FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 奢れば則ち不孫

奢れば則ち不孫
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

日中悪化「日本に原因」 中国・全人代閉幕

温首相 靖国参拝 改めて批判


 【北京=野口東秀】中国の第十期全国人民代表大会(全人代=国会)第四回会議は十四日午前、温家宝首相が全人代の初日冒頭に発表した政府活動報告や「第十一次五カ年計画」(二〇〇六-一〇年)などを採択して閉幕した。閉幕にあたり温首相は内外記者会見に臨み、日中関係について「(悪化の)原因は中国側にはなく、日本の指導者にある」と小泉純一郎首相の靖国神社参拝を改めて批判した。

 温首相は靖国参拝問題に関連、「この問題の解決がなければ両国関係が順調に発展することは難しい」と述べたうえで、今後の関係について、戦略的対話の推進で両国関係の障害をなくす▽民間交流を進め相互信頼を高める▽経済貿易関係を拡大、双方が利益を得るよう協力を進める-の三点を挙げた。

 温首相はこのほか「歴史をかがみとし、未来に向かうことを原則とし両国関係を推進すべきだ」と従来の表現で中国側の原則を改めて示した。ヒトラーやナチスの例を挙げて、感情的に日本を批判した七日の李肇星外相の発言と比べると抑制した内容で、小泉首相を批判しながらも、高いレベルでの交流を推進する姿勢を強調した形だ。

 台湾問題では、温首相は台湾当局が「国家統一綱領」を事実上廃止したことにふれ、「中台情勢に緊張をもたらした」と陳水扁総統を強く非難。台湾の今後の状況を注視し「いかなる結果に対しても準備を怠らない」とも述べ、対台湾武力行使を放棄しない姿勢を強調した。

 同日の閉幕式では、最高人民法院(最高裁)と最高人民検察院(最高検)の活動報告なども採択したが、両活動報告に対する表決は、反対・棄権票がそれぞれ二割前後に上り、司法関係者の腐敗に対する批判が根強いことを改めて示した。

(平成18年3月14日 産経新聞)


 一切の自省を試みる事無く、ただひたすらに他者の批判に終始する人間というものは、こうも醜悪なものなのですね。

 正直な話、金の亡者に成り下がった車屋の会長や服屋の社長、股座を掴まれている間抜けな政治家官僚を除いて、極一般的な日本人の大半は、中国なんかと交流が無くなった所で、一切困るようなことなど無いのですが、それでも一応は中国の立場というものも、一考に附してみたりはするものですけどね。

 腐れ支那人といい、不逞鮮人といい、歴史を鏡にとよく仰ってますけど、歴史を鏡になんかしたら中国共産党などという、歴史上類を見ない程の虐殺集団は、今すぐにでも滅ぼすべきだという結論に至る訳なんですけど、中国共産党のど阿呆共は如何にお考えなのでしょう。

 大体からして何かある度に、靖国神社のことを槍玉に挙げておられるようですが、中国共産党靖国批判の根拠となされている、A級戦犯と呼ばれている方々全員の、名前と罪状、判決くらいはご存知なんでしょうかね。

 まさかとは思いますが、東条英機元首相平和に対する罪により絞首刑くらいしかご存知でないということは無いとは思いますが、一応これだけ大々的に騒ぎ立てるのなら、一覧表でも作って提出してもらいたいものです。

 台湾問題にしても、台湾中国領土だと主張するのであらば、一つの中国とかそんな意味の分からない曖昧なスローガンや感情的な主張ばかりでなく、きちんと論理に基づいた主張らしい主張を、一度くらいは聞かせてもらいたいものです。

 何故、どのような理由に基づいて、台湾中国と合併した方が良いと思うのか。

 誰が聞いても納得出来るような、真っ当な理由というものを中国共産党の口から発せられたのを、私は一度たりとも耳にした記憶がありません。

 A級戦犯は悪人だからだとか、台湾独立一つの中国に反するからだとか、小学生じゃないんだから、そんな阿呆みたいな理由で我侭が通ることなど、常識的に考えて有り得る訳がない事など、いい加減理解してもらいたいものです。

 他所の国のことに口出しすることなど、それ自体が十分に非礼で、頭の悪い行動であると思いますが、仮にどうしてもその様な行動に及ぶ強い理由があるのならば、それ相応のきちんとした、相手に納得させることが出来るだけの論理的な理由というものが必要だと思うのは、恐らく私だけではないでしょう。

 結局の所、中国共産党中華思想なる前時代的を根拠に、自己の小さなプライドの為に、日本台湾を相手に迷惑を掛け続けている、ガタイは立派でも頭の中身は子供の、滑稽な集団であるというのが私の結論です。

 半島蛮族にしてもそうですが、これ以上の対話などは本当に時間の無駄でしかありません。

 日本は今すぐに、これら未開国家との国交を断絶すべきだと思われます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


中国は日本を併合する
平松 茂雄
講談社インターナショナル (2006/02)



PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
利用環境にフィットするレンタルサーバー!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
彼らの反日の理由は「独立した日本が存在すること」そのものだと思います。

「蜜月」と言えるような友好関係など絶対に有り得ない。
政治家も外交官も国民もそれを肝に銘じて欲しい。
2006/03/14(火) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
私も日中友好は、絶対に不可能だと思っています。

中国共産党が崩壊すれば、多少は改善されるかも知れませんが、利害が絡み合う近隣諸国同士の蜜月な関係など、通常は有り得ない事と考えられます。

今の日本人は、性善説の考え方に固まりすぎているのでしょうね。
2006/03/15(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/164-da1ff980