FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 落日の朝日

落日の朝日
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

朝日新聞「ボーナス40%減」 業界に衝撃が走る

部数伸び悩みに加えて広告収入の大幅減が続き、新聞社の経営が「待ったなし」状態に追い込まれている。朝日新聞では2009年夏のボーナス40%カットを目指す方針を打ち出し、読売新聞も大幅減の方向で動き出した。新聞各社はいよいよ人件費に踏み込まざるを得ないところにきた。

組合側は大反発、交渉は難航しそう

関係者によると、朝日新聞は2009年夏のボーナスを40%カットしたいと組合に申し入れた。社長以下役員のボーナスは「ゼロ」になる。本給部分も非組合員の管理職は09年4月から5-10%削っている。役員報酬に関しても、社長、常務、取締役、役員待遇について15%から45%の減額を実施しているという。ある朝日OBは、「先輩はいい時期に『卒業』できて良かったですね」とため息まじりにボーナス減の報告を受けたという。

ただ、組合側は「受け入れられない。経営責任を明確にせよ」と大反発、交渉は難航しそうだ。

日本経済新聞もすでに20-30%台の幅で、夏のボーナス削減を決めている。日経や朝日以外の新聞各社は、5月末頃から各労組が要求を提示し、6月の第1週に会社から回答を得て、妥結か交渉かを検討することになる予定だという。ただ、この「40%カット」は業界に衝撃を与えており、読売新聞も朝日に習い大幅カットを打ち出す見通しだ。

日本新聞労働組合連合の木部智明書記長は「ボーナスを巡る状況は、今年はとにかく酷い」と状況の悪さを認める。その原因を「広告収入の大幅減収」とみている。

09年5月に発表された大手広告代理店の09年3月期決算でも、電通の「新聞広告」売上高は前年度比19.2%減と約348億円も減り、博報堂DYホールディングスも同22.9%減(約299億円減)と激減している。

「企業年金」の補填問題も大きい?

木部書記長は新聞社の広告収入について「これから回復する余地のないくらいの落ち込み」と表現する。これまでの労使交渉の中でも、経営者から再三「厳しい」という声が出ており、組合側も現状を認識せざるをえない環境だ。交渉の見通しについては、「一時金(ボーナス)を上げろ、という議論にはなりにくい」という。部数も横ばいか微減の社が多く、広告収入減の影響をもろに受ける形になっている。

元朝日新聞の編集委員で経済ジャーナリストの阿部和義さんも、ボーナスカットの一番の原因は「広告収入の激減」だという。また、朝日新聞については「企業年金」の補填問題も大きいのでは、と指摘する。04年度以降の定年者について、年金の運用利率を5.5%から3.5%に引き下げているが、それでも追いつかない。金融危機による株価低迷など、運用状況の悪化が背景にある。

「09年4月以降、年金の補填に100億円とか200億円を拠出しなくてはいけないという話もあります。企業年金はとても運用できない状態のようです」
また、新聞社の人件費について、「給与自体は一般企業と比べると、新聞社もテレビ局と同様に『高すぎる』のは事実だが」とした上で、「そういった『聖域』に踏み込んで(カットを)やらなければもたない」ほどの厳しい状況だと指摘する。

「アメリカでは新聞社が何社も潰れているが、日本でも2、3社に淘汰されるような時代になるんじゃないですか」

(2009年05月23日 J-CAST)

 ザマアwww、な訳だが、それ以上に、なるほど、という感想を抱いてしまった。

 カスゴミと言えば、どいつもこいつも雁首揃えて小泉構造カイカクという狂気をマンセーしてやがった訳だけれど、なるほど、コイツら、その痛みを今の今まで全く感じてなかった訳ね。

 今の今までボーナスカットの一つも無かった癖に、「痛みを伴うカイカク」とか偉そうな事を言っていた、と。

 で、今回、ようやくにしてカイカクの痛みがカスゴミ様まで届いた訳だけど、多分、自らの愚かさを反省するんじゃあ無く、またぞろ、新聞を読もうキャンペーンだの、ネット叩きキャンペーンだのの、斜め上な事を始めるんだろうな。

 そうして、氏ぬまで自らの愚かさに気付けないままでいるんだろう。

 まあ、紙メディアは何らかの形で残るとは思うけれど、アカピーを始めとした既存のカスゴミは、全て淘汰されるだろうし、されるべきだな。

 一日も早く、その日が来る事を祈ってます。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

反日マスコミの真実 2009?メディアの情報支配へ反乱が始まった! (OAK MOOK 264 撃論ムック)

オークラ出版
売り上げランキング: 306
おすすめ度の平均: 5.0
5 マスコミの情報を鵜呑みにするのは危険
5 これは国民の必読書だ!
3 それが国民のレベル、と言えばそれまでだが‥。
5 真実の報道をしてほしい
5 今のマスコミはおかしい

チベット大虐殺と朝日新聞
岩田温
オークラ出版
売り上げランキング: 263656
おすすめ度の平均: 4.0
4 せっかくの良書なのに
4 チベットに入植した漢民族の行為
1 単なる朝日新聞叩き
5 チベットと朝日新聞問題を同時に学べる良書
5 極めて実証的な朝日新聞批判!


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
コピー機を買い換えたい方必見!格安で購入できます!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する

光化学オキシダントは、工場や事業所、自動車などから発生する窒素酸化物や揮発性
有機化合物が、太陽光(紫外線)を受けて化学反応を起こし、生成されるオゾンなどを
いう。
高濃度になると目やのどの痛みなどの健康被害が生じる。

【天気の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk_ind.cgi
【天気タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2009/05/25(月) | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
メシウマ~。今まで嘘八百並べ立ててオマンマ食えてた奇跡に感謝するべきだな。
2009/05/25(月) | URL | 勤務医 #-[ 編集]
キ印揃いのアカピー様なので危機の最中に内乱でも起こすんじゃないかと期待してます。
2009/05/25(月) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
感動した(笑)・・・なわけ無いだろう。
散々嘘を付いて来た罪は重い。
一刻早く逝ってくれ!!
2009/05/25(月) | URL | 青雲大空 #mQop/nM.[ 編集]
自分のブログで、荒れました。
お前らカスのマスコミ、ボーナスなんて、もらえる立場じゃないって。
お前らが国をおかしくした茶坊主だって。
って感じです。
2009/05/26(火) | URL | 『たに』 #USanPCEI[ 編集]
メシウマですね。

このまま、一気に潰れてくれれば、さらにメシウマです。
2009/05/26(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
あり得ますね。

労組と経営陣の泥沼の戦い、とか。

で、それを週刊誌にすっぱ抜かれて恥の上塗り、と。

アカピーらしくってとってもステキです。
2009/05/26(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
全くですね。

一秒でも早く逝って欲しいものです。
2009/05/26(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
紛うことなきカスですが、本人達は選良のつもりなので、ボーナスは満額支給されて当然、とか思ってるんでしょうね。

救いようがないカスです。
2009/05/26(火) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
広告収入に頼らずに定期購読収入で経営が成り立つように新聞業界も構造改革を行って欲しいです。当然ながら痛みも伴いますが,他の業界や他の産業も行っているので新聞業界も頑張って改革を進めて欲しいです。
2009/05/26(火) | URL | 通行人A #mQop/nM.[ 編集]
まあ、無理だと思います。

根本から腐ってますから。
2009/05/28(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1687-a08cff28
  ||| 陰謀の迷宮 パキスタン諜報部 I S I ||| 疑惑と陰謀の迷宮:冷戦時代にCIAが息を吹き込んだパキスタン陸軍諜報部 I S I パキスタン・クシャブ核施設の鍵を握るのは、イスラム原理主義者の I S I 司令官 第1章 衛星写真で発覚!パキスタン・クシャブの新
2009/05/25(月) | 米流時評