FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ国際 → Une Saison en Enfer

Une Saison en Enfer
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

リストラした社長なんて監禁しちゃえ! 衝撃の世論に見る仏労働現場の実態

フランス人の55%が「リストラした社長を監禁してもよい」と回答した調査結果がこのほど明らかになった。

この結果は、フランスの経済紙『Les Echos(レ・ゼコー)』がフランスの調査機関BVAと共同で行った世論調査によるもの。こうした調査が行われたのは、実はフランスでは、景気悪化による工場閉鎖に伴う解雇に抗議した労働者が、経営者幹部を監禁し譲歩を迫るという事件が今年3月以降、相次いでいることが背景にある。

フランス南西部の町、ポントン・シュール・ラドゥール(Pontonx-sur-l'Adour)では、3月12日から13日にかけて、ソニーの工場でSerge Foucher社長ら2人が労働組合に軟禁される騒ぎが起きた。同工場では1980年代からビデオテープを生産してきたが、2008年12月に翌2009年4月17日をもって閉鎖することを決定。事件のあったこの日は、社長らは従業員に対する説明のために工場へ向かったが、他の工場の閉鎖時よりも条件が悪いとして反発した組合員たちが、工場の入り口を封鎖し、条件交渉のために軟禁した。その他、これに続いて3月25日には米医薬品大手3Mの工場長、同月31日には米建設機械大手キャタピラー社の管理職、4月7日には英接着剤メーカーScapa社の幹部らが従業員に工場に監禁される事件が起きている。

フランスメディアでは、現在こうした企業の経営者幹部が監禁される行為について"kidnapping"をもじった"bossnapping"と称して報じている。レ・ゼコー紙による今回の調査では、これを「容認すべきではない」と考える人は39%に留まり、3人に2人は「罰するべきではない」とも回答しており、大多数がbossnappingを正当化していることになる。また、ソニー・フランスでは「このような事態は外国では驚くべきことなのかもしれないが、フランスではそれほど珍しいことではない」と述べ、告訴しない方針を表明している。

日本ではバブル崩壊以降"ストライキ"という言葉すらほとんど聞かれなくなり、労使間の関係は協調姿勢となり、どちらかと言えば被雇用者が泣き寝入りすることが多くなった。それに対し、民間だけでなく公共機関でも年中ストやデモが繰り返されるフランスでは、世界同時恐慌の余波が犯罪行為をも容認する世論へと国民を突き動かし、日本人とは対称的な国民気質や労働者意識の違いが改めて窺い知れる。

もっとも国家主席であるサルコジ大統領は「フランスは法治国家だ。このような行為に対しては強く断罪していく」と宣言し、強硬姿勢を崩さない構えを示している。

(2009年04月16日 マイコミジャーナル)

 「流石フランス、パネエw」とか思ってしまいがちな記事な訳だけれど、これこそ、アカい連中の資本家と労働者の分断工作というものに引っ掛かっている国家の分かり易過ぎる見本だと言える。

 おフランスというと、「歴史の授業で習うフランス革命」の影響もあって、民主主義の国、平等の国、なんていうイメージが強い国家な訳だけれど、その実態はというと、日本なんか可愛く見える程の利権世襲の階級社会だったりする。

 国の根幹部分は、一部の大富豪と高級官僚が完全に牛耳っており、組合や左翼がどれ程に騒いでもアフリカや東欧から賃金の安い移民労働者を引き入れ続け、労組のストすらも無効化してしまい、やりたい放題。

 加えて、消費税も重く、庶民の負担は半端では無い状態で、救いを求めて左翼臭漂う死民団体へと流れ続けていく。

 そうして、こういう思想が蔓延していき、社会の社会としての機能をどんどんと喪失してしまっている。

 尤も、これはフランスに限った事では無く、お花畑サヨクが憧れる「自由で平等な欧州」の実態なんて、何処の国もこんなものだったりする。

 こうして、資本家と労働者は見事に分断され、互いが互いの利益しか考えない主張を激突させ合い、革命を目指す共産主義者やキチガイの無政府主義者どもを笑わせ続けている、と。

 アホでDQNな三流経営者どもは、この事の意味をよーく考えろよ。

 今、我が日本国も、キチガイ怪異疸連と痴民党の狂った労働政策、経済金融施策によって、確実に同じ方向に向かおうとしている。

 一聴した限りでは、怪異疸連、つまりは経営者にとって都合の良い法律ばかりが通っている訳だから、オマイラにとっても都合の良い事のように思えるかも知れんが、問題の単位を個人では無く、社会で、今日明日のような短いスパンでは無く、5年10年の長いスパンで考えろ。

 今、痴民党と怪異疸連のアホどもが推し進めている政策は、本当にオマイラの為になると思うか?

 梅干し大程度の脳味噌があれば、200%ならない事なんて、理解出来る筈だ。

 人は何の為に社会を作ったのか、そこの部分から考えろ。

 その「為」が無くなったなら、社会は機能しなくなってしまうのだ。

 社会が人の為に存在しているのなら、自分以外の「人」の為にもならなければ、その意義を果たしているとは言えないだろう?

 欧米的個人主義の行き着く先なんて、破滅と絶望でしかない事に、いい加減に気付け。

 カスゴミ、お花畑サヨク、小泉・安倍的ウヨク、珍米ホシュが喧伝する非日本的価値観を否定しろ。

 日本への回帰こそが、日本が蘇る為の唯一最善の手段なのだから。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

トヨタの闇
トヨタの闇
posted with amazlet at 09.04.18
渡邉 正裕 林 克明
ビジネス社
売り上げランキング: 69672
おすすめ度の平均: 4.0
5 絶望感と虚無感。
5 トヨタの真の価値がもうすぐ分かる
4 マスコミすら操作できる恐ろしさ
5 よくぞ出た☆
2 トヨタの闇は本書で伝わりきるのか!?

就職先はブラック企業―20人のサラリーマン残酷物語
恵比須 半蔵
彩図社
売り上げランキング: 24601
おすすめ度の平均: 4.0
5 曖昧な「ブラック企業」
5 誰か、漫画にしてくれないかな
1 判断不能。。
5 「就活生」には参考になります
5 今後の企業経営のあり方への重大な警告


PR情報
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
日経225miniをやってみませんか?
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
フランスもアレですが、オーストラリアには注意しましょう。

移民白人にご用心~中国人やフィリピン人だけ騒いでいていいのか?
http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-entry-246.html

フランスというのは、貴族がグランゼコル出身者に置き換わっただけの国ですからね。こういう形で不満を発露するしかないのでしょう。

しかし、大多数の貧民が「自分は努力が足りないから」「努力すれば夢を実現できる」と信じているアメリカもどうかと思います。完全に、学校教育とマスメディアに洗脳されています。どちらかというと、自称ホシュの夢見ている「公正な社会」って、アメリカに近いんじゃないでしょうか。

とにかく、金融が一番上に立つ近代型の経済では、もともとカネのある者にカネが集中し、放っておくといずれ社会が需要不足に陥ります。

当面は借金や財政均衡に関する議論にフタをして、需要不足の現状を政府が国民にしっかり説明した上で、給料や設備投資を引き上げる政策を採るしかないと思っています(福田赳夫はどうか知らないが、中曽根より総理大臣はみなそうしていた)。

でも、そういうときでも池田信夫センセーとか日本不経済新聞あたりが邪魔なんだよな・・・。
2009/04/18(土) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/18(土) | | #[ 編集]
 経営者監禁事件をフランス・トヨタの工場で率いていたのは、「労働総同盟」の主要組合員達でした。
 日本で言えば、「連合」の組合員がピケを張って資本側に自己批判迫る程の(あり得ませんが)修羅場だったということです。

 フランスは、移民政策の行き詰まりからルペン氏に代表される右派がある一定の高評価を集める一方で、ミッテラン主義者の流れからよりアナーキズムな方向に走ったりと、社会全般が「ねじれ現象」を起こしているようですね。

 その最たるものが「保革共存」という形で成り立っている国政なのでしょう。
 
2009/04/18(土) | URL | くまがわ直貴 #eivexXa2[ 編集]
フランスの方向性は、ダメリカよりもチュウゴクに近いと思っています。

自由と平等という幻想を見せられている監獄の中の明き盲。

リベラル気取りの勘違い国家主義集団。

率直なフランス塵に対する印象です。

そういう意味で、自称ホシュどもよりも、アイツらを手のひらの上で踊らせているクソどもが理想とする社会に近いかと思いますね、フランスは。
2009/04/19(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
恐らく、フランスはこれから、アカやアナーキストが撒き散らした種が、次々と開花していく事になるでしょう。

正確には、アホな資本家がアカやアナーキストに乗せられて撒き散らかした種、ですかね。

ねじれは更に悪化し、社会が社会として機能しなくなるのは、時間の問題かと思います。
2009/04/19(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1649-382aa4f5
男一人女一人いれば世界をもう一度産み出すことだってできる. Movie Review: National Lampoon\'s Adam & Eve たとえこの世界が廃墟になろうとも, たとえこの地上に一切れのパンを焼く小麦粉すら残っていなかったとしても, たとえこの世界からあらゆる植物の種が...
  ||| ソマリア海賊掃討に陸上基地計画案 |||  EU「海軍力増強」米国「海賊の資金凍結」ソマリア首相提案「湾岸に歩哨基地」  スエズ運河から紅海を経てインド洋へ至る、世界の輸送タンカー主要航路を警護 ソマリアの海賊については、07年から大きな襲撃事件が...
2009/04/19(日) | 米流時評
  ||| 過熱する海賊とのアデン湾岸戦争 |||  EUと米国の共闘掃討作戦、過熱するアデン湾岸戦争でソマリアに歩哨基地案も  EU「海軍力を増強」米国「海賊の資金凍結」ソマリア首相「湾岸に歩哨基地を」 ここ1・2年雨後のタケノコのように急激に横行し、今やソ...
2009/04/19(日) | 米流時評