FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → カルデロンと新自由主義

カルデロンと新自由主義
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

比少女だけ日本残留、両親は出国へ

 両親の不法滞在を理由に国外退去を迫られていたフィリピン人少女の問題です。入国管理局に出頭した少女は、改めて家族3人で残りたいと伝えましたが、入国管理局の方針は変わらず、家族は少女1人が日本に残ることを受け入れました。

(中略)

 「親子を分離してのり子さんだけ残すとなった場合に、子どもの権利条約違反の疑いが非常に強い事例」(子どもの人権問題に詳しい山梨学院大学 荒牧重人 教授)

 荒牧教授は、子どもの最善の利益を図るという原則は、入管法の運用においても守られなければならないと話します。

 「“条約”は憲法よりは下位だけど、入管法よりも上位にある法体系ですね。今回ののり子さんの場合は、日本で生まれ日本語で生活し、日本文化の中でアイデンティティーをつくっている。そうしたものを保障することが“最善の利益”になる」(子どもの人権問題に詳しい山梨学院大学 荒牧重人 教授)

Q.大臣はのり子さんの“最善の利益”をどう考えているか?
 「子どもさんに関しては、正式に日本にいられる措置を考えたわけですから、十分に子どもの利益を考えた上での判断と思っています」(森 英介 法相)

 「日本人のみなさん、本当にありがとうございます。何もできなかった・・・、すいません」(父・アランさん、13日午後5時ごろ)
Q.“何もできなかった”というのは?
 「ごめんなさい・・・、すいません」(父・アランさん)

 のり子さんは無言で迎えの車に乗り込みました。

(2009年03月13日 TBS)

 まあ、正直、こんな話題を2日続けてやるのもどうかとは思ったんだけど、もうちっとだけ付き合ってね。

 そんな訳で、「必死だな、反日カスゴミw」てな感じではあるのだけれど、この荒牧くんという教授の言い分は、全部では無いにしても、一理無い事は無い。

 しかし、そんな荒牧くん、及びカルデロン一家の支援者に対して朗報がある。

DFA to extend "humanitarian assistance" to Pinoy couple, daughter in Japan immigration row

The Department of Foreign Affairs (DFA) has committed to extend "humanitarian assistance" to a Filipino couple who were asked to leave Japan due to illegal staying, a diplomatic source said.

"The DFA officials expressed readiness to send humanitarian assistance to the Filipino couple and their daughter should they decide to go back to the Philippines," the source said. Japan threatened to deport Arlan and Sarah Calderon who were discovered to have entered Japan with fake passports almost 17 years ago.

The assistance, the source said, includes services provided by the Department of Social Welfare and Development (DSWD) to help the child adjust in her new home, he said.

The source said the Philippine government couldn't give in to the couple's request to remain in Japan because it would only send the wrong signal to the international community. "What can we do? They're asking to stay in Japan. Does it mean that they don't want to stay in the Philippines?" he asked.

The Japanese government is mulling whether to deport Arlan and Sarah Calderon because of their irregular status. Their 13-year-old daughter, Noriko, who was born in Japan and speaks only Japanese, has publicly stated her intention to remain in Japan. The Japanese Ministry of Justice has given her two options--to go back to Philippines with her parents or to remain in Japan alone.

The Calderon couple has appealed to the Japanese government to let them stay in Japan until Noriko finishes her studies but the government denied their request.

The United Nations has asked for the records of the Calderons to be reviewed, while the Amnesty International called on Tokyo authorities to stop deportation procedures for the couple to remain with their daughter in Japan.

Amnesty International's Asia-Pacific Deputy Programme Director Roseann Rife challenged the Japanese government to uphold its international obligations "by placing the interests of the child as the primary consideration in all actions and deporting Noriko’s parents would clearly be counter to her best interests."

She noted that the Japan is a state party to the Convention of the Rights of the Child, which states that "State Parties shall ensure that a child shall not be separated from his or her parents against their will, except when competent authorities subject to judicial review determine, in accordance with applicable law and procedures, that such separation is necessary for the best interests of the child."

(2009年03月11日 Manila Bulletin)

 全訳しようかとも考えたんだけど、無意味だしめんどいので意訳だけ。

 要するに、比政府は、日本に不法入国したカルデロン一家がフィリピンに強制送還されてきても、人道的配慮に基づいてきちんと受け入れる準備が出来ている、と。

 社会福祉局によって、新たな住居の用意なども出来ており、何の心配もいらない、と。

 更に、「日本政府の一家への温情は、国際社会に誤った認識を与えるだけであり、夫妻の要求に屈するべきではなかった」という声明まで出している、と。

 つまり、荒牧くんの意見と、比政府からの声明を勘案して考えると、娘も含めて3人まとめてフィリピンに送り返せば全ては解決してしまう、という事だ。

 これに対して反対意見を述べるのは、きちんと人道的配慮に基づき受け入れると主張しているフィリピン政府、延いてはフィリピンという国家への侮辱であると言えよう。

 これだけフィリピン政府が言ってくれているのに、それでも一家が、娘がフィリピンに行けば不幸になると主張するのは、要するに、フィリピン政府、そしてフィリピンという国家には、それだけの能力が無いと言っているに等しい。

 若しくは、フィリピン政府、フィリピンという国家は嘘吐きで信用ならない、と言っているのと同義だ。

 娘一人残す事が「子どもの権利条約」に違反する可能性があるのならば、全員纏めて送り返せばいい。

 そうすれば、後は、比政府が人道的配慮に基づいてきちんと面倒を見てくれる。

 これで全て解決。

 どぅーゆーあんだすたーん?

(本題ここから)

 さて、昨日に引き続き、この話題を選んだ理由なのだけど、この荒牧くんを含むサヨク連中、死民団体の連中というのは、根本的に大きな間違いを犯している、という事を言いたかったのね。

 連中は、結果、一家が全員で日本に滞留出来る、という結果さえ出せれば、カルデロンノリコさんとかいう娘さんが幸せになれる、という勘違いをしている。

 確かに、あの一家が望んでいる結果は「それ」だろう。

 しかし、だ、きちんとしたプロセスを経ずして得た結果というのは、得てして人を、人生というものを狂わせる。

 例えば、ライブドアのホリエモンや村上ファンドの村上世彰。

 アイツらの是非は兎も角、アイツらが「結果」というものを叩き出した人間である事は、衆目の一致する所だろう。

 しかし、その「結果」を出す為のプロセスが出鱈目であった事も、衆目の一致するところだ。

 で、最終的にアイツらは今、どうなっているだろう?

 まあ、アイツらの人生は未だ終わった訳じゃあ無いから「最終的」というのはおかしいが、アイツらの出した「結果」は、今、アイツらの人生の幸福に寄与しているだろうか?

 答えはNOである。

 アイツらが出鱈目なプロセスで叩き出した「結果」そのものが、アイツらにとっての「罪」そのものであり、アイツらに降り懸かった艱難の原因そのものだと言える。

 人間という生き物は、得てして「結果」だけを求めてしまう。

 しかし、本当に幸福な「結果」を得ようと思うのならば、その考え方は間違いなのだ。

 本当に最良の「結果」を得ようと思うのならば、正しいプロセスを経る事が絶対的に必要なのだ。

 最良の「結果」は、最良の、幸福的な「結果」を得ようと努力、正しく努力する者にのみ訪れる。

 そのプロセスをショートカットした人間が得た「結果」というのは、往々にして人を不幸にする。

 何故ならば、その「結果」を維持するだけの土台が、その人間の中に出来ていないからだ。

 この考え方は、我々が所謂「新自由主義」を批判する理由の、最も大きな一つである。

 アホの新自由主義者どもは、新自由主義の社会を「努力する者が報われる社会」などと強弁するが、余程のアホでなければ薄々気付いているように、ダメリカ型新自由主義の社会というのは、正しく努力するものよりも、法や社会のシステムのグレーな部分を利用して小狡く立ち回った者が圧倒的に有利な社会なのだ。

 小泉カイカクの申し子と呼ばれた堀江、その兄貴分であった村上、それと繋がっているオリックスの宮内、その子飼いのザ・アールの奥谷。

 アイツらのいう努力と我々が認識する努力は、全く異質のモノだと言える。

 我々が認識する努力とは、自己を研磨して高めていく事であるのに対し、連中の言う、している努力というのは、ひたすらに法の、社会のシステムの網目を掻い潜る、或いはカネで法やシステム自体を捩じ曲げる行為の事を言う。

 私の言っている事が、この違いが分からないなら、もう、こんな所を読んでいても時間の無駄だから、某アタマが痛いようの帝国にでも逝って、「ウ○コー」とか叫びながらホルホルしてればいい。

 下衆は一生お似合いの掃き溜めにいればいい。

 まあ、そんな新自由主義マンセーのカスウヨクは兎も角として、今、カルデロン一家を一生懸命擁護しているサヨクどもは、自分達の行為の根源にあるものが、新自由主義マンセーのカスウヨクと同質同等の、「結果さえよければそれでいい」という下衆で愚劣な思考だという事を、いい加減に認識すべきだな。

 本当にあの子の幸福を、あの一家の幸福を願って支援してやるのならば、例え結果は同じ「一家で日本で生活」であるにしても、きちんとしたプロセスを経てそこに辿り着けるよう、諭して道を示してやるべきなのだ。

 それこそが、本来的な意味での支援というものだろう。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

現代資本主義と新自由主義の暴走
二宮 厚美
新日本出版社
売り上げランキング: 273330
おすすめ度の平均: 3.5
3 今度の選挙までに読んでおきたい本
4 新自由主義を知るために

グローバリゼーション・新自由主義批判事典
イグナシオ ラモネ ヤセク ヴォズニアク ラモン チャオ
作品社
売り上げランキング: 347449
おすすめ度の平均: 4.0
4 何気に読んでも面白い一冊
4 便利な一冊


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
GetAmped2:ゲットアンプド2
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
”「日本政府の一家への温情は、国際社会に誤った認識を与えるだけであり、夫妻の要求に屈するべきではなかった」という声明まで出している、” このフィリピンの新聞記事、いろいろなサイトに出てきますけど、みんな、なぜか、誤訳している。以下、私の試訳です。

The source said the Philippine government couldn't give in to the couple's request to remain in Japan because it would only send the wrong signal to the international community. "What can we do? They're asking to stay in Japan. Does it mean that they don't want to stay in the Philippines?" he asked.

(フィリピン)政府筋(the source)によると「フィリピン政府は、日本に残留したいという夫妻の要求に屈することはできなかった。そんなことをしても国際社会に誤ったシグナルを送るだけだからだ。」とのことである。彼(政府筋の人物)は反問する「我々にどうしろというのか? 彼らは日本に居たいと言っている。フィリピンには住みたくないということか?」。
2009/03/14(土) | URL | FD #466Ls7zA[ 編集]
便利ですよね主義だの思想だのは。馬鹿なDQNでも上っ面くらいは読み取り利用できますから。
だからこそその矛盾、欠陥を指摘し続ける必要があるのでしょうね。
2009/03/14(土) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
カルデロン一家を受け入れるというフィリピン政府のコメント紹介しない日本のマスメディアの偏向ぶりが不愉快です。ミケ
2009/03/14(土) | URL | 屋根の上のミケ #mQop/nM.[ 編集]
内に秘めた愛情が溢れるエントリーでした。
人が幸福になるにはそれしかないと思います。
人間が長い間かけて辿り着いた答えなのに、それを学習せずにいる人間のいかに多い事か・・・・
上っ面しか見えない・短絡的に考える人は浪人さんのブログを見ても毒吐いてるようにしか見えないんですかね?
これからも続けて拝見させて頂きます、頑張って下さい。
2009/03/14(土) | URL | 経営者 #-[ 編集]
>本当にあの子の幸福を~
>諭して道を示してやるべきなのだ。
だよね。
一家がいわゆる「お天道様の下を大手を振って歩ける」解決法は、それしかないと思う。
浪人さんの、決して弱者を突き放さないやさしさ、良い意味での青臭さ(ナイーブな感性とでも言うべきかな)、丁寧な思考プロセスが感じ取れる良エントリだと思います。
てゆうか、マジ感動した。。
2009/03/15(日) | URL | ROM太郎 #ewIX0pS.[ 編集]
正直このネタって、右や左の旦那様が大騒ぎするから、自分のところで触れたくないんですよね。

浪人さんがいつも指摘しているように、カルデロン一家を支持している人たちは、「フィリピンに帰すのはかわいそう」という、一見人道的なことを言いながら、実はフィリピンは貧しくてどうしようもない国だという暗黙の前提を置いているという点で、非常に意地汚いところがあります。

要するに、彼らは「日本という国は、外国人(や自分たち)のような異物を排除する悪い国だ」というキャンペーンをやりたいだけなのでしょう。

どうすれば本人達のためになるか、我々自身のためになるか、そういうことはどうでもいいのです。

まあ、右側にも「創価の陰謀」だとか「反日勢力に日本が乗っ取られる」とか言いながらブティックを襲撃したり、警察に因縁付けたり、他人のブログを炎上させてるどうしようもないのがいますから、どっちもどっちでしょう。この問題だけを取り上げて、サヨクは馬鹿だという風に指摘する資格は、某ゼリーさんや某蟻んこさん、さらには政治ブログランキングの常連さんたちには全くありませんね。

それはそうと、浪人さんのところは最近コメントに番号を入れて認証するようになりましたね。当方同じFC2ですが、これのやり方が分かりません。ご教示いただけると幸いです。

それでは。
2009/03/15(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
確かに、そちらの訳の方が正確な訳ですね。

わざわざ、ありがとうございます。

>みんな、なぜか、誤訳している

まあ、私は皆では無いので正確な答は分からないですが、一番の理由は、斜め読みしとるからでしょうね。

後は、英語力不足。

そんなところかと。
2009/03/15(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
便利ですし、楽ですよね。

上っ面だけを読んで、後はそれをトレスしていれば、一般人よりも一段上に立った「つもり」になれる訳ですから。

自分のアタマで思考しない限り、実は元居た位置から一歩も進めていないという事に気付けないでいる様は、憐れですらあります。
2009/03/15(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
メディアが自分達に、或いは自分達のパトロンにとって都合の悪い情報は隠蔽する傾向にあるのは、日本に限らず世界的にそうですね。

我々は、メディアとはそういうものであるという事を認識しないといけません。
2009/03/15(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ありがとうございます。

これからも、頑張っていきたいと思います。
2009/03/15(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ええ、それしか無い筈なのに、あの一家を支援していると自称している人達は、誰もそういう事を口にしようとしません。

結局、偽物のサヨクばっかりなのでしょうね。
2009/03/15(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>コメントに番号を入れて認証

コンパネの環境設定→ブログの設定→コメント設定から、コメント確認の設定のプルダウンをクリック、表示する(画像認証あり)を選択で数字認証が出る筈です。
2009/03/15(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
確かにおっしゃる通りなのですが、同感できるということは「日本人であるいう稀有の幸運」のもとに生まれているから言えることなのかもしれません。
支那には老舗や伝統職人は育たない。なぜなら、努力して積み上げても政変・動乱であっという間に崩れる、だから拝金に走る。朝鮮もだますよりだまさされるほうが悪い という社会。
正直が価値を持つのは日本が幸福な国家だからなのでは?
フィリピンはどうなのかな?
2009/03/15(日) | URL | taro #-[ 編集]
やったらできました。助かりました。ありがとうございます!!
2009/03/16(月) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
仰りたい事は分かります。

しかし、だったら、フィリピンという国はチュウゴクや北朝鮮のような、この世界の果てとしか思えない劣悪な国で、送還するという行為そのものが人道に反する、という前提に立たないといけない。

では、一家の支援者がそういう主張をしているのかと言えば、そうでは無いんですね。

まあ、フィリピンという国は正直、確かに貧しい国に分類されますし、チャンスがゴロゴロ転がっているような国でも無いです。

でも、圧政と弾圧でどうにもならないレベルの国では無いし、天候の問題で作物が育たない訳でも無い。

結局、一家を始めとする密入国者ってのは、本来なら自分達で国を、産業を興して、自分達でフィリピンを盛り上げなきゃならないのに、その手間暇を面倒臭がって日本に逃げてきた人種な訳です。

だから、日本に辿り着くという結果は出せたものの、その結果を維持継続させる事が出来なかった。

チャンコロやチョンコロにしたってそう。

記事で主張しているような事をせず、出来ず、楽してショートカットしようとばかりするから、何時まで経っても掃き溜めのゴミから脱出出来ないでいる。

裕福な日本だからそう思うんじゃあなくて、そういうまともな素養が他民族より少しは多いから、裕福な日本になれた訳です。
2009/03/16(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
お役に立ててなによりです。
2009/03/16(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
お久しぶりです。

>アイツらが出鱈目なプロセスで叩き出した「結果」そのものが、アイツらにとっての「罪」そのものであり、アイツらに降り懸かった艱難の原因そのものだと言える。

>本当に最良の「結果」を得ようと思うのならば、正しいプロセスを経る事が絶対的に必要なのだ。

>最良の「結果」は、最良の、幸福的な「結果」を得ようと努力、正しく努力する者にのみ訪れる。


ドストエフスキーの「罪と罰」を思い出しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BD%AA%E3%81%A8%E7%BD%B0

大学生の時に一度、卒業してから一度読み通しましたがこの作品の重要なテーマに
「正しい目的のために(倫理的に)誤った手段を用いてもよいのか」
「正しい目的が達成されたならその(倫理的に)誤った手段は正当化されるのか」
という問題があると思います。

あくまで私の感想で専門家などの見解は違うのかもしれませんが、私は間違いなくそういったテーマが含まれていると思います。

間違った手段への誘惑というのは時には大きいのかもしれませんが、
そういった誘惑に敗北せず、正道で戦いつづける強さというのが必要でしょうね。
2009/03/16(月) | URL | 憂国皇子 #O1BNfbGM[ 編集]
>そういった誘惑に敗北せず、正道で戦いつづける強さというのが必要でしょうね

所謂「反日サヨク」という連中も、それに失敗した連中と言えますからね。

散々、その反日サヨクを非難しておきながら、他山の石と出来ずに同じ轍を踏んでいるのが、今の自称ホシュ、ネットウヨクの連中、てなところですかね。
2009/03/17(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1610-b593bc72
フィリピン政府 カルデロン一家の送還を希望 「日本政府のカルデロン一家への「温情」は国際社会に誤った認識を与えるだけ」。これはフィリピン政府入国管理局(DFA)が日本に送ったメッセージの中にある言葉です。  文明国は国民と国家が平等に法律を守り従うこ...
2009/03/14(土) | 屋根の上のミケ