FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ防衛 → 防衛なくして国家なし

防衛なくして国家なし
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

岩国市、艦載機移駐撤回求める方針確認…住民投票受け

 米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)への空母艦載機移駐受け入れの賛否を問う岩国市の住民投票で反対が87・42%を占めたことを受け、市は13日、幹部会議を開き、投票結果に基づいて国に移駐撤回を求める方針を確認した。

 14日の市議会全員協議会で報告する。井原勝介市長は15日、山口県の二井関成知事と会談したうえで、週内に上京し、政府に撤回方針を伝える。

(2006年3月13日13時0分 読売新聞)


 まあ今回の結果は賛成派の完全な戦術ミスのような気がしますが、米軍基地の移転に反対する人の気持ちは、まったく分からない訳でもありません。

 私とて、明日自分の家の裏に米軍基地が移転してきますと言われれば、あまり良い気分はしないでしょう。

 しかし海を隔てたすぐ傍に、我が国への侵略を企てているかもしれない、超S級の侵略集団中国共産党、そしてその忠実なる僕である南北朝鮮が存在している現状において、米軍基地は絶対に必要なものであると思えます。

 米軍基地再編は、日米政府の勝手気ままな思いつきで行われている訳ではなく、日本防衛する為の戦略に基づいて行われているのであり、無碍に反対したところで何の解決も見ないことなど、岩国市民の方々も理解はされていると思います。

 しかし私とても、日本に生まれ、日本に育ち、日本を愛する一人の国民として、米軍防衛を依存し、米兵にデカい顔をされている現状は、独立国家として健全とは思えず、腹立たしく思う所であります。

 そこで非学無才無見識な私ではありますが、米軍基地に反対の方にも賛成の方にも納得頂けると思える方策を考じてみましたので、一つ提案してみたいと思います。

 米軍の規模を縮小しつつ、大陸の侵略者や半島の蛮族からの防衛能力を維持できる唯一の方法。

 それは憲法9条を改正し、自衛軍の保持を謳い上げる事に他なりません。

 そもそも何故に、我等が日本米軍基地などがあるかと言えば、先の大戦において日本が敗北を喫したからというのもありますが、日本憲法9条において戦争を放棄し、軍隊の保持を禁じているからというのが一番大きいと思われます。

 日本は自国で、自国の安全を守れる能力を有していないから、米国日本を守る為に米軍を派遣してやっているというのが、米国の言い分です。

 ならば米国の言い分の大本である、悪きし憲法9条を改正し、誇らしき自衛軍の保持を高らかに謳い上げ、邪悪なる侵略者共を寄せ付けぬほどの軍備を有すれば、完全とは言わないまでも、在日米軍の規模を限りなく縮小することも可能であると言えるでしょう。

 さらに核武装すれば、米軍日本から完全に駆逐することも可能かと思われます。

 まあいきなり核武装まで発想を飛躍させなくとも、憲法9条を改正し、自衛軍を保持するだけでも、現在在日米軍問題に悩まされている方々の、悩みの大半以上は解決をすることは可能ではないでしょうか。

 頭の中がムクゲの花で一杯になっている、サヨクプロ市民のど阿呆さんたちは、憲法9条を改正せず、軍隊も不保持で、米軍基地を縮小しろとか無茶なことを言い出すでしょうが、まともな大人ならばそのような、あれも嫌これも嫌といった我侭が通るはずもないことは、理解しておられると思います。

 憲法9条を改正し、自衛軍を保持することによって、米軍基地問題に悩まされている方々に救いの手を差し伸ばす。

 不勉強な私にしては、なかなか論理的にも筋が通った言い分であると思うのですが、如何でしょうか。

 防衛なくして国家なし。

 どっかのサヨク政党の阿呆党首が、先の衆院選に用いていたスローガンの改変ですが、なかなか良い出来ですので、しばらくこれを拙ブログのスローガンとして、用いていこうかと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
スイス政府 原書房編集部
原書房 (2003/07)
売り上げランキング: 2,364
おすすめ度の平均: 4.6
5 今の日本に必要なもの
5 「そなえよつねに」 ----平和ボケとはなにか
5 国民の決断を迫る本

お笑い日本の防衛戦略―テロ対策機密情報
テリー伊藤 青山 繁晴
飛鳥新社 (2001/10)
売り上げランキング: 128,689
おすすめ度の平均: 5
5 改革よりも先ずは個々の意識改革が不可欠だ
5 今、読むべき
5 核武装の実際


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
Ask.jpツールバー ダウンロード無料!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
私が大学生の頃、まだ日本社会党が健在で、「憲法九条に反するから米軍の駐留に反対」とかのたまってました。

しかし、「非武装を謳う憲法」と「防衛のための外国軍の駐留」は互いを補完するコインの裏表でしかないことは三流大学生の私でも分かることで、当時から「左翼は立派な学歴のお馬鹿集団なんだな」と冷ややかに見てたものです。

どうしてこんな簡単なことが分からないんだろうな。
2006/03/14(火) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
社会党(現社民党)の歴史は日本の恥の歴史と言っても、過言ではないでしょうね。

国家を維持する為には、ある程度の軍備が必要なことくらい、アカい方々のように立派な学歴などなくても、十分に理解し得るものなんですけどね。
2006/03/15(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
今尚、完全なる「敗戦国」のまま。。。
これが悲しい現実のようで。。。
チックショ~~~~!
神新二
2006/03/15(水) | URL | 神新二 #foglHflk[ 編集]
残念まがら仰るとおり、日本はいまだ敗戦国のままだと言えるでしょうね。

真の独立を成し得る為には、やはり憲法9条を改正し、自らの身は自らの手で守れる国家になることが絶対条件だと思えます。
2006/03/15(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/163-674602f7