FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップDQN → 【奇跡のバカ】岸博幸くん再臨【脳味噌微小】

【奇跡のバカ】岸博幸くん再臨【脳味噌微小】
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 以前にも取り上げた、ケケ中の子分の胡散臭い男、岸博幸くんなのだが、またぞろ、何やら吠えておられるらしい。

ネットの無料モデルに“マスメディア”の未来はない

 “情報のゴミ溜め”インターネット(以下「ネット」と略します)は、マスメディアとジャーナリズムをどんどん衰退させています。しかし、かんぽの宿に関するネット世論から明らかなように、ネットがメディアの中心になったらとんでもない社会になります。かつ、マスメディアは成長産業であるクリエイティブ産業の中核です。マスメディアは経済・社会に不可欠な存在なのです。

 従って、マスメディアをいかに再生させるかが重要となります。そう言うとすぐに“通信と放送の融合”を持ち出す輩が多いのですが、それ程いい加減な議論はありません。マスメディアにとってネットはまだ儲からないからです。しかし、再生の過程でネットを避けて通ることは出来ません。

 そこで、今回は、マスメディアがネットとどう向き合い、どう取り込んで行くべきかを考えたいと思います。

ネットがマスメディアを殺す
本質的な理由


 最初に、なぜネットはマスメディアを衰退させているのでしょうか。よく言われるのは、ネットが広告費と視聴者をマスメディアから奪っているということですが、それは表層的な事実に過ぎません。

 実際、融合の先進国である米国では、マスメディアが積極的にネットに進出し、アナログ時代よりもマスメディアのコンテンツを見る人の数は増えているのに、ネット上で十分な収益を上げているところは皆無であり、多くの新聞社は死にそうになっています。

 むしろ、ネットがマスメディアを窮地に追い込んでいる本質的な理由は、ネット上でのマスメディアのビジネスモデルの主流が(広告収入をあてにした)無料モデルとなっているからではないでしょうか。

 ネット上では時間をかけて探せばどんなコンテンツでも無料で入手できます。かつ、グーグルの出現以降、ネット上では無料ビジネスが主流となりました。従って、ネット上で無料モデルが幅を利かすのはやむを得ませんが、一方で世界的にネット広告の単価は下落を続けています。ネット上では広告スペースが無制限に供給されるので当然です。高い広告単価を維持できているのは、膨大なアクセス数を獲得した一部のポータルサイト位ではないでしょうか。

 例えば、米国のネット上で最も読まれている新聞ニューヨーク・タイムズは、ネット上では無料モデルを採用していますが、その実態を見ると、紙の発行部数が100万部に対してウェブサイトのユニークユーザ数は月2000万もあるのに、ウェブの広告収入では全社員の20%しか養えないそうです。

 ついでに言えば、ネットへの広告支出は世界的に右肩上がりで増加してきましたが、経済危機でその流れが変わり、米国では2008年の第4四半期に減少に転じました。単価が下がって総額も減少しては、広告モデルで儲かるはずはありません。

マスメディアがネット上で
目指すべきビジネスモデル


 一方で、ネット上で安定的に成功しているマスメディアのビジネスモデルを見ると、その多くが広告よりも個人課金を重視しています。

 例えばウォールストリート・ジャーナルは、広告も入れていますが、そのアーカイブには毎月定額を払う会員しかアクセスできません。数年前はこのビジネスモデルに対して賛否両論がありましたが、経済危機に突入した2008年に会員数は7%も増えています。数年前からこのモデルを維持している先見の明には改めて驚かされます。

 もっとすごいのは料理雑誌のCook’s Illustratedです。そのウェブサイト上には一切広告を入れていません。年額35ドルを払えば料理レシピのアーカイブにアクセスできるようにしているのですが、その会員数は2008年に30%も増加しています。

 他にも同様な例が多く存在するのを見ると、マスメディアはネット上では視聴者にカネを払わせるビジネスモデルを目指すべきなのかもしれません。広告収入依存の無料モデルは放送が元祖ですが、ネットは広告単価や広告主の特性など様々な点でマスメディアと異なり、ネット上でドミナントなプラットフォームを確立したネット企業の独壇場とならざるを得ません。

 もちろん、Huluのように広告モデルで成功しつつあるマスメディアのネット展開の事例もあるのですが、少なくともネットを活用するマスメディアが盲目的に無料モデルに迎合する必要性はないのではないでしょうか。

無料モデルは
ジャーナリズムもダメにする


 そして、広告依存の無料モデルは、ジャーナリズムも衰退させる危険性があることに留意すべきだと思います。

 マスメディアのジャーナリズムを最も支えているのは新聞ですが、そこでは身銭を切って購読している読者の存在というものが、ジャーナリズムというモラルを維持するために重要な役割を果たしていると思います。紙が廃れてネットが中心となり、そこで無料モデルが展開されたら、一体どうなるでしょうか。ジャーナリズムが忠誠を尽くす対象が読者から広告主に変わってしまうのです。広告主に媚び出した瞬間、ジャーナリズムは妥協し、テレビのワイドショーのように話題性や事件性のみが優先されるようになるでしょう。

 つまり、無料モデルは経済的にもペイしないのみならず、ジャーナリズムも堕落させるのです。

 従って私は、マスメディアがネット上で目指すべきは視聴者にカネを払わせる課金モデルではないか、と思っています。少なくとも今後2年は深刻な景気後退が続く可能性があり、かつその後は資本主義のパラダイムが変化する可能性もあることを考えると、尚更それが重要ではないかと思っています。

 そう考えると、日本の例で言えば、YouTubeとニコニコ動画のビジネスモデルの違いは非常に勉強になると思います。YouTubeは米国譲りの無料モデルを実践していますが、ニコニコ動画は広告も入れつつも会員システムを取り入れ、会員数は着実に増加しています。ニコニコ動画の経営陣の先見性は高く評価されるべきではないでしょうか。

 もちろんマスメディアが無料モデルを脱却して課金モデルに移行するためには課題がたくさんあります。それをどう打ち破ってネット上のビジネスモデルを確立するが重要になりますが、実はその参考として音楽産業の経験が非常に役に立つのです。次回は、この点について説明したいと思います。

(2009年02月28日 DIAMOND online)

 これは見事な朝鮮名物・生火病w

 冒頭から、明確な根拠も無くネットを「情報のゴミ溜め」とか言っているところなんか、朝鮮日報を始めとする半島メディアの十八番。

 まあ、コイツの系譜を紐解けば、親分はバ韓国の大統領の補佐であるケケ中平蔵、そして、そのケケ中のパートナーは、北朝鮮帰国事業に深く関わっていた小泉純也の息子、小泉純一郎。

 見事なまでに、朝鮮利権の線上にいるものな。

 そりゃ、鮮塵の十八番であるレッテル貼りや火病もラーニング出来ていって当然かw

 しかし、それにしても、自らゴミ溜め呼ばわりしているものに、自らの言説を提供しているというのは、一体、何のつもりなんだろうね、このオッサン。

 テメーの発言なんか、ゴミ溜めに放り投げるくらいの価値しか無いと、自覚しているのだろうか。

 無自覚にやっているのだとすれば、アタマワリーにも程があるのだが。

 まあ、本家天才バカボンのパパことケケ中平蔵の家来だけに、その可能性も十分にあり得るな。

 何にしても、こんなゴミに教えられているなんて、今の慶応の学生さんは可哀想だね。

 コイツの親分である、ケケ中のバカもいるし。

 金払って、アタマの中にう○こを詰め込まれているようなもんだ。

 まあ、何だ、アホで脳味噌ヨーグルトの岸くんに教えておいてやるけれど、メディアの衰退は、ネットがなんとかかんとかとかそんな理由じゃなくて、単なる自爆だ。

 調子に乗って一般人を見下して、神にでもなったつもりで踏ん反り返っていたら、その虚構に、インチキに一般人の方が気付き始めた、と。

 それだけの事だ。

 ネットがその切っ掛け、一助になった事は確かだが、仮にネットが無かったとしても、遅かれ早かれ同じ運命を辿っただろうよ。

 昔の人は「奢れる者は久しからず」と言ってたろ?

 アホの岸くんは、「ジャーナリズムが忠誠を尽くす対象が読者から広告主に変わってしまうのです」なんて嬉しそうに書いているけど、既にそうだから衰退していっているんだって、何で気付けないの?

 バカなの? 六波羅探題をセクハラ短大と間違えて興奮するくらいなの?頭を叩くと良い陶器のような素晴らしい音色なの?新鋭のミュージシャンに「新手の打楽器として頭を使わせてくれませんか?」って頼まれるの?

 しかし、繰り返しになるけど、こんあのにモノを教わる今の慶応の学生は、実に不憫だ。

 ゴミ溜めと呼ぶべきは、こんなアホがのさばっている、今の慶応なのかも知れない、と思うぼくちんなのですた。

●関連記事:ケケ中センセーの不肖の朋友(ポンヨウ)大暴れの巻

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)
森 達也
理論社
売り上げランキング: 3577
おすすめ度の平均: 5.0
5 短所もあるが
5 本来の対象年齢以上の人にも読んで欲しい
5 中学生のみならず、大人も知らなければならぬメディアの怖さ
5 10代、20代の若い人たちにぜひ! と、おすすめしたい一冊
5 考えることの大切さ

アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonfiction #006)

イーストプレス
売り上げランキング: 29070
おすすめ度の平均: 4.5
5 日本人覚醒の書
5 コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
5 日々起こっていることの裏を観る。
5 現状を知ることが大切。
5 衝撃


PR情報
ホスティングサービス約4万社のビジネス利用の実績。ファーストサーバ
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
岸さんとやらは
大手メディアがどうやって金を儲けたらよいかではなくて、
どうやって市民の信頼を取り戻すべきかを論じてくれないかなあ。
2009/03/05(木) | URL | ホタル #OARS9n6I[ 編集]
 まず前回もそうだったんですが、米国米国米国米国って…こんな糞文章、阿保守だって引っかからないわ。これを真に受けるのは珍自由主義者だけじゃないですか。

>広告主に媚び出した瞬間、ジャーナリズムは妥協し、テレビのワイドショーのように話題性や事件性のみが優先されるようになるでしょう。
 もうとっくに「テレビのワイドショーのように話題性や事件性のみが優先されるよう」になってるんだけど、コイツの目は節穴かよ。しかも、こういうのって広告主に媚びているだけでなく、読者・視聴者にも迎合した結果じゃないかと思います。
 本当に「ジャーナリズム」を目指すなら、スポンサーに媚びるのは以ての外、読者に迎合するのも程々にしなければならないような気がします。

>バカなの? 六波羅探題をセクハラ短大と間違えて興奮するくらいなの?…
この言い回しって、以前も見かけたことがあるんですが、何か元ネタが確実にあると思って調べようと思いましたが、わかりませんでした。
2009/03/06(金) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
こんな輩に上から目線で評価されてもニコ動運営者はカケラモ嬉しくないだろうなぁ。
金の価値で出しか物の価値をはかれないあたりも実にチョーセンジン的ですね。
2009/03/06(金) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
「それは無理」と、岸くんも思っているに1000ペリカ。
2009/03/07(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>何か元ネタが確実にあると思って調べようと思いましたが、わかりませんでした

コピペです。

吉野家コピペと一緒で、色んなパターンがあり、それを使い回しているだけです。

何処で拾ったかは、もう忘れますた。
2009/03/07(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>金の価値で出しか物の価値をはかれないあたりも実にチョーセンジン的

ええ、全くです。

ゼリーのお抱え忍者くんが経済を語る時なんかも、見事にこの「金の価値で出しか物の価値をはかれない」という特徴が出ていたりします。

きっと、フォースの韓国面に堕ちてしまっているのでしょうね。
2009/03/07(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1601-349673e5
  ||| 戦争の犬、フレデリック・フォーサイス |||  スパイ小説の大御所、フレデリック・フォーサイスが遭遇した本物のクーデタ  アフリカ西岸のギニアビサウ共和国で、反乱軍のヴィエイラ大統領暗殺を目撃 事実は小説よりも奇なりと言うが、今回のエントリーは...
2009/03/07(土) | 米流時評