FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 岡田屋が参る

岡田屋が参る
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

PB商品はなぜ安い? コストダウンの裏技とは

いまでも十分リーズナブルなPB(プライベートブランド)商品だが、さらに低価格化することで、昨今の急激な経済環境の変化に対応していく動きがある。

その中でも特に注目したいのが、イオンのPB「トップバリュ」だ。ことしの夏までに1700品目を低価格へとシフトしていくほか、低価格がウリのPB「ベストプライス by トップバリュ」から、新商品が500品目も登場予定というから見逃せない。

ユニークなのは安さの理由。ボリュームや品質を落とすことではなく、無駄なコストを削減して消費者に還元しているのだ。

たとえば「衣料用洗剤」(1.0kg148円)は、付属についてくる計量スプーンをなくした。前から使っていたものを取っておいて、継続して使えばいい。その分安く、という発想だ。

4/21(火)発売の「しょうゆラーメン」はなんと68円! かやくとスープを個別の袋ではなく一緒に入れることで、包装材のコストを削っている。

「ティシューペーパー5個パック」は、150組×5個パックで188円。ワンボックスごとの紙箱をなくしてコストカット、中身だけを直接フィルムに包装して販売する。ティッシュは紙箱に入っているのが当たり前だったが、詰め替え用に“中身だけあればいい”という声にこたえた。

4/28(火)発売のクッション(198円)は、カーテン生地の生産段階でできた傷のためにカーテンにできなくなった生地を使用。その傷のない部分を利用し安く提供している。

レベルは落とさず値段は下がるという、消費者大歓迎のコストダウン術。PB低価格化の波よ、今後も続け!!【東海ウォーカー】

(2009年04月22日 東京ウォーカー)

 という訳で、ミンスのオカラの実家、イオンこと岡田屋の話な訳なのだけれど、世間の多くの人達というのは、こういう異常な低価格化の波を、どういう風に考えているんだろうかね。

 ま、悲しい話だけれど、賃金デフレで1円差が重要な昨今では、いい事のように捉えられているんだろうな、多分。

 アホの新自由主義者どもなんかは、こういうのを企業努力と呼ぶ訳なんだけれど、殆どの大手小売り業者は「お客様の為に頑張ってます」というメッセージを出しながら、現実には、流通業者や生産業者を絞り尽くして、彼らの利益を極限まで削る事によってこれを実現している。

 こういうアホな廉売競争に付き合わされている地域の小売業者なんかは、本当に自分のところの利益を削って対抗価格を実現していたりするけれど、始めたこの岡田屋を始めとする巨大チェーンなんかは、「痛み」を全て流通業者や生産業者に押し付けながら、テメーだけがいい顔しているに過ぎない。

 これらを踏まえた上で、もう一度聞きたい訳だが、これは、岡田屋は本当に正しい事、社会に役立つ事をやっていると言えるだろうか?

 余程に脳味噌がドロドロのデロンデロンに溶けてなけりゃ、疑問くらいは感じる筈だ。

 「安全で高品質な物を出来るだけ安く買いたい」

 まあ、誰でも普通に考える事な訳だけれど、物には適正価格というものがあり、それを割り込むような廉売というのは、必ず、何処かに過剰な負荷が掛かっているものなのだ。

 コイツらのやっている企業努力というのは、生産者を、流通業者を、規模の小さな地域の小売店を、圧倒的な力を持って虐めて虐めて虐め倒している、そういう事なのだ。

 岡田屋は、本当に社会に貢献しているか?

 小沢民主席の秘書が逮捕された時、一部脳味噌ドロドロサヨクから岡田党首待望論みたいなものが出た訳だが、ミンスの中で最も小泉に近い脳の構造、考え方をしているのは、実はこのオカラだ。

 岡田屋のやり方をよーく見れば、そんな事は直ぐに理解出来る筈だ。

 コイツらは、社会にとっての巨大な癌である。

 バカウヨやバカサヨのようにトチ狂った人型の何かになり果てたくなければ、上っ面のイデオロギーなんかでは無く、本質で人を見て、物を考える癖をつけないといけない。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

日本の「食」は安すぎる―「無添加」で「日持ちする弁当」はあり得ない (講談社プラスアルファ新書)
山本 謙治
講談社
売り上げランキング: 15299
おすすめ度の平均: 4.0
5 手間暇かけた食の名品に食い倒れながら、食品の価格について考える
4 「食」を考え直すきっかけになる本
4 それが欲しいものならば買い支えよう。
5 最後まであっと言う間に…
4 企画に欠点ありだが、著者の今後に期待。ターゲット層を絞り込まないと。。

反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
湯浅 誠
岩波書店
売り上げランキング: 534
おすすめ度の平均: 4.5
3 読み応えあるが経済学的な視点も欲しかった
5 これは名著。読むべし。
5 貧困を“自己責任”の一言で片づけないために
4 最大の敵は「無関心」
4 現場の持つ説得力


PR情報
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>一部脳味噌ドロドロサヨクから岡田党首待望論みたいなものが出た

岡田の方が見た目が爽やかだし、無節操なバラマキ批判を吹聴してるからでしょう。

実際に外資や経団連や合同結婚式の手先と戦って勝てるかどうかなんて、どうでもいいのですよ、彼らには。ウヨクが今でも安倍チャンを支持してるのと同じです。中身や結果なんて考えてはいない。

共産党の小沢批判なんかにも、似たような感じがしましたね。潔癖すぎるんです。議員も支持者も。てゆうか、おまえら、なんだかんだ言ってても検察好きなんちゃうか、と(笑)。

まあ、麻生首相が解散に踏み切れない辺り、まだ選挙やったら勝てないんでしょうね。ご本人は、党よりサミットに参加する方が大事なんでしょう。飼い犬の前原は救いようのないバカだし、清和会も万能ではありませんね。
2009/04/30(木) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
他人が得るべき正当な対価を奪い取って自らの利益と喧伝する輩を勝ち組・成功者として賛美して回った連中の罪はおもいですね。こういう連中をみて我も我もと後に続いていく状況はなんというかDQNスパイラル、でしょうか?
2009/04/30(木) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
私の住む地域も、イオンや西友が進出して、地場の商店街はいわゆる「シャッター通り」と成り果てています。結果、地域住民は、それらのスーパーへ、クルマで買い物に行くしか選択枝がなくなっています。まあ、いまどきの地方生活のカタチの典型例です。
例えば、148円の洗剤や、68円のラーメンを買いに、ガソリン代掛けて買いに行くというライフスタイルが、果たして賢明なのか?TVなどでは、「1円でも安く買い物をするためにクルマを使ってでも買い物に回る賢い主婦」などとやったりしますが、1円2円削るのに、ガソリン代が何倍も掛かるんですけどwww
そもそも、地場の商店街が生きていれば、そんなことにはならない訳で、「価格破壊」とやらで地域経済破壊して、さらに製造・流通段階では下請け・自社社員を搾取して、二重、三重にデフレを加速させるこういう流通大手こそ、仰るとおり、日本経済の癌細胞そのものですね。切除が最善策かと。
2009/04/30(木) | URL | bronks #-[ 編集]
小沢氏がそれほどすばらしい訳ではないものの今の国民の最大の敵は外資族・新自由主義者です。前原・岡田は勘弁してください。
ろろ様もおっしゃっていますが政治に潔癖をもとめ過ぎてる気がします。ネトウヨが自分たちに苛烈な仕打ちをする新自由主義者を選びがちなのはなぜだろうと、ここ最近考えていたのですが、これも若者らしい潔癖症なのではと考えるようになりました。
政治は基本的にすべてどこかへの利益誘導です。
1.外資に誘導するよりは、国内へ誘導すべきということ
2.国内への利益誘導は表に出やすいが国外への利益誘導は表に出にくいため国内利権批判ばかりすると残渣は国賊ばかり
ということに気付く人が増えて欲しいものです。
2009/05/01(金) | URL | open #-[ 編集]
岡田は僕の中では民主党で(党首と聞いて名前が挙がる様な人たちの中で)最悪の選択です。勘弁してほしいですが、でも小沢がこのまま辞めさせられたとしたら経緯が経緯なだけに岡田になる可能性は高いんでしょうね。
真面目イメージとやらがありますからね。

サヨクが支持するのもよくわからない話です。岡田って親中ではあるかもしれませんが、別に反米でもなんでもないですからね。「日本以外の国全部」ポチですから。
2009/05/01(金) | URL | 井上希美 #-[ 編集]
>岡田屋は、本当に社会に貢献しているか?
逆説的だけど、本当に国民に支持されていたら千客万来で笑いが止まらない筈だよね。
実態はイオン、西友も業績の方はパッとしない。
彼らが最強のビジネスモデルとして崇拝している(らしい)ダメリカのウォルマートも、従業員から訴訟されまくっているみたいだし「低価格路線」一辺倒ってのはどこかに皺寄せが行くんだよね。
「580億円支払いで和解 賃金訴訟で米ウォルマート」
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/081224/biz0812241116007-n1.htm
私的には子供の頃の、日曜日の屋上の観覧車が楽しみだった百貨店の時代が懐かしいっす。
2009/05/02(土) | URL | ROM太郎 #ewIX0pS.[ 編集]
>共産党の小沢批判

まあ、所詮はあの程度の器でしか無い事は分かっていた事ですので、しょうがないですね。

しかしまあ、せめて、「余計な事はしない」というスキルくらいは身に付けて欲しいものです。

>清和会も万能ではありませんね

元々、征倭会というのは、所謂「政治的」な行動が苦手な連中ですからね。

岸信介や小泉のような突発的な異能者が現れた時と、米国の都合が上手く重なり合った時にしか、機能出来ないのでしょう。
2009/05/02(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>こういう連中をみて我も我もと後に続いていく状況

そうして、ぺんぺん草も生えないような寂寥とした荒野が、また一つ出来上がってしまう、と。

新自由主義者というのは、本当に癌細胞そのものです。
2009/05/02(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
>1円でも安く買い物をするためにクルマを使ってでも買い物に回る賢い主婦

この辺は、トヨタを始めとするクルマ屋のプロパガンダも入り交じってそうな感じですね。

日本の癌細胞勢揃いといったところでしょうか。

本当に、さっさと切除してしまいたいものです。
2009/05/02(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
潔癖症というよりも、ただ単純に、「自分に利益が誘導されないのが気に食わない」とか「利益誘導されて景気がいい連中が気に食わない」とかの、イカれた嫉妬心から来る行動だと思いますね。

「あいつらへの優遇さえ無くなれば、能力的に優れている自分が成功する為の道筋が出来るんだ」みたいな、中二病的思い込みから発症した他傷型の行動障害の一種ではないかと推測します。

本当の潔癖症なら、小泉が罪魁が創設したシンクタンクの顧問になったりした事を、裏切りだと騒いでいる筈ですから。

小泉の事は、恐らく身内、仲間だと認識しているのでしょう。

だから、小泉への利益誘導には腹を立てない。

彼らの家族の人には、そろそろ、本当に病院に連れて行く必要があると認識して欲しいものです。
2009/05/02(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
サヨクな人達の大半って、9条以外の事に興味のないアホが多いですからね。

オカラなら、前張くんとは違って9条を守る側、護憲の側に付く可能性が限りなく高いですし。

9条を守れるなら、社会が、祖国が、世界が、どれだけ無茶苦茶になろうとも、幾人の人間がどれ程に苦しもうとも、興味の対象外なのです。

所詮、バカウヨもバカサヨもベクトルが違うだけで、社会にとって有害なカスである事に変わりはない、という事でFAかと。
2009/05/02(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
日本では公開されていないみたいですが、ウォルマートの闇を描いた映画がありますね。

キャッチコピーは「嘘つきで守銭奴で差別主義者、それがウォルマートだよ!」。

それによると、アメリカの医療保険制度の不備は「シッコ」などにも描かれている訳だけれど、ウォルマートの医療保険はそんなアメリカの中でも酷く、従業員のほとんどが保険料を払えないでいる。

それどころか、ウォルマートの従業員の中には、フルタイムで働いているにも関わらず生活保護を受けている人までいるとの事。

まあ、古い作品なので、今は多少はマシになっているだろうとは思いますが、こんな路線を目指しているような企業が、まともな企業な訳が無いというものです。
2009/05/02(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
プライベートブランドが安い一番大きな理由は宣伝費をかけていないことです。包装の簡易化のようなこともあるでしょうけど、宣伝費をかけないことによるコスト削減に比べれば少ないものでしょう。プライベートブランドの登場によって被害をこうむっているのが電通や博報堂などの広告代理店です。下請け業者に対する締め付けによるコスト削減はジャスコだけでなく他のナショナルブランドの会社も既にやっていることであり、つまり同じ条件ですから、プライベートブランドとナショナルブランドの大きな価格差の主因ではありません。この件に関しては陳胡痒さんが詳しいです。
2009/05/05(火) | URL | 読者 #mQop/nM.[ 編集]
浪人さん初めまして。
何時も大手メディアがスポットを当てない事柄を取り上げて下さり、大変参考になっています。

>読者さん
>下請け業者に対する締め付けによるコスト削減はジャスコだけでなく他のナショナルブランドの会社も既にやっていることであり、
>つまり同じ条件ですから、プライベートブランドとナショナルブランドの大きな価格差の主因ではありません。

そのお考えは大手業者同士の価格競争なら通用するのかもしれませんが、私のように大手に囲まれている地元で家族と自営業を営むような店から見ると頷けるものではありません。
私は浪人さんの文章が大手業者に限定したものではないと感じましたので、ちょっと違うのではないかと思いましたのでコメントさせて頂きました。
2009/05/05(火) | URL | Pira #jNpoywc6[ 編集]
>>読者さん

えっ、ジャスコや西友がプライベートブランドを投入すると、大手広告代理店が枠持ってるテレビCMを使わなくてすむようになるんですか?

地方行くと、ジャスコやマックスバリュがバンバンCMやってませんでしたっけ?

包装の簡易化や流通の省略は「事実」として起こっていることなんですが、そのような事実はスピンオフの需要に何の影響も与えていないんでしょうか?

貴君のようにギョーカイに詳しくないので、詳しくご教示くださると有難いです。
2009/05/05(火) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
実のところ私もよくわかりません。
とりあえず、まとめたのでどうぞ。
http://77c.org/d.php?f=nk7289.jpg
2009/05/06(水) | URL | 読者 #mQop/nM.[ 編集]
まず、あなたがしている一番大きな勘違いは、大手広告代理店の広告収入の減少と、販売店の広告を含めた宣伝に掛かる経費は、関係はしているけれどもイコールでは無い、という事。

大手小売が宣伝費を減らせば広告代理店の広告収入は減るけれども、広告代理店の収入が減っても、大手小売の宣伝費には一切関係しない。

PB商品一品一品に、或いは1カテゴリ毎に広告を打たないだろうけれど、自社が展開しているPB全体、或いはチェーン全体の広告は打たないといけないから。

そういう意味では、ナショナルブランドに頼った商売をしない分だけ、大手小売自体の宣伝費、広告費というのは、多少なりとも大きくなっている可能性はあるね。

だから、「地方行くと、ジャスコやマックスバリュがバンバンCM」やっている、とこう繋がる。

後なんですけど、このエントリの主題は、プライベートブランドとナショナルブランドの価格差では無く、大手小売による廉売は本当に社会の為になる行為なのか、という事。

物には適性な価格というものがあり、それを割り込むような価格での廉売というのは、何処かに過剰な負荷が掛かっている、というお話な訳です。

ちなみに、ナショナルブランドがやっている「下請け業者に対する締め付けによるコスト削減」も、問題の一つだと認識していて、何度か言及していますですよ。
2009/05/07(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
初めまして。

拙ブログは基本的にはコメント歓迎ですので、どんどんして下さいませ。
2009/05/07(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1661-13380897
  ||| プレ・パンデミックの限りない憂鬱 |||  欧州から中東、アジアまで拡大した新型ウィルスのインフルエンザ最前線報告  CDC: 蔓延の実情は「プレ・パンデミック」フェーズ5への進展も時間の問題 まず最初に断り書き。このエントリは米国時間で29日水曜午
2009/05/01(金) | 米流時評