FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → PAKURI

PAKURI
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

著作権侵害の可能性 自主回収

東京ディズニーランドでの心温まるエピソードを集めてベストセラーになった本の内容が、一般から募集された体験談などとそっくりで、著作権を侵害している可能性が高いことがわかり、発行した出版社は本の自主回収を始めました。

問題となっているのは東京の「サンクチュアリ・パブリッシング」が出版した「最後のパレード」という本で、著者の中村克さんが「東京ディズニーランドで本当にあった心温まる話」として集めた33のエピソードが紹介されています。ことし3月に出版してすでに23万部を売り上げるベストセラーになっていますが、このなかの「大きな白い温かい手」というエピソードが、東京都内の社団法人が5年前、「小さな親切」をテーマに募集した体験談の入賞作品とそっくりだという指摘が出版社に寄せられました。出版社で2つの文章を比べたところ、書き出しの部分が、入賞作品のほうは「二度の脳梗塞で重度の障害が残った夫」で、「最後のパレード」のほうは、「2度の脳梗塞によって重い障害が残った夫」となっているなど、全体を通して表現やストーリーが酷似していました。このほかに少なくとも6つの話が、ほかの文集やインターネットなどに掲載されていた話と似ており、著作権を侵害している可能性が高いとして、出版社では1日から、書店に出ているおよそ16万部の自主回収を始めました。出版社の鶴巻謙介社長は「関係者の皆さま、読者の皆さまに謹んで謝罪を申し上げるとともに今後も解決に向けた協議に誠心誠意取り組みたい」とコメントしています。

(2009年05月03日 NHK)

 さて、問題発覚当初から、痛いとしか思えない発言を繰り返したきた中村くんな訳だけれど、結局、出版社もパクリと認めざるを得ない程にパクリだった、という訳ね。

 流石、悪い事してもごめんなさいが言えない日本代表珍風と共斗(笑)するキチガイ、東村山訴訟マニアの会(俗称:草の根)と仲良しなだけあって、かなりキてるねえ。

 類は友を呼ぶというけれど、全くその通りだな。

 で、この中村くんな訳だけれど、事態がここまで進展しても、まだ己が悪い事を頑なに認めず、今度は、こんな言い訳を口にしておられる御様子。

「最後のパレード」回収に関して

思いやりの大切さを書いた本ではありましたが、読売新聞などの関係者にディズニーファンや著者、出版社を思いやる気持ちが少しでもあれば、このような事態になることはなかったものと考えます。

私がこの本で伝えたかったことは思いやりの気持ちの大切さです。

http://gpscompany.blogdehp.ne.jp/article/13444273.html

(中略)

私は、東京ディズニーランドで唯一人の「グランドスラムを達成したスーパーバイザー」と称されていました。なぜならば、すべてのアトラクションエリアとすべてのゲストサービス施設のスーパーバイザーを経験したからです。

したがって、エピソードの信憑性の判定には自信を持っていました。「このようなエピソードは五万とある」「このエピソードは掲載しない方が無難である」と判断することは私には容易なことでした。

読売新聞が盗作と問題にした「キャラクターがゲストを励ます」エピソードも、ドナルドが当り前に行った「仕事」でした。

(ドナルドダックの身長を考えてみてください。ドナルドが障害をお持ちのゲストを励ますのには、そのような意味もあるのです。 )

私は、ディズニーランドではたくさんの障害をお持ちの方が働いている事実を知っています。それだけに、読売新聞が盗作と疑ったこのエピソードは100%入れたい、そう思い採用したものなのです。

2007年の障害者週間に天皇、皇后両陛下は、オリエンタルランドの子会社をご訪問されました。

天皇、皇后両陛下がご訪問されたご様子はこちらから

http://www.olc.co.jp/news_parts/20071221_01.pdf

両陛下から、障害をお持ちの従業員に対して「がんばってください」など、多くの励ましのお言葉を頂戴いたしましたこともあり、「最後のパレード」では、障害をお持ちのゲストとの交流の話を数多く採用致しました。

サンクチュアリ出版様にも読売新聞による今回の盗作疑惑報道がなされた後、この本には両陛下のご訪問の件が関わっていることと、ドナルドなどのキャラクターやアンバサダーが、ディズニーランドに来園できない障がい者の施設などを25年間慰問し続けている事実を伝えました。

著作権者へも世間へも、私たちが両陛下の障がい者に対するお気持ちと同様な気持ちを伝えれば、間違いなく分かって頂ける、ディズニーランドでは「サービスの復旧」と言いますが、例え手続き上のミスがあったとしてもきっと許していただける、私はそう信じていました。

サンクチュアリ出版様との出版契約には、日本ユニセフへ総売り上げの3%を寄付することになっています。それでも私は、この本の印税収入から、私にしかできない「障がい者木工」の普及などに寄付等を惜しまないつもりでした。

(手前みそになりますが、東京都唯一の国宝である東村山市の正福寺の地蔵祭りも、私が知的障がい者施設への木工支援を行わなければ開催することはできませんでした。)

http://www.shoukoukai.or.jp/profile/jizoumaturi.html

このように、「最後のパレード」という書籍は、私が障害をお持ちの価値ある方々と深く関わってきたことにより誕生した本なのです。

障害をお持ちの方々のためにも、天皇、皇后両陛下を悲しませる結果になることだけは避けなければいけないと考えます。
(日本社会を希望社会に変える ディズニー出身のコンサルタント より)

 何かもう、理屈の構築すら出来ていないところが、如何にも「あちら側の人」という雰囲気な訳だけれど、テメーを弁護する為に障害者や天皇陛下を持ち出すあたりは、もう、救いようが無い感じだな。

 天皇皇后両陛下の名前を持ちだしたのは、さしずめ、似非ウヨク団体珍風あたりの差し金だろうかね。

 「陛下の名前を出しておけば、脳味噌バーンなネトウヨは味方してくれるよ」みたいなノリだったんだろうな、多分。

 まあ、もう完全に珍風に嵌りきっている信者あたりは騙されるかも知れんけれど、そこまでは行っていない大多数に対しては、神経を逆なでしただけだろう。

 そんな事すら分からないあたり、流石は珍風―糞の根ラインの人間だとしか言えないな。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

みんなで探したちょっといい話
志賀内 泰弘
かんき出版
売り上げランキング: 93696
おすすめ度の平均: 4.5
5 忘れかけている大切なこと
5 心がほっこりします。
5 こころに優しい一冊
5 読むたびに優しくなれる…
4 この本は、一服の清涼剤である。

犬と私のちょっといい話―心に残る幸せの贈り物

青春出版社
売り上げランキング: 499798
おすすめ度の平均: 5.0
5 忘れ難い犬と人とのエピソード集


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
本当、障害者を逆なでしてますね。

だったら精神障害の一種、アスペルガー障害(広汎性発達障害)ADHD(多動性発達障害)などの発達障害がどんなものか知ってるか!?

その症状を知るにはどれだけの苦労をしたのか、健常者とどう見分けられるのかのも知っているのか!?

(判明するには精神科医の診断が必要であり、素人判断は禁物です)

とまでにツッコミ入れたくなります。こういう人たちにすら『自己責任』とか『甘ったれるな』を強要する連中ですから、「自分たちも障害者の為にやっている」などと言う偽善は吐かないでいただきたい。逆に失礼で迷惑ですから!!

障害者をバカにして食い物にしてるとしか無い。
そんなあんたたちより、身体障害者、知的障害者のみならず発達障害者も苦しい日常に対して逃げずに健気に頑張っている。

私はそれを発達障害者の會で見て来た、発達障害者であるからこそ「守るべき愛郷心」「生き甲斐」を見いだした人もいるし、「右翼、特に国粋主義者は『弱きを助け強気をくじく』ではなかったのか」と言った人もいる。彼らは彼らで自分のハンディギャップを背負いながら一生懸命生きているのだ。

その様な無垢で純粋な障害者達を用いて、たぶらかし、弄ぶとは人間として断じて許さん!!

人の皮をかぶった野獣どもめ、お前らに人の痛みや苦しみが解るのか?怒りや悲しみが解るのか?お前らの血は何色だ!!

その時点から万死に値する行為だ!!
2009/05/09(土) | URL | 小澤英治朗 #-[ 編集]
まあ、障害者は紛れもなく「人間」で、我々の仲間ですけど、野牛くん以下珍風の連中は、人型をしたクリーチャーの類ですから。

立派なのは当たり前、むしろ、比べる事自体が失礼な事かと思います。
2009/05/09(土) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
どうもすみません、ゾンビを人間と同じにしました(自爆)。

そのゾンビが事もあろうか『皇室』とか『思いやりの心』とか持ち出した時には背筋がぞっとします。。

その連中が太陽の象徴『天照大御神』の末裔を用いて思いやりの心など自分たちと正反対の事の事を言ってはいけません。
事もあろうか、ゾンビが「人間」を使って神聖な所に関わってはいけません。

はっきり言って気持ち悪い事です。
これじゃ国がおかしくなるのは当たり前です。

この事件をきっかけに神社関係者は[No MONSTER SUBARU andTINPOOREN]
[野獣スパムと珍風連はおことわり] の表札をかけてください。

蛇足「NO YAGYU SUBARU」のバナーは私の掲示板にも貼りました。
2009/05/10(日) | URL | 小澤英治朗 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1666-53b76d08