ってでも、それらの意見を封殺しようとする者、小泉、ケケ中、武部、世耕、安倍、その他カイカク真理教の幹部連の気狂いども、その蛮行を崇め奉り、ただひたすらにマンセーしているDQN信者ども、それを煽り囃し立てる、岸博幸くんのような御用学者ども。

 民主主義やジャーナリズムの発展を望むなら、オマエラ蛆虫のクソのクソにも劣る最下等生物こそ、さっさと舞台を去れ。

 貴様らのようなゴミが政治の、ジャーナリズムの、アカデミズムの現場から消えて失せる事こそ、民主主義の、ジャーナリズムの、そして人類の発展の最重要事項なのだから。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 14188
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

おテレビ様と日本人
おテレビ様と日本人
posted with amazlet at 09.02.15
林 秀彦
成甲書房
売り上げランキング: 21109
おすすめ度の平均: 4.0
4 テレビは最悪の破壊兵器
4 テレビを視ると馬鹿になる?


PR情報
ホテル+格安航空券のグローバルトラベルオンライン
Exciteローン特集≫厳選6社比較
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
文科系学者って嫌いなんだよ。右も左も脳内妄想だらけで、まさに「曲学阿世」そのものでしょう。こいつは「学者」じゃなくて「詐欺師」。それを担いでいるカスゴミも同罪。万死に値するな。
2009/02/15(日) | URL | 勤務医 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/15(日) | | #[ 編集]
このセンセイこんな程度の低い文章を発表しちゃっていいんでしょうかねw
日本語の能力が低すぎて何言ってんだかわかんないけどネットを敵視してることは解ったw後ろめたい人には特にやっかいだからね、ネットは。でもナンデモカンでも自己責任大好きのグロー罵詈ストのくせにマスゴミがネットに負けたのはネットが悪いみたいないいがかりはダブスタもいいところじゃないか?ジェファーソンのあまりの買いかぶりといい、このセンセイこそ一方的なアメリカ史の解釈しか知らないんでしょうね---
とにかく突っ込みどころ満載なヒトですね。
2009/02/15(日) | URL | 銀ぎつね #-[ 編集]
日本の知識人ってレベル低すぎますよね。
この程度の連中が辛苦痰苦だのなんとか会議だのを主導してるから何時までたっても問題が一向に解決しないわけで・・・
2009/02/15(日) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
顔真っ赤にして、青筋たてながら起稿してる様が、目に浮かぶようなんですが…
吹き出しそうなので、途中で読むの止めちゃいましたw
それにしても、『日本の記者の大半は…』のくだりは、事実だとしても、暴言ですよね…
せっかく頑張って貰ってるのに…
2009/02/15(日) | URL | ななし #-[ 編集]
 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。浪人さん、私も岸博幸は許せないと思っていたので、すっきりしました。ありがとうございます。

 岸博幸は、かんぽの宿のオリックス売却が失敗に終わった腹いせに、ネットに八つ当たりしただけにすぎません。
 ネットで売却反対論が圧倒的になったのは、郵政とオリックスの不適切な関係が次々に明らかになったからでにすぎません。
 もしネットでかんぽの宿のオリックス売却賛成論が圧倒的になっていたら、岸博幸はネットはマスコミにとって代わるだろうとくらい書き込んだでしょう。自分の都合の悪い意見が圧倒しているからこそ、岸博幸はネットの悪口を欠いているだけです。屑以下の人物です。

>賛否両論があった時に、片方をもう片方が、暴力や権力、恫喝などの手段を使って潰そうとせず、相手の意見を言う権利を尊重し、あくまで議論の中で決着を付けようとする姿勢こそが、民主主義の絶対条件なのだ。

 浪人さん、金言・格言ありがとうございます。
 かんぽの宿のオリックス売却を支持する人たちは、議論によって売却反対論を論破してください。売却反対論者とて、売却賛成論者が議論によって反対論を論破することに反対している人はいません。
 もちろん、岸博幸のように、優勢が政府が株式を保有する特殊会社であることを忘れて、民間企業同士の契約に政府が介入するのはおかしいという批判は論外です。株主主権にも反しますし、政治介入排除は不透明な取引を正当化するものではないからです。
2009/02/15(日) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
  何か、ここ何日かの文章には覇気がみなぎっていますね!

>それに比べると米国では、ネット上で様々な問題について
>検索すると、大抵の場合は検索上位で賛否両論が見つかります

  いまだにいるんですね、こういうアホが。

  「アメリカでは」「欧米では」「世界では」と言えば、どうせ外国語で書かれているから調べようもない・・・と高を括っている態度は、ことあるごとに北欧を持ち上げていた社会党系サヨク(その血は福島瑞穂に脈々と受け継がれている)とよく似ています。
  つーか、アメリカで言えば、これ「ウォーターゲート疑惑」と同じレベルですよ。あの事件があった時、ニクソンの肩を持つ人間なんていましたかね?

  どっかのゼリー親父も、こういう奴のところにねじ込めば少しは見直してあげたいんですが・・・(笑)。
2009/02/15(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
  浪人さん、ここはどうですか。

>現在はエイベックス非常勤取締役を兼任。

  社外取締役の活躍範囲を広げた会社法改正というのも、勤務医さんがおっしゃる「曲学阿世の徒」がコーポレートガバナンスの名の下に新興企業に寄生するために行われたのかも知れませんね。「俺たちに悪いこと言われないために、役員ポストを寄越せ」みたいな感じで。
  オリックスの常務が道路公団の役員になっている事例なんかもそうですが、こういう連中が「総会屋」「会社ゴロ」と何が違うのか、全く分かりません。

  しかし、植草さん以外の政治ブログランキング上位のお歴々は、こういう問題に突っ込まないですなぁ・・・。いまだに国籍法改正がどうのこうのおっしゃってたり、いまさら小泉マンセーしてたりするだけもすごいと思うのですが、極めつけは「自分らの車がパンクしてたのは創価の仕業だ」とか言ってるあそこ(笑)。もうダメですな、こりゃ。
2009/02/16(月) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
正確には、この手の連中って、ただ理系では無いというだけで、文系とも言い難いんですけどね。

というか、区分け自体が、理系以外のものが文系、みたいなのに近くなっているのも、大きな問題な気もしますが。

文学や哲学、歴史なんかに造詣の浅い、或いは無い分野の人間を文系扱いするのも、正直どんなもんなのかと思う今日この頃です。
2009/02/17(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、ケケ中センセみたいなのを雇っている大学ですからw

チンピラジャンク経済学者の群れ、みたいになってしまっているんでしょう、多分。

学生さんには、優秀な反面教師として貰いたいものです。
2009/02/17(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
本当に知識も見識もある人間は、無能な政治屋に疎まれてしまうんでしょうね。

そして、無能なゴマすり屋が。そういう無能な政治屋に取り入って出世していく、と。

賢者を扱えるだけの器のある人間が少なくなってきている、というのも、大きな問題の一つと言えそうです。
2009/02/17(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
全くですよね。

カスゴミなりに、カラッカラの脳味噌を振り絞って、一生懸命カイカク擁護を毎日繰り返しているというのに、成果が出ないからといって本当の事を言うなんて、酷すぎます。

全く、部下を思いやる心の無い連中です。
2009/02/17(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、典型的な八つ当たり、火病ですね、確かに。

まあ、下手すればタイーホの危機ですから、焦って火病ってネットに八つ当たりする気持ちも、分からんでは無いですが(笑)
2009/02/17(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>こういうアホ

本当に、この手のアホは一向に減らないですね。

まあ、本当にそうなら、それも別に構わないとは思うのですが、大半は、単なるミスリードですから、性質が悪過ぎです。

>エイベックス

そういうのも、あるかも知れないですね。

利権ゴロにとっては、エイベッ糞のような胡散臭い会社は、格好の寄生対象でしょうし。

>自分らの車がパンクしてたのは創価の仕業だ

wwwwwwwwwwwww
2009/02/17(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1582-f4c44fbf
世の中、政府の愚策で「生活弱者」が急増していますが、 その原因を作った「脳内弱者」も、次々に自分の「脳の弱さ」を自白し、 認定するだけでも、大変なほど、急増しています。 もし時間があったら、暇つぶしに「認定作業」を手伝ってください。 「脳内弱者」の定...
   ||| クリントン長官の日本初訪問 |||  ヒラリー・クリントン国務長官、アジア外交旅行第一歩は日本初訪問  オバマ新政権、日本を最大の味方と重要視、北朝鮮拉致者家族と会談 ヒラリー・クリントンの変身には、何度も驚かされてきた。クリントン大統領が最...
2009/02/15(日) | 米流時評
きょうは午後1時から松江テルサ前にて県土・竹島を守る会による街頭活動が行われました。その後の喫茶店で、帝さんから(社)日本青年会議...