FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → Source Code

Source Code
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

中国、ITソースコード強制開示強行へ…国際問題化の懸念

 中国政府がデジタル家電などの中核情報をメーカーに強制開示させる制度を5月に発足させることが23日、明らかになった。


 中国政府は実施規則などを今月中にも公表する方針をすでに日米両政府に伝えた模様だ。当初の制度案を一部見直して適用まで一定の猶予期間を設けるものの、強制開示の根幹は変更しない。日米欧は企業の知的財産が流出する恐れがあるとして制度導入の撤回を強く求めてきたが、中国側の「強行突破」で国際問題に発展する懸念が強まってきた。

 制度は、中国で生産・販売する外国製の情報技術(IT)製品について、製品を制御するソフトウエアの設計図である「ソースコード」の開示をメーカーに強制するものだ。中国当局の職員が日本を訪れ製品をチェックする手続きも含まれる。拒否すれば、その製品の現地生産・販売や対中輸出ができなくなる。

 どの先進国も採用していない異例の制度で、非接触ICカードやデジタル複写機、金融機関向けの現金自動預け払い機(ATM)システムなど、日本企業が得意な製品も幅広く開示対象になる可能性がある。

 中国側は、ソフトの欠陥を狙ったコンピューターウイルスの侵入防止などを制度導入の目的に挙げる。しかし、ソースコードが分かればICカードやATMなどの暗号情報を解読するきっかけとなる。企業の損失につながるだけでなく、国家機密の漏洩(ろうえい)につながる可能性もあるため日米欧の政府が強く反発。日本の経済界も昨秋、中国側に強い懸念を伝えた。

 中国は当初、08年5月に実施規則を公表し、09年5月から適用する予定だった。各国からの反対で、中国当局が今年3月、制度実施の延期を表明したが、これは適用開始までの猶予期間を設けることを指していたと見られる。

 猶予期間はメーカー側が提出する書類を用意する時間に配慮したものだが、いつまで猶予するかは不明だ。日米欧の政府は詳細が分かり次第、中国側に問題点を指摘し、制度の見直しや撤廃を求めていくことになる。

 ◆ソースコード=コンピューター用の言語で書かれたソフトウエアの設計図。企業の重要な知的財産で、ソースコードが流出すれば開発成果を他社に利用される懸念がある。マイクロソフトは基本ソフト「ウィンドウズ」のソースコードを機密情報として扱い、巨額の利益につなげた。

(2009年04月24日 読売新聞)

 まあ、何だ、あんなキチガイども相手に、まともなビジネスが出来るとか妄想した情弱どもの自己責任だとしか言い様が無いな。

 グローバリズムだの何だのと言うイカれた思想に毒され、目先の利益の確保の為にあの国と深く関わった時点で、既に敗北は決定していたと言える。

 普通の人間は、取引するにあたって多少は相手の都合や利益の事も頭の片隅くらいには置くものな訳だけれど、チュウゴク塵という連中にとっては、自己の利益のみが全てであり、その為ならば、相手は勿論、無関係の第三者すら地獄に落とされる事になろうとどうでもいいと思っている。

 全員がそうだとまでは言わないが、そういう手合いが多いという事だけは間違いない事実だ。

 この性質こそが、あの薄らでかい国が中途半端には発展しても一線を突き抜ける事が出来ず、常に二流半くらいで終わり続ける最大の理由な訳だけれど、奴らの頭脳では理解不能らしい。

 まあ、それは兎も角として、国際社会(笑)とやらが如何に批判を大きくしようと、その批判の意味すら理解出来ない土人政府は、この手のふざけた政策を止める事は無いだろう。

 仮に、この法案単体は何とか潰せたとしても、次から次へと類似のギャグとしか思えない政策を持ち出してくるのは目に見えている。

 アホの企業が、連中に人質に取られている資産を諦めるて撤退しない限り、ヌケサク土人国家チュウゴクは増長を続ける。

 それが破滅への一本道である事など、アイツらの脳味噌では理解出来ないのだ。

 欲をかいてあの国に深く関わった人間は、連中とともに破滅していく事になるだろう。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

世界が仰天する中国人の野蛮
黄 文雄 宮崎 正弘
徳間書店
売り上げランキング: 148661
おすすめ度の平均: 5.0
5 まさしく仰天
4 中国人のメンタリティに迫った一書
5 中国を知りたい方はまず最初に読んでください!!
5 盗まれたり騙されたりするほうが悪い中国
5 中国人が野蛮なのにはワケがある

中国は猛毒を撒きちらして自滅する―全世界バブル崩壊の引き金を引くのも中国
宮崎 正弘
徳間書店
売り上げランキング: 72222
おすすめ度の平均: 5.0
5 中国は周辺諸国を巻き込むことなく自滅して欲しい
5 中国リスクの分析


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
3ヶ月基本料金0円!ドメイン取得料金0円!Speever
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
強欲な罪人同士、暗黒大陸に沈めばいい。
なんかずいぶん前から警告されてた気がしますけれど。
中国が懸念や問題の指摘程度引き下がるわけが無いのに。
まだ夜逃げしてなかったんですね。
よほど賄賂でももらったんですかね?軽洩者供は。
2009/04/24(金) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
浪人さん、初めまして三田ライトと申します。初めての書き込みに、募集をかけるのは非常識だと思いますが、次期総選挙で国民新党が躍進できるように来るべく次期総選挙で、神奈川県小選挙区第一区で出馬予定の国民新党市川さとしさんを囲み、市川さんの熱き想いを語ってもらい、若者との意見交換をやりたいと思っています。
その旨を事務所の方と連絡をとりましたところ、土日なら可能だと言われました。
まだ、人数が集まっていないので募集を掛けている段階ですが、参加したい方は私の方にメールを下さい。
人数が集まり次第、日時を決めたいと思います。
2009/04/24(金) | URL | 三田ライト #-[ 編集]
これで撤退する企業が1社でも増えてくれることを望みます。全資産あちらに持っていってしまったような企業はつぶれるより仕方ないです。
2009/04/25(土) | URL | open #-[ 編集]
戦前からずっと、いや、古代からずっとそうですが、あの大陸には、強欲な狂人を引きつける何かがあるようですね。

オカルトはよく分かりませんが、そんな類の何かの方が、あの大陸を表現し易い事だけは確かなようです。
2009/04/25(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
まあ、別に米欄に宣伝しても構わないですが、基本的には、そういうのは掲示板の方でお願いします。

http://restoration.11.bbs.fc2.com/
2009/04/25(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
ただまあ、これで撤退するような企業は、既に撤退している可能性が高いので、余り状況は変わらない気がします。

強欲に支配された人間は、破滅以外の末路を選択出来ないようになっているのかと思います。
2009/04/25(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>古代からずっとそうですが、あの大陸には、強欲な狂人を引きつける何かがあるようですね。

その通りだと思います。

その魅力の源は、「腐るほどいる人民」に尽きるのでしょう。あれほど安く奴隷を買い叩くことが出来て、しかもまともな法規制もない。

聞けば、唐代には手形取引さえ行われていたとのこと。グローバリズムなんてものは、なんてことはない、あの国を舞台に商人や権力者がやってきた非道を、全世界に広めることだったのではないでしょうか。
2009/04/25(土) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
>グローバリズムなんてものは、なんてことはない、あの国を舞台に商人や権力者がやってきた非道を、全世界に広めることだったのではないでしょうか

そういう見方は、確かに出来ますね。

こちらの方向からあの国を批判出来る人がもう少し出て来れば、状況は少しは良くなるような気がします。
2009/04/26(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1655-80fd832f
  ||| アメリカン エミスフェール 第2章 |||  旧来の関係を破るオバマの動きに希望的観測を抱いた、米州機構サミットの成果  国交回復を視野に入れるキューバ、大使派遣のベネズェラが、米国外交の焦点に 【前号まえ書きからの続き】 よく、オバマは饒舌な
2009/04/26(日) | 米流時評