FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ自エンド → 罪人のかしら

罪人のかしら
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「小泉改革=誤り」はいつ生じたのか
ことの始まりは朝日新聞の「格差社会」キャンペーン


 来る総選挙を前に、自民党は補正予算でバラマキ、民主党も高速道路無料化などとバラマキを主張し、異口同音に「小泉改革路線を修正する」という。おかしくないか。所得格差やいわゆる“派遣切り”が社会問題になっているのは、「改革がみんないけなかったからだ」という風潮がつづいている。つまり、「小泉改革が格差をつくった」という間違ったステレオタイプがある。どこでそういうステレオタイプができたのかを振り返りながら、その謎解きをしてみたい。

都議会で共産党の質問に「赤旗」の記事をもとに反論

 僕自身も、「構造改革がみんないけなかった」という批判の矢面に立たされたことがある。副知事に就任して間もない2007年9月26日、都議会で共産党議員から次のような質問があった。
「構造改革路線によって、必死に働いても生活保護世帯以下の収入しか得ることのできない人が大量に生まれている。それでも自己責任の問題と片付けてよいのか」

 これに対して、僕は2005年12月23日付の赤旗を根拠に反論した。

 当時の赤旗は、「小泉改革が格差をつくった」などという乱暴な言い方はしていなかった。客観的なデータを提示して、格差問題を論じていた。1面で「貧困率 10年で倍加」と見出しを打ち、「OECD(経済協力開発機構)の比較調査では、日本の貧困率は、15.3%に達しています。10年ほど前8%台だったのが、約2倍に増加しています」と記している。

 僕は、共産党議員に向かって、次のように答えた。
「構造改革が始まったのは2001年。貧困の問題が生じたのはバブル崩壊後の『失われた10年』と呼ばれる時期であり、構造改革によってワーキングプアが発生したわけではない。赤旗を読んでから質問してください」

 議場は爆笑と拍手につつまれた。

 バブル崩壊後に貧困率(発展途上国の絶対的貧困とは違う概念)が増えたのは、不況とグローバル化が原因だ。不況で1995年から2000年くらいのあいだに就職氷河期を体験した世代が、正社員に比べて賃金の安い非正規労働者になった。一方で、経済がグローバル化して、中国などの安い賃金に引っ張られる形で、国内の単純労働者の賃金が低下した。

 だからこそ、フラット化する世界経済の流れに対応するために、構造改革が必要とされたのである。民営化や規制緩和によって、産業構造を転換していかなければ、貧困問題はますます悪化する。

朝日新聞の強引な「格差社会」キャンペーン

 しかし、いつのまにか「小泉改革が格差をつくった」ということに、すり替わってしまった。そうなった原因は、2006年1月から始まった朝日新聞の「格差社会」キャンペーンだと僕は見ている。

 2006年1月3日付の朝日新聞は、1面トップで「就学援助4年で4割増」「東京・大阪4人に1人」の大見出しを打った。「就学援助」とは、貧しい家庭に対して、公立小中学校の給食費や修学旅行費などを免除する制度である。東京都足立区では、42.5%が就学援助を受けているとして、朝日新聞は格差拡大の証明のように報じた。

 赤旗とちがって朝日新聞は、小泉首相の在任期間に就学援助が急増したから格差社会だ、という論旨を展開している。これは、バブル崩壊後の流れを無視しているだけでなく、就学援助の実態も見ていない、じつに短絡的な記事である。

 就学援助の対象となる家庭は、生活保護基準額の1.1倍から1.3倍の所得水準世帯とされている。東京23区なら基準額は277万円だから、その1.1倍としても300万円になる。さらに埼玉県川越市では、基準額の1.5倍の所得まで就学援助をしていた。年収473万円でも就学援助を受けられることになる。

 足立区では、4人家族で年収329万円から412万円(幅は家族の年齢構成による)、また6人家族は年収410万円から528万円で、就学援助を受けることができる。それだけの収入がある世帯を「貧しい」と言うのだろうか。

 朝日新聞の強引な「格差社会」キャンペーンは続いていった。「授業料減免11人に1人」(3月23日付)、「治療代未払い急増」(4月9日付)と、1面トップに見出しを打つ記事だけでなく、「分裂にっぽん」という企画記事の連載がつづいた。

「分裂にっぽん」のあきれた論旨のすり替え

 この「分裂にっぽん」の内容は、よく読んでみるとヘンなのだ。
「教育投資3年400万円」(3月23日付)は、子どもに教育費をかけられる家庭とそうでない家庭とのあいだで生じる格差がテーマだった。中学受験のために3年間で400万円かけたという横浜市のある主婦が、次のように苦境を訴えている。
「単身赴任中の夫の年収は約1200万円だが、マンションのローンを抱え、貯蓄残高はゼロになった。夫婦とも生命保険を解約し、駐車場代が惜しくて車も手放した。自らもパートに出て家計を支える」
その一方で「家庭の経済力の差が学力や進路を左右する」(3月21日付)には、手取り月30万円の5人家族(自営業の夫、主婦の妻、3人の子)が登場している。その娘は「混雑する成田空港の様子を報じたニュース」を見て、「お金のことを気にしない生活をしてみたい」とつぶやいた、というのだ。

 このように、「分裂にっぽん」の内容は、「進学校に行けるかどうか」という話が、「ご飯を食べられるかどうか」にすり替わっている。ふつうならば、受験狂想曲として描くべき素材を、「格差社会」キャンペーンに無理に利用しているから、おかしな記事になってしまったのである。

 2005年の時点では、共産党も格差問題と小泉改革を結びつけていなかった。2006年になって、一般紙の方が「小泉改革が格差をつくった」という根拠のないキャンペーンを始めたのだ。

構造改革のねらいは「小さな政府」「セーフティネットの充実」だった

 2006年9月に小泉政権が終わると、「小泉改革が格差をつくった」というステレオタイプはさらに広まっていった。2008年9月のリーマンショック以降の格差問題、貧困問題はまた別の話のはずだが、なぜか「改革がみんないけなかった」と、ますますおかしな方向に加速している。

 郵政民営化も間違っていたというムードになり、民主党も郵政民営化を見直すと言っている。しかし、根拠もなく、「空気」だけで民営化を否定すべきではない。

 小泉政権では、「大きな政府か小さな政府か」というキャッチフレーズが叫ばれた。小泉改革が対象としたのは、「肥大化した官業をつくりあげた(大きな)政府」だった。雇用保険などのセーフティネットを食い物にする霞が関を打倒して、無駄のない「小さな政府」と、競争のために必要なセーフティネットを充実させるのが、構造改革である。

 小泉さんが首相になる以前、いまから10年くらい前に、議員会館の会議室で開かれた超党派の勉強会に講師として招かれたことがある。小泉さんが呼びかけた、郵政民営化の勉強会だった。出席していた30人から40人の議員のうち、6~7割が民主党だったので、僕は「民主党の方が多いじゃないですか」と皮肉ったら、小泉さんは笑って「うん、いいんだよ」と答えた。2002年秋、暴漢に殺された石井紘基さんもいた。小泉さんと民主党の改革派は同じ主張だったのである。

 道路公団民営化や郵政民営化は実現できたけれども、改革は道半ばだ。「大きな政府」は、まだまだ小さくなっていない。つぎの政権が改革を引き継いでくれないといけないのに、民主党は「改革がみんないけなかった。郵政民営化も間違っていた」などと言う。ともに改革を目指していた10年前の民主党はどこに行ったのだろうか。

 僕が3月に書いた「小泉改革批判への大反論 セーフティネットを壊したのは守旧派だ」(『Voice』2009年4月号)には、大きな反響があった。わずか数年で、どうして新聞も政党も「改革反対」になっているのか、みんなが不思議に思っている。サイレントマジョリティは、簡単に考えをひっくり返らせていない。振れが大きいのは、自民・民主の二大政党とメディアなのである。

(2009年06月30日 日経BP)

 小泉・ケケ中と並ぶ日本三悪、若しくは日本三大構造カイカクバカの一人である猪瀬直樹、満を持して登場、てなところですかな。

 しかしまあ、いくら何でも、こんな詭弁以下の戯言に騙されるバカなんて、そうそうはいないだろう。

 て言うか、あのバカ忍者なら兎も角、まともな人間が騙される訳ないと信じたい。

 こんなもん、アカピーを敵役とする事によって、小泉とその一派を無理矢理に善に、正義に仕立て上げようする、ゲッペスルも呆れ返りそうな三流プロパガンダじゃん。

 余程の情弱じゃなきゃ知っている事だけれど、アカピーは、小泉による靖国参拝こそ批判していたものの、小泉個人、その政策であるところの構造カイカクに関しては何一つ異論を唱えていない。

 それどころか、「とろける魅力のある人物」だの何だのと、賛辞を送っている始末なのである。

 また、確かに格差批判キャンペーンらしきものもやってはいたが、それと構造カイカクを結びつけるような論調は巧みに回避しており、寧ろ、別記事ではカイカクの遅れを批判するような論調や、カイカクの徹底が足りない、というような論調すらも見られる始末。

 例の西川善文の件にしても、西川を庇うような社説を書いてまで、カイカク派を擁護していた。

 そういう事実を一切無視し、アカピーが構造カイカクを邪魔している、構造カイカクを悪者に仕立て上げようとしている、とがなり立てる事で、単細胞のバカウヨを味方に付けようと足掻いているだけだろう、こんなもんわ。

 コレに騙されるなんて、アタマ悪いにも程があるというもの。

 大体、コイツ自身も、本人は自覚していないが相当アタマ悪い。

 共産党の「貧困率 10年で倍加」「OECD(経済協力開発機構)の比較調査では、日本の貧困率は、15.3%に達しています。10年ほど前8%台だったのが、約2倍に増加しています」という論旨に対して、「構造改革が始まったのは2001年。貧困の問題が生じたのはバブル崩壊後の『失われた10年』と呼ばれる時期であり、構造改革によってワーキングプアが発生したわけではない。赤旗を読んでから質問してください」とか反論したと自慢気に書いている訳だが、こんなもの、何の反論にもなっていない。

 赤旗は「貧困率 10年で倍加」「OECD(経済協力開発機構)の比較調査では、日本の貧困率は、15.3%に達しています。10年ほど前8%台だったのが、約2倍に増加しています」という論旨に対して、構造カイカクの正当性を主張したいのであれば、構造カイカク以降、貧困率の減少、最低でも、貧困率の増加率の減少を示さないとならない。

 そうでなくては、百歩譲って仮に貧困問題と構造カイカクが無関係だとしても、構造カイカクなんてものはクソの役にも立っていない、ただのパフォーマンスに過ぎないという事になる。

 つまり、やってもやらなくても社会に何の関係も無い事を、他の重大事項、福祉や社会保障を大幅に削ってまで続けているという事であり、これが政治の罪過で無くて何と言うのだろうか。

 また、このアホは「2005年の時点では、共産党も格差問題と小泉改革を結びつけていなかった。2006年になって、一般紙の方が「小泉改革が格差をつくった」という根拠のないキャンペーンを始めたのだ」などとほざいているが、それは単純に、小泉構造カイカクの「成果」が如実に表れ始めたのが2006年からだっただけの事だろう。

 結果が出なければ批判が出来ない事柄なんて、世の中には沢山ある。

 猪瀬というアホは、こんな簡単な事も理解出来ない低能なのである。

 更に、「根拠もなく、「空気」だけで民営化を否定すべきではない」などとほざいているが、小林興起先生や城内実先生、平沼赳夫先生、国民新党の先生方、更には関岡英之先生を始めとする沢山の作家先生が沢山の「根拠」を示しているというのに、それらを完全にスルーして「空気だけ」とか言っている。

 アカピー程度の言論チンピラには反論出来ても、これらの正論の持ち主には反論しても勝てない事を自覚しているので、見えない聞こえないフリで通そうとしているのだろう。

 無謀にも挑んで惨敗し、聴衆に嘲笑されている何処ぞのバカ忍者よりかは多少は脳のお味噌はあるようだが、それで罷り通ると思っているあたりは、世の中舐めているチンピラ以下のバカの称号がお似合いである。

 大体、このアホ、嬉しそうにアカピーの三流落書き記事に対して反論し、得意になっている訳だが、アカピーや侮日の書くあの手の記事の大半以上が、反論される為に書かれているものである事など、聡い人間は気付いている。

 でなければ、世の中には本当に困っている人がごまんといるのに、アレだけツッコミ易い、ツッコミ所満載の事例ばかりを取り上げる訳がなかろう?

 「生活保護が30万から20万に減って困っている」とか書かれている記事を見て、その書かれている人物に同情的になる人間が皆無である事など、最初っから分かり切っている事であり、寧ろ、それを読んで憤る人間、生活保護制度に対して疑問を感じる人間を増やすのが目的なんだよ、アイツらのあの手の記事というのは。

 格差、貧困、派遣、これらの問題にしても同じ。

 反論される為に書かれているモノに対し、反論が出来るなんて当たり前なんだよ、バーカ。

 寧ろ、そこまでフレームを用意して貰っておいて、その程度の反論しか出来ないオマエの知能が心配になるわw

 もうさ、この手の使い古された古典的なプロパガンダに引っ掛かるようなマヌケは、今の日本にはいないんだよ。

 諦めて、犯した罪に対する罰を受けろ、虫螻。

人気ブログランキングへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
にほんブログ村 政治ブログへ←オラと地球の元気玉をくらわせてやる!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

「改革」にダマされるな! 私たちの医療、安全、教育はこうなる
関岡 英之 和田 秀樹
PHP研究所
売り上げランキング: 104593
おすすめ度の平均: 4.0
5 これからの選挙のいやな予感
2 哲学的に甘くないだろうか
5 国家百年の計
5 大変わかりやすい!国民の必読書!!

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S. (光文社ペーパーバックス)
小林 興起
光文社
売り上げランキング: 50841
おすすめ度の平均: 4.5
5 彼こそ本物の政治家だ!!
5 物事の本質
5 小泉純一郎が売国奴であることを証明する書物
5 マスコミが黙殺した、郵政民営化の真の受益者は米国という声
5 「国民のために信念を貫く「本当の政治家」による「郵政」徹底抗戦宣言の書」


PR情報
まずはここで無料見積!比べて選ぶ弁護士費用の一括見積!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
匿名献金が突出 鳩山代表、5年で2億3千万円

民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書で、5万円以下などの条件を満たす匿名の個人献金の総額が、03~07年の5年間で計2億3千万円に上り、国会議員のなかで突出して多いことがわかった

政治資金管理団体「友愛政経懇話会」への政治献金は日本人だけのものでは無い。 
あの鳩山さんのドッキリ発言第7弾に決定。

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2009/07/01(水) | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
 「格差」なんぞ持ち出す前に、世界がバブルを謳歌しているときに、あの悲惨な名目成長率だったという事実を話す方が、よっぽどわかりやすいはずですね。わずかに良かった実質成長率にしても、「世界が好景気であったから」というだけで、カイカクが関係あったのかも疑問ですし。
 「格差」が云々と言うこと自体が、問題のすり替えじゃないですか。以前にもコメントしたと思いますが、私は「格差問題」という言葉自体嫌いです。

>経済がグローバル化して、中国などの安い賃金に引っ張られる形で、国内の単純労働者の賃金が低下した。
>だからこそ、フラット化する世界経済の流れに対応するために、構造改革が必要とされたのである。
カイカクで賃金が上がったというのか?グローバリズムなど、国民が望んだものではないし、それによって賃金が下がったとかいうなら、非難しない方がおかしい。
厨獄産の毒物体が、安く豊富に手に入るようになったから、豊かさを実感しろと?

>わずか数年で、どうして新聞も政党も「改革反対」になっているのか、みんなが不思議に思っている。
ミンスも自称リベラル珍聞も、表立っては殆どカイカクなんて批難してない。ミンスなど、「1000円高速」で問題が起こっているのに未だに「高速道路無料化」が、カイカク否定より遥かに重要そうですし。
北海道珍聞は、たまに社説のほんの一部に、カイカクに疑問を呈するようなことを書くくらいしかしてません。
いい加減なことを書いて、それをいちいち否定するなんて、悪質ですね。
2009/07/01(水) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
猪瀬は悪質ですよ。

アホには違いありませんが、弁が立つ分、小泉やケケ中より面倒くさい相手かも知れません。
2009/07/02(木) | URL | 浪人 #W3U1vwxw[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/1724-3e54f79d