FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → 多文化共生の行く末

多文化共生の行く末
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

雇用に保護主義台頭、英・米・豪・アジアで「外国人排除を」

 世界同時不況で各国の失業率が高まる中、自国民の雇用を優先し、外国人労働者の受け入れを制限する「雇用の保護主義」が台頭しつつある。

 職を失った外国人労働者が本国へ還流する動きも広がっているが、国に帰っても仕事がなく、一家で路頭に迷う「労働難民」化も深刻化している。

 英国東部のイミンガム近郊にあるリンゼー石油精製所。雪が舞う1月末に、従業員が「英国の仕事は英国人労働者のものだ」と書かれたプラカードを手にデモ行進を繰り広げ、ストに突入した。発端は、精製所の新規プロジェクトにイタリア人とポルトガル人労働者の採用を決めたことだ。抗議活動は英全土の石油精製所や発電所に拡大し、会社側が英国人に採用枠を割り当てる妥協案を示したことで、ようやく沈静化した。

 世界規模で働く場が加速度的に失われる中、各地で外国人労働者を排除する世論が拡大している。英紙フィナンシャル・タイムズが欧米6か国で3月上旬にかけて行った調査では、英国やイタリア、スペインなどで8割近い人が「失業した外国人は出て行ってほしい」と答え、「仕事を奪う外国人」への警戒感が強まっている。

 各国の政策にも「雇用の保護主義」が表れてきた。移民を積極的に受け入れてきた豪州は今月、8年ぶりに受け入れ目標を下方修正し、熟練労働者を現行の13万3500人から14%減らす方針を決めた。資源高に沸き、失業率が30年間で最低だった昨年から一変、足元の雇用は悪化している。

 エバンズ移民相は「自国民に優先的に雇用機会を与えるのは、ラッド政権の明確な方針だ」と強調した。

 インドネシアやネパールなどから200万人を超える外国人労働者が働くマレーシアも1月、電機・電子産業などの急激な業績悪化を踏まえ、サービス、電機・電子、繊維の3業種でビザの発給や更新に応じないことを決めた。同国のサイドハミド内相は本紙に対し、「外国人労働者は汚い(dirty)、危険(dangerous)、困難(difficult)の3Dに限定する」と言ってはばからなかった。

 インドでは、オバマ米大統領の発言に波紋が広がっている。「看護師を輸入しなければならないという考えは理解に苦しむ」――。大統領は5日、医療問題を巡る議員らとの会談でこう述べ、50万人以上が見込まれる看護師不足の問題は、米国内で解消すべきだとの考えを示した。

 米国で働くインド人看護師はフィリピンに次ぐ1万5000人以上。インド南部ハイデラバードのアポロ看護学校では、米国行きを夢見る生徒から失望の声が上がっている。

 オニラ・サリンス校長は「米国では15倍以上の収入が得られる」と、家族への送金などに大きな影響が出ることを心配する。

 「外国人労働者はバッファー(雇用の調整弁)に過ぎないと認識している」

 シンガポールのリー・シェンロン首相は昨年12月、外国人特派員との会合で言い切った。好況時に労働コストの安さが重宝された外国人労働者は、未曽有の経済危機で漂流を始めた。

(2009年03月22日 読売新聞)

 まあ、当然の流れだわな。

 自国民にも仕事が無いというのに、率先して外国人に仕事を斡旋、そこまではしないにしても、外国人にも平等に仕事を、なんていう政府は、普通は存在しない。

 外国人労働者の移入に賛成という人間は、そこまで分かった上で賛成しているのだろうか?

 まあ、新自由主義マンセーのアホの中の賛成派の連中は漏れなくそうなんだろうけれど、そこまで分かった上で外国人労働者の移入に賛意を示すというのは、かなりのレベルの外道だと言えるだろう。

 やがて、そう遠くない将来に切り捨てる事を前提としながら、甘い言葉を囁いて安い労働力として外国人を連れてくるなんて、普通に腐れ外道だとしか言えない。

 それとも、怪異疸連の連中を始めとする企業体が、外国人労働者をきちんと保護するとでも思っているのだろうか。

 日本人労働者でさえ、あっさりと切り捨てるような連中が、そんな事する筈なかろう。

 現実、こうなっている。

「外国人、モノじゃない」
非正規切り反対でデモ


 3月末での解雇を言い渡されている外国人の非正規労働者らが21日、大阪のメーンストリート・御堂筋をデモ行進し、「外国人労働者はモノではない」「解雇をやめろ」と訴えた。

 参加したのは、大手機械メーカー「クボタ」(大阪市)の日系ブラジル人やペルー人の従業員を中心とした約100人。ブラジルの国旗を掲げながら、日本語やブラジルの公用語のポルトガル語で「解雇反対」とシュプレヒコールを上げた。

 クボタをめぐっては、外国人従業員が「偽装請負を指摘されないために有期の契約社員にさせられたのは不当」として、4月以降の従業員としての地位確認を求め、大阪地裁に提訴している。

 原告の1人でデモに参加したペルー人のアディエル・ファサービさんは「外国人は新しい仕事を見つけるのが難しい。たとえ3月末に解雇されても、最後まで闘い続ける」と決意を語った。(共同通信)

(2009年03月21日 京都新聞)

 プレゼンテッド・バイ・サヨクで反抗はしているみたいだが、こんな事をやったところで、現実は何一つとして変わりはしない。

 現実的に仕事が無い訳だし、あったとしても、余程に特殊な事情が無い限り、普通の企業は日本人を優先して雇用するだろう。

 また、この労使関係とは直接的に関わりのない第三者も、普通にそれを望む。

 例えば、普通に歩いていて公園のあたりで明らかにリストラされたっぽいオッサンがしょぼくれているのを見掛けた後、何気なく立ち寄ったコンビニのレジでチュウゴク塵がレジを打っているのを見掛けたら、大体の人間は、「こんなの雇う余裕があるのなら、あのオッサンを雇ってやればいいのに」という風に思うだろう。

 お花畑サヨクが幾ら綺麗事を並べようとも、人間の感情ってのはそんなものなのだ。

 結局のところ、移民だの外国人労働者だのというのは、弱者の、或いはその候補の大量生産でしかない。

 グローバル企業だのとかいう人外の輩の群れは、そんな事は一切気にもせず、ネジや電子部品を輸入するのと同じ感覚で労働者を輸入し、いらなくなったら捨てている訳だが、そんな現実を直視せず、お花畑に移民や外国人労働者の流入に賛成している人間ってのも、結局同じ穴の貉である事を知れ。

 銭ゲバ基地外の腐れグローバル企業の望むまま、彼らを日本に入れるという事は、弱者を生産し、やがての対立、下手をすれば内戦の火種のようなものを抱え込む事と同意なのだ。

 いや、その前に、ヒトラーのような基地外が出現し、移民や外国人を鏖にしようとするかもしれない。

 何にしても、お花畑な温い世界観から導き出される結末は、何時の時代、如何なる場所においても、凄惨で陰惨で目も当てられない、血と狂気と絶望に満ち溢れたものなのだ。

 テメエの手のひらの大きさを知れ。

 そこから零れ落ちてしまう程に何かを抱え込もうとするのは、善意から始まっていたとしても、善意に成り得ない。

 血、文化、伝統、習俗、道徳、これらが全く異なる人達の面倒は、その人達のコミュニティの中で見て貰うのが一番なのだ。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

外国人労働者受け入れは日本をダメにする (Yosensha Paperbacks 34)
小野 五郎
洋泉社
売り上げランキング: 130683
おすすめ度の平均: 3.5
5 よその国見て考えると当然の論理的な帰結
1 読むに値しない。
4 重要な提言だが論証弱し。続刊を期待。

移民社会フランスの危機
宮島 喬
岩波書店
売り上げランキング: 256901
おすすめ度の平均: 4.0
4 移民社会フランスの「現実」
4 移民同化能力なき移民国家の矛盾


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
失礼な発言であると前置きしておいて……。

この外国人問題っていうのが「ペットの問題」とダブるような気がします。
全ては飼い主(使用者)の赴くまま、飼い主の機嫌を損ねたペット(労働者)、または経済的な理由で飼えなくなったペットの行く先は……保健所(収容所)です。
本記事を見て痛感しました。
意識の有る無しに関わらずそういう不幸なペットをどんどん生み出しているのではなかろうか。

飼い主の無責任は糾弾されるべきです。一度飼ったものは最後まで面倒を見る!今の日本に欠けている意識はそういうものじゃないかと思います。
2009/03/22(日) | URL | PNW10 #-[ 編集]
グローバル企業というのは、ユダヤ人経営でなくても思考パターンがタルムード的ですね。
「ユダヤ人は異邦人またはクサン(クタ人)の
労役に対して賃金を支払う必要はない」
「汝等イスラエル人は人間なれど、他の民族は
人間に非ず。彼等の魂穢れし霊より出でたれば
なり。」
どちらが畜生なんだか。こういう基地外を
抑えるのが左翼の役割だと思うんですが、
自国民ですら犬畜生のように扱う近所の国を
いまだに褒め称える連中がのさばってるのが
頭痛いです。
2009/03/22(日) | URL | open #Cww3j7fY[ 編集]
 国売り珍聞は、米国と罪塊のほうを向いているという意味では、最も分かりやすい存在ではありますが、一応「ホシュ系」とか言われているんだから、それらしく偽装すればいいのにwww

 それにしても今回の「雇用の保護主義」にしても、不経済新聞で見かける「経済引きこもり」だとか、印象操作の上手さには感心します。

 チキウシミンサヨクがいくら「極右」だ、「レイシスト」だ、「ゼノフォビア」だ、「排外主義者」だと叫んだところで、
「普通に歩いていて公園のあたりで明らかにリストラされたっぽいオッサンがしょぼくれているのを見掛けた後、何気なく立ち寄ったコンビニのレジでチュウゴク塵がレジを打っているのを見掛けたら、大体の人間は、『こんなの雇う余裕があるのなら、あのオッサンを雇ってやればいいのに』という風に思うだろう」
というのが現実であり、自分達が嫌っているはずの銭ゲバどもに、結局は利用されているだけだということを、思い知ればいい。
2009/03/22(日) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
貴ブログのご趣旨に賛成し、全部ボタンを押させて頂きました。ミケ
2009/03/22(日) | URL | 屋根の上のミケ #mQop/nM.[ 編集]
ヒトラーを生んだのは、超リベラルのワイマール憲法だったのですが、サヨクってそういうことを分かった上で「ナチスの横暴はー」とかほざいているんでしょうか?

私が思うに、一見大企業と対立しているように見せて、グローバリゼーションを原則肯定しているサヨクというのは、実は体制側に買われているトロイの木馬なんじゃないかと。

某派遣村みたいに、社民党が出てくると弱者救済策が急におかしな方向に走り出すとか、間違いなくそういう流れだと思うんですが。

右も左も、経国済民からほど遠いということですね。
2009/03/23(月) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
こんな状況を分かっていながら、ゴミ売り新聞は「日本はもっと外国人労働者を受け入れるべき」的な事を何度も書いてましたし、5大紙(笑)全てそうですが、本当にタチが悪いです。

積極的に受け入れなくても、最近ではそんなに都会じゃない私の家の近所でも、外国語を喋る人とすれ違う事があるというのに…。
2009/03/23(月) | URL | マシュマロ #-[ 編集]
例え方は、確かにちょっとな感じですが、仰りたい事は分かります。

結局のところ、ノブリス・オブリージュというのが、全く醸成されていないんですね、人の上に立っている連中に。

中々、根の深い問題です。
2009/03/23(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、哲学も思想も何も無く、耳障りのいい言葉に飛び付いているだけの出来損ないの偽善者ですからね、サヨクって。

今更、物事を真面目に考えろと言っても、もう脳が退化しきっていて無理なんでしょう。
2009/03/23(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、印象操作のプロフェッショナルですからね、カスゴミの連中は。

一昔前から比べれば、騙される人間は大分減ってはきているとは思いますが、それでも、まだまだ騙される人は多いですからね。

注意を促し続けないといけませんね。
2009/03/23(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ありがとうございます。
2009/03/23(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
捨民党の上層部なんかは、完全にあっち側の人間でしょうね。

ミンスの左派とかいう連中もアヤシイもんです。

死民団体の連中に関しては、現状では判断しかねるところです。

連中と話した感じでは、本域の基地外としか思えないようなのが、結構ゴロゴロいますからね。

思想信条云々以前に、普通に社会生活の中で関わり合いたくないようなのが、普通にいます。

ただ狂ってるだけの可能性が十分にあり得ます。
2009/03/23(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ま、それがカスゴミのカスゴミたる所以、てなところでしょうね。
2009/03/23(月) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1618-6d8536eb