FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ医療崩壊 → パンデミック

パンデミック
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

国内初、新型インフルの疑い…カナダ修学旅行の横浜の高校生

 舛添厚生労働相は1日午前1時半ごろから記者会見し、国内で新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の「疑い症例」が発生したと発表した。

 修学旅行でカナダを訪れていた横浜市内の男子高校生(17)で、発熱、せき、たんの症状があり、30日に医師の診察を受け、簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応を示した。今後、さらに詳しい遺伝子検査(PCR検査)を行うが、確定診断には1~2日程度かかる見込みという。日本で疑い症例が確認されたのは初めて。

 舛添厚労相は「今の段階でいたずらにパニックになる必要はない。もし新型インフルエンザであれば、しかるべき対応をする」と述べ、冷静な対応を呼びかけた。

 舛添厚労相の説明などによると、高校生は4月10日から、カナダのブリティッシュコロンビア州を訪れ、政府の水際対策が始まる前の25日に帰国していた。

 A型インフルエンザには、新型インフルエンザのほか、ウイルスの型が同じタイプ(H1N1型)のAソ連型、さらに、A香港型(H3N2型)などがある。簡易検査の後、さらに詳しい遺伝子検査を行ったが、解析不能だった。同省では、国立感染症研究所でウイルスを詳しく調べて診断を確定させる。

 高校生は感染症指定病院に収容されている。同省は高校生が国内でどんな行動をとったかや、接触者、同行者などを調査する。舛添厚労相は「(高校生の通う)学校が臨時休校するという判断もありえる」と述べた。

 一方、同省などによると、30日午後3時半過ぎに成田空港に到着した米ロサンゼルス発の航空機内で、発熱を訴えた日本人女性(25)に対する簡易検査で陽性反応が出た。しかし、遺伝子検査を行ったところ、A香港型で、新型インフルエンザではないことが判明した。女性は千葉県内の病院で治療を受け、機内で女性の周囲にいた乗客ら十数人は、検査結果が判明するまで空港周辺に留め置かれていた。

 新型インフルエンザの判断については、国内で発生した場合は簡易検査で陽性が出た時点で疑い症例とするが、検疫の場合は簡易検査に加え、遺伝子検査を行ったうえで判断する

(2009年05月01日 読売新聞)

 相も変わらず、後手後手の対応と、やたらと恐怖心を煽る報道の連発で、軽いパニックを引き起こしそうになっている無能の痴民党&カスゴミコンビ。

 日本はこれから雨期に入る為、湿気に弱いインフルエンザが爆発的に蔓延する事なんかあり得ない事なんか、全部分かった上で煽ってるんだろうな、多分。

 そうやって、民草が慌てふためく姿を見ながら、「支配者」たる自分達を再認識してホルホルしとるとしか思えないくらい、無茶苦茶な対応&報道。

 さて、そんな訳でカスの痴民党の後手後手の対応に、クズのカスゴミの報道というよりアジテーション的な恐怖心を煽る叫びに怯えなくとも、きちんと対策さえしておけば、そうそう罹る事も無いです、豚インフル。

 ただ、問題は、日本の敵、小泉チョン一郎が医療制度を破壊し、雇用制度を破壊した所為で、連座的に国民皆保険制度が崩壊した所為で、一度蔓延しだすと、歯止めがきかなくなる可能性がある事だね。

 明らかに体調がおかしいのに、金が無いから、保険に入っていないからとそのままウロウロする人間というのは、ウイルスを撒き散らす人間化学兵器みたいなものだから。

 痴民党に少しでも脳味噌があるのなら、カスゴミ相手に遊んでばかりいないで、早いところ、医療制度の立て直し、雇用制度の立て直しによる国民皆保険制度の復活に着手すべきだろう。

 こういうものがあったから、今まで、軽いパニックはあっても本格的な混乱に陥る事は無かったんだという事に、アホが早く気付く事を願うばかりです。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実 (新書y)
本田 宏
洋泉社
売り上げランキング: 27624
おすすめ度の平均: 4.5
5 為になる。
4 現役外科医の送る、一般向け日本の医療崩壊入門書。世界の主要国と比べて、日本人の命はこんなにも安く見られている!
3 日本の医療へのするどい批判,しかし解はみえない
4 買いです。
4 意識変換のための本

まちの病院がなくなる!?―地域医療の崩壊と再生
伊関 友伸
時事通信出版局
売り上げランキング: 49414
おすすめ度の平均: 4.5
5 公的病院崩壊の現状分析と起死回生のための必読バイブル
4 社会の病気は病院では治らない・・・
5 国民の問題
2 「医療崩壊」を訴える二通りの人々がいる・・・・・
5 目から鱗が落ちた気がする。


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1662-3256352e
  ||| プレ・パンデミックの限りない憂鬱 |||  欧州から中東、アジアまで拡大した新型ウィルスのインフルエンザ最前線報告  CDC: 蔓延の実情は「プレ・パンデミック」フェーズ5への進展も時間の問題 まず最初に断り書き。このエントリは米国時間で29日水曜午
2009/05/02(土) | 米流時評
    ||| メキシカン・ペーシャント ||| メキシコで最初の感染患者は生きていた!養豚の町ラ・グロリアの隠された発生源 封印された患者ゼロ号、エドガー・ヘルナンデス(5才)の母が語る疑惑の医療班 H1N1新型ウィルスによるインフルエンザ(名称長い!)の発...
2009/05/02(土) | 米流時評