FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 公平詐欺

公平詐欺
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「社長は給与返す、社員も返上を」労組反発 英BA

 【ロンドン=大野博人】経営が苦しいから月給1カ月分を返上してほしい。社長も返上するから――。英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のそんな提案に労働組合が猛反発している。平均的従業員は年収でさえ社長の月収の半分。同列に扱う無神経さががまんならないようだ。

 BAの広報によると、月給返上の要請は最近、社内メールで全社員に流された。強制ではないといい、自発的に1カ月間休むか、無給の「ボランティア」として働いてほしいと呼びかけた。ウィリー・ウォルシュ社長自身も7月の給料を返上するという。

 ところが、社長の給料は年間73万5千ポンド(約1億2千万円)で1カ月当たり約1千万円。これに対して従業員は年収でも平均約3万ポンド(約500万円)。社長は1カ月で平均的社員の年収の2倍を取っている勘定になる。

 「社長は1カ月ただ働きしても困らないだろう。だが従業員はそうはいかない」と労組ユナイトのスポークスマン。別の労組幹部も「まず社の幹部が自分たちの給料を永続的に劇的に削減してからの話だ」とあきれている。

(2009年06月20日 朝日新聞)

 流石は世界のキチガイ王ライミー、完全にぶっ壊れてやがるwww

 こんな要求を出されて、「ハイ。わかりますた」とか言うヤツがいるとでも思ってるのか、この腐れ脳味噌バカ社長はwww

 と思いっきりバカにして終わりたいところなのだけれど、これと限りなく近い要求をされて、大喜びで「その通り」とか「それは公平だ」とか言っているバカが散見される国があるから、困ったものなんだ。

 まあ、何処の国かというと、我が国・日本な訳なのだけれどね・・・

 状況を説明すると、痴民党の与謝野というオッサンを中心に、増税派という連中が多数いて、「国の経営がしんどいから、みんなに平等に課税する消費税を増税しやう」と主張しとる訳だ。

 で、これに、痴民党マンセーのバカウヨ(代表例:花岡某センセイ)が「その通りニダ。消費税は皆に平等に、公平に課税するスバラスイ税制ニダ」とか言って賛成している訳なのだが、まともなアタマで考えれば、これが如何に狂っているかがよく分かる。

 BA労組の「社長は1カ月ただ働きしても困らないだろう。だが従業員はそうはいかない」という言葉を、このケースに置き換えると、「企業幹部や政治家は消費税が15%でも困らないだろう。だが一般庶民はそうはいかない」となる。

 一見、平等に、公平に課税しているように見える訳だが、その実態は、一方には生活そのものが困難になる程の負担を強いながら、もう一方には、ほんの少しの、気にならない程度の負担増にしかならない訳だ。

 平等や公平を追求し過ぎると、却って平等や公平、延いては社会全体の存り様を破壊するという共産主義の失敗を綺麗に踏襲した税制、それが消費税なのだ。

 これに、自称反共のウヨクなニーチャンネーチャンが賛成しているのだから、道理の分かる人間は鼻で笑うしかない。

 大体、皆から同じ額、公平に取るのが素晴らしい税制だというのなら、究極の税制は人頭税だという事になる。

 これが如何に社会に有害で狂った考え方かというのは説明不要な訳だが、カイカク真理教の最高幹部の一人であるケケ中平蔵は、この人頭税こそが最高の税制だと、本当に言っていたりする。

佐藤 いったいこの世の中に「理想の税」というのは存在しているのか、あるいはこうすればより「理想に近い税のあり方」になるはずだというのがあるのなら、最終的にはその辺までさらにお聞きしたいなと思っているんですけど。

竹中 いきなり理想の税は何かと聞かれるとすごく難しいんですけど、この話の出発点として、あえて話をややこしくさせるために答えるなら、私は人頭税というのが理想の税だと思うんですね。

佐藤 人頭税?

竹中 そうです。佐藤さんにも、私にも、皆同じ金額をかけるんです。国民一人ひとりの頭数にかけるわけですから、これほど簡単なものはないですね。

(藤雅彦・竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』より引用)

最高所得税率水準としては当面四〇パーセント程度を目指すが、その際、法人税率と同水準にするという点に、もう一つのポイントがある。また将来的には、完全なフラット税、さらには人頭税への切り替えといった、究極の税制を視野に入れた議論を行うことも必要だろう。

(日本の論点'99より引用)

 一応、人頭税の何が問題なのか分からないという子の為に補足説明しておくと、この税制は、ケケ中のアホが語っている通り「国民一人ひとりの頭数」に「皆同じ金額をかける」税制な訳。

 そこに、個人の収入や都合などは一切考慮されない。

 税額を100万と定めたら、年収1億の人間からも年収100万の人間からも、等しく100万徴収する税制。

 弱い者には、強くなれない者には、敗北した者には「生きていく資格すら無い」と言い放つシステム。

 弾圧と粛正、淘汰の為のシステム。

 これが、カイカク論者、消費税増税論者の行き着く終着駅、彼奴等が辿り着く最終地点。

 今の痴民党というのは、このカイカク論者と消費税増税論者が主流派なのだ。

 さて、最後に、もう一度ニュースの内容に話を戻して締めようかと思う訳だが、BAの社長殿は、「経営が苦しいから月給1カ月分を返上してほしい。社長も返上するから」と言っている訳だが、彼は大きな勘違いをしている。

 日本の企業、昨今の派遣切りの問題にも繋がる点なので、よく覚えていて欲しい訳なのだが、本来、従業員の役目は「業務を滞りなく遂行する事」であり、「利益を上げる事」は経営者、及び幹部の役目だと言える。

 無能な経営陣ほど一般従業員に「利益を上げる事」を要求するが、それは大きな間違いなのだ。

 もし、本当にそうしなければならないならば、経営陣というのは何の為に存在するのか分からなくなるというものだろう。

 「皆で痛みを分かち合おう」なんて詭弁に騙されがちだが、従業員の業務不履行で損益が生じたのなら兎も角、それ以外の場合は、単純に、経営陣の失策のツケを無理矢理押し付けられているだけに過ぎない。

 キチガイの詭弁に騙されてはいけない。

 本来、例えばこのBAの場合なら、社長、及び経営陣が年収約3万ポンドにしなければいけない状況なのだ、という事を覚えておくべきだ。

 何故なら、「利益を上げる」という役割を果たせなかった、彼らの責任なのだから。

 まあ、要するに、結論としては、表面的な嘘や詭弁に騙されてはいけない。

 連中は、それを綺麗事で装飾してこちらを丸め込もうとしてくるが、装飾された表面では無く、その薄汚れた実体を、本質を見抜かなくてはならない。

 お人好しも度が過ぎると、自分は勿論、自分の大切な人、回りの人まで殺してしまいかねない現実を知るべきなのだ。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

誰がウソをついているのか―増税も改革も必要ない!
森永 卓郎
ビジネス社
売り上げランキング: 137806
おすすめ度の平均: 4.0
4 ハゲタカファンドの親分は政府・日本国家か?
4 構造改革に潜むハゲタカファンドの罠を解説

増税が日本を破壊する
菊池 英博
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 108662
おすすめ度の平均: 4.0
2 タイトルの割には…
2 1回納得、でもやっぱり・・・
5 「日本沈没」を回避するために
4 増税が日本を破壊する
5 目からウロコ


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
人頭税はイギリスで、サッチャー時代の保守党が導入しようとしてたのですよね。
日本のカイカク真理教が、イギリスのサッチャーカイカクを手本にしているのがよく分かります。それが失敗である事を分かっていながら、手本にしているのですからタチが悪いです。
しかも、そのイギリスですら現在は、新自由主義的なものを排除する動きが出てきている(この間の浪人さんのエントリにありました)というのに、日本の現在の与党ときたら…どうしようもない連中ですね。
2009/06/20(土) | URL | マシュマロ #-[ 編集]
経団連の馬鹿企業は、消費税上がれば、上がるほど還付をもらえるから盗人  輸出には一切かかんね          やつら、これ以上太らせても何にもならない            所詮、企業献金の問題か
2009/06/20(土) | URL | 麻生いちろう #IcUDtGMA[ 編集]
何かウヨ・サヨっていうか、高収入で高能力の人達は、選民思想みたいなもの持ってるらしくて。

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/a3e3c15c6220ee12d02bbb783390179b

ここに出てくるように、「内閣の3つや4つはつぶれるだろう」を始めとした考え方や

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/042ba00a133e62cb87f8682fab9701d2

これじゃありませんが、日本が破綻する事で改革がどうのなど平然と他人事のように言ってるのが不気味ですね。

破滅の意味が解ってるんでしょうか。
2009/06/20(土) | URL | ロン #-[ 編集]
ケケ中は中世の人間じゃないかと思うことがあります。
発想が古すぎる・・・・。
2009/06/21(日) | URL | まどろみ猫 #-[ 編集]
池田信夫大センセーやケケ中レベルのS級クラスのキチガイになってくると人間社会に悪害しか撒き散らかさない人型クリーチャーにしか見えない。
少なくとも人間ではないね。
レッセフェールが素晴らしいと思ってるキチガイですからね。
こいつ等を素晴らしいなどと信奉している刑罪魁の人間や凍死家、投棄家も同類。
税金が払えないのはお前らが悪で努力が足りないからだとかぬかすんでしょう。

ケケ中、池田信者である刑罪塵や凍死家、投棄家は必ずと言っていいほどこの言葉を口にして自己責任だとかぬかしてきます。

<ahref="http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/m20090620016.html">FX規制 金融庁の賭け 「倍率」無制限→25倍、投資家ら反発</a>

↑案の定また言ってるし。なんて進歩の無い連中なんだ(笑)
800倍のレバレッジとか異常だという事に気付かないあたりこいつ等の頭もかなりのイカレヨウです。

マネー雑誌に脱税主婦や犯罪経歴のあるトレーダーがまるでスターの様に取り上げられてるあたり
ケケ中や池田大センセーの信者と言うのは教祖同様イカレた連中だという事。
連中に道徳や哲学を説いても無駄ですからね。
連中の頭の中は稼げないのは悪だとしか思ってない様ですから。
2009/06/21(日) | URL | yasu #u2lyCPR2[ 編集]
この社長、自分は1000万円も返還するのに、従業員はたかが数十万円を返還するのにも文句をつける、とか本気で思ってそうですね。高い給料をもらえるのは、能力があるからではなくて、失敗したときに真っ先に腹を切る義務があるからだ、ということを誰か教えてやってください。
2009/06/21(日) | URL | mikage #EBUSheBA[ 編集]
サッチャーは実際に導入してますね。

それがきっかけとなり、政権を失う事になったみたいです。

流石に、既に廃止されていますが、流石はキチガイライミーと言ったところでしょうか。

まあ、その後を追おうとするケケ中は、更にワンランク上のキチガイですが・・・
2009/06/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
輸出戻し税の事も、もう一回改めて書く必要がありますかね。

あれ、わざとややこしい事極まりない制度になっているから、分かるように書くだけでもかなり困難なんですよね。
2009/06/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
池田センセイのところは、キチガイの中でもトップクラスの、キング・オブ・キチガイの巣窟ですからね。

ご立派なアタマの中の観念だけで議論(笑)をしている人達ですから、意味とかそういうのは、多分微塵も理解していないと思います。

自分達は、地べたを這う民草とは別種の、選ばれた超人のつもりだったりするんでしょう。

朝鮮塵やバカウヨの持っている「名誉白人」という感覚に近いものがあるかも知れません。
2009/06/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
私は、アタマの中身的には、中世ヨーロッパの領主よりも、産業革命直後の資本家に近いように思います。

中世の領主ってのは、まあ、キチガイもいた事は確かだとは思いますが、意外と領民の事をきちんと考えていたりした人が多いようです。
2009/06/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
本当にまあ、キチガイばっかりですね。

カネに狂った人間というのは、本当に醜い限りです。
2009/06/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
間違いなく、本気で思っているでしょうね。

自己責任を叫ぶヤツほど、責任の意味を理解していないいい見本です。
2009/06/21(日) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1713-57dcb148
   ||| グリーン革命の怒れる若者たち |||  タイム誌記者テヘラン現地レポート<2> グリーン革命の怒れる若者たち  新しい中東へ! イランの民主化運動を支えるイスラム国家の次世代パワー イランの大統領選ではあからさまな不正開票が行なわれたため、捏...
2009/06/20(土) | 米流時評