FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 生業に貴賤はないけど、生き方に貴賤があるねえ、朝日新聞さん

生業に貴賤はないけど、生き方に貴賤があるねえ、朝日新聞さん
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

韓国徴用者 ようやく光が差した

 朝鮮半島が日本の植民地だったころ、多くの朝鮮の人たちが故郷を後にし、日本や戦地に渡った。自らの意思で行った人もいれば、企業や軍に徴用された人も少なくない。

 そこで死傷したり、賃金をもらえなかったりした人々の被害を、韓国政府が救済することになった。

 徴用されて死傷した人や遺族に最高240万円の慰労金を出し、帰還者の医療費を支援する。未払い賃金など未収金については、現在価値に換算して支払う。来年から実施する計画だ。

 李海サン(イヘチャン)首相は「遅きに失したとはいえ、国民を保護しなければならない国家の当然の責務だ」と強調した。

 植民地から解放されて60年、日本と韓国の国交正常化から40年が過ぎた。なのに、いま韓国政府が「過去」に対してこうした措置をするのには理由がある。

 国交正常化の際、日韓は互いに請求権を放棄し、日本が5億ドルの経済協力をすることで合意した。徴用者らの被害については、当時の朴正熙政権が自分たちで処理すると主張し、そのことも含めての決着だった。これは韓国が昨年公開した外交文書でも改めて確認された。

 しかし、朴政権は70年代、日本から提供された資金を使ってごく一部の旧軍人・軍属を救済した程度で、資金の大半は韓国の経済発展につぎ込まれた。その後の政権も、韓国民の被害救済にはほとんど手をつけようとしなかった。

 いまの盧武鉉政権は、そんな歴史に光をあて、見直そうとしている。

 植民地の統治に協力した「親日」派の糾明をはじめ、金大中氏拉致事件などさまざまな事件の真相解明を進めてきた。社会の古傷に触れることにもなり、亀裂を生んだりもしている。

 とはいえ、過去に対応が不十分だったことが判明すれば、今からでも補う。不面目ではあっても歴史に向き合おうとする今回の措置は評価できることだ。

 韓国政府によると、救済対象は10万人程度と想定されている。あくまで「支援」であって政府の責任を公的に認めた「補償」ではないうえ、対象も限られているため、不満もあるようだ。

 被害を確定するため、韓国側は日本にある賃金支払い関係の資料や名簿の提供を求める方針だ。日本側はそうした協力を惜しむべきではない。

 日韓条約で決着していたはずの韓国の徴用被害者の救済が、40年以上もたってようやく動き出す。ただこれで終わりではない。サハリン残留の韓国人や在韓被爆者、慰安婦など当時は想定されなかった問題があることを忘れてはならない。

 日本政府も遅まきながら、こうした問題での支援に乗り出してきた。ハンセン病で長く隔離された朝鮮人犠牲者の救済にもやっと腰を上げたところだ。

 徴用されるなどして日本で亡くなった韓国人の遺骨の調査・返還を含め、日本が誠意を込めてしっかりと続けなければならないことはまだ多い。

(2006年03月13日 朝日社説)


 これが日本を代表する三大新聞社説だと思うと、あまりの情けなさに涙も出ません。

 何故に日本言論機関が、韓国政府の代弁をしているのかも意味不明であれば、その代弁も支離滅裂、あげくには言論機関として断じて糾弾すべき、親日派の糾弾についてフォローを入れる始末。

 更に締めに当たっては、日本にまだ不逞鮮人の面倒を見続けろと来ますか。

 盧武鉉の阿呆がやっていることは、現代文明の中に生きる人間ならば、普通は首を傾げざるを得ない、斜め上どころかブラックホールの向こう側的なものばかりです。

 光を当てて見直そうとしているのではなく、死者の墓を暴き鞭で打ったり、自己の失敗を誤魔化さんが為に、とりあえず反日的な行為を持って、国民の目を反らそうとしているだけでしょう。

 良識ある報道機関ならば、このような前近代的で野蛮な行為は絶対に許すべきではなく、徹底的に叩いて退陣を求める声を上げて然りだと思えます。

 物事の本質を、言葉のロジックによって歪曲し、阿呆を誉めそやして母国を貶めようとし、挙句にはその魂胆を見透かされて、まともな国民からは完全に無視されている朝日新聞の一体何処がジャーナリストなのか。

 しょうもない宣言をしている暇があるならば、少しはまともな報道を心がけ、一々笑いや突っ込みを入れる事無く読める社説くらいは書けるようになれという話です。

 中共のあまりの厚顔無恥っぷりに、今この話題で攻めれば負けるであろうことを予測して、盧武鉉の話題を拾い上げてきたのでしょうが、こんな阿呆のやることを賞賛すれば、余計に恥をかくことになるであろうことくらい、チンパンジーでも分かりそうなものです。

 別に最早、朝日新聞になど、1μの期待もしてはいませんが、こうあまりに不細工な社説ばかり連発されると、同じ日本人として惨めな気持ちになってくるというものです。

 これ以上みっともない醜態ばかり曝されるのは、日本の恥以外の何物でもありません。

 本当に馬に蹴られて死んで頂きたい。

 それが嫌ならば、とっとと中国に行って、二度と神州の地を踏まぬようにして頂きたく思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


「朝日」ともあろうものが。
烏賀陽 弘道
徳間書店 (2005/10/22)
おすすめ度の平均: 5
5 朝日の内情は、日本社会、組織の縮図です。
5 大変良い本です。皆さん読んで下さい。

朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任
小林 よしのり 井沢 元彦
小学館 (1999/11)
売り上げランキング: 3,654
おすすめ度の平均: 4.54
5 目から鱗がたくさん落ちます!
5 ニュース・ショーと新聞、どこが違う?
4 偏った左翼


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
フリーメール ZENNOコム
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
どんな無茶なお題でも擁護したり非難したり出来るような論理の教材になりますね。

普通は「詭弁」と呼ばれますが。
2006/03/14(火) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
そういう意味で言えば、朝日新聞を読むと勉強になるというのも、あながち嘘では無いのかも知れませんね。

嘘を嘘と(ry、という類のものではありますが。
2006/03/14(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/162-52188373